【Happy Birthday!】1月前半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】1月前半生まれのハリウッドスター達

年末年始も過ぎ、新年スタートのこの時期。 ここでは、1月前半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 渋い男優が顔を揃える結果となりました!


【1月3日】メル・ギブソン

メル・ギブソン - (C) Getty Images

オーストラリア出身、1979年の低予算アクション『マッドマックス』とその続編2作の世界的スマッシュ・ヒットで一躍世に出たメル・ギブソンは、1987年の痛快刑事アクション『リーサル・ウェポン』シリーズで、ハリウッドきってのアクション・スターとしての地位を確立しました。『顔のない天使』で初監督を務めた後、『ブレイブハート』にて早くもアカデミー監督賞を受賞。その後は俳優と監督ふたつの顔をこなし、『パッション』『アポカリプト』等その作品のテーマ性で物議を醸したうえに私生活でのスキャンダルが災いし、低迷しつつありましたが『ハクソー・リッジ』で名監督として見事に復活。この後の再度の快進撃が楽しみです。

【1月5日】ブラッドリー・クーパー

ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images

『セックス・アンド・ザ・シティ』でTVドラマデビューしたブラッドリー・クーパーは、『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』でブレイクするまではTVシリーズでの活躍が中心でした。近年は『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル』『アメリカン・スナイパー』など、シリアスな役柄を確実に演じる二枚目俳優として活躍しています。

【1月6日】エディ・レッドメイン

エディ・レッドメイン-(C) Getty Images

父親が銀行の頭取というエリート一家に生まれたエディ・レッドメインは、恵まれた家庭環境を生かして名門大学を卒業後、舞台の道へと進みます。頭角を現した彼は映画界にも進出、存在感のある脇役を数作務めた後、2012年の『レ・ミゼラブル』で舞台俳優のキャリアを生かした歌唱力と演技力を認められ、続く『博士と彼女のセオリー』では早くもアカデミー主演男優賞を獲得しました。

【1月7日】ニコラス・ケイジ/ジェレミー・レナー

ニコラス・ケイジ -(C) Getty Images

かつては『赤ちゃん泥棒』『ワイルド・アット・ハート』『リービング・ラスベガス』など、どこか屈折した役どころを見事に表現する演技力に定評があったニコラス・ケイジ。アクション・スターとしての現在を築いたきっかけが、1996年のアクション巨編『ザ・ロック』。以降、『コン・エアー』『フェイス/オフ』と畳み掛け、娯楽大作の主役級のスタンスを固めました。

それまでは様々な脇役を演じていたジェレミー・レナーの知名度が一気に上がったのが、2009年の戦争ドラマ『ハート・ロッカー』で演じた命知らずの危険物処理班所属の軍曹役。タフなイメージが定着した以降は、『ザ・タウン』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『ボーン・レガシー』『アベンジャーズ』シリーズなど、ヒロイックな役柄をメインに活躍しています。

【1月9日】ニーナ・ドブレフ/J・K・シモンズ

ニーナ・ドブレフ-(C)Getty Images

ブルガリア生まれ、カナダ育ちの新星ニーナ・ドブレフ。2009年からTV放送された青春ホラー・シリーズ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』の主役で大ブレイクし、2015年にシリーズ終了するまで6年間人気を保持したまま務め上げました。その後は『トリプルX:再起動』など、映画界でも活躍を開始しています。

J・K・シモンズ-(C)Getty Images

J・K・シモンズは、2002年からスタートしたサム・ライミ監督×トビー・マグワイア版『スパイダーマン』シリーズにおいて、何かにつけて怒鳴り散らす頑固な編集長役のイメージが強い名脇役でした。彼の転機は2014年、名ドラマーを目指す若者のドラマ『セッション』にて演じた鬼教師役でした。数々の賞に輝いた彼のキャリアは一気に急上昇し、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』『ラ・ラ・ランド』等、話題作への出演が目立ってきています。

