【Happy Birthday!】1月前半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】1月前半生まれのハリウッドスター達

年末年始も過ぎ、新年スタートのこの時期。 ここでは、1月前半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 渋い男優が顔を揃える結果となりました!


【1月3日】メル・ギブソン

メル・ギブソン - (C) Getty Images

オーストラリア出身、1979年の低予算アクション『マッドマックス』とその続編2作の世界的スマッシュ・ヒットで一躍世に出たメル・ギブソンは、1987年の痛快刑事アクション『リーサル・ウェポン』シリーズで、ハリウッドきってのアクション・スターとしての地位を確立しました。『顔のない天使』で初監督を務めた後、『ブレイブハート』にて早くもアカデミー監督賞を受賞。その後は俳優と監督ふたつの顔をこなし、『パッション』『アポカリプト』等その作品のテーマ性で物議を醸したうえに私生活でのスキャンダルが災いし、低迷しつつありましたが『ハクソー・リッジ』で名監督として見事に復活。この後の再度の快進撃が楽しみです。

【1月5日】ブラッドリー・クーパー

ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images

『セックス・アンド・ザ・シティ』でTVドラマデビューしたブラッドリー・クーパーは、『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』でブレイクするまではTVシリーズでの活躍が中心でした。近年は『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル』『アメリカン・スナイパー』など、シリアスな役柄を確実に演じる二枚目俳優として活躍しています。

【1月6日】エディ・レッドメイン

エディ・レッドメイン-(C) Getty Images

父親が銀行の頭取というエリート一家に生まれたエディ・レッドメインは、恵まれた家庭環境を生かして名門大学を卒業後、舞台の道へと進みます。頭角を現した彼は映画界にも進出、存在感のある脇役を数作務めた後、2012年の『レ・ミゼラブル』で舞台俳優のキャリアを生かした歌唱力と演技力を認められ、続く『博士と彼女のセオリー』では早くもアカデミー主演男優賞を獲得しました。

【1月7日】ニコラス・ケイジ/ジェレミー・レナー

ニコラス・ケイジ -(C) Getty Images

かつては『赤ちゃん泥棒』『ワイルド・アット・ハート』『リービング・ラスベガス』など、どこか屈折した役どころを見事に表現する演技力に定評があったニコラス・ケイジ。アクション・スターとしての現在を築いたきっかけが、1996年のアクション巨編『ザ・ロック』。以降、『コン・エアー』『フェイス/オフ』と畳み掛け、娯楽大作の主役級のスタンスを固めました。

それまでは様々な脇役を演じていたジェレミー・レナーの知名度が一気に上がったのが、2009年の戦争ドラマ『ハート・ロッカー』で演じた命知らずの危険物処理班所属の軍曹役。タフなイメージが定着した以降は、『ザ・タウン』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『ボーン・レガシー』『アベンジャーズ』シリーズなど、ヒロイックな役柄をメインに活躍しています。

【1月9日】ニーナ・ドブレフ/J・K・シモンズ

ニーナ・ドブレフ-(C)Getty Images

ブルガリア生まれ、カナダ育ちの新星ニーナ・ドブレフ。2009年からTV放送された青春ホラー・シリーズ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』の主役で大ブレイクし、2015年にシリーズ終了するまで6年間人気を保持したまま務め上げました。その後は『トリプルX:再起動』など、映画界でも活躍を開始しています。

J・K・シモンズ-(C)Getty Images

J・K・シモンズは、2002年からスタートしたサム・ライミ監督×トビー・マグワイア版『スパイダーマン』シリーズにおいて、何かにつけて怒鳴り散らす頑固な編集長役のイメージが強い名脇役でした。彼の転機は2014年、名ドラマーを目指す若者のドラマ『セッション』にて演じた鬼教師役でした。数々の賞に輝いた彼のキャリアは一気に急上昇し、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』『ラ・ラ・ランド』等、話題作への出演が目立ってきています。

