【Happy Birthday!】10月前半生まれのハリウッドスター

【Happy Birthday!】10月前半生まれのハリウッドスター

10月に入ると日ごとに秋は深まり、肌寒さを感じることも増えてきます。旬を味わうのも行楽やスポーツを楽しむのもいいですが、本記事では芸術の秋をピックアップ。 10月前半に誕生日を迎えるハリウッドスターと出演作品をご紹介します。 若手からベテランまで演技派が揃い踏み!


【10月2日】カミーラ・ベル

『紀元前1万年』L.A.プレミアへドレス姿で登場したカミーラ・ベル -(C) 2008 Warner Bros. Entertainment Inc.

スピルバーグの恐竜SF大作『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』のオープニング・シーンを覚えていますか?姿を現した恐竜にサンドイッチをあげて襲われてしまう可愛い少女がこのカミーラ・ベルなのです。
赤ちゃんモデルとしてキャリアをスタートした彼女は、その後も順調に活躍し、2008年の『紀元前1万年』ではヒロインを演じるまでに成長しました。

【10月3日】クライヴ・オーウェン

『ザ・バンク−堕ちた巨像−』

『シン・シティ』や『シューテム・アップ』で過激に銃を撃つダーティ・ヒーローのイメージが強いクライヴ・オーウェンですが、実はイギリス王立演劇学校出身の本格派。下積み時代は長く、38歳で掴んだ『ボーン・アイデンティティー』の冷酷な殺し屋役でようやく注目されました。2004年公開のラブストーリー『クローサー』ではアカデミー助演男優賞にノミネートされています。

【10月4日】スーザン・サランドン/アリシア・シルヴァーストーン

スーザン・サランドン-(C)Getty Images

47年のキャリアを誇る女優スーザン・サランドン。70歳を超えてなお積極的に新しい役柄に挑戦している名女優です。アカデミー主演女優賞にノミネートされること実に5回。1995年放送のドラマ『デッドマン・ウォーキング』で念願の受賞となった後も、コメディ・アクション・SF・アニメなど、ジャンルを問わず活躍しています。

アリシア・シルヴァーストーン-(C)Getty Images

青春コメディの傑作『クルーレス』などに出演し、“学校で一番可愛い子”的なイメージで全米のアイドルだったアリシア・シルヴァーストーン。近年は子育てや出版活動に忙しそうな様子であまり姿を見かけなくなりましたが、愛嬌のある可愛らしさは健在。早くその姿をスクリーンで見たいものです。

【10月5日】ケイト・ウィンスレット/ジェシー・アイゼンバーグ

『素晴らしきかな、人生』(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

今やオスカー候補の常連となったケイト・ウィンスレット。その名が世界に知れ渡ったのは、1997年公開の『タイタニック』で強く美しいヒロインのローズを演じたことがきっかけ。しかし彼女の輝かしいキャリアはそこから始まったものではありません。1995年には恋愛ドラマ『いつか晴れた日に』でアカデミー助演女優賞にノミネートされています。その他にも『ハムレット』や『クイルズ』など、特に歴史ドラマでの演技に定評がある彼女ですが、近年は『スティーブ・ジョブズ』などの現代劇でも素晴らしい演技を披露しています。

ジェシー・アイゼンバーグ - (C) Getty Images

痛快ゾンビコメディ『ゾンビランド』で演じたコロンバスに代表される“どこにでもいるような冴えない学生”というイメージが強かったジェシー・アイゼンバーグ。しかし、2010年公開の『ソーシャル・ネットワーク』での主演を機に、『グランド・イリュージョン』シリーズや『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』といった大作のメインキャストを張れる役者に成長しました。

【10月8日】マット・デイモン

マット・デイモン-(C)Getty Images

今や押しも押されもせぬハリウッドのトップ・スターになったマット・デイモン。まだ無名だったころ、幼馴染のベン・アフレックと共同で脚本を執筆。5年を費やした脚本は紆余曲折があったものの映画化にこぎつけ、1998年公開の『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』が完成しました。この映画でアカデミー脚本賞を受賞し、2人はアメリカン・ドリームを実現。それから約20年が経過しましたが、ベン・アフレックと共に先の時代も牽引してほしいものです。

【10月11日】マット・ボマー

マット・ボマー『マジック・マイクXXL』- (C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT,LLC

2009年から2014年にかけてテレビ放送された傑作クライム・サスペンス「ホワイトカラー」に出演し、世界的な人気を獲得したマット・ボマー。ドラマの主役である天才詐欺師ニール・キャフリー役をセクシーかつ小気味良く演じています。『マジック・マイク』シリーズでは、男性ダンサーの一員を好演しています。

