吉高由里子初の殺人者役!『ユリゴコロ』あらすじ&豪華キャスト紹介!【ネタバレあり】

吉高由里子初の殺人者役!『ユリゴコロ』あらすじ&豪華キャスト紹介!【ネタバレあり】

沼田まほかる原作の小説を吉高由里子さん主演で映画化した『ユリゴコロ』。松山ケンイチさんと松坂桃季が出演する2017年注目の映画です!著者・沼田さんとっては初の映画化作品である本作のあらすじとキャストを紹介します。


沼田まほかる原作の小説「ユリゴコロ」

原作は2011年に単行本が刊行されるやいなや、既刊作品までもが一斉に大きく売れ出すという”出版業界の事件”で一躍その名が知れ渡った沼田まほかるによる同名小説です。

2012年、大藪春彦賞受賞や本屋大賞ノミネートを果たした沼田まほかるのベストセラー『ユリゴコロ』がついに映画化ということで話題!2017年9月23日に全国にて公開です。著書は50代で初の長編小説「九月が永遠に続けば」で第5回ホラーサスペンス大賞を受賞したのち56歳で作家デビュー。『彼女がその名を知らない鳥たち』「猫鳴り」「アミダサマ」と次々に話題作が続き、総発行部数120万部を超える人気小説家として脚光を浴びています。

また本作の脚本・監督を務めるのは『君に届け』『近キョリ恋愛』といった青春時代の機微を丁寧かつエンターテイメントに描き、数々のヒット作を世に生み出してきた名手・熊澤尚人監督。これまでとは異なる衝撃作で新境地を切り開く意欲作となります。

『ユリゴコロ』あらすじ

『ユリゴコロ』(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会

とある家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。そのノートに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。この家族の過去に一体何があったのか。これは事実か、創作か。誰が何のために書いたのか。

『ユリゴコロ』(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会

その秘密に踏み入ってしまったら、もう後戻りはできない。壮絶な愛と宿命の物語が今静かに動き始める――。

予告編映像

「一冊のノートが、僕の人生を狂わせたんだ」という松坂さん演じる亮介の言葉とともに、殺人者の記憶を辿る導入部が映し出されていく予告編では、7月上旬に撮影終了したばかりの“現代パート”の映像も盛り込まれ、“過去”と“現代”のシーンが交錯するような仕上がりに。

『ユリゴコロ』(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会

映像には、吉高さん演じる「人の死」でしか満たされない絶望的な喪失を抱えた美紗子が掴んだ、松山さん演じる洋介との運命的な出会いなどが収められ、ラストではこの3人の涙するシーンともに、「あなたの優しさには、容赦がありませんでした」という意味深なセリフで締めくくられている。

ノートの登場人物、美しくも悲しい殺人者・美沙子役の吉高由里子さん

人間誰しもが持っている”心の拠り所”それが生まれながらに”人間の死”であった女・美沙子役に吉高由里子さん。

『ユリゴコロ』(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会

殺人という行為から逃れる術を持たずにこの世に生まれ、それ故に強いられる悲しみの連鎖の中で愛という感情を知り、自らに抗い、苦悩するという難役に挑んでいます。

吉高さんは、最初に脚本を読んだ際の印象について「普段、脚本を読むのに時間がかかるんですが、あっという間に読み終えていました。私自身、殺人を犯す役をやったことはなかったので、興味がわいて、ぜひやってみたいと思いました」と語っています。

『ユリゴコロ』で話題!実力派女優・吉高由里子の魅力!出演映画14選!

https://pickup.cinemacafe.net/articles/907/

ドラマ『東京タラレバ娘』で人気の吉高由里子さん。木村拓哉と二宮和也が初めて共演する作品『検察側の罪人』や、主演『ユリゴコロ』の公開も控えている実力派女優。『蛇にピアス』でブレイクし、演技力でも高い評価を得ている彼女の魅力と人気の出演映画をご紹介します。

美紗子と運命的な出会いを果たす男・洋介役の松山ケンイチさん

美沙子と運命的な出会いを果たす男・洋介役に松山ケンイチさん。

『ユリゴコロ』(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会

誰にも言えない罪、心に傷を抱えながら生きる、色気と繊細が同居したキャラクターを圧倒的な表現力と存在感で演じています。

本作はラブストーリーでもあり、吉高さんは松山さんとのシーンも多かったそう。物語に深く関わるとあって、話せることが限られており、共演シーンについて「何も言えないね」(吉高さん)、「ダメだね...」(松山さん)と苦笑交じりに互いに顔を見合わせていたが、吉高さんは松山さんについて「もっとお芝居を見たいと思う役者さんでした」と語っています。

松山ケンイチ『ユリゴコロ』でお尻を見せつける!主演作品まとめ!『ノルウェイの森』『聖の青春』ほか

https://pickup.cinemacafe.net/articles/315

9/23公開の『ユリゴコロ』では、共演の吉高由里子さんと全裸で撮影に臨み、既に話題になっています!どんな役もこなせることから”カメレオン俳優”と呼ばれる演技派俳優。『カムイ外伝』をきっかけに結婚した小雪さんとの子供に恵まれプライベートでも幸せそうです!幅広い演技力を見せる松山ケンイチの主演作品をご紹介します。

告白ノートを見つける亮介役に松坂桃李さん

物語が動き出すきっかけとなる一冊のノートを見つけ、その秘密に惹き寄せられる男・亮介役に松坂桃李さん。

関連する投稿


新田真剣佑の出演作まとめ!俳優になるために生まれてきた国宝級イケメン!

