『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

ライアン・レイノルズがアンチヒーロー・デッドプールを演じ大ヒットを記録した『デッドプール』その続編となる『デッドプール2』!前作のおさらいから引き続きやキャストについて、さらにはデッドプールのトリビアなど、公開が待ちきれなくなる情報をまとめました。


2018年6月1日(金)日本公開決定!待望の続編『デッドプール2』

『デッドプール2』 (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

2016年に公開され、これまでのアメコミヒーロー映画の常識を吹っ飛ばすキャラクターで大ヒットを記録した『デッドプール』。その続編となる『デッドプール2』の公開が2018年6月1日(金)に決定しました!新トレーラーやポスターなどが続々と発表され、再び"俺ちゃん旋風"が巻き起こりそうな予感。前作のおさらいやキャストの紹介、『デッドプール2』の見どころチェックしましょう!

前作『デッドプール』のおさらい

『デッドプール』ティザーポスター (C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

アメコミヒーローといえば、誰を想像するでしょうか。アイアンマン?キャプテン・アメリカ?いずれも人類を守るために命をかけてヴィランと戦う正義感を持ったキャラクターたち…というイメージが強いのではないでしょうか。しかし今作の主人公ヒーローであるデッドプールは、軽口を叩き軽快なミュージックと共に敵を容赦なく殺したり、過激な発言をしたりと、とにかく超問題児!赤いコスチュームに身を包み、日本刀や銃火器で戦う傭兵・デッドプール。1作目である『デッドプール』では、ウェイド・ウィルソンがデッドプールとしてスーパーパワーを手に入れた経緯が描かれています。

ヴァネッサとの出会い

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

かつて軍の特殊部隊に所属していたウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、ニューヨークでトラブルシューターをしながらその日暮らしの日々を過ごしていました。そんなある日、友人ウィーゼルが営む酒場で娼婦をしているヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)と出会い、ウェイドは一目で恋に落ちます。ヴァネッサも、自分と同じく欠けた部分を持つウェイドに運命的なものを感じ、二人は恋人同士に。プロポーズも成功し、幸せの絶頂にいたウェイドですが、その瞬間悲劇が訪れます…。

ウェイドを襲った末期ガン…怪しげな組織に助けを求めた末に…!?

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

突然倒れたウェイドに、医師が告げた病名は「末期ガン」でした。ヴァネッサは希望を無くしたウェイドを勇気付け必死に治療法を探しますが、ウェイドは他でもない彼女のために、彼女の元を去ることを決めるのでした。そんなウェイドの元へ一人のビジネスマン風の男が現れ、ガン治療についてとある提案を持ちかけます。その男の誘いに乗ったウェイドは、人体実験を受けることに…しかし、向かった先はガン治療を受けられる施設などではなく、薬品を投与し拷問することで超人的な力をつけさせ、それによって誕生した"ミュータント"を売買する組織の実験施設でした。そこを取り仕切っていたフランシス(エド・スクライン)により拷問を受け、細胞が活発化したことで全身が焼け爛れたようになってしまったウェイド。しかしその実験によって不死身の力を手に入れ、ウェイドはガンで死ぬことはなくなったのでした。

フランシスに復讐を誓うデッドプール

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

実験施設を破壊して脱出に成功したウェイドですが、死ぬ心配はなくなったものの、前と違う醜い姿でヴァネッサの前に姿を現すこともできず…。自分をこの姿にしたフランシスを見つけ出し、元の姿に戻させ、復讐する道を選びます。
変わってしまった顔をマスクで隠し、血が目立たないように赤いコスチュームを身にまとい、数々の銃や日本刀で武装し、フランシスの周りの人間を始末しながら少しずつ彼の居場所を突き止めていきます。

X-MENからのスカウト!?

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

ヒーリングファクターと呼ばれる超回復能力により不死身を手に入れた後天的なミュータントであるデッドプール。そんな彼が、武装し復讐のため独自に動いていることを知ったミュータント集団"X-MEN"のコロッサス(ステファン・カピチッチ)は、ウェイドをX-MENに勧誘し、正しいヒーローの道を教えようとします。そんなコロッサスをうざったいといったように扱ったり、X-MEN見習いの少女であるネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド(ブリアンナ・ヒルデブランド)にウザ絡みしたりと、いい子ちゃん集団だとバカにしてX-MENに入る気は全くない様子のデッドプール。しかし、そんなやり取りをしている間にフランシスに逃げられ、さらには最愛のヴァネッサを人質に取られるという事態に陥ってしまいます…!

