【Happy Birthday!】11月前半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】11月前半生まれのハリウッドスター達

少しずつ寒さも増してくるこの時期。 ここでは、11月前半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 今、脂の乗り切った男優たちが顔を揃える結果となりました!


【11月4日】マシュー・マコノヒー

マシュー・マコノヒー -(C) Getty Images

1996年の傑作法廷サスペンス『評決のとき』の主役に大抜擢されたマシュー・マコノヒーは、元々大学で心理学と哲学を専攻し、法曹界を目指していた知性派です。その後『コンタクト』『アミスタッド』などの超大作でキャリアを積み、2013年の実話ドラマ『ダラス・バイヤーズクラブ』でのエイズに罹患した主人公で見事アカデミー主演男優賞を受賞しています。

【11月5日】サム・ロックウェル

『バッド・バディ!私と彼の暗殺デート』 (C)2016 Right Productions, LLC

1989年の端役デビュー以来、『グリーンマイル』『ギャラクシー・クエスト』など、ジャンルを問わず実にクセのあるキャラクターをひたすら演じてきたサム・ロックウェルは、2002年にジョージ・クルーニーの監督デビュー作『コンフェッション』で念願の主役を演じ、脇役キャリアで培われたその演技力は高く評価されました。『月に囚われた男』で見せた孤独な男の一人芝居など、今や大注目の演技派のひとりです。

【11月6日】エマ・ストーン/イーサン・ホーク

エマ・ストーン-(C)Getty Images

見事アカデミー主演女優賞を受賞した、ミュージカル史上に残る名作『ラ・ラ・ランド』のヒロイン役が記憶に新しいエマ・ストーン。かつて『ゾンビランド』『小悪魔はなぜモテる?!』『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなど順調にキャリアを伸ばした彼女の突破口となったのは、2014年『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』での主人公の娘役でした。かつての可愛らしい学生のイメージから、今や既に大物女優の風格を身に付けつつあります。

イーサン・ホーク-(C)Getty Images

かつて子役として人気を博したイーサン・ホーク。その存在感を示し始めたのは20代後半からで、1995年の青春ドラマ『恋人までの距離(ディスタンス)』やカルトSF『ガタカ』などで注目された後、犯罪ドラマ『トレーニング デイ』にて汚れ役も演じ切れる芸達者振りを披露。その後も『ビフォア・ミッドナイト』『6才のボクが、大人になるまで。』などのリチャード・リンクレイター監督作品から『パージ』『ドローン・オブ・ウォー』など、幅広いジャンルで活躍を続けています。

【11月11日】レオナルド・ディカプリオ

レオナルド・ディカプリオ-(C) Getty Images

10代で既に『ボーイズ・ライフ』『ギルバート・グレイプ』などの凛々しくも陰のある少年役でブレイクしていたレオナルド・ディカプリオは、1997年の『タイタニック』にて主役のジャック・ドーソンを演じ、全世界の女性を虜にする程の人気者となりました。その後は『タイタニック』で得たアイドル的な人気から脱却すべく、『アビエイター』『ディパーテッド』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などのマーティン・スコセッシ監督による大作ドラマにて体当たりの演技を披露し、『レヴェナント: 蘇えりし者』にて待望のアカデミー主演男優賞を獲得しました。

【11月12日】ライアン・ゴズリング/アン・ハサウェイ

ライアン・ゴズリング-(C)Getty Images

犯罪アクションの傑作『ドライヴ』、大ヒットミュージカル『ラ・ラ・ランド』などの話題作に次々と出演し、間違いなくこれからのハリウッドを担う才能を持つ男、ライアン・ゴズリング。彼は意外なことに、1993年からディズニー・チャンネルで放送された『ミッキーマウス・クラブ』の子役でデビューした経歴の持ち主。ちなみに、未だにディズニー・ランドの大ファンだそうです。

アン・ハサウェイ-(C) Getty Images

高校時代には合唱団に所属していたアン・ハサウェイが『レ・ミゼラブル』で魅せた絢爛たるミュージカル・シーンは、一切の吹き替え無し、全て自ら歌ったそうです。10代で『プリティ・プリンセス』の王女役としてブレイクした彼女も、『ダークナイト ライジング』での女怪盗役や前述の『レ・ミゼラブル』など、今や大作にひっぱりだこの演技派女優になりました。

【11月13日】ジェラルド・バトラー

ジェラルド・バトラー-(C) Getty Images

『300<スリー・ハンドレッド>』での屈強なスパルタ軍リーダー、レオニダス役で一気にブレイクしたジェラルド・バトラーですが、1997年の端役デビューから、2004年の『オペラ座の怪人』で主役を射止めるに至るまで、ひたすら脇役で苦労を重ねた経歴の持ち主です。最近は製作も兼ねた『エンド・オブ・ホワイトハウス』など、現代ハリウッドを代表するアクション・スターとして活躍中です。

