歴代アカデミー脚本賞受賞作まとめ!2013年~2020年【何を観ようか迷ったらどうぞ】

歴代アカデミー脚本賞受賞作まとめ!2013年~2020年【何を観ようか迷ったらどうぞ】

ここでは、2013年~2020年の「アカデミー脚本賞」を受賞した作品をご紹介致します。 最後まで予想が付かない展開の傑作が揃っています!


2020年『パラサイト 半地下の家族』ポン・ジュノ、ハン・ジンウォン

© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

2020年脚本賞の受賞作は『パラサイト 半地下家族』です。
第92回アカデミー賞で計6部門ノミネートされ、作品賞、監督賞と国際長編映画賞も受賞しました。今回のアカデミー賞で一番輝いた作品となります。

© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

『パラサイト』は全員失業中、半地下住宅で暮らす貧しいキム一家の物語。大学受験に失敗し続けている長男ギウは、エリート大学生の友達に家庭教師の仕事を紹介され、身分を偽りIT企業を経営するパク社長一家が暮らす高台の大豪邸に勤め出します。続けて、美術家庭教師として妹ギジョンを紹介し、徐々にパク一家にパラサイトしていくキム家族。しかし、彼らが辿り着く先には、誰にも想像し得ない衝撃の光景が待ち構えていました。

脚本を手掛けたのは監督のボン・ジュンノと脚本家のハン・ジンウォンです。二人は、アカデミー賞史上初のアジア系外国人の受章者となります。
監督のボン・ジュンノは、若いごろに裕福な家庭で家庭教師を務めた経験を活かし、家族愛を題材に貧困差別について脚本を考案。脚本の構成がある程度できてから、脚本家のハン・ジンウォンが共同脚本家として合流しました。

今さら聞けない?映画『パラサイト 半地下の家族』伏線15連発&ネタバレあらすじ

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2693

2020年のアカデミー賞で最多賞を獲得した映画『パラサイト』の物語の魅力やネタバレあらすじ、出演キャストを徹底解説!今さら聞けない「石」「線」「時計回り」といった伏線15個もまとめて考察します。パラサイトをじっくり考察したい人は要チェックですよ!

2019年『グリーンブック』ピーター・ファレリー、ニック・バレロンガ、ブライアン・クリー

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

2019年脚本賞の受賞作は『グリーンブック』です。
第91回アカデミー賞で計5部門にノミネートされ、作品賞と助演男優賞も受賞しました。

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

本作のタイトルにもなっている「グリーンブック」とは、1936年から1966年までに毎年出版されていた、黒人を受け入れてくれるビジネスやサービス機関のリストが記載された旅行ガイドブックのこと。ニューヨーク出身のアフリカ系アメリカ人で郵便配達員をしていたヴィクター・ヒューゴー・グリーンが作成し、人種差別が激しい中、車で移動する黒人たちにとって欠かせないツールとなっていた。
1962年、差別が残る南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニスト、ドン・シャーリーは、粗野で無教養のイタリア系、トニー・リップを用心棒兼運転手として雇うことに。黒人用旅行ガイド<グリーンブック>を頼りに、正反対のふたりは旅を始めるのだが――。

実話をもとに、主人公トニー・リップ(本名はトニー・バレロンガ)の実の息子が製作・脚本を手掛け、『メリーに首ったけ』で知られるファレリー兄弟の兄、ピーター・ファレリー監督がメガホンをとりました。脚本制作の際、シャリーとバレロンガにインタビューをし、実際バレロンガが妻宛の手紙も参考しました。

【ネタバレあり】『グリーンブック』まとめ!2人の徹底した役作りに迫る!

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2575

2019年に行われたアカデミー賞にて作品賞などを受賞した『グリーンブック』。 まだ人種差別が残る時代に、黒人と白人の2人による友情を描いた映画です。差別を描いた作品ですが、ユーモア溢れる演出や2人の演技によって、誰もが心温まる作品となっています。ここでは、アカデミー賞を獲得した2人の役作りや映画の見どころを紹介します!

2018年『ゲット・アウト』ジョーダン・ピール

© 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

2018年脚本賞の受賞作は『ゲット・アウト』です。
第90回アカデミー賞で4部門にノミネートされました。

© 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

人種差別を題材にした、異色の衝撃スリラーとなる本作。
ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待されます。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、その家にいまどき黒人の使用人がいることに妙な違和感。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と、窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかり。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間に彼は鼻から血を流しながら豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが…。

監督・脚本を務めたのは、アメリカのお笑いコンビ「キー&ピール」のジョーダン・ピール。世界的ヒットメーカーと大人気コメディアンがタッグを組み、じわじわ来る“恐怖”と、あっと驚く“結末”が待ち受ける、これまで誰も観たことないオリジナリティあふれる作品を生み出しました。

異色の衝撃スリラー『ゲット・アウト』!ネタバレ注意!間もなく日本公開!

https://pickup.cinemacafe.net/articles/1548

低予算ながらも全米初登場でNO.1の大ヒットを記録。人種差別を題材にした異色の衝撃スリラー『ゲット・アウト』が10月27日より公開となります。”何かがおかしい”と感じずにはいられない本作のあらすじやキャストなどをご紹介します。

2017年『マンチェスター・バイ・ザ・シー』ケネス・ロナーガン

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 (C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

2017年の脚本賞受賞作は『マンチェスター・バイ・ザ・シー』です。
第89回アカデミー賞で6部門にノミネートされ、主演男優賞(ケイシー・アフレック)も受賞しています。

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 (C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公リー。しかし兄の訃報を受けて故郷“マンチェスター・バイ・ザ・シー”へと戻ります。そして突如16歳の甥パトリックの後見人となり、困惑して心を閉ざすリー。パトリックの面倒を見ながら、故郷で起きた過去の悲劇と向き合っていきます。リーの絶望と再生を、時折ユーモアを交えながら丁寧に紡ぎ出した珠玉の人間ドラマです。

関連する投稿


小説を元に映画化された邦画&洋画おすすめ20選!原作と比較しておもしろさ倍増!