愛する彼女のためにヒーローに!

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

誘拐されたヴァネッサを取り戻すため、コロッサスとネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドに助力を頼み、敵地へ乗り込むデッドプール。しかし、かき集めた銃火器は全て来る途中のタクシーに置いてきてしまって!?絶体絶命な状況ですが、全てはヴァネッサのため。刀2本だけでフランシスとの死闘を繰り広げ、ウェイドは無事ヴァネッサを取り戻すことに成功します。ヴァネッサは変わり果てたウェイドの姿を受け入れ、ハッピーエンドを迎えるのでした。

『デッドプール2』キャスト紹介

『デッドプール2』(仮題) (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

ヒーロー映画には異例のR指定であったにも関わらず、爆発的に大ヒットした『デッドプール』。続編である今作『デッドプール2』にも、ほとんどのキャストが前作に引き続き出演しています。それに加え、デッドプールとの共演を望む声が多かったキャラクターである"ケーブル"がついに参戦!前作から大幅にパワーアップキャスト陣を紹介します。

主人公のウェイド・ウィルソンにはライアン・レイノルズ

ライアン・レイノルズ-(C)Getty Images

デッドプールこと主人公のウェイド・ウィルソン役には前作に引き続き、ライアン・レイノルズが務めます。
ライアンはカナダ出身の俳優で現在41歳。気さくな性格なようで、SNS等でもよく俳優仲間と笑えるやり取りをしています。妻であるブレイク・ライヴリーとは、そのラブラブっぷりからおしどり夫婦と呼ばれており、2人の子どももとても可愛がっているそう。
コメディ映画からアクション映画まで幅広く出演しているので、キレッキレすぎるコメディ映画でもありかっこいいヒーローアクション映画でもある『デッドプール』はハマり役ですね!

筋トレ中のライアン・レイノルズ/Don Saladino(C) Instagram

ライアンは同作へのカムバックにあたり、パーソナルトレーナーにより厳しい筋力トレーニングを受け、さらなる体型作りに励んできました。身長も188cmと長身のため、筋肉もあるとなればかなりの存在感。続編ではどのような姿を見せてくれるのでしょうか?

待望の共演!"ケーブル"役にジョシュ・ブローリン

ジョシュ・ブローリン-(C)Getty Images

続編制作の発表があってから、今回登場する敵であるケーブル役が誰になるのか、さまざまな候補が上がっていましたが、ジョシュ・ブローリンに決定!体が機械になっていくウィルスに侵されているケーブル。かなり事情が入り組んだキャラクターですが、今作ではどのように描かれるのでしょうか?
渋い魅力溢れる彼はケーブル役にピッタリですね!

ジョシュ・ブローリン-(C)Getty Images

ライアン・レイノルズ-(C)Instagram

ジョシュはすでに同じマーベル作品である『アベンジャーズ』等のシリーズにも、スーパーヴィラン"サノス"として登場しています。残念ながら、2008年『アイアンマン』から始まる"MCU"と呼ばれる一連のマーベル映画群と『デッドプール』は世界観を共有していませんが、デッドプールはトレーラーでそんなことはお構い無しにサノスをいじるシーンも!?『デッドプール2』公開より約1ヶ月先に公開されるMCU『アベンジャーズ/インフィティ・ウォー』を受けての、デッドプールならではなシーンですね。

ドミノ役にザジ・ビーツ

『デッドプール2』 (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

敵の幸運をかき集めてしまうという特殊能力を持つミュータント・ドミノ役には、新人女優のザジ・ビーツが抜擢されました!コミックスでは、ケーブルの相棒であり恋人でもあったキャラクターであるドミノ。さらに、ドミノは白い肌に目の周りの黒いフチがトレードマークでしたが、ザジがドミノを演じるにあたり、白いフチに変更された様子。クールな印象になっていますね!

