『美女と野獣』『シンデレラ』ディズニーアニメの実写化作品5選

『美女と野獣』『シンデレラ』ディズニーアニメの実写化作品5選

不朽の名作揃いのディズニーアニメ。その中でも実写化になった作品は多数あります。最近ではエマ・ワトソン主演で、世界中で大ヒットした『美女と野獣』がありますね。今回は『アリス・イン・ワンダーランド』『マレフィセント』『シンデレラ』『美女と野獣』、そして実写化が決定した注目の作品『ノートルダムの鐘』についてご紹介します。


映像美にうっとり『アリス・イン・ワンダーランド』

『アリス・イン・ワンダーランド』 - (C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

2010年に公開された『アリス・イン・ワンダーランド』。日本のみならず世界的ブームを起こした作品です。本作は、1951年公開の『ふしぎの国のアリス』の続編を描いたもの。マッド・ハッター役をジョニー・デップが演じているほか、監督がティム・バートンということで話題になりました。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

オーストラリア出身の女優、ミア・ワシコウスカがヒロインである19歳のアリスを演じました。そして、2016年には『アリス・イン・ワンダーランド』の続編『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』が公開。華やかな俳優陣、そして美しい映像に満足する作品ですよ。

続編公開決定!『マレフィセント』

『マレフィセント』 -(C) 2014 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

『眠れる森の美女』を映画化した『マレフィセント』。オーロラ姫がヒロインではなく、彼女に呪いをかける邪悪な妖精、マレフィセント目線の物語というのがおもしろいところ。 “ディズニー史上最悪の悪役”と言われるマレフィセントをアンジェリーナ・ジョリーが演じています。

アンジェリーナ・ジョリー&娘ヴィヴィアン・ジョリー・ピット/『マレフィセント』 -(C)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

少女のオーロラ姫はエル・ファニングが演じているのですが、その幼少期はアンジーの実の娘が演じているんですよ。また、『マレフィセント』の続編『Maleficent 2』(原題)が2017年に公開決定。アンジーが続編に出演することでも話題になっています。

女性の憧れ『シンデレラ』

『シンデレラ』(C)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

誰もが知るディズニーアニメーション『シンデレラ』の実写化作品。アニメでは描かれていない亡き両親の物語や王子についてなども描かれています。

『シンデレラ』キャラクターアート(C)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ヒロイン、エラを演じるリリー・ジェームズ。シンデレラが舞踏会へ行くときのドレスの色はアニメと同じくブルーで美しいですね。絢爛豪華なセットでアニメーションの世界観はそのままに再現。小さな勇気から大きな幸せへとつながっていく感動のストーリーです。

大ヒット作品『美女と野獣』

ダン・スティーヴンス&エマ・ワトソン/『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

不朽の名作『美女と野獣』をディズニー自身が実写化し、世界中で大ヒット。ヒロインのベル役は『ハリー・ポッター』シリーズでおなじみのエマ・ワトソンが演じています。野獣役は「ダウントン・アビー」のダン・スティーヴンスです。

『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

魔女の呪いで野獣の姿になってしまった王子の呪いを解くためには、誰かを愛し、そして愛されなければなりません。そんな野獣の前に現れたベルと出会いで、奇跡を起こすことができるのでしょうか。ベルと野獣がダンスを踊るシーンは必見ですよ。

実写化決定!『ノートルダムの鐘』

『ノートルダムの鐘』-(C)Getty Images

容姿の醜いカジモドはノートルダム大聖堂の鐘楼で、いつか普通の暮らしたいと夢見ています。ジプシーの美少女と出会うことで、変わっていくという物語。

『アラジン』や『美女と野獣』の音楽を担当したアラン・メンケンが「まだ何も言えないけど、『ノートルダムの鐘』は実写版でも素晴らしい作品になると思う」と語っています。今後は『ライオン・キング』『ムーラン』『ダンボ』『リトル・マーメイド』の実写化も予定しているというディズニー。この先『ノートルダムの鐘』がどのように実写化されるのか乞うご期待!

関連する投稿


8月24日公開『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』のあらすじ&キャスト紹介!

8月24日公開『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』のあらすじ&キャスト紹介!

あの大ヒットミュージカル映画『マンマ・ミーア!』の続編が今年の夏に帰ってくる!前作のおさらいから、今作のあらすじ、続投キャストに新キャスト情報まで、今作の見所を一挙にご紹介していきます!


エマ・ストーン主演『バトル・オブ・セクシーズ』男性至上主義のブタ対フェミニスト!世紀の男女テニス戦とは?

エマ・ストーン主演『バトル・オブ・セクシーズ』男性至上主義のブタ対フェミニスト!世紀の男女テニス戦とは?

『ラ・ラ・ランド』以後、新作の出演に注目が集まるエマ・ストーンが、実在のテニスプレイヤー、ビリー・ジーンに扮した注目作。 実際に世界中が注目した「性差を超えた戦い」にはどんなドラマがあったのか? 今回は作中に登場する実在の選手や、今もなお見られ男女格差についても、作品を通してまとめました。


Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

現在ネットフリックスで配信中のオリジナル作品「ブラッドライン」に出演中のリンダ・カーデリーニ。ドラマから大ヒット映画にも出演するなど実力派女優として知られています。今回はそんな彼女についてまとめてみました。


ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

数々の有名作品にちょい役での出演なのに、なぜか記憶に残る俳優トーマス・クレッチマン。でもちょい役なだけに顔は知ってるんだけど、名前は知らないという方も多いのでは?今回はそんな彼の生い立ちや魅力、出演作品をお伝えしていきます。


9月日本公開!ディズニー制作の実写映画『プーと大人になった僕』

9月日本公開!ディズニー制作の実写映画『プーと大人になった僕』

「僕のことを忘れないって約束して」そう言い残してお別れをした、クリストファー・ロビンと大親友プー。それから数十年が経ち、すっかり大人になりロンドンの街中で忙しなく働く彼の前に現れたのはーーー。ディズニーの人気アニメーション『くまのプーさん』待望の実写化!最新情報や出演者などをまとめました。2018年9月14日全国公開!


最新の投稿


洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

アメリカンジョークがききまくりな洋画コメディーを観たい!そんな気分の日、ありますよね♪お腹を抱えて涙しながら笑い転げること間違いなしなコメディー映画の名作、傑作を集めました!


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。