「ツイン・ピークス The Return」中毒者続出の伝説のカルトドラマが帰ってきた!旧作のあらすじ&新キャストに注目

「ツイン・ピークス The Return」中毒者続出の伝説のカルトドラマが帰ってきた!旧作のあらすじ&新キャストに注目

世界中を熱狂の渦に包みこんだ伝説のカルトドラマ「ツインピークス」が帰ってきます。 TVシリーズの最終回で、ローラ(シェリル・リー)がクーパー捜査官(カイル・マクラクラン)に「25年後に会いましょう」と告げた通りに、本作では25年後の世界を描きます。


ツイン・ピークスとは

新作「ツイン・ピークス」 (c) 2016 Showtime. All Rights Reserved.


1990~91年に全米ABCネットワークで放送され、社会現象化したTVドラマ「ツイン・ピークス」。『エレファント・マン』『ブルーベルベット』のリンチ監督が製作総指揮として初めて手がけた伝説のTVシリーズです。

カナダ国境に近いアメリカの田舎町ツイン・ピークス。なんの変哲もないのんびりした町の空気は、学園の女王であり、町の人気者だったローラ・パーマーの遺体が発見されたことで一変します。
町の保安官ハリー・トルーマンの捜査が暗礁に乗り上げる中、若きFBI捜査官のデイル・クーパーが事件解決に向けて町にやってきます。
クーパーによって次と次と暴かれていくローラの裏の顔。そして住人達にも隠されていた一面がありました。
果たして誰がローラを殺したのか。
事件がさらに複雑さを増していく中、町全体を包み込む邪悪な空気は、クーパーさえも取り込もうとうごめき始めたのでした――。

鬼才! デヴィッド・リンチの魅力

デビュー作『イレイザーヘッド』の衝撃以来、『ブルーベルベッド』『マルホランドドライブ』などの話題作を世に送り出してきた鬼才デヴィッド・リンチ。カルトの帝王と呼ばれる監督が再び本作「ツイン・ピークス The Return」でメガホンを握ります。
「絵を描いたり何かするたびに、新しいアイデアが浮かんでくる。だが、しばしば過去がアイデアを生み出し、色付けをする。だから新しいアイデアであっても、過去が関わってくるんだ」と語るリンチ氏。
リンチが紡ぐ“悪夢”はどこから生まれるのか? どんなリンチワールドを見せてくれるのか今から楽しみです。

クーパー捜査官だけじゃない! 一癖も二癖もあるキャラ達に注目

FBI捜査官デイル・クーパー

(c)1986 STUDIOCANAL IMAGE. All Rights Reserved 『ブルーベルベット』


まずはこの人を抜きにして「ツイン・ピークス」は語れません。大のコーヒー好きで、ダブルRダイナーのチェリーパイが大好物のデイル・クーパー捜査官です。旧作での衝撃的なラストシーンに、ショックを受けた視聴者も多かったことでしょう。25年経ってどのような登場の仕方をするのか、非常に楽しみです。
演じるカイル・マクラクランはデヴィッド・リンチの『デューン/砂の惑星』で映画デビューを果たした後、リンチ作品では常連となります。新作でも、相変わらず息の合ったところを見せてくれることを期待します。

“TWIN PEAKS”: (C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


新作のキービジュアルです。25年経って、クーパー捜査官の顔立ちにも渋さが増していることがわかりますね。

DEA捜査官デニス(デニース)・ブライソン

“TWIN PEAKS”: (C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


クーパーの友人で女装癖のあるDEA(麻薬取締局)捜査官デニス・ブライソン(女装の時はデニースと名乗ります)も新作に登場します。
25年経ってすっかりおじさん(おばさん?)になりましたが、再び女装姿を披露してくれるようで、こちらも楽しみに待ちたいところです。
演じるのは「Xファイルシリーズ」でモルダー捜査官を演じたデヴィッド・ドゥカヴニー。モルダーも変人でしたが、デニスも負けていませんね。

ゴードン・コール捜査官&アルバート・ローゼンフィールド捜査官

“TWIN PEAKS”: (C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


クーパー捜査官の上司で、耳が遠いためいつも大声でしゃべるゴードン・コール捜査官は、前作に続いてリンチ監督自らが演じます。そしてもう一人は、クーパーの同僚捜査官で性格が超ねじ曲がったアルバート・ローゼンフィールドです。演じているミゲル・フェラーはジョージ・クルーニーの従兄弟として知られています。ミゲルは残念ながら2017年の1月に喉頭がんのためこの世を去りました。
ほかにも丸太おばさんことキャサリン・E・コウルソンが2015年に亡くなっていますが、亡くなる前に数シーン撮影していたとのことです。

ノーマ・ジェニングス&シェリー・ジョンソン

“TWIN PEAKS”: (C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


ダブルRダイナーのオーナー、ノーマ・ジェニングス(ペギー・リプトン)とウェイトレスのシェリー・ジョンソン(メッチェン・アミック)です。シェリーは相変わらず美人ですね。
旧作の放送当時、ダブルRダイナーのチェリーパイが画面に登場するたび、食べてみたいと思った方も多かったのではないでしょうか。新作の公開と同時に、日本でも再びチェリーパイブームが起こるかもしれませんね。