ジョシュ・ブローリン-(C)Instagram

ドナルド・グローヴァ―と共演する米テレビシリーズ「Atlanta」で最もよく知られており、2016年制作のNetfilx配信のコメディドラマ「Easy」に出演するなど、人気急上昇中の女優です。

ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド役はブリアナ・ヒルデブランドが続投

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

ブリアな・ヒルデブランドが演じるネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドは、小柄な少女でありながら、体や体の周りに原子力エネルギーをためて爆発させるという力を持っています。バズカットとブラックのメイクのみならず言動などもクールな彼女は、前作ではX-MENの見習いとしてコロッサス(ステファン・カピチッチ)と共に行動していました。今作では見習いではなくなり、新たな活躍の場が用意されているとの噂ですが、いったいどのような姿を見せてくれるのでしょうか?

日本から忽那汐里さんが出演!

また、本作には日本から忽那汐里さんが出演することが決定しています。これまでも『Oh Lucy!』や『The Outsider』でハリウッド俳優と共演するなど、海外にも活躍の場を広げています。

忽那汐里 -(C) Getty Images

忽那さんが演じる役は「Yoiki」というキャラクターで、「重要な役」であることは明かされていますが、未だにどういったキャラクターなのか、どのような能力を持っているのかなど詳しいことはわかっていません。噂では、ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドのガールフレンドであるそうですが…!?パンセクシャルであるデッドプールも含め、セクシャルマイノリティのキャラクターが映画に登場することが以前よりも多くなった現代、この噂がもし本当だったなら素敵なカップルですね!真偽のほどはいったい…!?

ヴァネッサやウィーゼルも前作から続投!

ベン・マッケンジー&モリーナ・バッカリン-(C)Getty Images

ウェイドと同じくぶっ飛んだ性格をしていながら、自立した女性であり、ウェイドを心から愛しているヒロイン・ヴァネッサを演じるのは、前作に引き続きモリーナ・バッカリン。スタイル抜群で、目鼻立ちのくっきりした美人ですね!バットマンの前日譚を描くドラマ「GOTHAM/ゴッサム」の収録で出会ったベン・マッケンジーとの結婚や出産など、プライベート、仕事共に充実している彼女。実はコミックスではヴァネッサもミュータントなのですが、その設定は今後描かれることはあるのでしょうか?

T・J・ミラー-(C)Getty Images

ウェイドの行きつけの酒場の店主であり、ウェイドを心配しているようでいて、たまに辛辣なセリフも飛び出す気のおけない友人・ウィーゼルを演じるのは、引き続きT・J・ミラー。コメディアン兼俳優として活躍しており、今作では彼のゆるいながらも的確なツッコミがクセになります。
前作での彼からウェイドへのセリフである「Go get her,Tiger!(彼女を取り戻してこい、タイガー!)」は、実はスパイダーマンシリーズのオマージュ(ヒロインのMJはスパイダーマンであるピーターのことを「タイガー」と呼ぶことがあるため)。こういった細かいネタが散りばめられているのもデッドプールならではの楽しみですね。

『デッドプール2』はどんな作品になる?

『デッドプール2』(仮題) (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

未だに詳しいストーリーなどの情報は控えられているものの、次第に公開されるパロディネタ満載のセンス抜群のポスターや、相変わらず次元の壁を超えまくっているトレーラーなどを見ている限り、前作と変わらず、ヒーロー映画の概念を吹っ飛ばす内容になるのは間違いない様子!前作でいい味を出していたタクシードライバーのドーピンダーや、盲目の同居人アルにも注目したいですね。

ほぼ無敵!?デッドプールの能力紹介

『デッドプール』(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

超回復能力「ヒーリングファクター」が最も有名なデッドプールですが、実は他にも彼特有の能力があるのをご存知ですか?元々コミックスに登場させた段階では、1作限りの使い捨てキャラクターとして考えられたという背景もあり、かなり「なんでもあり」な設定を持つデッドプール。だからこそ広く愛されるようになったとも言えますが…。ここでは、コミックスでしか出ていない設定も合わせ、知っておくと映画をさらに楽しめるかも!?なデッドプールについてのトリビアを紹介します。

