「ツイン・ピークス The Return」中毒者続出の伝説のカルトドラマが帰ってきた!旧作のあらすじ&新キャストに注目

「ツイン・ピークス The Return」中毒者続出の伝説のカルトドラマが帰ってきた!旧作のあらすじ&新キャストに注目

世界中を熱狂の渦に包みこんだ伝説のカルトドラマ「ツインピークス」が帰ってきます。 TVシリーズの最終回で、ローラ(シェリル・リー)がクーパー捜査官(カイル・マクラクラン)に「25年後に会いましょう」と告げた通りに、本作では25年後の世界を描きます。


ツイン・ピークスとは

新作「ツイン・ピークス」 (c) 2016 Showtime. All Rights Reserved.


1990~91年に全米ABCネットワークで放送され、社会現象化したTVドラマ「ツイン・ピークス」。『エレファント・マン』『ブルーベルベット』のリンチ監督が製作総指揮として初めて手がけた伝説のTVシリーズです。

カナダ国境に近いアメリカの田舎町ツイン・ピークス。なんの変哲もないのんびりした町の空気は、学園の女王であり、町の人気者だったローラ・パーマーの遺体が発見されたことで一変します。
町の保安官ハリー・トルーマンの捜査が暗礁に乗り上げる中、若きFBI捜査官のデイル・クーパーが事件解決に向けて町にやってきます。
クーパーによって次と次と暴かれていくローラの裏の顔。そして住人達にも隠されていた一面がありました。
果たして誰がローラを殺したのか。
事件がさらに複雑さを増していく中、町全体を包み込む邪悪な空気は、クーパーさえも取り込もうとうごめき始めたのでした――。

鬼才! デヴィッド・リンチの魅力

デビュー作『イレイザーヘッド』の衝撃以来、『ブルーベルベッド』『マルホランドドライブ』などの話題作を世に送り出してきた鬼才デヴィッド・リンチ。カルトの帝王と呼ばれる監督が再び本作「ツイン・ピークス The Return」でメガホンを握ります。
「絵を描いたり何かするたびに、新しいアイデアが浮かんでくる。だが、しばしば過去がアイデアを生み出し、色付けをする。だから新しいアイデアであっても、過去が関わってくるんだ」と語るリンチ氏。
リンチが紡ぐ“悪夢”はどこから生まれるのか? どんなリンチワールドを見せてくれるのか今から楽しみです。

クーパー捜査官だけじゃない! 一癖も二癖もあるキャラ達に注目

FBI捜査官デイル・クーパー

(c)1986 STUDIOCANAL IMAGE. All Rights Reserved 『ブルーベルベット』


まずはこの人を抜きにして「ツイン・ピークス」は語れません。大のコーヒー好きで、ダブルRダイナーのチェリーパイが大好物のデイル・クーパー捜査官です。旧作での衝撃的なラストシーンに、ショックを受けた視聴者も多かったことでしょう。25年経ってどのような登場の仕方をするのか、非常に楽しみです。
演じるカイル・マクラクランはデヴィッド・リンチの『デューン/砂の惑星』で映画デビューを果たした後、リンチ作品では常連となります。新作でも、相変わらず息の合ったところを見せてくれることを期待します。

“TWIN PEAKS”: (C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


新作のキービジュアルです。25年経って、クーパー捜査官の顔立ちにも渋さが増していることがわかりますね。

DEA捜査官デニス(デニース)・ブライソン

“TWIN PEAKS”: (C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


クーパーの友人で女装癖のあるDEA(麻薬取締局)捜査官デニス・ブライソン(女装の時はデニースと名乗ります)も新作に登場します。
25年経ってすっかりおじさん(おばさん?)になりましたが、再び女装姿を披露してくれるようで、こちらも楽しみに待ちたいところです。
演じるのは「Xファイルシリーズ」でモルダー捜査官を演じたデヴィッド・ドゥカヴニー。モルダーも変人でしたが、デニスも負けていませんね。

ゴードン・コール捜査官&アルバート・ローゼンフィールド捜査官

“TWIN PEAKS”: (C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


クーパー捜査官の上司で、耳が遠いためいつも大声でしゃべるゴードン・コール捜査官は、前作に続いてリンチ監督自らが演じます。そしてもう一人は、クーパーの同僚捜査官で性格が超ねじ曲がったアルバート・ローゼンフィールドです。演じているミゲル・フェラーはジョージ・クルーニーの従兄弟として知られています。ミゲルは残念ながら2017年の1月に喉頭がんのためこの世を去りました。
ほかにも丸太おばさんことキャサリン・E・コウルソンが2015年に亡くなっていますが、亡くなる前に数シーン撮影していたとのことです。

ノーマ・ジェニングス&シェリー・ジョンソン

“TWIN PEAKS”: (C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


ダブルRダイナーのオーナー、ノーマ・ジェニングス(ペギー・リプトン)とウェイトレスのシェリー・ジョンソン(メッチェン・アミック)です。シェリーは相変わらず美人ですね。
旧作の放送当時、ダブルRダイナーのチェリーパイが画面に登場するたび、食べてみたいと思った方も多かったのではないでしょうか。新作の公開と同時に、日本でも再びチェリーパイブームが起こるかもしれませんね。

