最新5年分のアカデミー助演男優賞受賞者まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

最新5年分のアカデミー助演男優賞受賞者まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

本記事では最新5年分の「アカデミー助演男優賞」を受賞した作品をご紹介します。 主役をも圧倒する演技を見せる名優ばかりです!


2017年『ムーンライト』マハーシャラ・アリ

2017年の受賞者は『ムーンライト』のマハーシャラ・アリです。
初ノミネートにして初受賞の快挙を成し遂げました。

『ムーンライト』 (C)2016 A24 Distribution, LLC

ドラッグ中毒の母親と学校でのいじめに悩む孤独な少年シャロン。彼がただ一人心を開くことができる相手こそ、マハーシャラ・アリ演じるドラッグディーラーのフアンでした。自らの環境とシャロンの環境を重ね合わせ、矛盾に苦悩する姿は観る者の心に突き刺さります。

2016年『ブリッジ・オブ・スパイ』マーク・ライランス

『ブリッジ・オブ・スパイ』日本オリジナルポスター  -(C) Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.

2016年の受賞者は『ブリッジ・オブ・スパイ』のマーク・ライランスです。
舞台を中心に活躍してきた芸歴35年を超える大ベテランですが、以外にもこの作品が初ノミネート。そして嬉しい初受賞となりました。

トム・ハンクス&マーク・ライランス/『ブリッジ・オブ・スパイ』 -(C) Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.

マーク・ライランスが演じるのは、米ソ冷戦時代にソ連のスパイという容疑でアメリカ政府に逮捕されるルドルフ・アベル。国家の裏切り者というレッテルを貼られた彼の弁護を引き受けた国選弁護人との駆け引きや、予想だにしない事態に巻き込まれても冷静な様を演じています。

2015年『セッション』J・K・シモンズ

『セッション』-(C) 2013 WHIPLASH, LLC All Rights Reserved

2015年の受賞者は『セッション』のJ・K・シモンズです。
『スパイダーマン』シリーズをはじめ、数多くの作品に出演してきたバイプレイヤー。初ノミネートで初受賞となりました。

『セッション』-(C) 2013 WHIPLASH, LLC All Rights Reserved

名門音楽大学に通うドラマー志願の主人公を徹底的に鍛え上げる鬼教師役を演じています。狂気にも似た情熱を表現しています。
『スパイダーマン』の新聞社社長や、近年では『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の刑事役など、登場するだけで緊張感が生み出す稀有な俳優です。

2014年『ダラス・バイヤーズクラブ』ジャレッド・レト

『ダラス・バイヤーズクラブ』-(C) 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Right Reserved.

2014年の受賞者は『ダラス・バイヤーズクラブ』の“カメレオン俳優”ジャレッド・レトです。
『レクイエム・フォー・ドリーム 』『チャプター27』などで見られる役作りは、ストイックと定評があります。初ノミネートで初受賞となりました。

左から、ジャレッド・レト&マシュー・マコノヒー『ダラス・バイヤーズクラブ』-(C) 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Right

ジャレッド・レトが演じたのはトランスジェンダーのレイヨン。余命わずかの主人公と同様にエイズに感染しており、未認可エイズ治療薬の販売ルート「ダラス・バイヤーズクラブ」の拡大に尽力。役に憑依したかのような演技こそ、この作品のキーと言えるでしょう。
主人公を演じたマシュー・マコノヒーは主演男優賞を受賞しています。

2013年『ジャンゴ 繋がれざる者』クリストフ・ヴァルツ

2013年の受賞者は『ジャンゴ 繋がれざる者』のクリストフ・ヴァルツです。
『イングロリアス・バスターズ』で受賞して以来、2回目の受賞となりました。

『ジャンゴ 繋がれざる者』で助演男優賞を獲得したクリストフ・ヴァルツ-(C) Getty Images

クリストフ・ヴァルツが演じたのは、歯科医にして賞金稼ぎのキング・シュルツ。自らが追う賞金首の居所を知る主人公の黒人奴隷ジャンゴを解放し相棒とするなど、飄々とした姿を演じています。

まとめ

マハーシャラ・アリ-(C)Getty Images

観たい作品は見つかりましたか?
キャリアが長く、努力が報われた名優が多かったように思います!
ではまたお会いしましょう!

関連する投稿


超人気スーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュまとめ!『スーサイド・スクワッド』魔女役

超人気スーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュまとめ!『スーサイド・スクワッド』魔女役

『スーサイド・スクワッド』(2016)の謎の美しき魔女エンチャントレス役をはじめ、最近は映画への出演が増えてきました!今回は、そんなカーラ・デルヴィーニュのプロフィールや出演作、そして過去のゴシップなど気になる情報をまとめてみました。気になる今後の活躍も!


『特攻野郎Aチーム』『ネイビーシールズ』特殊部隊を描いた映画おすすめまとめ!

『特攻野郎Aチーム』『ネイビーシールズ』特殊部隊を描いた映画おすすめまとめ!

少数精鋭で特殊な任務を遂行する特殊部隊ってかっこいいですよね。そんな特殊部隊を描いた映画を紹介します。


『ボス・ベイビー』まとめ!気になる日本吹き替えキャストは?【ネタバレ注意】

『ボス・ベイビー』まとめ!気になる日本吹き替えキャストは?【ネタバレ注意】

全米で公開されると、なんとあの『美女と野獣』を抑えて2週連続第1位を獲得するという大ヒットを記録したアニメ映画『ボス・ベイビー』。 見た目は赤ちゃん、中身はおっさんというシュールな設定ですが、一体どんな作品なのかをまとめてみました!※あらすじにはネタバレが含まれているので要注意!


見逃し厳禁!2017年の映画『ザ・コンサルタント』続編にも期待⁉

見逃し厳禁!2017年の映画『ザ・コンサルタント』続編にも期待⁉

昨年1月に日本公開されたベンアフレックの主演映画『ザ・コンサルタント』が好評です。撮影開始は未定ながらも続編の制作も決定とのこと。制作会社はにわかに忙しくなったベン・アフレックのスケジュールを何とか押さえたい模様。今回はなかなかヒロイモノだったこの『ザ・コンサルタント』をご紹介します。


ケヴィン・ハートまとめ!コメディアンから俳優までこなす男の素顔と経歴に迫る!

ケヴィン・ハートまとめ!コメディアンから俳優までこなす男の素顔と経歴に迫る!

コメディアンとしてデビューし、コメディ映画に脇役として出演数を重ねていき、現在は大物俳優ドウェイン・ジョンソンとのバディムービーや、ハリウッドリメイク作において、主演に抜擢されるなど、その目覚しい活躍を見せるケヴィン・ハート。 今回は彼のこれまでの経歴や、最近の作品から今後の待機作までをまとめました。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。