最も怖い映画のシーン10選『エクソシスト』や『サイコ』など

最も怖い映画のシーン10選『エクソシスト』や『サイコ』など

HMVオンラインが2000人を対象に過去60年間で最も怖い映画のシーンを調査したところ、18パーセントの票を集めて1973年作『エクソシスト』が1位に選ばれました。他に『サイコ』や『羊たちの沈黙』などがランクインしています。最も怖い映画のシーン10選をご紹介します。


第10位『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』ロッキングチェアのシーン

『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』 -(C) 2011,SQUID DISTRIBUTION LLC, THE BRITISH FILM INSTITUTE

第10位にランクインしたのは、2012年公開のゴシック・ホラー『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』よりロッキングチェアのシーン。

誰もいないのにひとりでにガタガタと動き出すロッキングチェア。何故揺れているのか、その理由がわかった時にゾッとした方も多いのでは?

第9位『ソウ』足切断シーン

『ソウ 3D』 -(C) 2010 Lions Gate Films Inc.All Rights Reserved.

第9位にランクインしたのは、2004年に公開のサイコスリラー『ソウ』より足切断シーン。

劇中には怖いシーンはたくさんありますが、ゴードン医師がさび付いたノコギリで自らの足を切断し部屋を脱出するというシーンが、怖いと感じる方もいたり、怖いというより痛そうと感じる方も多いようです。

第8位『羊たちの沈黙』暗視のシーン

ジョナサン・デミ&ジョディ・フォスター-(C)Getty Images

第8位にランクインしたのは、1991年公開の名作ホラー『羊たちの沈黙』より暗視のシーン。

怪異なレクター博士は圧倒的な存在感と恐怖を与えましたが、その中でも、殺人鬼バッファロー・ビルが暗視スコープをつけ、暗闇で前後不覚なクラリスに近付いていくシーンにドキドキした方も多いのでは?

第7位『鳥』子供が襲われるシーン

第7位にランクインしたのは、アルフレッド・ヒッチコック監督作品で、1963年公開の生物パニックサスペンス『鳥』より子供が襲われるシーン。

1970年代に量産された動物パニック映画の原点でもある同作の、このシーンを観てトラウマになったり、鳥に恐怖を覚えた方もいらっしゃるのではありませんか?

第6位『シャイニング』通路の双子のシーン

第6位にランクインしたのは、1980年公開の『シャイニング』より通路の双子のシーン。

作品を観た人の中には、今でも夢に出てきたり、ホテルに泊まった際長い通路だと、子供が出てこないかと恐怖に感じる方もいるようです。

第5位『エイリアン』胸から生まれるシーン

第5位にランクインしたのは、1979年に公開された『エイリアン』より胸から生まれるシーン。

顔に食らいついて管を口の中に差し込み寄生するという第1段階だけでも恐怖がありますが、第2段階では生きたまま胸から生まれるという、同作の中では一番の恐怖シーンでしたね。

第4位『ザ・リング』テレビから女が出てくるシーン

第4位にランクインしたのは、2002年に公開された『ザ・リング』よりテレビから女が出てくるシーン。

日本映画『リング』をハリウッドでリメイクし、全米を震撼させた同作。日本でも有名な同シーンを忠実に再現しており、ハリウッド版をご覧になったことのない方は一度ご覧になってみてはいかがですか?

第3位『キャリー』血だらけの手が腕を掴むシーン

第3位にランクインしたのは、1976年公開の『キャリー』より血だらけの手が腕を掴むシーン。

同作のラストシーンなのですが、地中から突然飛び出してくる血だらけの手に、劇場で観た観客の多くの人が飛び跳ねたそうです。

第2位『サイコ』シャワーシーン

第2位にランクインしたのは、1960年公開の『サイコ』よりシャワーシーン。

このシーンで恐怖と謎が一気に加速し、あっという間にストーリーに引き込まれていきましたよね。女性が殺害されるシャワーシーンという、たった45秒のシーンなのに、7日間をかけた映画史に残る屈指の名シーンとなっています!

第1位『エクソシスト』頭が回転するシーン

そして第1位にランクインしたのは、1973年公開の『エクソシスト』より頭が回転するシーン。

多くのトラウマシーンが詰まった作品ですが、特に同シーンには衝撃を受けるとともに、恐怖やトラウマとなった方が多いのではありませんか?

まとめ

ホラー作品-(C)Getty Images

いかがでしたでしょうか?ランキング10選に入った作品は、それぞれ違った恐怖やトラウマを植え付け、名作と呼ばれるものばかりです。

ホラー作品-(C)Getty Images

今回ご紹介した作品の中で、まだ観たことがない作品がある方はぜひ一度ご覧になってみては?

この記事のライター

関連する投稿


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。


『8年越しの花嫁 奇跡の実話』佐藤健×土屋太鳳2度目の共演は、これまでにない感動作!

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』佐藤健×土屋太鳳2度目の共演は、これまでにない感動作!

YouTube動画をきっかけに、国内外でも話題となり、「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」のタイトルで書籍化もされた実話を、佐藤健&土屋太鳳の主演で映画化された今作。 佐藤さんと土屋さんは『るろうに剣心』以降、2度目の共演ということもあり、お2人の共演エピソードを中心にまとめました。


【今週末公開の映画】11/10~『ジグソウ:ソウ・レガシー』『南瓜とマヨネーズ』など

【今週末公開の映画】11/10~『ジグソウ:ソウ・レガシー』『南瓜とマヨネーズ』など

11/10から公開される映画を一挙ご紹介!大ヒットシリーズ待望の新章『ジグソウ:ソウ・レガシー』や、女性の恋模様をリアルに描いた『南瓜とマヨネーズ』など、話題作が盛りだくさんです!


凶悪殺人鬼が登場する映画50選!『冷たい熱帯魚』『セブン』『ヒメアノ~ル』ほか

凶悪殺人鬼が登場する映画50選!『冷たい熱帯魚』『セブン』『ヒメアノ~ル』ほか

ホラー映画以外の、危険だけれど強い魅力をもつ印象的な殺人鬼が登場する名作50選をご紹介します。


2017年11月公開『IT』リメイク版と歴代スティーブン・キング作品!『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

2017年11月公開『IT』リメイク版と歴代スティーブン・キング作品!『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

1990年代にミニシリーズ化され、その恐ろしさに全米中を震え上がらせたスティーブン・キング原作の『IT』が、リメイク版として蘇ります。11月に公開を控えた『IT』のほか、スティーブン・キング原作の映画作品をご紹介します。


最新の投稿


洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

アメリカンジョークがききまくりな洋画コメディーを観たい!そんな気分の日、ありますよね♪お腹を抱えて涙しながら笑い転げること間違いなしなコメディー映画の名作、傑作を集めました!


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。