ジェームズ・ハリー

“TWIN PEAKS”: (C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


ローラと密かに交際していたジェームズ・ハリー(ジェームズ・マーシャル)です。
昔と変わらず、革ジャンに短髪と硬派なイメージを保っていますね。

他にもシェリリン・フェン、レイ・ワイズなど旧作のキャストが多数登場!
当時も話題を呼んだ個性が強すぎる顔ぶれの再登場に、期待が高まるばかりです。

デヴィッド・ボウイも出ていました

デヴィット・ボウイ - (C) Getty Images


劇場版『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』にはデヴィッド・ボウイも出演していました。もし生きていたら、今回の新作にも出演してくれたかもしれませんね。

注目の新キャスト1 アシュレイ・ジャッド

アシュレイ・ジャッド-(C)Getty Images


注目の新キャストのトップバッターはアシュレイ・ジャッドです。『コレクター』」や『ダブルジョパティ』で注目されたアシュレイ。いつもきりりとした格好いい女性の役柄が多い彼女が、一体どんなキャラクターを演じるのか、続報を待ちたいところです。

注目の新キャスト2 ナオミ・ワッツ

リンチ監督の『マルホランドドライブ』で一躍トップスターの仲間入りを果たしたナオミ・ワッツの出演も決まっています。彼女の役柄も謎ですが、リンチ監督との息の合ったところを見られるに違いありません。

注目の新キャスト3 ティム・ロス

『コッポラの胡蝶の夢』 -(C) 2007 American Zoetrope, Inc. All Rights Reserved.


『レザボアドッグス』でおなじみの個性派俳優ティム・ロスも、新作に登場します。悪役から善人まで巧みに演じ分ける個性派俳優は、ただでさえ癖の強いキャラクターたちに交じって、いったいどんな怪演を見せてくれるのか注目です。

今度は誰がローラー・パーマーを殺すのか?

“TWIN PEAKS”: (C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


実際のロケ地まで出かけるほどの“ピーカー”と呼ばれる熱心なファンが出現し、日本では海外ドラマブームの火付け役ともいわれた「ツイン・ピークス」。
新キャストの役柄やストーリーなど詳細は未だ不明ですが、そういうミステリアスなところもファンにはたまらないですね。
日本では7月22日(土)21時~WOWOWプライムにて独占放送(全18話・第1話無料放送)されることが決まっています。
再び日本中を熱中の渦に巻き込むこと必至の一本となることでしょう。

関連する投稿


『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

SFアクション『ブレードランナー 2049』は、1982年の第一作以来、実に35年振りとなる全世界待望の続編である。退廃した近未来の斬新なデザインから小道具の細部にまで徹底的にこだわったカルトSFの続編ということで、期待度は最高潮だ。ここでは、「ブレードランナー」のどのバージョンからみたらよいかわからない人への解説と、最新作に期待するいくつかのポイントを挙げてみよう。


クリント・イーストウッド監督の映画おすすめ8選!最新作も登場!

クリント・イーストウッド監督の映画おすすめ8選!最新作も登場!

名実ともにハリウッドを代表する俳優クリント・イーストウッド。193cmという高身長でスマートな体型とニヒルな表情、滲み出るカリスマ性が女性だけでなく男性たちをも惹きつけてきました。そして彼は俳優業に留まらず、映画監督、映画プロデューサー、作曲家、政治活動家としてもその手腕を発揮しています。若い頃から常に自分が実現したい物事を実行するためにアンテナを張り巡らし、必要な人材を引き寄せる事にも長けていました。そんなクリントが映画会社を設立し、俳優業と両立しながら作り上げてきた映画作品の数々...。往年の出演作は既に沢山紹介されてきているので、ここでは2000年代に手掛けた作品の中から最新作も含めての8作品を紹介していきたいと思います!


歴史上の人物や実在する偉人を描いたおすすめ映画15選

歴史上の人物や実在する偉人を描いたおすすめ映画15選

歴史上の人物や、実在するすごい人・偉人の話は、感銘を受けるものが多いですね。そして偉人の話は、語り継がれ、映画化されることも珍しくありません。歴史上の人物や実在する偉人を描いたおすすめ映画を15作品紹介します。


アマンダ・サイフリッド出演映画おすすめ16選!結婚・出産後もスタイル抜群!

アマンダ・サイフリッド出演映画おすすめ16選!結婚・出産後もスタイル抜群!

持ち前の美貌と抜群のボディで誰もを虜にするアマンダ・サイフリッド。そんな彼女に魅了される16作品をご紹介します。コメディ、ロマンス、サスペンスと幅広いジャンルで活躍する彼女に注目です!


ナオミ・ワッツ出演映画おすすめ12選!『キング・コング』ほか!

ナオミ・ワッツ出演映画おすすめ12選!『キング・コング』ほか!

『キング・コング』のヒロイン役で注目を浴びてから数多くの作品に出演している女優ナオミ・ワッツ。彼女が主演を務めるおすすめ12作品をあらすじと見どころを合わせてご紹介します。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。