【1月13日】リアム・ヘムズワース/オーランド・ブルーム/パトリック・デンプシー

リアム・ヘムズワース - (C) Getty Images

長男ルーク・ヘムズワース、次男クリス・ヘムズワースともに俳優として大活躍中のヘムズワース兄弟末っ子三男が、リアム・ヘムズワースです。兄弟全員がオーストラリアで生まれ育ち、一足先にデビューしていた兄たちに憧れて俳優を目指したリアム。SFバトル・アクション作『ハンガー・ゲーム』シリーズのレギュラーキャラクターを獲得し、シリーズ4作全てで重要な役どころをこなしました。今後のさらなる活躍に注目です。

オーランド・ブルーム-(C)Getty Images

小さい頃に観て本気で憧れた『スーパーマン』は、実は俳優のクリストファー・リーヴが演じていることを知り、俳優を志したという微笑ましいエピソードを持つ、オーランド・ブルーム。その後自らも、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのレゴラス役、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのウィル・ターナー役など、ヒロイックな役どころを嬉々として演じています。

パトリック・デンプシー-(C)Getty Images

パトリック・デンプシーほど、若い頃と現在でイメージが180度違う俳優も珍しいと思います。1980年代後半、『ウー・ウー・キッド』『キャント・バイ・ミー・ラブ』など、頼りないことこの上ない冴えない青年役ばかりを演じていた彼が、2005年から放映開始されたTVシリーズ『グレイズ・アナトミー』にてダンディかつ優秀な脳外科医役として再ブレイク。その後は『バレンタインデー』『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』など、すっかり二枚目俳優として定着しました。

まとめ

リアム・ヘムズワース -(C) Getty Images

1月前半のハリウッドスター誕生日特集、最後までご覧いただきありがとうございました。
二枚目俳優が3人並んだ1月13日、縁起が良さそうですね!
ではまたお会いしましょう!Happy Birthday!

関連するキーワード


エディ・レッドメイン オーランド・ブルーム ブラッドリー・クーパー リアム・ヘムズワース ニコラス・ケイジ メル・ギブソン ニーナ・ドブレフ ジェレミー・レナー パトリック・デンプシー J・K・シモンズ マッドマックス リーサル・ウェポン 顔のない天使 ブレイブハート パッション アポカリプト ハクソー・リッジ セックス・アンド・ザ・シティ ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 世界にひとつのプレイブック アメリカン・ハッスル アメリカン・スナイパー レ・ミゼラブル 博士と彼女のセオリー 赤ちゃん泥棒 ワイルド・アット・ハート リービング・ラスベガス ザ・ロック コン・エアー フェイス/オフ ハート・ロッカー ザ・タウン ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ボーン・レガシー アベンジャーズ ヴァンパイア・ダイアリーズ トリプルX:再起動 スパイダーマン セッション ターミネーター:新起動/ジェニシス ラ・ラ・ランド ルーク・ヘムズワース クリス・ヘムズワース ハンガー・ゲーム ロード・オブ・ザ・リング パイレーツ・オブ・カリビアン ウー・ウー・キッド キャント・バイ・ミー・ラブ グレイズ・アナトミー バレンタインデー ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

関連する投稿


ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

現代版ドンファン、世界中の女性を虜にしてきたジュード・ロウ。ソフトな物腰、セクシーな眼差し、そして甘く整った容姿と才能で常に存在感を放ってきました。プライベートでも、出会った女性全員に恋をするんではないか?と思ってしまう程の目撃情報、自らの "ポロっと告白" によってエピソードが溢れかえっていますが欲望に抗わないスタンスが崩れることはありません。彼ほどになると、これもまた才能か?!先日映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開に伴い来日した彼は、大の日本好きでも知られていて過去に何度も来日を果たしています。今回の来日での様子やサービストーク共に、彼が今まで出演してきた代表的な映画作品も紹介していきたいと思います。


『キック・アス』あらすじ・キャスト紹介!オタク主人公が正義のヒーローに!?