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

デッドプールの超回復能力は、元はX-MENのウルヴァリンの持っている能力をさらに強力にしたもの。たとえ細切れにされようと、頭を吹っ飛ばされようと死にません。さらに、コミックスではこの超回復能力に加え、とある経緯でスーパーヴィラン"サノス"から不死の呪いをかけられています。そのため、外傷や病気により死ぬこともなければ、老いて死ぬこともないという、まさにチート級の能力なのです。

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

ちなみに、ヒーリングファクターの能力が目覚め全身の細胞が活発化した際に、彼を侵していたがん細胞の働きも活発になってしまい、そのために全身が醜い姿になってしまったという設定。また、がん細胞が活発化することとそれの治癒を繰り返していた結果、多重人格等あらゆる精神異常をきたしている、というものも。おしゃべり好きで下品、コミカルで軽いイメージが強いので忘れがちですが、彼の背景を知るとかなり重いですよね…。
しかし、空気は読めないというよりは読むつもりがないといったところがあったり、"第四の壁"を突破し観客や読者や作者に語りかける場面があったり、状況によってヒーローにもヴィランにもなるデッドプールは、やっぱり見ていて楽しい!

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

元特殊部隊にいたこともあり、大抵の銃火器や刀の扱いはお手の物。元々、常人をはるかに超えた身のこなしができることや戦闘知識を持っていることもデッドプールの強みです。もしかすると身のこなしに関しては、どれだけ敵の攻撃が当たろうと死ぬ心配がないことも影響しているのかも?
さらには、なんと日本の相撲部屋にしばらく弟子入りしていた過去もあるそうで…!?とにかく設定盛り盛りのキャラクター、それがデッドプールです。

ライアン・レイノルズ-(C)Getty Images

デッドプールのモデルになったのは、なんとマーベルと並び大手アメコミ会社であるDCコミックスのキャラクターである"デスストローク"。本名は「スレイド・ウィルソン」といい、凄腕の傭兵であり銃火器や剣を駆使して戦い、回復能力を持っているという、性格や口数以外のほとんどが同じ設定!赤のコスチュームという繋がりでは、よく同じマーベルヒーローであるスパイダーマンと並べられることの多い彼ですが、実際のモデルは自社キャラクターですらないというあたりが逆にデッドプールらしいと思えてしまうのも笑えるところですね。

今作で鍵を握るヴィラン?ケーブルとは

ファンに待ち望まれ、今作でついに登場するジョシュ・ブローリン演じるケーブルですが、実はX-MENのリーダーであるサイクロップスの息子。生まれて間もない頃に体が機械化していくウィルスに感染させられ、現代では治療法がないためタイムトラベラーに預けられて育ちます。本来ならば両親譲りのスーパーパワーで、マーベルヒーローの中でも最強クラスの力を持っていますが、その能力のほとんどを病気の進行を止めるために使っているので、基本的に戦闘はスーパーパワーではなく銃火器を使います。それでもとっても強い!

ライアン・レイノルズ-(C)instagram

そんなシリアスな背景を持ったケーブルですが、一見真逆に思えるおしゃべりな傭兵・デッドプールと組ませると相性バツグンなんです!コミックスの二人のチームアップ誌は有名で、挨拶がわりに頭を吹っ飛ばされてもあまり気にしないデッドプールだったり、二人の体がくっついてしまったり、協力していたかと思えば争い合ったり…それって仲いいの!?と思ってしまいますが、二人だけの絆や信頼関係を築いているようです。今回の映画では、そんな二人をどのように描いていくのでしょうか?

俺ちゃんの活躍まであと少し!いい子で待とう

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

前作『デッドプール』の完成度が高かっただけに、続編への期待値もかなり高くなっているはず。そういったことも踏まえ、映画作品の続編において『〜2』とナンバリングされたタイトルをつけるのは通常だと敬遠されているそうですが、今作のタイトルはそれに反して『デッドプール2』!スタッフの自信がうかがえるものになっていますね。
MCU作品では昨今、ヒーローチームの分裂や世界の危機など大きな問題に直面しがち。彼らのようなヒーローらしさは全くないけれど、最高にキュートで笑えるクールなヒーローであるところが魅力のデッドプール!ぜひ、頭を空っぽにして楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

関連する投稿


【今週末公開の映画】6/1~『デッドプール2』『ビューティフル・デイ』ほか!

