『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』マイケル・キートンの半生

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』マイケル・キートンの半生

2017年7月29日、世界的ファースト・フード・チェーンである「マクドナルド」を支配した男の物語『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が公開された。 主演:マイケル・キートンの映画人生を振り返ってみよう。


世界最強のハンバーガー帝国の創業者(=ファウンダー)を描く話題作!

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』 (C)2016 Speedee Distribution,LLC. ALL RIGHTS RESERVED

「英雄か?怪物か?」
サラリーマン人生も半ばを過ぎた50代のサラリーマンが、マック&ディック兄弟の“マクドナルド”と出会い、その革新的なシステムに魅了され、壮大なフランチャイズビジネスで世界最強のハンバーガー帝国の創業者(=ファウンダー)となっていく本作。

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』 (C)2016 Speedee Distribution,LLC. ALL RIGHTS RESERVED

「きれいごとだけでは夢は絶対に叶わない」
時に痛ましくもありながら、魅力とカリスマ性を同時に放つ主人公を、マイケル・キートンが怪演している。そう、まさに「怪演俳優」と呼びたくなるほど、その出演作の数々は強烈なインパクトを残してきた。

ダーク・ヒーローの生みの親。バットマン役への大抜擢

マイケル・キートン -(C) Getty Images

歴史的コメディアン「バスター・キートン」の名を自ら芸名に冠したマイケル・キートンは、スタンダップ・コメディアンとしてショービズの世界に入った。持ち味を生かしたコメディ作品を中心に活躍したが、その名を世界的なものにしたのが、ティム・バートン監督のリブート作品『バットマン』だった。バートン監督とは事前に『ビートルジュース』でタッグを組んでいた。
キャスティング時、決定時共に「あのビートルジュースがバットマン?」と賛否両論だった抜擢だが、蓋を開けてみると、飄々としていてかつ複雑な内面を併せ持つダークヒーローを見事に演じており、各方面からの批判を捻じ伏せた。

『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』 BATMAN & ROBIN and all related elements are the property of DC Comics TM & (C) 1997. (C) 1997 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

かくして大ヒットとなった『バットマン』だが、イメージの固定化を恐れたのか、続編『バットマン リターンズ』出演を最後に、バットマン役を引退。Part3である『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』では、ジョージ・クルーニーがバットマンを演じた。
余談だが、両目と口の部分以外をマスクで隠したバットマン役の選考時には、口と顎の表現が最重要視されるという。未だにキートン:バットマンを支持するオールドファンも多い。

クリスチャン・ベイル-(C) Getty Images

クリストファー・ノーランが手掛けた再リブートシリーズでは、クリスチャン・ベイルがバットマンに扮し、キートンの残したダークヒーローのイメージを復活させ、映画史に残るシリーズとなった。

『ジャスティス・リーグ』(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

結果的に、バートン×キートンが復活させた『バットマン』は、2017年現在に至るまで「強さと弱さを兼ね備えたスーパーヒーロー」という普遍的なスタイルを作り上げたことになる。
現在はザック・スナイダー監督×ベン・アフレック=バットマンのコンビで、スピンオフ作品『ジャスティス・リーグ』も含め、大人気シリーズとして支持されている。

声優としても大活躍!ジブリの名キャラクターも担当していた

『紅の豚』(c)1992 Studio Ghibli・NN

かつてコメディアンとして鳴らしたこともあり、高低使い分ける声域と演技力で、声優としても重宝されているキートン。なんとスタジオジブリの名作『紅の豚』英語版にて、主人公ポルコ・ロッソ役を務めたことも。

『トイ・ストーリー3』 -(C) DISNEY/PIXAR

『トイ・ストーリー3』では、ケンという美少年人形役を、持ち前のコミカルな演技で披露。

『ミニオンズ』 - (C) 2015Universal Studios.

『ミニオンズ』においては、ヒッチハイクしているミニオン達を乗せてあげるお父さん役を務めた。
キートンに出来ない吹き替え役など無いのではないか?と思ってしまうほど、芸達者!

そして栄光へ。念願のアカデミー賞ノミネート

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』-(C) 2014 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

そして2014年、キートンに栄光の架け橋が訪れる。架空の大ヒット映画『バードマン』シリーズに主演しながら、いまは落ちぶれたアクション俳優がブロードウェイで再起をかける姿を描く、さしずめ“セルフパロディ”のような役どころを見事に演じ切った『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。
虚実入り混じるシュールな魅力が爆発した、刺激あふれる悪夢的エンタテインメント。惜しくも受賞は逃したが、今作でキートンはアカデミー主演男優賞にノミネート。作品は計9部門ノミネート、作品賞他4部門を受賞し、キートンの新たな転機となった。

『スポットライト 世紀のスクープ』(C)2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

続いてキートンが選択したのが『スポットライト 世紀のスクープ』。
“世紀のスクープ”の内幕を取材に当たった新聞記者の目線で克明に描いた社会派ドラマは、アカデミー賞で作品賞と脚本賞をW受賞。
オスカー作品の常連として、その地位を確立したと言えるキートンだが...。

ヒーロームービーにカムバック!今度はヴィラン=悪役!

なんとキートン、ヒーロームービーに悪役として凱旋!
2017年8月11日に日本公開の再起動版マーベルシリーズ『スパイダーマン:ホームカミング 』において、巨大な翼を装着しニューヨークの街を危機に陥れる悪役バルチャーを、嬉々として演じている。

まとめ

65歳とは思えないアグレッシブな持ち味で、役柄問わず全力を尽くす名優、マイケル・キートン。
この夏公開の2作を必ずチェックしよう!