【1月13日】リアム・ヘムズワース/オーランド・ブルーム/パトリック・デンプシー

リアム・ヘムズワース - (C) Getty Images

長男ルーク・ヘムズワース、次男クリス・ヘムズワースともに俳優として大活躍中のヘムズワース兄弟末っ子三男が、リアム・ヘムズワースです。兄弟全員がオーストラリアで生まれ育ち、一足先にデビューしていた兄たちに憧れて俳優を目指したリアム。SFバトル・アクション作『ハンガー・ゲーム』シリーズのレギュラーキャラクターを獲得し、シリーズ4作全てで重要な役どころをこなしました。今後のさらなる活躍に注目です。

オーランド・ブルーム-(C)Getty Images

小さい頃に観て本気で憧れた『スーパーマン』は、実は俳優のクリストファー・リーヴが演じていることを知り、俳優を志したという微笑ましいエピソードを持つ、オーランド・ブルーム。その後自らも、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのレゴラス役、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのウィル・ターナー役など、ヒロイックな役どころを嬉々として演じています。

パトリック・デンプシー-(C)Getty Images

パトリック・デンプシーほど、若い頃と現在でイメージが180度違う俳優も珍しいと思います。1980年代後半、『ウー・ウー・キッド』『キャント・バイ・ミー・ラブ』など、頼りないことこの上ない冴えない青年役ばかりを演じていた彼が、2005年から放映開始されたTVシリーズ『グレイズ・アナトミー』にてダンディかつ優秀な脳外科医役として再ブレイク。その後は『バレンタインデー』『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』など、すっかり二枚目俳優として定着しました。

まとめ

リアム・ヘムズワース -(C) Getty Images

1月前半のハリウッドスター誕生日特集、最後までご覧いただきありがとうございました。
二枚目俳優が3人並んだ1月13日、縁起が良さそうですね!
ではまたお会いしましょう!Happy Birthday!

関連するキーワード


エディ・レッドメイン オーランド・ブルーム ブラッドリー・クーパー リアム・ヘムズワース ニコラス・ケイジ メル・ギブソン ニーナ・ドブレフ ジェレミー・レナー パトリック・デンプシー J・K・シモンズ マッドマックス リーサル・ウェポン 顔のない天使 ブレイブハート パッション アポカリプト ハクソー・リッジ セックス・アンド・ザ・シティ ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 世界にひとつのプレイブック アメリカン・ハッスル アメリカン・スナイパー レ・ミゼラブル 博士と彼女のセオリー 赤ちゃん泥棒 ワイルド・アット・ハート リービング・ラスベガス ザ・ロック コン・エアー フェイス/オフ ハート・ロッカー ザ・タウン ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ボーン・レガシー アベンジャーズ ヴァンパイア・ダイアリーズ トリプルX:再起動 スパイダーマン セッション ターミネーター:新起動/ジェニシス ラ・ラ・ランド ルーク・ヘムズワース クリス・ヘムズワース ハンガー・ゲーム ロード・オブ・ザ・リング パイレーツ・オブ・カリビアン ウー・ウー・キッド キャント・バイ・ミー・ラブ グレイズ・アナトミー バレンタインデー ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

関連する投稿


聴くだけで "泣ける" 映画音楽は!? <洋画編>極上サントラに酔える映画20選!

聴くだけで "泣ける" 映画音楽は!? <洋画編>極上サントラに酔える映画20選!

何年経っても忘れられない映画ってありますよね。思い出すたび感動がこみ上げてくるような...。そんな映画って "サウンド・トラック" 込みで記憶に残る事が多くないですか?ここでは聴くだけで "号泣" してしまう、涙がこぼれ落ちる映画音楽(洋画)を選出し、紹介していきたいと思います。思い切り涙に酔いたい日は、是非ここを覗いてみて下さいね。


今だから観たい!80年代ハリウッド映画おすすめ20選!懐かしい青春がここに!

