【Happy Birthday!】1月前半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】1月前半生まれのハリウッドスター達

年末年始も過ぎ、新年スタートのこの時期。 ここでは、1月前半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 渋い男優が顔を揃える結果となりました!


【1月3日】メル・ギブソン

メル・ギブソン - (C) Getty Images

オーストラリア出身、1979年の低予算アクション『マッドマックス』とその続編2作の世界的スマッシュ・ヒットで一躍世に出たメル・ギブソンは、1987年の痛快刑事アクション『リーサル・ウェポン』シリーズで、ハリウッドきってのアクション・スターとしての地位を確立しました。『顔のない天使』で初監督を務めた後、『ブレイブハート』にて早くもアカデミー監督賞を受賞。その後は俳優と監督ふたつの顔をこなし、『パッション』『アポカリプト』等その作品のテーマ性で物議を醸したうえに私生活でのスキャンダルが災いし、低迷しつつありましたが『ハクソー・リッジ』で名監督として見事に復活。この後の再度の快進撃が楽しみです。

【1月5日】ブラッドリー・クーパー

ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images

『セックス・アンド・ザ・シティ』でTVドラマデビューしたブラッドリー・クーパーは、『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』でブレイクするまではTVシリーズでの活躍が中心でした。近年は『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル』『アメリカン・スナイパー』など、シリアスな役柄を確実に演じる二枚目俳優として活躍しています。

【1月6日】エディ・レッドメイン

エディ・レッドメイン-(C) Getty Images

父親が銀行の頭取というエリート一家に生まれたエディ・レッドメインは、恵まれた家庭環境を生かして名門大学を卒業後、舞台の道へと進みます。頭角を現した彼は映画界にも進出、存在感のある脇役を数作務めた後、2012年の『レ・ミゼラブル』で舞台俳優のキャリアを生かした歌唱力と演技力を認められ、続く『博士と彼女のセオリー』では早くもアカデミー主演男優賞を獲得しました。

【1月7日】ニコラス・ケイジ/ジェレミー・レナー

ニコラス・ケイジ -(C) Getty Images

かつては『赤ちゃん泥棒』『ワイルド・アット・ハート』『リービング・ラスベガス』など、どこか屈折した役どころを見事に表現する演技力に定評があったニコラス・ケイジ。アクション・スターとしての現在を築いたきっかけが、1996年のアクション巨編『ザ・ロック』。以降、『コン・エアー』『フェイス/オフ』と畳み掛け、娯楽大作の主役級のスタンスを固めました。

それまでは様々な脇役を演じていたジェレミー・レナーの知名度が一気に上がったのが、2009年の戦争ドラマ『ハート・ロッカー』で演じた命知らずの危険物処理班所属の軍曹役。タフなイメージが定着した以降は、『ザ・タウン』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『ボーン・レガシー』『アベンジャーズ』シリーズなど、ヒロイックな役柄をメインに活躍しています。

【1月9日】ニーナ・ドブレフ/J・K・シモンズ

ニーナ・ドブレフ-(C)Getty Images

ブルガリア生まれ、カナダ育ちの新星ニーナ・ドブレフ。2009年からTV放送された青春ホラー・シリーズ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』の主役で大ブレイクし、2015年にシリーズ終了するまで6年間人気を保持したまま務め上げました。その後は『トリプルX:再起動』など、映画界でも活躍を開始しています。

J・K・シモンズ-(C)Getty Images

J・K・シモンズは、2002年からスタートしたサム・ライミ監督×トビー・マグワイア版『スパイダーマン』シリーズにおいて、何かにつけて怒鳴り散らす頑固な編集長役のイメージが強い名脇役でした。彼の転機は2014年、名ドラマーを目指す若者のドラマ『セッション』にて演じた鬼教師役でした。数々の賞に輝いた彼のキャリアは一気に急上昇し、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』『ラ・ラ・ランド』等、話題作への出演が目立ってきています。