ジェームズ・ハリー

“TWIN PEAKS”: (C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


ローラと密かに交際していたジェームズ・ハリー(ジェームズ・マーシャル)です。
昔と変わらず、革ジャンに短髪と硬派なイメージを保っていますね。

他にもシェリリン・フェン、レイ・ワイズなど旧作のキャストが多数登場!
当時も話題を呼んだ個性が強すぎる顔ぶれの再登場に、期待が高まるばかりです。

デヴィッド・ボウイも出ていました

デヴィット・ボウイ - (C) Getty Images


劇場版『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』にはデヴィッド・ボウイも出演していました。もし生きていたら、今回の新作にも出演してくれたかもしれませんね。

注目の新キャスト1 アシュレイ・ジャッド

アシュレイ・ジャッド-(C)Getty Images


注目の新キャストのトップバッターはアシュレイ・ジャッドです。『コレクター』」や『ダブルジョパティ』で注目されたアシュレイ。いつもきりりとした格好いい女性の役柄が多い彼女が、一体どんなキャラクターを演じるのか、続報を待ちたいところです。

注目の新キャスト2 ナオミ・ワッツ

リンチ監督の『マルホランドドライブ』で一躍トップスターの仲間入りを果たしたナオミ・ワッツの出演も決まっています。彼女の役柄も謎ですが、リンチ監督との息の合ったところを見られるに違いありません。

注目の新キャスト3 ティム・ロス

『コッポラの胡蝶の夢』 -(C) 2007 American Zoetrope, Inc. All Rights Reserved.


『レザボアドッグス』でおなじみの個性派俳優ティム・ロスも、新作に登場します。悪役から善人まで巧みに演じ分ける個性派俳優は、ただでさえ癖の強いキャラクターたちに交じって、いったいどんな怪演を見せてくれるのか注目です。

今度は誰がローラー・パーマーを殺すのか?

“TWIN PEAKS”: (C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


実際のロケ地まで出かけるほどの“ピーカー”と呼ばれる熱心なファンが出現し、日本では海外ドラマブームの火付け役ともいわれた「ツイン・ピークス」。
新キャストの役柄やストーリーなど詳細は未だ不明ですが、そういうミステリアスなところもファンにはたまらないですね。
日本では7月22日(土)21時~WOWOWプライムにて独占放送(全18話・第1話無料放送)されることが決まっています。
再び日本中を熱中の渦に巻き込むこと必至の一本となることでしょう。

関連する投稿


【今週末公開の映画】1/26~『デトロイト』『風の色』『ちょっとまて野球部!』ほか

【今週末公開の映画】1/26~『デトロイト』『風の色』『ちょっとまて野球部!』ほか

1/26(金)、1/27(土)に公開される映画を一挙紹介します!『スター・ウォーズ』のジョン・ボイエガ主演『デトロイト』や阿部寛主演のサスペンス映画『祈りの幕が下りる時』など、待ちに待った作品がいよいよ公開!映画館でぜひお見逃しなく。


後味悪い!バッドエンディングの映画50選

後味悪い!バッドエンディングの映画50選

ハリウッドの派手で爽快なヒーロー映画の多くはハッピーエンドですが、そんな映画ばかりではなく後味の悪いバッドエンドの映画もあります。今回はそんなバッドエンドの映画を紹介します。


超話題作『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングの最強タッグ!トリビア記事!

超話題作『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングの最強タッグ!トリビア記事!

10月27日公開予定のSFアクション『ブレードランナー 2049』は、1982年の第一作以来、実に35年振りとなる全世界待望の続編である。退廃した近未来の斬新なデザインから小道具の細部にまで徹底的にこだわったカルトSFの続編ということで、期待度は最高潮だ。 ここでは、最新作に期待するいくつかのポイントを挙げてみよう。


『ギミー・デンジャー』1960年代アメリカの過激なバンドをジャームッシュ監督がドキュメンタリー化

『ギミー・デンジャー』1960年代アメリカの過激なバンドをジャームッシュ監督がドキュメンタリー化

ベトナム戦争、黒人公民権運動、ニクソン大統領辞任、1960年代から1970年代にかけてアメリカは大きく揺れました。当時活躍したイギー率いる「ザ・ストゥージズ」は異端扱いされました。しかし、多くのバンドに影響を与え、再評価されています。ジャームッシュ監督がイギーのインタビューを通じてドキュメンタリーを作りました。


ナオミ・ワッツ!恋愛で輝きを増す♡新恋人はNetflixドラマ共演者!?

ナオミ・ワッツ!恋愛で輝きを増す♡新恋人はNetflixドラマ共演者!?

長年のパートナーとの別れも受け止め、前進!新恋人はNetflixドラマで共演中のあの人♡今回はナオミ・ワッツについてご紹介します。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。


【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

2/16、2/17に公開となる映画をまとめてご紹介。待ち焦がれた『グレイテスト・ショーマン』がいよいよ日本でも公開!そのほか二階堂ふみの『リバーズ・エッジ』、林遣都の『チェリーボーイズ』が公開です。映画館でぜひお楽しみください。