今だから観たい!80年代ハリウッド映画おすすめ20選!懐かしい青春がここに!

ここ数年、日本のみならず世界中で "80年代カルチャー" ブームが沸き立ってますね!映画・ドラマの世界でも "80年代オマージュ" を提唱するクリエイターが続出。ワクワクする時代が帰ってきました!ここでは「80年代ハリウッド映画」のおすすめ作品をピックアップして紹介していきます!是非チェックしてみて下さいね。


極限状態!サバイバル映画おすすめ55選

極限状態!サバイバル映画おすすめ55選

現在、飽食の時代を生きている私たち。狩猟の時代が過去にはありました。こんな暮らしを続けているとありがたみを忘れてしまうこともありますよね。そんなありがたみを思い出せさせてくれる過酷な状況でのサバイバルを描いた映画を紹介します。


『バック・トゥ・ザ・フューチャー』驚愕の事実&トリビア25選!キャストに纏わる裏話も!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』驚愕の事実&トリビア25選!キャストに纏わる裏話も!

SF映画ファンのみならず、全ての映画ファンから長年愛され続けている『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。36年の間、何度もリピート鑑賞してる人も多いのでは!?ここでは知って楽しい 驚愕の事実&トリビア を、 キャストに纏わる裏話も交えて25エピソード紹介していきたいと思います!是非ご覧下さいね。


週末におすすめ!シリーズものの映画20選!【2021年最新版】

週末におすすめ!シリーズものの映画20選!【2021年最新版】

シリーズ長編ものの洋画は見ごたえのある作品が数多くありますよね。シリーズものと言えば、伏線や時系列を考えながら観ることも楽しみの一つとなっています。この記事ではシリーズものの洋画作品の中からおすすめ20作品をご紹介。最新作の情報もお伝えいたします。


最新の投稿


映画『アラジン』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ

映画『アラジン』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ

実写版『アラジン』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では実写版『アラジン』のあらすじ、登場人物、キャスト、みどころ、ランプの魔人ジーニー役のウィル・スミスが主演の映画『ジェミニマン』などを紹介します。この記事を読めば実写版の『アラジン』をもっと楽しめますよ!


聴くだけで "泣ける" 映画音楽は!? <洋画編>極上サントラに酔える映画20選!

聴くだけで "泣ける" 映画音楽は!? <洋画編>極上サントラに酔える映画20選!

何年経っても忘れられない映画ってありますよね。思い出すたび感動がこみ上げてくるような...。そんな映画って "サウンド・トラック" 込みで記憶に残る事が多くないですか?ここでは聴くだけで "号泣" してしまう、涙がこぼれ落ちる映画音楽(洋画)を選出し、紹介していきたいと思います。思い切り涙に酔いたい日は、是非ここを覗いてみて下さいね。


『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』ネタバレあらすじと伏線

『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』ネタバレあらすじと伏線

『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』はどのような映画でしょうか?話題になった『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』のみどころ、ネタバレあらすじ、伏線、キャストなどを紹介します。この記事を読めば『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』をもっと楽しめること間違いなしです!


神木隆之介出演映画おすすめ26選!『るろうに剣心』『バクマン』と変幻自在の演技派人気俳優!

神木隆之介出演映画おすすめ26選!『るろうに剣心』『バクマン』と変幻自在の演技派人気俳優!

マンガの実写化や大ヒット邦画にひっぱりだこの神木隆之介。役柄によって印象が全く違う変幻自在の俳優・神木隆之介の魅力が伝わる26作をご紹介します。


「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

可愛らしいキャラクターデザインと、躍動感あふれる3Dアニメーションで大きな反響を呼んだアニメ「けものフレンズ」。しかし、その魅力は作画やキャラクターの可愛さだけではありません。このアニメにはさまざまな「謎」が隠されているのです。今回は本作のネタバレ考察、最終回の謎を解説します!