【ネタバレ注意】『リメンバー・ミー』は「アナ雪」を超えるか⁉ピクサーが“音楽”をテーマに本気出した傑作【ネタバレ注意】

【ネタバレ注意】『リメンバー・ミー』は「アナ雪」を超えるか⁉ピクサーが“音楽”をテーマに本気出した傑作【ネタバレ注意】

フルCGアニメのパイオニア、ピクサーが遂に本気を出した⁉ 『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督が贈る最新作『リメンバー・ミー』のテーマは“音楽”。世界的ブームを巻き起こした「アナ雪」の最新短編『アナと雪の女王/家族の思い出』との同時上映開始が、2018年3月16日に決定しました!ネタバレが含まれますので注意!


目次

『リメンバー・ミー』のテーマは“音楽”、舞台は「死者の国」!

『リメンバー・ミー』 (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 『アナと雪の女王/家族の思い出』(C)2017 Disney. All Rights Reserved.

美しく親しみやすいメロディに合わせたストーリー展開で、世界的ブームを巻き起こしたディズニーアニメ『アナと雪の女王』。ピクサー最新作『リメンバー・ミー』では、ディズニーお家芸とも言える“音楽”を独自の世界観に取り込み、主軸に置いた構成となっています。
今回は、“アナ雪”最新作で22分の短編『アナと雪の女王/家族の思い出』を従えての同時上映。“音楽”の世界を心行くまで楽しめる、夢のようなコラボが実現しました。

ここからは、気になる製作スタッフ・日本版吹き替えキャスト情報、ネタバレストーリーなどをまとめてご紹介します。きっと映画を観たあとみんなに自慢したくなるようなトリビアも要チェック!

製作総指揮ジョン・ラセターからのコメントが到着!

ジョン・ラセター/来日プレゼンテーション

2018年3月の公開を控えた今、ピクサー創始者であり本作の製作総指揮を務めるジョン・ラセターから、本作についてのコメントが届いています。

ジョン・ラセター氏

ラセター曰く「非常に特別な映画です。家族を称え、そして同時に祖先を称える作品でもあります」と、日本の“お盆”を例えにして本作への想いを語っています。
「私たちは、思い出を風化させないこと、家族の次の世代、またその次の世代へと思い出を生かし続けていくことが何より大切と考えます。本作ではまさにそのことがテーマとなっています。ある少年が彼の祖先のことを知り、そしてある秘密を知ってしまいます。『リメンバー・ミー』は、あなたの家族を称え祖先を称賛する、とてもエモーショナルで、日本の皆さんにとってもとても特別な作品になると思います」と、メッセージを締め括っています。

『リメンバー・ミー』製作スタッフをチェック!

原案・監督は『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ

『トイ・ストーリー3』完成披露会見

本作の原案を考案し、監督を務めるのは、シリーズ中でも飛び抜けてドラマ性が高いと評価されている『トイ・ストーリー3』を手掛けたリー・アンクリッチ。

© DISNEY/PIXAR

この人気シリーズが当初より持ち合わせていた「いつかはおもちゃとして飽きられる時が来る」という宿命的なテーマをしっかりと描き、シリーズ屈指の感動を巻き起こしました。
『リメンバー・ミー』においても、決して技巧に走らず、個々のキャラクターが織り成すドラマを丁寧に描いています。

主題歌を“Let It Go”作者のクリスティン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペスが担当!

クリステン・アンダーソン=ロペス(妻)&ロバート・ロペス(夫)/PHOTO:KaoriSuzuki/『アナと雪の女王』-(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

“音楽”がテーマの本作で主題歌を手掛けるのは、『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go」の作者クリスティン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペス夫妻。メキシコが舞台とあって、「Let It Go」とは打って変わったラテン風味溢れるダンサブルな一曲に仕上がった「Remenber Me」は、先日行われたディズニー・ファンイベント「D23」にて初披露され、会場を熱狂の渦に巻き込んでいました。

音楽は『カールじいさんの空飛ぶ家』のマイケル・ジアッチーノ

© WALT DISNEY PICTURES/PIXAR ANIMATION STUDIOS.ALL RIGHTS RESERVED.

全編を彩る音楽を手掛けたのは、マイケル・ジアッチーノ。『Mr.インクレディブル』にて初の映画作品を担当し、『レミーのおいしいレストラン』そしてアカデミー作曲賞を受賞した『カールじいさんの空飛ぶ家』や『カーズ2』『インサイド・ヘッド』と、歴代のピクサー作品の多くを支えてきました。実写映画においても『ジュラシック・ワールド』『スパイダーマン:ホームカミング』など、今最もホットな映画音楽家として大活躍しています。

『リメンバー・ミー』本国版・日本版の声優は?

【本国版】キャラクターの声優は、ラテン系実力派俳優が集結!

『ノー・エスケープ 自由への国境』 (C)2016 STX Financing, LLC. All Rights Reserved

声の出演を務めるのは、主人公ミゲルに新人子役のアンソニー・ゴンザレス。死者の国に住む正体不明の詐欺師で、ミゲルと共に旅立つヘクターにガエル・ガルシア・ベルナル。ラテンの血を引く豪華俳優陣が勢揃いしています。

【本国版】ミゲルの憧れの先祖デラクルス役にベンジャミン・ブラット!

