【Happy Birthday!】1月前半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】1月前半生まれのハリウッドスター達

年末年始も過ぎ、新年スタートのこの時期。 ここでは、1月前半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 渋い男優が顔を揃える結果となりました!


【1月3日】メル・ギブソン

メル・ギブソン - (C) Getty Images

オーストラリア出身、1979年の低予算アクション『マッドマックス』とその続編2作の世界的スマッシュ・ヒットで一躍世に出たメル・ギブソンは、1987年の痛快刑事アクション『リーサル・ウェポン』シリーズで、ハリウッドきってのアクション・スターとしての地位を確立しました。『顔のない天使』で初監督を務めた後、『ブレイブハート』にて早くもアカデミー監督賞を受賞。その後は俳優と監督ふたつの顔をこなし、『パッション』『アポカリプト』等その作品のテーマ性で物議を醸したうえに私生活でのスキャンダルが災いし、低迷しつつありましたが『ハクソー・リッジ』で名監督として見事に復活。この後の再度の快進撃が楽しみです。

【1月5日】ブラッドリー・クーパー

ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images

『セックス・アンド・ザ・シティ』でTVドラマデビューしたブラッドリー・クーパーは、『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』でブレイクするまではTVシリーズでの活躍が中心でした。近年は『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル』『アメリカン・スナイパー』など、シリアスな役柄を確実に演じる二枚目俳優として活躍しています。

【1月6日】エディ・レッドメイン

エディ・レッドメイン-(C) Getty Images

父親が銀行の頭取というエリート一家に生まれたエディ・レッドメインは、恵まれた家庭環境を生かして名門大学を卒業後、舞台の道へと進みます。頭角を現した彼は映画界にも進出、存在感のある脇役を数作務めた後、2012年の『レ・ミゼラブル』で舞台俳優のキャリアを生かした歌唱力と演技力を認められ、続く『博士と彼女のセオリー』では早くもアカデミー主演男優賞を獲得しました。

【1月7日】ニコラス・ケイジ/ジェレミー・レナー

ニコラス・ケイジ -(C) Getty Images

かつては『赤ちゃん泥棒』『ワイルド・アット・ハート』『リービング・ラスベガス』など、どこか屈折した役どころを見事に表現する演技力に定評があったニコラス・ケイジ。アクション・スターとしての現在を築いたきっかけが、1996年のアクション巨編『ザ・ロック』。以降、『コン・エアー』『フェイス/オフ』と畳み掛け、娯楽大作の主役級のスタンスを固めました。

それまでは様々な脇役を演じていたジェレミー・レナーの知名度が一気に上がったのが、2009年の戦争ドラマ『ハート・ロッカー』で演じた命知らずの危険物処理班所属の軍曹役。タフなイメージが定着した以降は、『ザ・タウン』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『ボーン・レガシー』『アベンジャーズ』シリーズなど、ヒロイックな役柄をメインに活躍しています。

【1月9日】ニーナ・ドブレフ/J・K・シモンズ

ニーナ・ドブレフ-(C)Getty Images

ブルガリア生まれ、カナダ育ちの新星ニーナ・ドブレフ。2009年からTV放送された青春ホラー・シリーズ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』の主役で大ブレイクし、2015年にシリーズ終了するまで6年間人気を保持したまま務め上げました。その後は『トリプルX:再起動』など、映画界でも活躍を開始しています。

J・K・シモンズ-(C)Getty Images

J・K・シモンズは、2002年からスタートしたサム・ライミ監督×トビー・マグワイア版『スパイダーマン』シリーズにおいて、何かにつけて怒鳴り散らす頑固な編集長役のイメージが強い名脇役でした。彼の転機は2014年、名ドラマーを目指す若者のドラマ『セッション』にて演じた鬼教師役でした。数々の賞に輝いた彼のキャリアは一気に急上昇し、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』『ラ・ラ・ランド』等、話題作への出演が目立ってきています。

【1月13日】リアム・ヘムズワース/オーランド・ブルーム/パトリック・デンプシー

リアム・ヘムズワース - (C) Getty Images

長男ルーク・ヘムズワース、次男クリス・ヘムズワースともに俳優として大活躍中のヘムズワース兄弟末っ子三男が、リアム・ヘムズワースです。兄弟全員がオーストラリアで生まれ育ち、一足先にデビューしていた兄たちに憧れて俳優を目指したリアム。SFバトル・アクション作『ハンガー・ゲーム』シリーズのレギュラーキャラクターを獲得し、シリーズ4作全てで重要な役どころをこなしました。今後のさらなる活躍に注目です。

オーランド・ブルーム-(C)Getty Images

小さい頃に観て本気で憧れた『スーパーマン』は、実は俳優のクリストファー・リーヴが演じていることを知り、俳優を志したという微笑ましいエピソードを持つ、オーランド・ブルーム。その後自らも、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのレゴラス役、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのウィル・ターナー役など、ヒロイックな役どころを嬉々として演じています。

パトリック・デンプシー-(C)Getty Images

パトリック・デンプシーほど、若い頃と現在でイメージが180度違う俳優も珍しいと思います。1980年代後半、『ウー・ウー・キッド』『キャント・バイ・ミー・ラブ』など、頼りないことこの上ない冴えない青年役ばかりを演じていた彼が、2005年から放映開始されたTVシリーズ『グレイズ・アナトミー』にてダンディかつ優秀な脳外科医役として再ブレイク。その後は『バレンタインデー』『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』など、すっかり二枚目俳優として定着しました。

まとめ

リアム・ヘムズワース -(C) Getty Images

1月前半のハリウッドスター誕生日特集、最後までご覧いただきありがとうございました。
二枚目俳優が3人並んだ1月13日、縁起が良さそうですね!
ではまたお会いしましょう!Happy Birthday!

