『それでもボクはやってない』『はじまりのみち』加瀬亮主演作品5選!

『それでもボクはやってない』『はじまりのみち』加瀬亮主演作品5選!

『重力ピエロ』『スクラップ・ヘブン』など、浅野忠信の付き人からそのキャリアをスタートさせ、現在の地位までのぼりつめた俳優加瀬亮の主演作品5選をご紹介します。


バスジャック事件の同乗者とともに「復讐代行業」をはじめる【スクラップ・ヘブン】

バスジャックの現場に偶然居合わせた3人。それをきっかけに彼らの運命は密接に絡み合っていきます。仕事の内容に違和感を覚えていたシンゴは、バスジャック事件の後、同乗者のひとり、テツに声をかけられます。彼曰く、「世の中には想像力があるヤツらが足りない」。意気投合したふたりは「復讐代行業」をはじめ…。オダギリジョーと加瀬亮のW主演。加瀬亮演じる純朴な人格を持ちながらも社会に対して鬱屈したものを抱えるシンゴと、オダギリジョー演じる自分なりの哲学を持つ攻撃的な青年、テツのコンビが生む化学反応に注目。

痴漢冤罪に対して必死に戦う青年【それでもボクはやってない】

© 2006 フジテレビジョン アルタミラピクチャーズ 東宝

フリーターの金子徹平はIT企業の面接へ向かう途中、痴漢に間違われ、罪状の否認を続けるうちそのまま警察署に拘留されることに。罪を認めれば相手と示談の上、すぐに釈放されると聞かされますが、自分の無実を主張し続け、ついには検察から起訴されてしまいます。母・豊子、友人の斉藤は、徹平の潔白を信じて右往左往した結果、新人弁護士・須藤莉子と裁判官出身の老練な弁護士・荒川正義に出会い、助力を求めますが…。

加瀬亮が演じたのは不運にも痴漢の疑いをかけられてしまう主人公。物語の前半では母や友人、弁護士の助力を得て無罪を勝ち取るかに見えたものの…。彼のもがき苦しむ姿、いたたまれません。

オムニバス映画の1編の主人公【R246 STORY】

© 2008「R246 STORY」フィルムパートナーズ

R246を徘徊する老人・虎吉と少女・シドミの前に、ロックンロール星からやってきた宇宙人246が現れます。体の一部であるドラムキットを無くし、衰弱していく彼を救うべく、2人はドラムキットを探しに出るものの…。

「国道246」をテーマに、多彩なジャンルの6人が物語を作り上げる、異色オムニバス。加瀬亮はその中の1編「224466」の主人公を演じました。

岡田将生の兄に【重力ピエロ】

連続して起こる放火事件と、現場近くに必ず残される奇妙な落書き。その謎は、幸せそうに暮らす奥野一家の24年前の哀しい過去へと繋がっていき…。遺伝子研究をする兄・泉水、落書き消しをする弟・春、そして病いと闘う父――強い絆で結ばれた家族の決断とは? 常識を超えた大きな愛に心で泣く、感動ミステリー。伊坂幸太郎の大ベストセラー同名小説を原作にした、家族の愛と謎の物語。

『重力ピエロ』 -(C) 2009『重力ピエロ』製作委員会

加瀬亮が演じたのは遺伝子研究を続ける兄・泉水。岡田将生演じる弟・春との関係性や、彼らが会話の中で発する一言一言に逃さず注目していてください。

【はじまりのみち】

© 2013「はじまりのみち」製作委員会

戦時下、政府から戦意高揚の国策映画づくりが要求された時代。木下惠介が昭和19年に手がけた『陸軍』は、その役割を果たしていないとして、当局から睨まれ、次回作の製作も中止させられてしまいます。すっかり嫌気が差した木下は松竹に辞表を提出し、一路、脳いっ血で倒れた母・たまが療養している浜松市の気賀へ。失意の中、たまに「これからは木下惠介から木下正吉に戻る」と告げる惠介。戦局はいよいよ悪化の一途をたどり、気賀も安心できる地ではなくなりますが…。

加瀬亮演じる、時代に翻弄され、魂を消耗していく主人公。戦局が悪化する中、彼と母親はどのような運命を見つけるのでしょうか…?