【11月14日】オルガ・キュリレンコ

オルガ・キュリレンコは、ウクライナ生まれ。かつて原発事故を起こしたチェルノブイリからほど近い場所に生まれ育った彼女は、10代半ばでフランスへ渡り、トップモデル兼女優として活躍していましたが、2008年に『007 慰めの報酬』のボンド・ガールに抜擢されて本格的な女優キャリアをスタートさせます。2011年の『故郷よ』では、チェルノブイリ原発事故の爪痕を描いた秀作の主演を務め、その後もSF大作『オブリビオン』など、順調にキャリアを重ねています。

【11月15日】シェイリーン・ウッドリー

シャイリーン・ウッドリー/(C) Getty Images

わずか8歳でTVドラマデビューしたシェイリーン・ウッドリーは、2008年開始のTVシリーズ『アメリカン・ティーンエイジャー 〜エイミーの秘密〜』の主演で一気に注目を集め、その後は『ファミリー・ツリー』『ダイバージェント』シリーズなど、主にティーン役にて活躍しています。私生活は天然的なエピソードが多いことでも知られる、次世代個性派女優のひとりです。

まとめ

レオナルド・ディカプリオ-(C)Getty Images

関連するキーワード


サム・ロックウェル エマ・ストーン レオナルド・ディカプリオ アン・ハサウェイ オルガ・キュリレンコ ライアン・ゴズリング マシュー・マコノヒー ジェラルド・バトラー イーサン・ホーク シェイリーン・ウッドリー 評決のとき コンタクト アミスタッド ダラス・バイヤーズクラブ グリーンマイル ギャラクシー・クエスト コンフェッション 月に囚われた男 ラ・ラ・ランド ゾンビランド 小悪魔はなぜモテる?! アメイジング・スパイダーマン バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 恋人までの距離(ディスタンス) ガタカ トレーニング デイ ビフォア・ミッドナイト 6才のボクが、大人になるまで。 パージ ドローン・オブ・ウォー ボーイズ・ライフ ギルバート・グレイプ タイタニック アビエイター ディパーテッド ウルフ・オブ・ウォールストリート レヴェナント: 蘇えりし者 ドライヴ ミッキーマウス・クラブ レ・ミゼラブル プリティ・プリンセス ダークナイト ライジング 300<スリー・ハンドレッド> オペラ座の怪人 エンド・オブ・ホワイトハウス 007 慰めの報酬 故郷よ オブリビオン アメリカン・ティーンエイジャー 〜エイミーの秘密〜 ファミリー・ツリー ダイバージェント

関連する投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


マーゴット・ロビー出演作品おすすめ10選!あの人気キャラの最新作が始動!

マーゴット・ロビー出演作品おすすめ10選!あの人気キャラの最新作が始動!

持ち前の美貌と確かな演技力で数々の作品に出演しているマーゴット・ロビー。今回はそんな彼女が出演している映画の中からおすすめ10作品をご紹介します。そしてあの人気キャラの最新作情報も合わせてお届けいたします。


イタリア映画おすすめ人気作10選!この冬、芸術を感じたい!

イタリア映画おすすめ人気作10選!この冬、芸術を感じたい!

イタリア映画は好きですか?自分にも投影できるような現実的な物語が多く、イタリアならではの美しい街並み、何気なく切り取った生活スタイルの情景にも芸術性を感じる作品の数々...。ここでは2000年代にフォーカスしてイタリアの作品を紹介しています。あまり意識してなかった方も、是非蓋を開けてみてください!


映画『ザ・ウォーク』あらすじ・キャストまとめ!衝撃のノンフィクション

映画『ザ・ウォーク』あらすじ・キャストまとめ!衝撃のノンフィクション

『ザ・ウォーク』は、ワールド・トレード・センターにて命綱なしの空中綱渡りに挑戦したフィリップ・プティの実話を基に作られた映画作品です。今回は、誰もが体験したことのない未知の世界への挑戦を描いた『ザ・ウォーク』のあらすじやキャストなどの魅力を紹介していきたいと思います!


『スパイダーマン:ホームカミング』新生スパイダーマンの魅力やあらすじ・最新作情報も!

『スパイダーマン:ホームカミング』新生スパイダーマンの魅力やあらすじ・最新作情報も!

2017年に公開された『スパイダーマン:ホームカミング』。過去に映画化されていた『スパイダーマン』シリーズとは何が違うの?と思っている方もいるのではないでしょうか?過去のシリーズと同じキャラクターでありながら、また新しい世界でのスパイダーマンの活躍を描いている本作。今年2019年には続編の公開も決定しており、さらに波にのる新生スパイダーマンシリーズ。そんな『スパイダーマン:ホームカミング』についてまとめました。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。