関連するキーワード


エディ・レッドメイン オーランド・ブルーム ブラッドリー・クーパー リアム・ヘムズワース ニコラス・ケイジ メル・ギブソン ニーナ・ドブレフ ジェレミー・レナー パトリック・デンプシー J・K・シモンズ マッドマックス リーサル・ウェポン 顔のない天使 ブレイブハート パッション アポカリプト ハクソー・リッジ セックス・アンド・ザ・シティ ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 世界にひとつのプレイブック アメリカン・ハッスル アメリカン・スナイパー レ・ミゼラブル 博士と彼女のセオリー 赤ちゃん泥棒 ワイルド・アット・ハート リービング・ラスベガス ザ・ロック コン・エアー フェイス/オフ ハート・ロッカー ザ・タウン ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ボーン・レガシー アベンジャーズ ヴァンパイア・ダイアリーズ トリプルX:再起動 スパイダーマン セッション ターミネーター:新起動/ジェニシス ラ・ラ・ランド ルーク・ヘムズワース クリス・ヘムズワース ハンガー・ゲーム ロード・オブ・ザ・リング パイレーツ・オブ・カリビアン ウー・ウー・キッド キャント・バイ・ミー・ラブ グレイズ・アナトミー バレンタインデー ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

関連する投稿


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


大人気海外ドラマ「LOST」のキャスト達の現在は?あらすじもご紹介!

大人気海外ドラマ「LOST」のキャスト達の現在は?あらすじもご紹介!

2004年から2010年にかけてアメリカのテレビ放送局ABCで放映された大人気海外ドラマシリーズ「LOST」。ストーリーの面白さは勿論、大ヒットに繋がったのは魅力的なキャスト達がいたおかげです。私たちを夢中にさせたキャスト達の現在を追いたいと思います。


ハリーポッターのスピンオフ作品『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』とは?

ハリーポッターのスピンオフ作品『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』とは?

日本でも大人気の「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ作品として製作された2016年公開の『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』。原作者のJ・K・ローリングが脚本を担当したこともあり、話題になりました。そんな本作のあらすじやキャストについて紹介します。


MCUのターニングポイント!?『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の全て【ネタバレ】

MCUのターニングポイント!?『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の全て【ネタバレ】

マーベル・スタジオによる"キャプテン・アメリカ"3部作の中で、『アベンジャーズ』シリーズの大きなターニングポイントの一つである『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。あなたはキャップ派?アイアンマン派?今後の作品にも関わってくる今作をまとめました。


過去への旅で学んだこととは?『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

過去への旅で学んだこととは?『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

2010年の映画『アリス・イン・ワンダーランド』の続編となる『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』。本作では新たにジェームズ・ボビン監督を迎え、ファンタジ―作品でありながら“リアル”を意識して作られた作品となっています。前作同様ジョニー・デップなどお馴染みのキャストも登場します。アリスが過去への旅で学んだこととは?


最新の投稿


『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン・ホームカミング』に出演して、日本でも大人気のトム・ホランド! 日本では”トムホ”の愛称で親しまれていますね!そんなイギリス出身の彼のプロフィールや出演作品、私生活などをまとめてみました。


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

『謝罪の王様』は、『舞子Haaaan!』の宮藤官九郎脚本、阿部サダヲ主演、水田伸生監督の最強タッグが再結集したヒット作品です。「謝罪」を題材に、大小さまざまな6つの物語で構成されている『謝罪の王様』。架空の職業である“謝罪師”を生業とする主人公・黒島譲のもとに、ひと癖もふた癖もある依頼が舞い込みます。


働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

シリーズはすでに完結済み、シーズン4までと比較的短くまとまった作品なので海外ドラマ入門にもおすすめ。NYの一流ファッション誌編集部が舞台になるだけあって、登場人物ほとんどの着こなしがファッショナブル。まっすぐで、なんにでも全力投球なベティに元気をもらえること間違いなし。きっと前向きな気持ちになれます。


常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

ビヨンセのいる所ではいつも何かしら事件やユニークな出来事、称賛が集まります。デビュー当時から一貫して飛び抜けた注目を集め続けて逞しく人生を謳歌している姿は、美しい容姿も相まって世の女性たちの憧れ。それは現在でも不変です。そんなビヨンセのトピックを最近の事も含めて紹介していきます。