『君の膵臓をたべたい』のあらすじ・キャストまとめ

『君の膵臓をたべたい』のあらすじ・キャストまとめ

ベストセラー小説の実写映画『君の膵臓をたべたい』が公開され、爆発的な人気を呼びました!今回は、原作表紙の美しさに"ジャケ買い"する読者が続出するほど注目を浴び、原作モデルとなった福井県の幸橋を含め、W主演の浜辺美波と北村匠海が福井県を訪れ"聖地巡礼"を果たした二人に密着!


『君の膵臓をたべたい』ついに映画化

『君の膵臓をたべたい』 (C)2017 「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

ベストセラー小説が待望の実写映画化した『君の膵臓をたべたい』は7月28日公開から9日間でなんと興収8億円超え!爆発的なブームとなりました。

注目の『キミスイ』原作は小説家、住野よる

『君の膵臓をたべたい』原作表紙 (C)2017 「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

「キミスイ」の愛称で若い世代を中心に圧倒的な支持を集める、住野よる原作「君の膵臓をたべたい」。一度聞いたら忘れられないそのタイトルと爽やかな高校生男女のイラストに魅力を感じ、“表紙買い”する読者が続出!ふたりの微妙な関係性を見事に表現した表紙は、インパクトのあるタイトルとの装丁も話題を呼び、ベストセラーの要因の一つとなっているといえますね!

主題歌はなんと、Mr.Children!

Mr.Children

本作の主題歌を大人気アーティスト「Mr.Children」が担当することが決定した。曲タイトルは「himawari」。ボーカルの桜井和寿さんは「この物語の中にある苦しい程の美しさ、強さ、優しさ、残酷さ。辿り着いたこの曲は、自分の想像を超え、また新しい力を与えてくれるものでした。この映画に、物語に感謝です」とコメントを寄せました。

『キミスイ』ロケ地を浜辺美波らが聖地巡礼!

『君の膵臓をたべたい』 (C)2017 「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

W主演の浜辺美波と北村匠海が、初のローカルキャンペーンで福井県を表敬訪問し、その原作表紙のモデルとなった福井県の足羽川・幸橋へ“聖地巡礼”!「桜の名所100選」にも名を連ねており、原作発売後はファンが訪れる“聖地”となっている幸橋。物語に登場したふたりが映画のヒットを願いながら原作の表紙の世界を再現しました。

浜辺美波ら福井県庁へ

『君の膵臓をたべたい』福井県庁訪問 (C)2017 「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

二人がまず訪れたのは福井県庁。石塚博英福井県副知事はじめ、職員たちが二人を温かく歓迎。石塚副知事からは、福井や本作にまつわる質問が投げかけられ終始和やかな雰囲気で行われました。

『君の膵臓をたべたい』福井県庁訪問 (C)2017 「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

福井の鯖江市は日本のメガネフレーム生産90%以上のシェアを誇る“メガネの聖地”です。この日の記念に「キッソオ」(メガネ材料商社)のメガネ加工技術から生まれたバングルを、浜辺さんには桜色、北村さんにはブルーをプレゼントされ、二人は感激の様子で笑顔に!

北村匠海ら県庁ロビーパネル展へ

『君の膵臓をたべたい』パネル展 (C)2017 「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

同県庁ロビーで行われている「キミスイ」パネル展も見学。映画の名場面と表紙イラストの特大パネルの前でパネルにサインをしたり、福井県のマスコット・ラプトくんと一緒に記念撮影したりと本作をPRしました。

『君の膵臓をたべたい』パネル展 (C)2017 「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

浜辺さんは「表紙のモデルが福井にあると聞いて、実在するものだとは思わなかったのでびっくりしました。2年後の小栗さん含め大人パートもあるので、幅広い年代の方に楽しんでいただけると思います」とコメントし、北村さんも「福井に住む皆さんにも応援いただいて、学生だけでなくいろんな世代の人に観てもらいたいです」と語り、改めて“聖地巡礼”の体験を噛みしめていました。

『君の膵臓をたべたい』あらすじ

浜辺美波&北村匠海/『君の膵臓をたべたい』初日舞台挨拶

ヒロインで重い膵臓の病を罹う桜良役に浜辺美波、桜良の病気を唯一知ることになるクラスメイトの“僕”役を北村匠海、さらに映画版では「過去」と「現在」が交差する物語で構成され、「現在」の“僕”を小栗旬、桜良の親友・恭子を北川景子が演じています。

『君の膵臓をたべたい』(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

膵臓の病を患う桜良(浜辺美波)が書いていた闘病日記を偶然見つけたことから、“僕”(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。しかし、懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げました。

(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)は、あることをきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知ることとなります。桜良の思いと真相とは?ぜひ劇場でご覧くださいね!

