『トワイライト〜初恋〜』『カフェ・ソサエティ』クリステン・スチュワート出演作品5選!

『トワイライト〜初恋〜』『カフェ・ソサエティ』クリステン・スチュワート出演作品5選!

ルックスはもちろん、演技力の高さも評価されている女優クリステン・スチュワート。彼女の出演作品を5本ご紹介します。


大ヒットシリーズのはじまり『トワイライト~初恋~』

© 2008 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

フェニックス高校に通うベラ・スワン。変わり者の彼女は学校で孤立していました。しかしある日、母親の再婚に伴い、ワシントン州にある小さな町フォークスで父親と暮らすことになります。そこでベラが出会ったのはミステリアスな雰囲気の美少年エドワード・カレン。彼は人間ではなく不死のヴァンパイアですが、牙は生えておらず人間の血を飲むこともしません。彼と彼の家族はヴァンパイアの中でも変わった生き方をしていました。やがて恋に落ちた2人でしたが、エドワード家の敵ともいえるヴァンパイアたちが町へと来訪…。

『トワイライト〜初恋〜』 -(C) 2008 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

クリステン・スチュワートの代表作でもある大ヒットシリーズ『トワイライト・サーガ』。『トワイライト~初恋~』はそのシリーズの第1作目となる作品です。

主人公の忠実なマネージャー『アクトレス~女たちの舞台~』

© 2014 CG CINEMA - PALLAS FILM - CAB PRODUCTIONS - VORTEX SUTRA - ARTE France Cinema – ZDF/ARTE - ORANGE STUDIO - RTS RADIO TELEVISION SUISSE – SRG SSR

大女優として知られるマリアは、忠実なマネージャーのヴァレンティーヌとともに、二人三脚で日々の仕事に挑んでいました。そんな中、かつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされるマリア。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司、ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大作映画で活躍する若手女優のジョアンに決定していて…。

クリステン・スチュワート - (C) Getty Images

主人公のヴァレンティーヌを演じ、フランスのアカデミー賞にあたるセザール賞で助演女優賞を受賞するなど、世界中で高い評価を受けました。

禁じられた愛に走る女性『ロスト・エモーション』

『ロスト・エモーション』(C)2016 Five Sprocket Productions, LLC

ほぼすべてが死滅した世界で禁断の愛に走る男女の物語。クリステン・スチュワートはカップルの片割れであるニアを演じ、迫真の演技を見せました。

美しい女性のもうひとつの顔『カフェ・ソサエティ』

『カフェ・ソサイエティ』 (C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。そんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れます。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていて…。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーことヴェロニカの美しさに心を奪われます。ヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、実は彼女には密かな交際相手が…。やがて、ボビーはもうひとりの美しきヴェロニカと出会い――。

『カフェ・ソサエティ』 (C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

主人公を魅了する女性ヴォニーを演じています。彼女にはもうひとつ別の顔があるようです。その顔とはいったいどういうものなのでしょうか。

暗い過去を持つやつれた女性『パーソナル・ショッパー』

© 2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR

忙しいセレブに代わり服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働くモウリーンは、数か月前に最愛の双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れずにいました。なんとか前を向き歩いていこうとしているモウリーンに、ある日、携帯に奇妙なメッセージが届き始め、さらにある殺人事件へと発展――。果たして、このメッセージは誰から? そして、何を意味するのでしょうか?

『パーソナル・ショッパー』(C)2016 CG Cinema-VORTEX SUTRA-DETAILFILM-SIRENA FILM-ARTE France CINEMA-ARTE Deutschland / WDR

主人公モウリーンを演じるクリステン・スチュワートのやつれた姿に驚いた方もいらっしゃるかもしれません。彼女の心情にどのような変化が生じ、どういった結末を迎えるのでしょうか?

クリステン・スチュワートの今後の活躍は?

クリステン・スチュワート-(C)Getty Images

みずみずしい美しさを保ち続けるクリステン・スチュワート。今後はどのような作品で活躍を見せてくれるのでしょうか?

関連する投稿


クリステン・スチュワート、シャネルの新フレグランスのアイコンに!

クリステン・スチュワート、シャネルの新フレグランスのアイコンに!

2013年からシャネルのアンバサダーを務めているクリステン。彼女はシャネルの15年ぶりとなる香水の新ライン「Gabrielle Chanel(ガブリエル・シャネル)」の顔も務めることになりました。また最近ではトレードマークにもなっている坊主頭は、シャネル的には大丈夫なのでしょうか?


【Happy Birthday!】5月前半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】5月前半生まれのハリウッドスター達

大型連休もあり、仕事にレジャーに忙しくなるこの時期。 ここでは、5月前半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 新旧二枚目スターが顔を揃えています!


最新5年分のアカデミー主演女優賞受賞者まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

最新5年分のアカデミー主演女優賞受賞者まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

本記事では最新5年分の「アカデミー主演女優賞」を受賞した女優をご紹介します。 ベテランから超新星まで勢揃いです!


『ソーシャル・ネットワーク』『グランド・イリュージョン』ジェシー・アイゼンバーグ出演作品5選!

『ソーシャル・ネットワーク』『グランド・イリュージョン』ジェシー・アイゼンバーグ出演作品5選!

『ソーシャル・ネットワーク』の熱演で世界中から惜しみない賞賛を浴びたジェシー・アイゼンバーグ。彼が活躍する出演作品5選をご紹介します。


『アンダー・ハー・マウス』イケメン女子エリカ・リンダーが情熱的に演じる!

『アンダー・ハー・マウス』イケメン女子エリカ・リンダーが情熱的に演じる!

”イケメンすぎるモデル”とファッション業界で話題のエリカ・リンダーをご存知ですか?性別を超えた美しさと、情熱的でセンセーショナルなラブストーリー『アンダー・ハー・マウス』は彼女の初出演作品です。そんなジェンダーの境界を揺るがすエリカ・リンダーと映画のあらすじをご紹介します。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。