『ドクター・ストレンジ』(C)2017MARVEL

ミゲルの憧れの先祖エルネスト・デラクルスを、ベンジャミン・ブラットが演じます。ベンジャミン・ブラットは最近ではマーベルのヒーロー映画『ドクター・ストレンジ』でジョナサン・パングボーンという役で出演。ちなみに、あるバスケットボールをしている重要なシーンですが・・・見落とした方はぜひ『ドクター・ストレンジ』を見返してみてくださいね!

【日本版】主役のミゲルの声優は、今話題の歌うま13歳!

『リメンバー・ミー』(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

主人公ミゲルの吹替は、石橋陽彩(いしばしひいろ)に決定。その歌唱力はまだ幼いけれど本物で、なんと、エーベックス・アーティスト・アカデミー東京校の特待生なんだとか。ミュージシャンになることが夢であるミゲルを、歌手になることを目指している彼が演じるということで、注目です!

【日本版】相棒役にはあのイケメン藤木直人!

主人公ミゲルの相棒役に、藤木直人が抜擢!藤木直人が声をあてるのは、主人公のミゲルが迷い込んだカラフルな“死者の国”で出会い、ともに冒険するガイコツのヘクター。お調子者で陽気なヘクターですが、『リメンバー・ミー』にとっても重要なキャラクター。ディズニー/ピクサー声優初挑戦となる彼は、“家族”がテーマの本作ということで、アフレコ時は子どもたちの写真を台本に貼ってやっていたそうです!

【日本版】主人公のひいひいおばあちゃん役に、松雪泰子

『古都』-(C)川端康成記念會/古都プロジェクト

主人公の相棒のほかに、『リメンバー・ミー』においてとっても重要な役、ミゲルのひいひいおばあちゃんイメルダ。藤木さん同様、ディズニー/ピクサー声優初挑戦となった松雪さん。本作について「子どものころにおもちゃ箱を開けてキラキラした宝石がたくさん詰まっているものを見て嬉しかった感覚と同じような、カラフルな色彩が全編を通して続くのも観ていてワクワクしました」と絶賛。

『リメンバー・ミー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

アニメーションのクオリティと、音楽に特に力を入れている『リメンバー・ミー』。藤木直人と、松雪泰子が歌い上げる歌唱シーンもとっても楽しみですね!

【日本版】ミゲルの父親役はうたのおにいさん、横山だいすけ

横山だいすけ/『リメンバー・ミー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

「おかあさんといっしょ」で11代目うたのおにいさんを務めた“だいすけおにいさん”こと横山だいすけ。今作で声をあてるのは、主人公ミゲルの夢に理解を示しながらも、“靴職人”として代々続く家族の伝統を受け継いでもらいたいと願っているミゲルのお父さん。声優初挑戦ということで、どんなうたのお兄さんが聞けるのでしょうか?

【日本版】主題歌はシシドカフカ&東京スカパラダイスオーケストラ

『リメンバー・ミー』(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved

日本版エンドソングを「シシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラ」が担当することが決定。シシド・カフカと「東京スカパラダイスオーケストラ」は、今回が初めてのタッグとなり、ディズニー/ピクサーの音楽に初挑戦します。

『リメンバー・ミー』ストーリー

音楽が禁じられた家族のもとで育った、音楽がだいすきなミゲル

『リメンバー・ミー』 (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ミゲルはミュージシャンになることを夢見る、メキシコに住む少年。でも、ミゲルの家族は音楽を演奏することを一切禁じています。なぜなら、ミゲルのひいひいじいちゃんが、かつてミュージシャンになる夢を追って、家族を置き去りにしたことが原因でした。

ミゲルの家族は、そのひいひいじいちゃんについて口にすらしません。
ミゲルは伝説のメキシカン・ミュージシャンであるエルネスト・デラクルスこそが、自分のひいひいじいちゃんだと信じています。そしてある日、デラクルスのお墓に飾られたギターをミゲルが盗もうとしたその時、とつぜん”死者の国”へと転送されてしまうのでした。

”死者の国”へたどりついたミゲルは、祖先たちに出会う?!

『リメンバー・ミー』 (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

転送された先の”死者の国”にて、ミゲルは自分の祖先たち、それに詐欺師であるヘクターと出会うこととなります。ヘクターは”死者の日”に自分を思い出してもらえるよう、生きた人間であるミゲルに自分の写真を現実世界へ持ち帰るように頼みます。

※メキシコに実在する祝日”死者の日”について

“死者の日”メイキング『007 スペクター』/SPECTRE(C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

メキシコの祭日である”死者の日”=Los Dias de Los Muertos(ディア・デ・ロス・ムエルトス)。この日は、【”死者の国”にいる死者たちが、現実世界の愛する家族のもとへ渡ることができる日】とされています。

『リメンバー・ミー』では、”死者の日”に写真を飾られていない死者は、忘れ去られてしまい愛する家族に会いにいくことはできません。そして、長年忘れ去られ続ける死者は”死者の国”からも消滅してしまいます。

『リメンバー・ミー』では、写真を飾られているかどうか、が非常に重要となっています。

憧れのエルネストに会えた!でも、じつは隠された秘密が・・・?

