『土竜の唄』『グラスホッパー』生田斗真主演作品5選!

『土竜の唄』『グラスホッパー』生田斗真主演作品5選!

『予告犯』『僕等がいた』など、ジャニーズ所属の俳優代表、生田斗真が輝きを見せる主演作品5選をご紹介します。


多くの女子の憧れの的、元晴【僕等がいた】

© 2012「僕等がいた」製作委員会 &© 2002小畑友紀/小学館

北海道・釧路、春。高校2年生になった高橋七美は、クラスの3分の2の女子が好きになるという、矢野元晴と同じクラスに。はじめは意地悪でむかつくやつとしか思えませんでしたが、矢野の時折見せるに優しさに惹かれていく七美。天真爛漫に見えた矢野が、裏切られた元恋人との死別という過去を引きずっていることを知った七美は、しだいに矢野への気持ちを抑えきれなくなっていき...。高校から大学、そして社会へと激動する10年以上の時の流れの中、釧路、札幌、東京を舞台にくり広げられる純愛ストーリー。第50回小学館漫画賞(少女向け部門)を受賞し、累計発行部数は1,000万部を突破する超ベストセラー・コミックスを実写映画化。

『僕らがいた』 -(C) 2012小畑友紀・小学館/「僕等がいた」製作委員会 (C)小畑友紀/小学館

生田斗真は多くの女子たちの憧れの的、元晴を演じました。

人間の心を持たない殺戮者【脳男】

首藤瓜於による同名小説を、生田斗真を主演に迎えて映画化。生まれつき並外れた記憶力・知能・肉体を持ちながら、人間としての心を持たない殺戮者“脳男”が引き起こす怪事件を描き出します。

生田斗真演じる脳男の暴れっぷりや、彼が抱える事情。そして物語はどこへ向かうのか...。気になるところです。

努力と根性の熱血捜査官【土竜の唄 潜入捜査官 REIJI】

© 2014 フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM © 高橋のぼる・小学館

新米の交番勤務の巡査・菊川玲二は正義感は人一倍強いものの、警察学校を史上最低の点数で卒業し、巡査になってからも始末書ばかり書かされる日々。そんなある日、玲二は署長の酒見に呼び出され、突然クビを言い渡されます。驚く玲二ですが、実は表向きは懲戒免職と言う形をとりながら、犯罪組織に潜入してターゲットを挙げる潜入捜査官、通称“モグラ”になれと言う命令。ターゲットは関東一の広域暴力団・数寄矢会組長、轟周宝。数寄矢会は、関東一円を地盤とする武闘派暴力団組織で...。

生田斗真演じる努力と根性の熱血捜査官、レイジの男っぷりをぜひご確認ください。

新聞紙で顔を包んだ謎の男【予告犯】

ゲイツ役の生田斗真/実写版映画『予告編』-(C) 2015映画「予告犯」製作委員会 (C) 筒井哲也/集英社

ある日、Tシャツ姿に、新聞紙製の頭巾を被った謎の男がネットに奇妙な動画を投稿し始ます。「明日の予告を教えてやる――」。集団食中毒を起こした上に、法律上の不備を指摘し開き直った食品加工会社に対し、「食い物の扱いも知らないこいつらに、俺がきっちり火を通してやる」と予告。警視庁サイバー犯罪対策課に所属するキャリア捜査官・吉野絵里香は近年多発するサイバー犯罪の数々を取り締まっていた。謎の男による犯行予告動画の存在に関する報告を受けた吉野は謎の予告犯=“シンブンシ”の捜査に乗り出す。すると食品加工会社の工場が放火される事件が発生。予告動画が現実のものとなり、その後も予告動画の内容が実行されるという事件が多発。“シンブンシ”は吉野をあざ笑うかのように、ネット社会で炎上した無思慮な当事者たちに次々と制裁を下していきます。模倣犯も出現、遂には政治家殺害予告にまで至り、“シンブンシ事件”は社会現象へと発展していき...。

生田斗真演じる新聞紙をかぶった謎の男の正体とは?そして彼がこのような行動をとる目的とは一体...?

闇社会に身を置く元中学校教師【グラスホッパー】

© 2015「グラスホッパー」製作委員会

グラスホッパー(=トノサマバッタ)は密集して育つと、黒く変色し凶暴になります。人間もしかり...。ここは世界有数の人口過密都市、東京・渋谷。真っ黒に染まった凶悪な街の住人たちは、渋谷スクランブル交差点で起きた事件をきっかけに気弱で心優しい草食男を一斉に標的に。「元中学校教師」鈴木。鈴木がこの場違いな黒社会に身を置く目的は、たったひとつ。殺された婚約者の復讐のため―。組織に追われながら、あの夜の真実に迫っていく鈴木。そこに「憂える自殺屋」鯨と「若き殺し屋」蝉、圧倒的な力を持ちながら闇の中でもがく彼らの生き様が交錯。果たして鈴木は、目的を果たし、この世界から抜け出せるのでしょうか!?いわゆる'普通の男'鈴木を演じる生田斗真の激情と迫真の演技に注目。

生田斗真の最新出演作は10月28日公開!

