ドキュメンタリー映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』

ドキュメンタリー映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』

2016年カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品され、モスクワ映画祭などで最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞した『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』主人公となるマダム・ベーの危険で過酷な脱北の道中をカメラに収めた作品となっています。


『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』あらすじ

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

10年前家族のため1年間だけの出稼ぎのはずが、中国の貧しい農村に嫁として売り飛ばされた北朝鮮女性B(ベー)。最初は憎んでいた中国の夫と義父母との生活を受け入れた彼女は、そこで生き抜くために脱北ブローカーとなる。

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

しかし北朝鮮に残してきた息子たちの将来を案じた彼女は、彼らを脱北させ、さらに自らも韓国へと渡るという危険で過酷な道を選ぶことに――。

ユン・ジェホ監督

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

この名もなき北朝鮮女性B(ベー)の生き様を記録したのは、フランスと韓国を拠点に映画製作をし、これまでに5本の中短編映画がカンヌ国際映画祭へ出品され、いま最も注目されている新鋭ユン・ジェホ監督。

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

大胆で鋭く時に美しい映像で、中国と北朝鮮、そして韓国に引き裂かれるマダム・ベーの分断の人生を、韓国人である監督自身のアイデンティティへの疑問と闘いながらカメラに収めました。

カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品される

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

本作は2016年モスクワ国際映画祭、そしてチューリッヒ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞し、カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品されるなど、各国の映画祭で絶賛されています。

ユン・ジェホ監督も脱北に同行

本編シーンには、脱北に同行することとなったユン監督による貴重な映像がカメラに収められています。マダム・ベーら北朝鮮女性がよりよい生活や幸せを求め、中国からラオス、タイ・バンコクを経て脱北するルートの様子や、中国で乗り込んだバンの車内でも北の監視の目がないか常に緊張する様子。

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

さらに、子どもを背負ったまま真っ暗な山中をただ無言で進む様子など、映像は短いですが、かなり緊迫した状況が感じ取れます。

まとめ

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

同行したユン監督は「12人くらいのグループで食事もままならず、山中を10時間以上歩き続けた。危険でなかったとは決して言えない」と当時を振り返っています。

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

そして「旅が終わって、映画が完成して、自分の人生、世間を見る視点が大幅に変わった」と言い、「実際にマダム・ベーの人生も変わったが、私自身も大きく変わったと思う」と語ったユン監督。その衝撃の真意を、是非確かめてみてはいかがですか?

この記事のライター

関連する投稿


『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』

カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品されるなど、世界で絶賛された『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』は主人公となるマダム・ベーの危険で過酷な脱北の道中をカメラに収めたドキュメンタリー映画となっています。


最新の投稿


アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

今世界中のアメコミブームを牽引しているマーベル・シネマティック・ユニバースの2大ヒーロー、アイアンマンとキャプテン・アメリカ!ヒーロチーム・アベンジャーズの主なメンバーである2人ですが、この2人が戦ったらどっちが強いの?そんな疑問を抱いたことがある方もいるのでは?気になる成り立ちやスペックを徹底比較していきます!


フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

冬は暖かい部屋で趣味に没頭したりして、芸術的な感性も研ぎ澄まされてきやすい時期。普段置きっぱなしの雑誌や画集なんかを手に取ってみたり、映画を観ながらゆっくり過ごしたい...。という事で2010年代のフランス映画をいくつか紹介していきたいと思います。フランス映画は、活発に動き回っている時にサラっと観れる作品が少ないですが、個人的には涼しくなってくる秋頃から冬、外の震える寒さから逃れて家にいる時、映画館でのんびり休日を楽しみたい時期にピッタリだと感じます。ポートレートのように美しい風景や、芸術的なインテリアや食器コーディネート、凛とした女優さんの輝き、ウィットに富んだ会話の心地よさ、見終わった後の何とも言えない独特な余韻に浸りましょう!


『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

ジュリアン・ ムーアがオスカーに輝いたことでも話題となった『アリスのままで』は、若年性アルツハイマーを宣告された女性について描いた映画作品。原作はベストセラーとなったリサ・ジェノヴァによる同名小説、監督はリチャード・グラッツァーとウォッシュ・ウェストモアランドが務めました。今回は『アリスのままで』について紹介します。


映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

アップル社の共同設立者、スティーブ・ジョブズについて書かれた伝記を基に製作された映画『スティーブ・ジョブズ』。公開後はさまざまな映画賞で注目を浴び、日本では2016年に公開されました。今回は映画『スティーブ・ジョブズ』について紹介します。


ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

少年のような若いルックスと、どこか危ない魅力を放つハリウッドのモテ男ジャレッド・レト。両親の離婚により方々を巡り、様々な環境で少年時代を過ごした彼は、俳優として活躍するだけに留まらず、全米チャート入りも果たしているロック・バンド "Thirty Second To Mars" のヴォーカリスト兼リズムギター担当でソングライティングまでこなしている。プライベートでもキャメロン・ディアスやアンジェリーナ・ジョリー等、ハリウッドを代表する美人女優たちとの浮名を流すモテっぷりが話題に..。そんなジャレッド・レトの生い立ちや華やかな歴代彼女たち、役に入り込んだ時のエピソード、キャリア、主な出演映画の紹介などを詰め込んで紹介します!