まだまだ活躍を続ける加瀬亮!

ドラマ、CM、映画、各分野で多大な人気と信頼を誇る加瀬亮。今後はどのような映画にどんなキャラで出演するのでしょうか?

関連する投稿


『湯を沸かすほどの熱い愛』のあらすじ・キャストを紹介!余命わずかの母がやり残したこととは?

『湯を沸かすほどの熱い愛』のあらすじ・キャストを紹介!余命わずかの母がやり残したこととは?

主演を宮沢りえが務めた映画『湯を沸かすほどの熱い愛』。日本アカデミー賞をはじめとする数々の映画賞を受賞し話題になりました。キャストとして宮沢りえの他に、杉咲花やオダギリジョー、松坂桃李などが出演しています。今回は映画『湯を沸かすほどの熱い愛』について紹介します。


押井守監督渾身作!『スカイクロラ』で若者たちに伝えたかったこと

押井守監督渾身作!『スカイクロラ』で若者たちに伝えたかったこと

2008年に映画化された『スカイクロラ』。攻殻機動隊シリーズで世界中に名が知られ、熱狂的なファンをもつ押井守監督が『イノセンス』以来4年ぶりに手がけた本作品は、押井監督に「本作が成功しなかったら辞める」とまで言わせたくらい気合の入った作品。『スカイクロラ』で押井監督が伝えようとしたこととはいったい?


『アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎の小説が映画化!

『アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎の小説が映画化!

既にいくつもの作品が映画化されている人気作家・伊坂幸太郎の小説が、またもや映画化! 今度、映画化される作品は2014年に発売された「アイネクライネナハトムジーク」です。さて、どんな映画になるのでしょう?


7/27放送の金曜ロードショー!『バケモノの子』みどころや気になる声のキャストを紹介☆

7/27放送の金曜ロードショー!『バケモノの子』みどころや気になる声のキャストを紹介☆

細田守監督、スタジオ地図製作の長編アニメ映画『バケモノの子』。人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街】を舞台に、師弟関係となった少年・九太とバケモノの徹熊。「本物の強さ」を求めて修行した九太が徹熊らと、人間界とバケモノ界の危機に立ち向かう「新冒険活劇」です。


スコセッシ監督が約30年あたためた力作!映画『沈黙-サイレンス-』

スコセッシ監督が約30年あたためた力作!映画『沈黙-サイレンス-』

巨匠M・スコセッシ監督が約30年あたため、ついに日の目を見ることとなった『沈黙-サイレンス-』。17世紀初頭のキリシタン弾圧が激化する日本を舞台に、一人の宣教師が信仰の意義と神の本質を見つめなおす物語です。主演のアンドリュー・ガーフィールドをはじめ、日米の豪華俳優陣が集結した今作のあらすじやみどころを紹介していきます。


最新の投稿


『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン・ホームカミング』に出演して、日本でも大人気のトム・ホランド! 日本では”トムホ”の愛称で親しまれていますね!そんなイギリス出身の彼のプロフィールや出演作品、私生活などをまとめてみました。


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

『謝罪の王様』は、『舞子Haaaan!』の宮藤官九郎脚本、阿部サダヲ主演、水田伸生監督の最強タッグが再結集したヒット作品です。「謝罪」を題材に、大小さまざまな6つの物語で構成されている『謝罪の王様』。架空の職業である“謝罪師”を生業とする主人公・黒島譲のもとに、ひと癖もふた癖もある依頼が舞い込みます。


働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

シリーズはすでに完結済み、シーズン4までと比較的短くまとまった作品なので海外ドラマ入門にもおすすめ。NYの一流ファッション誌編集部が舞台になるだけあって、登場人物ほとんどの着こなしがファッショナブル。まっすぐで、なんにでも全力投球なベティに元気をもらえること間違いなし。きっと前向きな気持ちになれます。


常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

ビヨンセのいる所ではいつも何かしら事件やユニークな出来事、称賛が集まります。デビュー当時から一貫して飛び抜けた注目を集め続けて逞しく人生を謳歌している姿は、美しい容姿も相まって世の女性たちの憧れ。それは現在でも不変です。そんなビヨンセのトピックを最近の事も含めて紹介していきます。