生田斗真の最新出演作『先生!』は2017年10月28日に全国の映画館で公開予定です。生田斗真ファンの方も、そうでない方も劇場まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

関連する投稿


映画『悪の教典』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ

映画『悪の教典』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ

『悪の教典』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では『悪の教典』のあらすじやキャスト、みどころ、感想と、ドラマ「悪の教典 -序章- 」、貴志祐介原作の韓国映画『黒い家』などを紹介します。この記事を読めば『悪の教典』をもっと楽しめますよ!


【2019年最新版】泣ける恋愛映画50選!邦画洋画別おすすめランキング

【2019年最新版】泣ける恋愛映画50選!邦画洋画別おすすめランキング

号泣必至な恋愛映画作品を集めてみました。今回は、邦画と洋画別で、おすすめランキング順にご紹介します。どれも感動的で、泣きたい気分になったら、あなたにピッタリな作品がきっと見つかるはずです!


福田雄一作品で内臓崩壊!笑えて心温まるおすすめドラマ・映画14選

福田雄一作品で内臓崩壊!笑えて心温まるおすすめドラマ・映画14選

「勇者ヨシヒコシリーズ」とか「今日から俺は!!」は見ましたか?笑えましたよねぇ~。そして心が温まり、また時に心が燃え上がります。そんな内臓崩壊なコメディーを制作する福田雄一さんの作品に注目して見たいと思います。この記事ではそんな福田雄一さん制作のおすすめのドラマ・映画をご紹介したいと思います。


『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』映画化!あらすじ・キャスト

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』映画化!あらすじ・キャスト

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は2016年に公開された映画作品。原作は“おすすめの恋愛小説ランキング”で1位をキープし続けた七月隆文による小説で、青春恋愛映画の名手・三木孝浩監督の手によって実写映画化されました。主人公は福士蒼汰が、ヒロインは小松菜奈が演じ、2人にとって本作は初共演となる作品に。今回は映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』について紹介します。


窪田正孝の出演映画10選!【画像アリ】

窪田正孝の出演映画10選!【画像アリ】

「最高の離婚」や『デスノート』で見せた高い演技力に加え、柔らかい雰囲気をまとった窪田正孝。高い人気を誇る彼の出演する映画を紹介します。


最新の投稿


映画『メン・イン・ブラック3』あらすじ・ネタバレ・キャスト解説

映画『メン・イン・ブラック3』あらすじ・ネタバレ・キャスト解説

実写版『メン・イン・ブラック3』』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では『メン・イン・ブラック3』』のあらすじ、キャスト、みどころ、最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』などを紹介します。この記事を読めば『メン・イン・ブラック3』をもっと楽しめますよ!


「ゲーム・オブ・スローンズ」人気キャラクターランキングTOP25!そしてキャストの現在は?!<ネタバレ有り>

「ゲーム・オブ・スローンズ」人気キャラクターランキングTOP25!そしてキャストの現在は?!<ネタバレ有り>

世界的大ブームを巻き起こして8年。惜しまれつつも最終回を迎えた人気TVドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」。早くもロスに陥っているファンも多いですよね?毎日のように世界中でファン達による白熱した論議がネットを荒らしています。ここでは特に魅力的だと思われるキャラクターをランキング形式で紹介していきますので、是非ご覧くださいね。


ウディ・ハレルソン出演映画16選!スキャンダラスなカメレオン俳優の魅力とは?

ウディ・ハレルソン出演映画16選!スキャンダラスなカメレオン俳優の魅力とは?

オリバー・ストーン監督の『ナチュラル・ボーン・キラーズ』でイカれ男を魅力的に演じ話題をさらってから現在まで、幅広く多彩な役を演じ続け第一線で活躍するカメレオン俳優ウディ・ハレルソン。気が付けば常に「何かで見た!」存在の彼について知りたくなってしまいませんか?ここでは彼の出演作や魅力についてまとめていますので是非ご覧くださいね。


人気声優(男性・女性)ランキングBEST30!【2019年版】

人気声優(男性・女性)ランキングBEST30!【2019年版】

いまや日本のサブカルチャーにおいて必要不可欠である”声優”。アニメやニュース、バラエティ番組でのナレーションに加え、舞台やドラマなど表に立って演じることもあり、声優の活躍の場は広がりつつあります。しかし、「声優って存在は知っているけど、どんな人がいるのかわからない」という人もたくさんいるでしょう。今回は、人気声優30人をランキング形式でご紹介します!アニメ好き&声優好きの人は必見ですよ♪


ハンニバル・レクター博士のモデルとなった実在のシリアルキラー4人!

ハンニバル・レクター博士のモデルとなった実在のシリアルキラー4人!

『羊たちの沈黙』で一躍世界的に有名になったハンニバル・レクター博士は高名な精神科医かつ連続猟奇殺人犯。知的でありながら凶暴な殺人事件を何度も犯しているレクター博士には、モデルとなった人物がいます。どんな人物だったのか1人ずつ見ていきましょう。レクター博士の怖ろしさがさらに深くなるかも?