新田真剣佑の出演作まとめ!俳優になるために生まれてきた国宝級イケメン!

国宝級イケメンと呼ばれ、常にイケメン俳優ランキングの上位にランクインしている新田真剣佑さん。若手俳優の中でも1人飛び抜けている存在の彼は、現在映画やドラマ、舞台と引っ張りだこです。今回はそんな彼の過去の出演作品から、最新出演作品までをまとめてご紹介していきます!


『蛇にピアス』を徹底解説!あらすじ・キャスト・ネタバレ・考察まとめ

『蛇にピアス』を徹底解説!あらすじ・キャスト・ネタバレ・考察まとめ

『蛇にピアス』とは、金原ひとみさんの小説作品を原作に、2008年に公開された映画作品。“痛み”によってしか“生”を感じられない少女の姿を描いた作品で、監督は蜷川幸雄さんが務めました。主演には吉高由里子さん、共演には高良健吾さんや井浦新さんなどが名を連ねています。今回は『蛇にピアス』のあらすじやキャスト、結末・ラストのネタバレや考察など紹介していきます。


イケメン俳優なのにギャップがすごい!強烈な役・悪役を演じたイケメンTOP15!

イケメン俳優なのにギャップがすごい!強烈な役・悪役を演じたイケメンTOP15!

イケメン俳優が演じる役といえば、ヒーローであったり、グループの人気だったりと、誰もが羨むような役柄が多いです。しかし、中には観ている人が引いてしまうほど強烈な見た目や演技で、あえて悪役などを演じるイケメン俳優がいるのもまた事実。今回は、そんなイケメン俳優のギャップがすごい役をランキング形式でご紹介します。


映画『怒り』あらすじ・ネタバレ・キャストを徹底紹介!

映画『怒り』あらすじ・ネタバレ・キャストを徹底紹介!

吉田修一さんの同名小説を原作に、李相日監督によって映像化された映画『怒り』。本作は、渡辺謙さんや松山ケンイチさんをはじめとする豪華キャストが勢ぞろいしたことでも話題になりました。今回はそんな映画『怒り』のあらすじやネタバレ、キャストなど徹底紹介します!


美人女優ランキングTOP30!今綺麗&可愛い女優といえば、あの人!【2019年最新版】

美人女優ランキングTOP30!今綺麗&可愛い女優といえば、あの人!【2019年最新版】

今年大活躍中の10代〜30代の女優さんを中心に、その中でもとびきり美しい30人をランキングにしてご紹介!プライベートや、最新出演映画の情報も合わせてお伝えしていきます。


最新の投稿


お笑い芸人が出演するおすすめ映画まとめ

お笑い芸人が出演するおすすめ映画まとめ

お笑い芸人が出演する映画を紹介します。コメディ映画だけでないので普段は見ることのできないお笑い芸人の真剣な姿に注目するとおもしろいと思います。


もはや俳優顔負け?演技も上手い12人のお笑い芸人たち

もはや俳優顔負け?演技も上手い12人のお笑い芸人たち

いまやドラマや映画などのエンターテイメント作品に、役者以外が出演するのは当たり前の時代になりました。役者も芸人もジャンルは違えど、ともに板の上に乗る仕事。芸人はテレビばかりではなく、劇場でお客さんを前にする機会も多いので、それによって芸が洗練されてゆきます。今日は研ぎ澄まされた演技力を持つ12人の芸人をご紹介します。


可愛い20代女優の代表・有村架純!ドラマにバラエティにひっぱりだこ!

可愛い20代女優の代表・有村架純!ドラマにバラエティにひっぱりだこ!

『ストロボ・エッジ』や『映画 ビリギャル』に出演し、この人を目にしない日はない!と言っても過言ではない有村架純。彼女の魅力が光る出演作12選をご紹介します。


『IT/イット THE END 』ネタバレあらすじ!考察やトリビアも徹底解説

『IT/イット THE END 』ネタバレあらすじ!考察やトリビアも徹底解説

2017年公開の映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編となる『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は、スティーブン・キングによる原作とは異なる結末や演出で、賛否両論を巻き起こしました。今回は、本作のネタバレあらすじとともに、考察やトリビアを徹底解説します!


トニー・レオンの出演映画おすすめ10選!新作は話題のマーベル映画!

トニー・レオンの出演映画おすすめ10選!新作は話題のマーベル映画!

日本でも『悲情城市』で一躍脚光を浴び、90年代からは『恋する惑星』などのウォン・カーウァイ監督作で爆発的な人気俳優となったイトニー・レオン。本当にイケメン過ぎますよね?甘いマスクからこぼれるキュートな笑顔と、抒情的な世界観が感じられる演技にノックアウトされてしまいます。ここでは出演作を振り返りつつ彼の魅力に迫ります!