【10月12日】ヒュー・ジャックマン/ジョシュ・ハッチャーソン

2000年公開のシリーズ第一作『X-メン』から2017年公開の『LOGAN/ローガン』まで、17年もの間アメコミ原作のスーパーヒーロー“ウルヴァリン”役として、実に9作品を演じ続けたヒュー・ジャックマン。まさにアメコミ原作ブームの立役者と言えますが、今後“ウルヴァリン”のイメージからどう脱却していくのか、ますます目が離せない俳優です。

ジョシュ・ハッチャーソン-(C)Getty Images

ジョシュ・ハッチャーソンの代表作といえば、2012年から続く青春SFアクション『ハンガー・ゲーム』シリーズですが、実はキャリアのスタートは子役。2005年公開の『ザスーラ』では主演を務めています。いつも喧嘩ばかりしている主人公兄弟のお兄ちゃんを演じていました。

まとめ

マット・デイモン-(C)Getty Images

10月前半のハリウッドスター誕生日特集をご覧いただきありがとうございました。
色男が顔を揃えていた時期でしたね!
ではまたお会いしましょう!Happy Birthday!

関連する投稿


『クワイエット・プレイス』公開間近!実力派女優エミリー・ブラント出演作特集

『クワイエット・プレイス』公開間近!実力派女優エミリー・ブラント出演作特集

『プラダを着た悪魔』で注目を浴びてから、その美しさと漂う気品、知性的な雰囲気に包まれたエミリー・ブラントに人気集中!大御所女優も認める確かな演技力をも持ち合わせた彼女の意外とチャーミングな素顔と共におすすめ作品を紹介していきたいと思います。


芯の強さを演じればピカイチ!ジェシカ・チャステインの魅力とおすすめ映画!

芯の強さを演じればピカイチ!ジェシカ・チャステインの魅力とおすすめ映画!

芯の強さを感じさせる美女を、決して個性を際立たせる方法じゃなく凛と演じるジェシカ・チャステイン。 観る者に無理強いさせない、女性本来の優しさも秘めた彼女の演技が素晴らしいです。大地のように揺るがない自信と包容力を持つ彼女に触れる事が出来る作品をおすすめしていきます。


ハリーポッターのスピンオフ作品『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』とは?

ハリーポッターのスピンオフ作品『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』とは?

日本でも大人気の「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ作品として製作された2016年公開の『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』。原作者のJ・K・ローリングが脚本を担当したこともあり、話題になりました。そんな本作のあらすじやキャストについて紹介します。


数々の賞を受賞した兄弟映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』とは?

数々の賞を受賞した兄弟映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』とは?

第89回アカデミー賞にて主演男優賞を脚本賞を受賞した『マンチェスター・バイ・ザ・シー』。他にもゴールデングローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの賞にノミネートされ、数々の賞を受賞しました。今回はそんな『マンチェスター・バイ・ザ・シー』について紹介していきたいと思います。


『ヴェノム』まとめ!マーベル史上最も残虐な映画がついに日本公開!

『ヴェノム』まとめ!マーベル史上最も残虐な映画がついに日本公開!

スパイダーマンの宿敵として知られるダークヒーロー『ヴェノム』。その禍々しい姿と謎に満ちたキャラクターとして人気を誇る彼を主役に描いたマーベル映画が公開されます。破壊的な守護者という複雑な特性を持つヴェノムの、新たなるストーリーが刻まれます!


最新の投稿


『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン・ホームカミング』に出演して、日本でも大人気のトム・ホランド! 日本では”トムホ”の愛称で親しまれていますね!そんなイギリス出身の彼のプロフィールや出演作品、私生活などをまとめてみました。


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

『謝罪の王様』は、『舞子Haaaan!』の宮藤官九郎脚本、阿部サダヲ主演、水田伸生監督の最強タッグが再結集したヒット作品です。「謝罪」を題材に、大小さまざまな6つの物語で構成されている『謝罪の王様』。架空の職業である“謝罪師”を生業とする主人公・黒島譲のもとに、ひと癖もふた癖もある依頼が舞い込みます。


働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

シリーズはすでに完結済み、シーズン4までと比較的短くまとまった作品なので海外ドラマ入門にもおすすめ。NYの一流ファッション誌編集部が舞台になるだけあって、登場人物ほとんどの着こなしがファッショナブル。まっすぐで、なんにでも全力投球なベティに元気をもらえること間違いなし。きっと前向きな気持ちになれます。


常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

ビヨンセのいる所ではいつも何かしら事件やユニークな出来事、称賛が集まります。デビュー当時から一貫して飛び抜けた注目を集め続けて逞しく人生を謳歌している姿は、美しい容姿も相まって世の女性たちの憧れ。それは現在でも不変です。そんなビヨンセのトピックを最近の事も含めて紹介していきます。