ドキュメンタリー映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』

ドキュメンタリー映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』

2016年カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品され、モスクワ映画祭などで最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞した『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』主人公となるマダム・ベーの危険で過酷な脱北の道中をカメラに収めた作品となっています。


『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』あらすじ

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

10年前家族のため1年間だけの出稼ぎのはずが、中国の貧しい農村に嫁として売り飛ばされた北朝鮮女性B(ベー)。最初は憎んでいた中国の夫と義父母との生活を受け入れた彼女は、そこで生き抜くために脱北ブローカーとなる。

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

しかし北朝鮮に残してきた息子たちの将来を案じた彼女は、彼らを脱北させ、さらに自らも韓国へと渡るという危険で過酷な道を選ぶことに――。

ユン・ジェホ監督

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

この名もなき北朝鮮女性B(ベー)の生き様を記録したのは、フランスと韓国を拠点に映画製作をし、これまでに5本の中短編映画がカンヌ国際映画祭へ出品され、いま最も注目されている新鋭ユン・ジェホ監督。

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

大胆で鋭く時に美しい映像で、中国と北朝鮮、そして韓国に引き裂かれるマダム・ベーの分断の人生を、韓国人である監督自身のアイデンティティへの疑問と闘いながらカメラに収めました。

カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品される

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

本作は2016年モスクワ国際映画祭、そしてチューリッヒ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞し、カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品されるなど、各国の映画祭で絶賛されています。

ユン・ジェホ監督も脱北に同行

本編シーンには、脱北に同行することとなったユン監督による貴重な映像がカメラに収められています。マダム・ベーら北朝鮮女性がよりよい生活や幸せを求め、中国からラオス、タイ・バンコクを経て脱北するルートの様子や、中国で乗り込んだバンの車内でも北の監視の目がないか常に緊張する様子。

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

さらに、子どもを背負ったまま真っ暗な山中をただ無言で進む様子など、映像は短いですが、かなり緊迫した状況が感じ取れます。

まとめ

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

同行したユン監督は「12人くらいのグループで食事もままならず、山中を10時間以上歩き続けた。危険でなかったとは決して言えない」と当時を振り返っています。

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

そして「旅が終わって、映画が完成して、自分の人生、世間を見る視点が大幅に変わった」と言い、「実際にマダム・ベーの人生も変わったが、私自身も大きく変わったと思う」と語ったユン監督。その衝撃の真意を、是非確かめてみてはいかがですか?

この記事のライター

関連する投稿


『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』

カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品されるなど、世界で絶賛された『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』は主人公となるマダム・ベーの危険で過酷な脱北の道中をカメラに収めたドキュメンタリー映画となっています。


最新の投稿


『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

ライアン・レイノルズがアンチヒーロー・デッドプールを演じ大ヒットを記録した『デッドプール』その続編となる『デッドプール2』!前作のおさらいから引き続きやキャストについて、さらにはデッドプールのトリビアなど、公開が待ちきれなくなる情報をまとめました。


阿部寛が浮世絵に⁈笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』

阿部寛が浮世絵に⁈笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』

『後妻業の女』の鶴橋康夫が約40年映画化を熱望し続けた、阿部寛主演で贈る笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』。豪華キャストが勢ぞろいする本作品の公開日が2018年5月18日に決定しました。本記事では気になる本作について詳しくご紹介します。


ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

女性同士の恋愛=レズビアンをテーマにした作品を観たことはありますか?セクシーな女性同士の恋愛を描くシーンはまるでアートのような美しさ。ぜひワインを片手に見てほしいレズビアン映画がたくさんあります。そこで今回は海外・日本国内の作品問わず、おすすめのレズビアン作品をまとめてみました。


【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

4/27(金)、4/28(土)そしてGWの頭である5/4(金)、5/5(土)に公開される映画を一挙ご紹介。 数多くの豪華オールスター・ヒーローが集結する超大作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をはじめ、公開前からメディアで多く取り上げられた『君の名前で僕を呼んで』など期待作が続々公開されます!


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。