『キック・アス』あらすじ・キャスト紹介!オタク主人公が正義のヒーローに!?

興行収入96億円を記録した、アーロン・ジョンソン主演、マシュー・ヴォーン監督の2010年のアメリカ映画『キック・アス』のあらすじ・キャストを紹介します!


キルスティン・ダンスト出演映画まとめ!子役時代から現在に至るまで!気になる結婚は?

キルスティン・ダンスト出演映画まとめ!子役時代から現在に至るまで!気になる結婚は?

幼いころからショー・ビジネスの世界で可愛がられていた個性派女優キルスティン・ダンスト。その可愛さからCMで引っ張りだこだった彼女は11歳の時に出演した『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』でトム・クルーズやブラッド・ピット相手に堂々としたヴァンパイアを演じ、ゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされました。以後ハリウッドに君臨し続け、活躍の場を広げています。プライベートでは、そのバイタリティと積極性から、ガーリーな魅力で数々の俳優やミュージシャン達と浮名を流してきました。愛される事に純粋なので、傷つく事も多いですが常に前を向いて人生を切り開いていける女性です。やっと本当のパートナーと出会い、出産も経験した彼女の魅力に迫ります。


マリオン・コティヤールおすすめ映画8選

マリオン・コティヤールおすすめ映画8選

『TAXi』『ビッグ・フィッシュ』など数々の映画に出演してきた美しき実力派女優マリオン ・コティヤール。そんな彼女のおすすめ8作品をご紹介します。


実はあの人も?俳優兼監督としても実力溢れる人15選!

実はあの人も?俳優兼監督としても実力溢れる人15選!

昔から、監督と主演を兼任する人物は多くいます。日本では北野武さんが有名てすし、さかのぼればチャップリンなど、上げるとキリがありません。しかし最近ではもともと俳優として活動していた人が、監督として作品をだすパターンも増えてきました。ここではすっかり監督業も板についた人から、最近監督デビューを果たした人までをピックアップ!


最新の投稿


ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

かわいいな笑顔とセクシーな大人の魅力を持つジェシカ・アルバ。幼少時から女優を目指し演技の勉強をしていたという彼女の主演作品9選をご紹介します。


デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

『セブン』や『ファイト・クラブ』などを手掛けたデヴィッド・フィンチャーは、作品の色を抑えた暗い画面の映画が多いことが特徴で、映画ファンからの熱狂的な人気を集める映画監督です。そんな彼のおすすめ作品10選をご紹介します。


ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

現代版ドンファン、世界中の女性を虜にしてきたジュード・ロウ。ソフトな物腰、セクシーな眼差し、そして甘く整った容姿と才能で常に存在感を放ってきました。プライベートでも、出会った女性全員に恋をするんではないか?と思ってしまう程の目撃情報、自らの "ポロっと告白" によってエピソードが溢れかえっていますが欲望に抗わないスタンスが崩れることはありません。彼ほどになると、これもまた才能か?!先日映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開に伴い来日した彼は、大の日本好きでも知られていて過去に何度も来日を果たしています。今回の来日での様子やサービストーク共に、彼が今まで出演してきた代表的な映画作品も紹介していきたいと思います。


竹内結子のおすすめ映画・ドラマ5選!年齢を重ねるごとにかわいい美人女優♡

竹内結子のおすすめ映画・ドラマ5選!年齢を重ねるごとにかわいい美人女優♡

透明感のある美しさで男女問わず人気が高い美人女優・竹内結子さん。そんな彼女が出演する映画・ドラマおすすめ5選を紹介します!


広末涼子のおすすめ映画・ドラマ6選!結婚してもかわいい大女優!

広末涼子のおすすめ映画・ドラマ6選!結婚してもかわいい大女優!

デビュー以来映画やドラマに数多く出演し、トップ女優として活躍し続ける広末涼子。アラフォーとなった現在でも透明感あふれる美しさでCMにも多く出演しています。そんな彼女のおすすめ映画・ドラマ6作品をご紹介します。