【1月13日】リアム・ヘムズワース/オーランド・ブルーム/パトリック・デンプシー

リアム・ヘムズワース - (C) Getty Images

長男ルーク・ヘムズワース、次男クリス・ヘムズワースともに俳優として大活躍中のヘムズワース兄弟末っ子三男が、リアム・ヘムズワースです。兄弟全員がオーストラリアで生まれ育ち、一足先にデビューしていた兄たちに憧れて俳優を目指したリアム。SFバトル・アクション作『ハンガー・ゲーム』シリーズのレギュラーキャラクターを獲得し、シリーズ4作全てで重要な役どころをこなしました。今後のさらなる活躍に注目です。

オーランド・ブルーム-(C)Getty Images

小さい頃に観て本気で憧れた『スーパーマン』は、実は俳優のクリストファー・リーヴが演じていることを知り、俳優を志したという微笑ましいエピソードを持つ、オーランド・ブルーム。その後自らも、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのレゴラス役、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのウィル・ターナー役など、ヒロイックな役どころを嬉々として演じています。

パトリック・デンプシー-(C)Getty Images

パトリック・デンプシーほど、若い頃と現在でイメージが180度違う俳優も珍しいと思います。1980年代後半、『ウー・ウー・キッド』『キャント・バイ・ミー・ラブ』など、頼りないことこの上ない冴えない青年役ばかりを演じていた彼が、2005年から放映開始されたTVシリーズ『グレイズ・アナトミー』にてダンディかつ優秀な脳外科医役として再ブレイク。その後は『バレンタインデー』『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』など、すっかり二枚目俳優として定着しました。

まとめ

リアム・ヘムズワース -(C) Getty Images

1月前半のハリウッドスター誕生日特集、最後までご覧いただきありがとうございました。
二枚目俳優が3人並んだ1月13日、縁起が良さそうですね!
ではまたお会いしましょう!Happy Birthday!

関連するキーワード


エディ・レッドメイン オーランド・ブルーム ブラッドリー・クーパー リアム・ヘムズワース ニコラス・ケイジ メル・ギブソン ニーナ・ドブレフ ジェレミー・レナー パトリック・デンプシー J・K・シモンズ マッドマックス リーサル・ウェポン 顔のない天使 ブレイブハート パッション アポカリプト ハクソー・リッジ セックス・アンド・ザ・シティ ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 世界にひとつのプレイブック アメリカン・ハッスル アメリカン・スナイパー レ・ミゼラブル 博士と彼女のセオリー 赤ちゃん泥棒 ワイルド・アット・ハート リービング・ラスベガス ザ・ロック コン・エアー フェイス/オフ ハート・ロッカー ザ・タウン ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ボーン・レガシー アベンジャーズ ヴァンパイア・ダイアリーズ トリプルX:再起動 スパイダーマン セッション ターミネーター:新起動/ジェニシス ラ・ラ・ランド ルーク・ヘムズワース クリス・ヘムズワース ハンガー・ゲーム ロード・オブ・ザ・リング パイレーツ・オブ・カリビアン ウー・ウー・キッド キャント・バイ・ミー・ラブ グレイズ・アナトミー バレンタインデー ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

関連する投稿


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

2/16、2/17に公開となる映画をまとめてご紹介。待ち焦がれた『グレイテスト・ショーマン』がいよいよ日本でも公開!そのほか二階堂ふみの『リバーズ・エッジ』、林遣都の『チェリーボーイズ』が公開です。映画館でぜひお楽しみください。


『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ!公開が待ち遠しいM:Iシリーズ最新作

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ!公開が待ち遠しいM:Iシリーズ最新作

第一作目が公開されてから既に20年以上が経過していながらも、いまだにその人気が衰えることを知らない大人気スパイアクション『M:I』。トム・クルーズの規格外のアクションが常に注目される今作ですが、いよいよ18年8月に最新作『フォールアウト』が公開されます。ここではそんな最新作の情報をまとめてみました。


感動したいなら『アニー』『レ・ミゼラブル』!ミュージカル映画の名作50選

感動したいなら『アニー』『レ・ミゼラブル』!ミュージカル映画の名作50選

映画の感動を盛り上げる歌、登場人物の感情を溢れ出させる名シーン、ダンスあり、大合唱ありのラスト…そんなミュージカル映画の魅力を存分に楽しめる名作5選をご紹介します。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。