来日公演決定!ブルーノ・マーズの魅力とは?SS席が10万円⁉

来日公演決定!ブルーノ・マーズの魅力とは?SS席が10万円⁉

全世界を魅了するブルーノ・マーズ、ついに4年ぶりの来日公演が決定しました。 2017年1月に最新アルバム「24K MAGIC」のプロモーションで来日しましたが、来年はコンサートのための来日ということで日本中のファンが喜んでいます。その一方でチケット価格が話題にのぼりました。ブルーノ・マーズの魅力に迫ります!


ハワイ出身のミュージシャン

ブルーノ・マーズ - (C) Getty Images

1985年生まれのブルーノ・マーズは音楽一家で育ちました。
幼い頃から様々な音楽に親しんでおり、本人も「父と一緒に音楽を聴いていた。父の好きな曲やアーティストに大きな影響を受けている」と語っており、70年代ファンクを感じさせる曲など幅広い年代から支持を受けています。

魅力その1・センスが良すぎる!メロディメーカー

ブルーノ・マーズ-(C)Getty Images

本人の楽曲も魅力あふれるものですが、たくさんのアーティストに楽曲提供もしています。
ジャスティン・ビーバーやThe Vampsなど有名どころにも提供しています。

ジャスティン・ビーバー-(C) Getty Images

本人が歌った中でも「Marry You」は日本でも結婚式に定番ソングにあげられるほどです。華やかな雰囲気がぴったりです。

魅力その2・みんなが待ってる!ショーマンシップ

ブルーノ・マーズ/「ヴィクトリアズ・シークレット」ファッションショー2016-(C)Getty Images

ブルーノ・マーズの曲はCDで聞くのも良いですが、ライブで聴くのはまた一味違った楽しみがあります。
キレのあるダンスや舞台セットも含めた世界観とパフォーマンスに定評があるのです。
また曲によってはCDとは違うアレンジで演奏されるものも少なくありません。

魅力その3・安定した演奏力

ブルーノ本人の歌唱力はもちろんですが、バックバンドメンバーはThe Hooligans(ザ・フーリガンズ)というバンドです。阿吽の呼吸で演奏され、高い演奏力を誇っています。
特にホーンセクションはコーラスにダンス、キーボードなどマルチに活躍します。

「スーパーボウル 2016」ハーフタイムショー - (C) Getty Images

またコーラスを担当するフィリップ・ローレンスはブルーノのデビュー前からの仲で「The Smeezingtons」というプロデューサー・チームに共に属していました。

来日公演は2018年4月

ブルーノ・マーズ/「ヴィクトリアズ・シークレット」ファッションショー2016-(C)Getty Images

4月12日と14日にさいたまスーパーアリーナにてコンサートを予定しているブルーノ。
今回は【BRUNO MARS 24K MAGIC WORLD TOUR 2018】というタイトルで、最新アルバムと同タイトルになっています。

チケット代が話題に

ブルーノ・マーズ-(C)Getty Images

今回話題になっているのはVIP SS席で、10万円です。
しかし、この席は優先入場、グッズの優先購入、さらには専用ラウンジにグッズ付きとなっています。
またすでに発表されている座席表を見るとVIP SS席は本当にステージ近くの席のみ、限られたメンバーが至近距離でブルーノを堪能するための席です。
ちなみに最安値の席はスタンドB席9500円です。

まとめ

ブルーノ・マーズ - (C) Getty Images

VIP SS席を買えるのはH.I.P.会員という有料会員のみなので、欲しい方は早めに登録手続きをしておきましょう。こちらは購入希望者が多い場合は抽選になるようです。
その他の席についても各取り扱いプレイガイドの先行発売でチケットが予定枚数に達した場合は一般発売はないようなので注意が必要です。
どんなパフォーマンスが見られるのか来日が楽しみです。

最新の投稿


懐かしいアニメ映画50選!

懐かしいアニメ映画50選!

おすすめの懐かしのアニメを50作品集めました!


7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

アニメ界の金字塔として、近年数々の名作を生みだしている細田守監督の最新作『未来のミライ』が、2018年7月20日より全国ロードショーが始まります。今回もまた「家族」をテーマとした作品で、多くの観客を魅了することでしょう。公開前に、あらすじなどチェックしてみましょう!


大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

毎日がうまくいかない。貧乏暇なしで働いて働いても二束三文。辛い事も多い。でも精一杯生きてるんだぁ!  1970年(昭和45年)、大阪万博が開催され、日本がどんどんと裕福になっていた頃、関西の片隅で辛くも精一杯生きてきた、そんな家族の物語です。


『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

1987年に公開されて一躍話題になり、1991年に続編が公開された『プレデター』。2010年にはリブート版も公開されました。そして、それでおしまいではなかったのです。シリーズを振り返りながら、2018年9月公開予定の新作『ザ・プレデター』に迫ります!


『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

旦那さん、奥さん亡くなられたらじっきだったよと井戸端会議から聞こえてきそうな程、よくある話ですよね。所詮、男は女が助けがないと何もできない生き物と言われたりするのも本当なのかもしれませんね。そんな夫婦の家族のドラマが詰まった映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』を紹介します。