最も怖い映画のシーン10選『エクソシスト』や『サイコ』など

最も怖い映画のシーン10選『エクソシスト』や『サイコ』など

HMVオンラインが2000人を対象に過去60年間で最も怖い映画のシーンを調査したところ、18パーセントの票を集めて1973年作『エクソシスト』が1位に選ばれました。他に『サイコ』や『羊たちの沈黙』などがランクインしています。最も怖い映画のシーン10選をご紹介します。


第10位『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』ロッキングチェアのシーン

『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』 -(C) 2011,SQUID DISTRIBUTION LLC, THE BRITISH FILM INSTITUTE

第10位にランクインしたのは、2012年公開のゴシック・ホラー『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』よりロッキングチェアのシーン。

誰もいないのにひとりでにガタガタと動き出すロッキングチェア。何故揺れているのか、その理由がわかった時にゾッとした方も多いのでは?

第9位『ソウ』足切断シーン

『ソウ 3D』 -(C) 2010 Lions Gate Films Inc.All Rights Reserved.

第9位にランクインしたのは、2004年に公開のサイコスリラー『ソウ』より足切断シーン。

劇中には怖いシーンはたくさんありますが、ゴードン医師がさび付いたノコギリで自らの足を切断し部屋を脱出するというシーンが、怖いと感じる方もいたり、怖いというより痛そうと感じる方も多いようです。

第8位『羊たちの沈黙』暗視のシーン

ジョナサン・デミ&ジョディ・フォスター-(C)Getty Images

第8位にランクインしたのは、1991年公開の名作ホラー『羊たちの沈黙』より暗視のシーン。

怪異なレクター博士は圧倒的な存在感と恐怖を与えましたが、その中でも、殺人鬼バッファロー・ビルが暗視スコープをつけ、暗闇で前後不覚なクラリスに近付いていくシーンにドキドキした方も多いのでは?

第7位『鳥』子供が襲われるシーン

第7位にランクインしたのは、アルフレッド・ヒッチコック監督作品で、1963年公開の生物パニックサスペンス『鳥』より子供が襲われるシーン。

1970年代に量産された動物パニック映画の原点でもある同作の、このシーンを観てトラウマになったり、鳥に恐怖を覚えた方もいらっしゃるのではありませんか?

第6位『シャイニング』通路の双子のシーン

第6位にランクインしたのは、1980年公開の『シャイニング』より通路の双子のシーン。

作品を観た人の中には、今でも夢に出てきたり、ホテルに泊まった際長い通路だと、子供が出てこないかと恐怖に感じる方もいるようです。

第5位『エイリアン』胸から生まれるシーン

第5位にランクインしたのは、1979年に公開された『エイリアン』より胸から生まれるシーン。

顔に食らいついて管を口の中に差し込み寄生するという第1段階だけでも恐怖がありますが、第2段階では生きたまま胸から生まれるという、同作の中では一番の恐怖シーンでしたね。

第4位『ザ・リング』テレビから女が出てくるシーン

第4位にランクインしたのは、2002年に公開された『ザ・リング』よりテレビから女が出てくるシーン。

日本映画『リング』をハリウッドでリメイクし、全米を震撼させた同作。日本でも有名な同シーンを忠実に再現しており、ハリウッド版をご覧になったことのない方は一度ご覧になってみてはいかがですか?

第3位『キャリー』血だらけの手が腕を掴むシーン

第3位にランクインしたのは、1976年公開の『キャリー』より血だらけの手が腕を掴むシーン。

同作のラストシーンなのですが、地中から突然飛び出してくる血だらけの手に、劇場で観た観客の多くの人が飛び跳ねたそうです。

第2位『サイコ』シャワーシーン

第2位にランクインしたのは、1960年公開の『サイコ』よりシャワーシーン。

このシーンで恐怖と謎が一気に加速し、あっという間にストーリーに引き込まれていきましたよね。女性が殺害されるシャワーシーンという、たった45秒のシーンなのに、7日間をかけた映画史に残る屈指の名シーンとなっています!

第1位『エクソシスト』頭が回転するシーン

そして第1位にランクインしたのは、1973年公開の『エクソシスト』より頭が回転するシーン。

多くのトラウマシーンが詰まった作品ですが、特に同シーンには衝撃を受けるとともに、恐怖やトラウマとなった方が多いのではありませんか?

