最新5年分のアカデミー録音賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

最新5年分のアカデミー録音賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

ここでは、最新5年分の「アカデミー録音賞」を受賞した作品をご紹介致します。 かすかな息遣いから爆音まで、余すところなく拾い上げた傑作揃いです!


2017年『ハクソー・リッジ』ケヴィン・オコネル他

『ハクソー・リッジ』 (C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

2017年の受賞作は『ハクソー・リッジ』です。
6部門にノミネートされ、編集賞も受賞しています。

『ハクソー・リッジ』 (C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

第二次世界大戦の中でも屈指の激戦となった日本・沖縄戦にて、決して銃を持たず、誰ひとり命を奪うことなくひたすら「ひとりでも多くの命を救う」ことだけに邁進したアメリカ軍衛生兵の人生を、実話に忠実に映画化した感動の戦争ドラマです。録音担当のケヴィン・オコネルは、1983年の『愛と追憶の日々』以来、30数年間で実に21作品にて同賞にノミネートされている大ベテランで、この度悲願の受賞を成し遂げました。戦場の密かな息遣いが臨場感を呼んでいます。
監督はメル・ギブソン。出演はアンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング。

2016年『マッドマックス 怒りのデス・ロード』グレッグ・ルドロフ他

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』-(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

2016年の受賞作は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』です。
10部門にノミネートされ、美術賞、衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞、音響編集賞、編集賞も受賞しています。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 (C) 2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

石油と水が枯渇し、狂気の独裁者と戦闘集団が支配する荒野の世界を舞台に、ある目的を胸に理想郷へと疾走する人間たちの壮絶な戦いを描く、『マッドマックス』シリーズ待望の再起動作です。録音担当のグレッグ・ルドロフは、『グローリー』『マトリックス』の2作で同賞受賞の実績を持つ、この道35年の熟練。全編に渡るマシン・ノイズと絶叫のアンサンブルは圧巻です。
監督はジョージ・ミラー。出演はトム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ヒュー・キース=バーン、ニコラス・ホルト、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー。

2015年『セッション』クレイグ・マン他

『セッション』-(C) 2013 WHIPLASH, LLC All Rights Reserved

2015年の受賞作は『セッション』です。
5部門にノミネートされ、助演男優賞(J・K・シモンズ)、編集賞も受賞しています。

『セッション』-(C) 2013 WHIPLASH, LLC All Rights Reserved

ジャズドラマーを目指して名門音楽院へと入学した青年が、常に“完璧”を要求するトレーナーによる凄絶で残酷な練習に耐え抜き前身する姿を、ドラム奏者の経歴を持つデイミアン・チャゼル監督が描いた緊迫感溢れるドラマです。録音担当のクレイグ・マンは、15年近いキャリアを持つベテラン録音技師。ライブ感溢れる生々しいドラム演奏を見事に拾い上げています。
出演はマイルズ・テラー、J・K・シモンズ、ポール・ライザー。

2014年『ゼロ・グラビティ』スキップ・リーヴセイ他

『ゼロ・グラビティ』ポスター (c) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

2014年の受賞作は『ゼロ・グラビティ』です。
10部門にノミネートされ、監督賞(アルフォンソ・キュアロン)、撮影賞、作曲賞、視覚効果賞、音響編集賞、編集賞も受賞しています。

『ゼロ・グラビティ』-(C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

宇宙空間に放り出されるという絶望的な状態に陥った2人の宇宙飛行士の決死の奮闘を、史上最高級の臨場感を持つ映像と共に体験するSFドラマです。録音担当のスキップ・リーヴセイは、録音賞及び音響編集賞において『ノーカントリー』『トゥルー・グリット』『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』の3作品でノミネートの経験があり、今回が初の受賞。本来、声など届かない宇宙空間での発声を表現するという難業を上手くこなしています。
監督はアルフォンソ・キュアロン。出演はサンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー。

2013年『レ・ミゼラブル』アンディ・ネルソン他

2013年の受賞作は『レ・ミゼラブル』です。
8部門にノミネートされ、助演女優賞(アン・ハサウェイ)、メイクアップ&ヘアスタイリング賞も受賞しています。

『レ・ミゼラブル』アマンダ・セイフライド&エディ・レッドメイン -(C) 2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

幼い頃、たった1本のパンを盗んだ罪で19年感投獄された青年ジャン・バルジャンの物語。世界中で愛されている傑作ミュージカルを映画化した超大作です。台詞は勿論、吹き替えなしで歌い上げる俳優たちのミュージカル・シーンを確実に形にした録音担当のアンディ・ネルソンは、1988年の『愛は霧のかなたに』以来、21作品もの同賞ノミネート実績を持つ熟練の職人。『プライベート・ライアン』にて受賞も果たしています。
監督はトム・フーパー。出演はヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド、アン・ハサウェイ。

まとめ

『ハクソー・リッジ』 (C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

観たい作品は見つかりましたでしょうか?
この道何十年のベテラン録音技師たちの腕を堪能出来る作品ばかりですので、まだ観たことのない映画があれば、チェックしてみてください!

関連する投稿


【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

2/16、2/17に公開となる映画をまとめてご紹介。待ち焦がれた『グレイテスト・ショーマン』がいよいよ日本でも公開!そのほか二階堂ふみの『リバーズ・エッジ』、林遣都の『チェリーボーイズ』が公開です。映画館でぜひお楽しみください。


『レッド・スパロー』ジェニファー・ローレンスがセクシーな女スパイに!

『レッド・スパロー』ジェニファー・ローレンスがセクシーな女スパイに!

全世界で空前のメガヒットを記録した人気シリーズ『ハンガー・ゲーム』のフランシス・ローレンス監督による、新作『レッド・スパロー』が2018年3月30日(金)に公開決定!オスカー女優のジェニファー・ローレンスが、ロシア政府の女スパイ「スパロー」になり極秘捜査をするスパイ作品です。予測不能なアクションを要チェック!


感動したいなら『アニー』『レ・ミゼラブル』!ミュージカル映画の名作50選

感動したいなら『アニー』『レ・ミゼラブル』!ミュージカル映画の名作50選

映画の感動を盛り上げる歌、登場人物の感情を溢れ出させる名シーン、ダンスあり、大合唱ありのラスト…そんなミュージカル映画の魅力を存分に楽しめる名作5選をご紹介します。


映像が美しい映画50選!その綺麗な世界観に引き込まれる!

映像が美しい映画50選!その綺麗な世界観に引き込まれる!

映像が美しいとそれだけで物語に引き込まれますよね。今回はそんな映像の美しい映画を紹介していきます。


都市別警察映画50選!アメリカは警察官も個性派揃い!最新作から名作まで

都市別警察映画50選!アメリカは警察官も個性派揃い!最新作から名作まで

一口にアメリカと言っても州によって特色はバラバラ。当然その街を守る警察官も千差万別です。個性豊かな警察官が大都市や田舎町で活躍する映画をご紹介します。


最新の投稿


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。


【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

2/16、2/17に公開となる映画をまとめてご紹介。待ち焦がれた『グレイテスト・ショーマン』がいよいよ日本でも公開!そのほか二階堂ふみの『リバーズ・エッジ』、林遣都の『チェリーボーイズ』が公開です。映画館でぜひお楽しみください。