小説を元に映画化された邦画&洋画おすすめ20選!原作と比較しておもしろさ倍増!

昨今、映画作品はオリジナル作品が少なくなってきて久しいですが、そんな賛否両論ある「原作もの」も、監督独自の脚色によって、生まれ変わるケースは多くあります。ラストを変更するだけでなく、作品全体のトーンを変えたり、登場人物を新たに加えたりと、その方法は様々。こちらのまとめでは、原作と映画の比較や、作者の背景にも迫りました。


ポン・ジュノ監督おすすめ映画9選!『パラサイト 半地下の家族』アカデミー受賞でさらに注目を浴びる存在に!

ポン・ジュノ監督おすすめ映画9選!『パラサイト 半地下の家族』アカデミー受賞でさらに注目を浴びる存在に!

韓国を代表する偉大な映画監督ポン・ジュノ監督。『パラサイト 半地下の家族』のアカデミー賞4冠受賞が世界中の映画ファンに大きな感動を与えたことも記憶に新しいですよね!メッセージ性が濃く、独創的かつ強烈な人間描写が尾を引く作品群が世界中で愛されています。ここでは、そんなポン・ジュノ監督のおすすめ映画を紹介していきます。


思わずお腹が空く!各国のおいしい料理・グルメ映画15選

思わずお腹が空く!各国のおいしい料理・グルメ映画15選

本記事でこれからご紹介する作品は、いずれも食欲をそそられるグルメ映画です。各国のおいしそうな食べ物がどんどん出てくるので、空腹感を刺激される可能性があるため、お腹が空いた状態でのご視聴はご注意ください。


人種差別は終わっていない…「BLM」運動を理解するために見ておきたい映画15選

人種差別は終わっていない…「BLM」運動を理解するために見ておきたい映画15選

白人警官による過剰な暴力で、一般市民の黒人が亡くなるという事件が度々起きています。奴隷制度から始まり、今なお黒人、有色人種への人種差別は続いてきました。黒人が通ってきた厳しい歴史を映画にした作品は数多く、人間の尊厳を考えさせられます。ここでは今観て欲しい、南北戦争前後を描いた作品や実際に起きた事件を基にしたヒューマンドラマ、2020年公開の新作作品『ハリエット』等、実在した偉人達の伝記作品を紹介しています。映画界でも、アカデミー賞では白人より黒人が受賞しにくいという事実もありますが、アカデミー賞受賞の感動作品もご紹介。


これぞ男のロマン!遂にAIの時代到来!ロボット映画おすすめ15選

これぞ男のロマン!遂にAIの時代到来!ロボット映画おすすめ15選

男なら誰しも一度はロボットに対して憧れを抱くもの。そんなロマンの塊ともいうべきロボットが活躍する映画を15本紹介します。


最新の投稿


『未来のミライ』はつまらない?細田守監督の最新作はなぜ酷評されたのか徹底考察・解説!

『未来のミライ』はつまらない?細田守監督の最新作はなぜ酷評されたのか徹底考察・解説!

細田守監督作品のアニメ映画『未来のミライ』は、海外からの評価は高いものの、国内での評価はイマイチ…。今回は本作が酷評される理由や、ネタバレあらすじ、声優を務めたキャスト陣をまとめてご紹介します!作品の評価や感想、見どころが知りたい人は要チェックです。


続編前はこれを見ればOK!映画『エスター』ネタバレ&最後のシーンを考察

続編前はこれを見ればOK!映画『エスター』ネタバレ&最後のシーンを考察

『エスター』は2009年に公開されたサイコ・サスペンス映画。映画好きなら一度は見たことがある「名作」として知られる本作は、続編の製作が決定したことで、再び注目を集めています。そこで今回は本作のあらすじをネタバレありで解説!「実話」と呼ばれる理由や、本作の前日譚を描く続編の内容もまとめてピックアップ♪


VODサービス14社徹底比較ランキング!自分にとってベストなVODサービスを見極めよう!

VODサービス14社徹底比較ランキング!自分にとってベストなVODサービスを見極めよう!

空前のVOD(ビデオ・オンデマンド)時代を迎え、サービス自体も増え続けている今、視聴ユーザーも "楽しむ" だけではなく "チョイスする" 時代に突入しています!殆どの人が「もっと自分に合った配信サービスはないか..」と模索しているのでは?ここでは、そのヒントとして頂けるようVODサービス14社を徹底比較しています!是非ご覧下さいね。


「恋つづ」で大ブレイク!上白石萌音の出演作品まとめ

「恋つづ」で大ブレイク!上白石萌音の出演作品まとめ

大ヒットドラマ「恋はつづくよどこまでも」で大ブレイクした上白石萌音さん。22歳ですでに女優の風格漂う彼女は、演技だけでなく歌もお得意。今年は歌手活動も積極的に行っていくようです。今回はそんな彼女のおすすめの出演作品や、プロフィールなどをまとめてご紹介していきます。


新型コロナウイルスの影響で公開延期となった映画作品まとめ【随時更新】

新型コロナウイルスの影響で公開延期となった映画作品まとめ【随時更新】

世界で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響で、次々と公開予定の映画が延期することになりました。楽しみにしている映画は延期公開?予定通り公開?情報随時更新しますので、気になる方はこちらの記事を注目してください。