まとめ

ホラー作品-(C)Getty Images

いかがでしたでしょうか?ランキング10選に入った作品は、それぞれ違った恐怖やトラウマを植え付け、名作と呼ばれるものばかりです。

ホラー作品-(C)Getty Images

今回ご紹介した作品の中で、まだ観たことがない作品がある方はぜひ一度ご覧になってみては?

この記事のライター

関連する投稿


10月13日公開アンドリューガーフィールド主演『アンダー・ザ・シルバーレイク』そのカルトな世界の魅力を紹介

10月13日公開アンドリューガーフィールド主演『アンダー・ザ・シルバーレイク』そのカルトな世界の魅力を紹介

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどで人気を博した人気俳優アンドリュー・ガーフィールドが主演する映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』が10月13日ついに公開!『イット・フォローズ』の監督が描く全く新しいサスペンス映画となった本作。カルト的人気を博す事間違いないあらすじ、キャストをはじめカルトな魅力をご紹介!


日本を愛するデル・トロ監督作品『パシフィック・リム』とは?

日本を愛するデル・トロ監督作品『パシフィック・リム』とは?

2013年に公開されたSF映画『パシフィック・リム』は、日本を愛する日本オタクとしても知られるギレルモ・デル・トロが監督を務めた作品であり、芦田愛菜のハリウッドデビュー作品です。今回は日本のエッセンスが感じられる『パシフィック・リム』について紹介します!


おすすめホラー映画50選!背筋が凍りつく絶叫系厳選まとめ

おすすめホラー映画50選!背筋が凍りつく絶叫系厳選まとめ

ホラー映画はなんといっても、恐怖感を味わうのが醍醐味!あなたが人生で観た中でいちばん怖かったホラー映画はなんですか?洋画、邦画とそれぞれ好みもわかれるところ。この記事では、『サイコ』、『シャイニング』、『リング』など、映画史に名を残す傑作ホラー映画をご紹介します。


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。


『8年越しの花嫁 奇跡の実話』佐藤健×土屋太鳳2度目の共演は、これまでにない感動作!

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』佐藤健×土屋太鳳2度目の共演は、これまでにない感動作!

YouTube動画をきっかけに、国内外でも話題となり、「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」のタイトルで書籍化もされた実話を、佐藤健&土屋太鳳の主演で映画化された今作。 佐藤さんと土屋さんは『るろうに剣心』以降、2度目の共演ということもあり、お2人の共演エピソードを中心にまとめました。


最新の投稿


日本版ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』主演は大泉洋!

日本版ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』主演は大泉洋!

『アイアムアヒーロー』は、現代の日本でゾンビによるパニックが起きたらどうなるのかを描いた同名漫画作品を原作とした実写映画作品です。主演は、俳優の大泉洋、監督は『GANTZ』で知られる佐藤信介です。そんな本作のあらすじやキャストについて紹介します。 675


ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

『チャーリーとチョコレート工場』などの独特のファンタジー作品で有名なティム・バートン監督が、奇妙で可愛らしいこどもたちを描いた映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』。日本では2017年に公開されました。そんな『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のあらすじやキャストについて紹介します。


007のボンドガール、レア・セドゥ!フランス出身のかわいい彼女の魅力に迫る!

007のボンドガール、レア・セドゥ!フランス出身のかわいい彼女の魅力に迫る!

ミステリアスでアンニュイな美貌を持つレア・セドゥ。その堂々とした佇まいやスタイリッシュな感性で老舗ブランドのイメージモデルとしても引っ張りだこで、女優なら誰もが憧れる「007」シリーズのボンドガールにも抜擢される等華々しい躍進を続ける彼女にスポットを当ててみました。彼女の私生活や結婚・夫・子供についても触れていきます!


ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

コメディ・ホラー・娯楽大作...等、数々の映画で人気を呼び、『ラ・ラ・ランド』でオスカー女優の仲間入りを果たしたエマ・ストーン。人気の秘密は親しみやすくて可愛い容姿だけではない。いつも自分と向き合い、努力を惜しまない彼女の魅力に迫ります。


イギリスの国民的イケメン俳優♡コリン・ファースの魅力とおすすめ作品!

イギリスの国民的イケメン俳優♡コリン・ファースの魅力とおすすめ作品!

1990年代、『高慢と偏見』で見せた "濡れシャツ" シーンでの姿が、イギリステレビ史上に残るセンセーションを巻き起こした国民的イケメン俳優、国民的セックスシンボルのコリン・ファース。また英国紳士らしくソフィスティケイトされた彼からは今も目が離せない!彼の魅力と出演作品について紹介したいと思います。