『君の膵臓をたべたい』キャスト

関連する投稿


コスパ抜群のdTVで見れる映画・アニメそれぞれおすすめランキング

コスパ抜群のdTVで見れる映画・アニメそれぞれおすすめランキング

「いま見たい動画が、きっと見つかる。」というコンセプトのもと、およそ12万作品もの動画が見放題の配信サービスdTV!話題作が並び、コストパフォーマンスも高いので気になっている人も多いのでは?ここではdTVで視聴できる映画・アニメのおすすめ作品をランキング形式で紹介していきます!是非チェックしてみて下さいね!


柴咲コウ出演作品11選!『世界の中心で、愛をさけぶ』『容疑者Xの献身』ほか

柴咲コウ出演作品11選!『世界の中心で、愛をさけぶ』『容疑者Xの献身』ほか

『県庁の星』『少林少女』など、端正で理知的な顔立ちの女優・柴咲コウさん。彼女の過去の作品から最新作まで11作品をご紹介!プロフィールや私生活情報も合わせてお伝えしていきます。


人気若手女優ランキングTOP25!今一番かわいいのは誰?[2020年最新版]

人気若手女優ランキングTOP25!今一番かわいいのは誰?[2020年最新版]

現在映画にドラマにCMと大人気の若手女優たち。今後の活躍が楽しみな方ばかりですよね。今回はそんな中から、とびきりかわいい若手女優25人をランキングにしてご紹介!果たして今一番かわいいのは誰なのか?!ブレイクのきっかけになった作品や、最新出演映画情報も合わせてお伝えしていきます。


実写映画『約束のネバーランド』と原作を比較!設定や年齢の違いは?

実写映画『約束のネバーランド』と原作を比較!設定や年齢の違いは?

2020年12月18日公開予定の映画『約束のネバーランド』。週刊少年ジャンプ連載の漫画を実写化した本作のあらすじや見どころ、原作との違いをピックアップしてみました!年齢設定の変更から批判や炎上の理由まで、くわしくまとめていきます。原作ファンもそうでない人も、公開前に本作の魅力をチェックしましょう!


橋本環奈まとめ!デビューのきっかけから、話題の出演作など!

橋本環奈まとめ!デビューのきっかけから、話題の出演作など!

今からおよそ7年前、ネットで拡散された1枚の画像から「1000人に1人の逸材」とまで呼ばれ、そこから主演映画に出演や、日本の映画祭のアンバサダーになるなど、目覚しい活躍を見せる橋本環奈さん。 今回は彼女のデビューのきっかけや、話題作、ツイッターで拡散されたあのつぶやきについてもまとめました。


最新の投稿


新型コロナウイルスの影響で公開延期となった映画作品まとめ【随時更新】

新型コロナウイルスの影響で公開延期となった映画作品まとめ【随時更新】

世界で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響で、次々と公開予定の映画が延期することになりました。楽しみにしている映画は延期公開?予定通り公開?情報随時更新しますので、気になる方はこちらの記事を注目してください。


実話をもとにした映画55選!ノンフィクションの感動・ドキドキ・面白いストーリー!

実話をもとにした映画55選!ノンフィクションの感動・ドキドキ・面白いストーリー!

実話をもとに作成された映画はやっぱり面白い!ノンフィクション映画って実際に起こったことだからこそ惹きつけられますよね。そんなノンフィクション映画のおすすめを厳選して50作品紹介します。


おもしろいファンタジー映画おすすめランキングTOP53!

おもしろいファンタジー映画おすすめランキングTOP53!

おとぎ話や宇宙の彼方、未来など空想上の世界を舞台としたファンタジー映画ってとてもワクワクしますよね。魔法を使ったり、小人が出たり、空で飛んだりするなど想像がつかない物語が盛りだくさん。そんなファンタジー映画のおすすめを紹介します。


スティーヴン・スピルバーグ監督映画おすすめ20選!2020年最新作も紹介!

スティーヴン・スピルバーグ監督映画おすすめ20選!2020年最新作も紹介!

70歳を超えてもその創作意欲は衰え知らず。『ジョーズ』『ジュラシック・パーク』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など、伝説的な映画の数々を生み出したスティーヴン・スピルバーグ。彼が監督または製作総指揮をつとめた名作10選をご紹介します。


スティーヴン・キング原作映画おすすめ17選!ホラーだけじゃない!

スティーヴン・キング原作映画おすすめ17選!ホラーだけじゃない!

スティーヴン・キング原作の映画『ダーク・タワー』の公開に先駆け、『スタンド・バイ・ミー』『グリーン・マイル』『ショーシャンクの空に』など、スティーヴン・キングの小説をベースにした名作映画17選をご紹介します。