【今週末公開の映画】6/1~『デッドプール2』『ビューティフル・デイ』ほか!

6/1(金)、6/2(土)に公開される映画を一挙ご紹介。あのクソ無責任ヒーローが、今度はまさかのファミリー映画でカムバック?『デッドプール2』や、カンヌ国際映画祭で、脚本賞と主演男優賞をW受賞した異色作『ビューティフル・デイ』など、期待作が続々公開されます。


【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

4/27(金)、4/28(土)そしてGWの頭である5/4(金)、5/5(土)に公開される映画を一挙ご紹介。 数多くの豪華オールスター・ヒーローが集結する超大作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をはじめ、公開前からメディアで多く取り上げられた『君の名前で僕を呼んで』など期待作が続々公開されます!


シリーズ第三弾!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』あらすじ・キャスト・見どころまとめ

シリーズ第三弾!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』あらすじ・キャスト・見どころまとめ

全世界同日公開を4月27日(金)に控えた『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。今までのヒーローたちが総結集する期待度120%な超話題作!あらすじやキャスト、さらには今作に関する考察や噂話などをまとめました。


『アベンジャーズ インフィニティ ウォー』待望の第3弾!全作総まとめ!

『アベンジャーズ インフィニティ ウォー』待望の第3弾!全作総まとめ!

2018年4月に公開予定の『アベンジャーズ』第3弾となる作品『アベンジャーズ インフィニティ ウォー』。スーパーヒーローたちが一堂に会するとあって、待ちきれない!というファンも多いのでは?今作に繋がるこれまでの作品の紹介や、見どころなどをご紹介していきます。


【2018年版】Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

【2018年版】Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

動画配信サイトオリジナルの中で断トツの人気を誇るNetflix(ネットフリックス)! その理由のひとつに、監督など製作陣が、思い通りの作品を作ることができるNetflix独自の体制が大きいといわれています。 今回は数あるオリジナル作品から、いくつか特に魅力的な作品をピックアップ!


最新の投稿


青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

若き良き青春時代!誰にでも一度はあった切ないあの時を思い出したいときに!おすすめの青春映画の傑作、名作をご紹介いたします。いま青春真っただ中のあなたにもピッタリ!


今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

6/22(金)、6/23(土)に公開される映画を一挙ご紹介。大泉洋迫真の演技『焼肉ドラゴン』から、沢尻エリカ6年ぶりの主演映画『猫は抱くもの』、昨年多くの映画賞を獲得したドキュメンタリー作品『祝福〜オラとニコデムの家〜』など、話題作が続々公開!


アーロン・テイラー=ジョンソン出演作まとめ!20代にして幅広い役をこなす、彼の演技とは?

アーロン・テイラー=ジョンソン出演作まとめ!20代にして幅広い役をこなす、彼の演技とは?

現在27歳という若さにも関わらず、さまざまなジャンルの映画に出演するほか、一回り年上の女性監督と結婚、最近では『アベンジャーズ』シリーズにてクイックシルバー役を演じていることでも話題のアーロン・テイラー=ジョンソン。彼がこれまでにどのような役を演じてきたのか、主演・脇役問わずまとめました。


面白い映画50選!最近のおすすめ作品はコレ!

面白い映画50選!最近のおすすめ作品はコレ!

最近なにか面白い映画ないかな~と思ったらこの記事を読めば間違いなし!最新~過去3年以内に公開されたおすすめ作品をまとめました。


『アベンジャーズ』ドン・チードルまとめ!シリアスな作品にも定評のある彼の演技とは?

『アベンジャーズ』ドン・チードルまとめ!シリアスな作品にも定評のある彼の演技とは?

『アベンジャーズ』シリーズにおいて、アメリカ空軍中佐、ジェームズ・"ローディ"・ローズをテレンス・ハワードから引き継ぐなど、その活躍が目覚しいドン・チードル。現在でこそ大衆作品のイメージですが、過去作ではシリアスな作品でアカデミー賞にノミネートするなど、その演技力ある作品などをまとめました。