関連する投稿


デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

『セブン』や『ファイト・クラブ』などを手掛けたデヴィッド・フィンチャーは、作品の色を抑えた暗い画面の映画が多いことが特徴で、映画ファンからの熱狂的な人気を集める映画監督です。そんな彼のおすすめ作品10選をご紹介します。


実はあの人も?俳優兼監督としても実力溢れる人15選!

実はあの人も?俳優兼監督としても実力溢れる人15選!

昔から、監督と主演を兼任する人物は多くいます。日本では北野武さんが有名てすし、さかのぼればチャップリンなど、上げるとキリがありません。しかし最近ではもともと俳優として活動していた人が、監督として作品をだすパターンも増えてきました。ここではすっかり監督業も板についた人から、最近監督デビューを果たした人までをピックアップ!


60代人気俳優をランキング形式でまとめ!渋すぎる大御所たちが勢ぞろい!

60代人気俳優をランキング形式でまとめ!渋すぎる大御所たちが勢ぞろい!

若手にも中堅にもない、圧倒的な貫禄と存在感…それが60代俳優の魅力であります。出演作品は多岐にわたりながらも、その演者の持つ個性は決してかすむことはありません。作品の中でも主役を食うことだって珍しくないでしょう。今回はそんな素晴らしい60代俳優15人選んで、ランキング形式でご紹介。出演作更新中という現役が勢ぞろいです。


キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 美しすぎる49歳!夫・娘・息子は?気になるプライベート、出演映画特集!

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 美しすぎる49歳!夫・娘・息子は?気になるプライベート、出演映画特集!

華やかで天性の美貌を持つ女優、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ。その美しすぎる容姿から華麗なる恋愛遍歴を想像してしまいすが、とても生真面目な性格で浮き世立ったスキャンダルはほとんど耳にしません。25歳も年の離れたバブリー世代の俳優マイケル・ダグラスに見初められてサラっと結婚して、子供を授かり夫に尽くし続け、夫と共に人生の戦いに挑んできました。子育てと女優業を両立させる完璧主義者です。それが故に病気を引き起こしたりもしますが、そこは真面目に周囲を喜ばせたい彼女の優しさ病なのかもしれません。そんな彼女の気になるプライベート、マイケル・ダグラスとの愛、常にチャレンジし続ける彼女がこなしてきた様々なヒロイン像等に焦点を当てて紹介していきます。


癒し系笑顔が魅力!レイチェル・マクアダムスの歴代彼氏や出演映画の特集!

癒し系笑顔が魅力!レイチェル・マクアダムスの歴代彼氏や出演映画の特集!

可愛すぎる笑顔が魅力的な女優レイチェル・マクアダムス。子供の頃から活発でスポーツ万能、演技に目覚めて女優としてデビューしてからもキュートさが際立つ彼女にはどんどん出演作が巡ってきてコンスタントに映画に出演。プライベートでも、その可愛さで出演映画の共演俳優たちを思い切り虜にして恋の噂も途切れません。交際した俳優たちもイケメン実力派揃いで、華やかなエピソードの連続です。容姿のせいもありキュートな役や美しいヒロインを多くこなしていますが、キャリアを積むに伴ってシリアスな役も与えられて2015年には実話に基づく映画『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミーの女優助演賞のノミネートされるまでに!そんな彼女の魅力に迫ります!


最新の投稿


ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

かわいいな笑顔とセクシーな大人の魅力を持つジェシカ・アルバ。幼少時から女優を目指し演技の勉強をしていたという彼女の主演作品9選をご紹介します。


デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

『セブン』や『ファイト・クラブ』などを手掛けたデヴィッド・フィンチャーは、作品の色を抑えた暗い画面の映画が多いことが特徴で、映画ファンからの熱狂的な人気を集める映画監督です。そんな彼のおすすめ作品10選をご紹介します。


ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

現代版ドンファン、世界中の女性を虜にしてきたジュード・ロウ。ソフトな物腰、セクシーな眼差し、そして甘く整った容姿と才能で常に存在感を放ってきました。プライベートでも、出会った女性全員に恋をするんではないか?と思ってしまう程の目撃情報、自らの "ポロっと告白" によってエピソードが溢れかえっていますが欲望に抗わないスタンスが崩れることはありません。彼ほどになると、これもまた才能か?!先日映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開に伴い来日した彼は、大の日本好きでも知られていて過去に何度も来日を果たしています。今回の来日での様子やサービストーク共に、彼が今まで出演してきた代表的な映画作品も紹介していきたいと思います。


竹内結子のおすすめ映画・ドラマ5選!年齢を重ねるごとにかわいい美人女優♡

竹内結子のおすすめ映画・ドラマ5選!年齢を重ねるごとにかわいい美人女優♡

透明感のある美しさで男女問わず人気が高い美人女優・竹内結子さん。そんな彼女が出演する映画・ドラマおすすめ5選を紹介します!


広末涼子のおすすめ映画・ドラマ6選!結婚してもかわいい大女優!

広末涼子のおすすめ映画・ドラマ6選!結婚してもかわいい大女優!

デビュー以来映画やドラマに数多く出演し、トップ女優として活躍し続ける広末涼子。アラフォーとなった現在でも透明感あふれる美しさでCMにも多く出演しています。そんな彼女のおすすめ映画・ドラマ6作品をご紹介します。