『リメンバー・ミー』(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ずっと憧れていたエルネスト本人を、”死者の国”でやっと見つけ出すミゲル。しかし、伝説のミュージシャンの隠された真実を知ってしまうこととなります。ミゲルがひいひいじいちゃんだと信じていたエルネストは、自分のひいひいじいちゃんではなく、ヘクターがひいひいじいちゃんだったという衝撃の事実!

”伝説のミュージシャン”の隠された真実を知るミゲル

『リメンバー・ミー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

しかも、ミゲルのひいひいじいちゃんであるヘクターを殺したのは、ヘクターの当時の大親友だったエルネスト。エルネストは、ヘクターが作った曲を盗み、ヘクターを殺害し”伝説のミュージシャン”の名声をつかんだのでした。

祖先とちからを合わせ、みんなに真実を暴露!

『リメンバー・ミー』USプレミア(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 

ミゲルと祖先たちは、”死者の国”でも伝説のミュージシャンとして崇められるエルネストの真実を、ほかの死者たちにも暴露。そしてエルネストは生ける者たちに忘れ去られてしまうこととなります。
一件落着と思いきや、今度はヘクターの身体が消滅しはじめ、ミゲルたちはパニックに。ミゲルのひいおばあちゃん、つまりヘクターの愛娘であるココがヘクターのことを忘れ始めてしまったのです。

おばあちゃん、思い出して!感動の名曲”リメンバー・ミー”

『リメンバー・ミー』ロゴ (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

現実世界に引き戻されたミゲルは、大急ぎでココひいおばあちゃんのもとへ。
そして、かつてヘクターが愛娘ココのために書き上げた曲”リメンバー・ミー(忘れないで)”をそばで歌ってあげると――。

ジョン・ラセター(C)Getty Images

場面が変わって1年後、ココひいおばあちゃんは亡くなり、”死者の国”にておばあちゃんの両親や祖先と再会している様子が映し出されます。ミゲルは、ココおばあちゃんが残していたヘクターが書いた手紙や曲などを、人々に公開。そうして、ヘクターは人々のこころに残り続けます。
ミゲルは、やっと家族みんなでおもいっきり音楽を楽しむことができるのでした。

『リメンバー・ミー』トリビア

舞台となったメキシコで、あの映画を超える大ヒット!

TM&© 2012 Marvel & Subs.

『リメンバー・ミー』は、映画の舞台となったメキシコ国内では北米よりも3週間ほどはやく劇場公開。そして、それまでメキシコ国内最高売り上げの記録を誇っていた同じくディズニー映画『アベンジャーズ』(2012年)の記録を、おおきく超えたそうです。公開から1カ月も経たないうちに、メキシコでは日本円で約47億円以上を売り上げました。

あなたは見つけられる?ピクサーキャラクターたち

『リメンバー・ミー』の、ミゲルが通りを歩いているシーンには、ピクサーのキャラクターたちの形をしたピニャータ(中にお菓子やおもちゃなどを詰めた、紙製のくす玉人形のこと)が出てきます。あなたはいくつスクリーン上に見つけられるかな?

メキシコではしつけにアレを使う?

『リメンバー・ミー』の中で、ミゲルのおばあさんや、ひいひいばあさんたちが履いている靴を脱いで、靴で人をペチっ!とたたくシーンが何度かあります。その靴のタイプは”Chancla(チャンクラ)”と呼ばれており、直訳するとビーチサンダル。メキシコ文化ではしつけ等でつかうのが一般的なようです。

”死者の国”で使われているテクノロジーに注目

Apple-(C)Getty Images

『リメンバー・ミー』に出てくる”死者の国”。ミゲルが訪れるオフィスのシーンをよく見ると、80年代のマッキントッシュ(アップルが開発するパソコンのこと)や、トランシーバーなどが使われています。いまやアンティークとも呼ばれる、”死んでしまった”テクノロジーが、”死者の国”にピッタリなんだとか。

画面の片隅に、こっそりピクサー次回作の宣伝が!

『インクレディブル・ファミリー』(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 

ミゲルとヘクターがエルネストの館にたどり着いたシーンで、人々が花火を打ち上げお祭り騒ぎをしている様子が映し出されます。じつはその瞬間の背景には、ピクサーの次回作『ミスターインクレディブル2』のポスターが素早くうつしだされるんです!劇場で見つけられたひとはラッキー?

『リメンバー・ミー』まとめ&特報映像

ピクサーが日々進化させ続けている最新のCG技術は、本作でも息をのむほどの映像体験として提供されていますが、それは決して奇をてらう使い方ではなく、あくまでもドラマ性を際立たせるために使用されています。美しい映像と、何よりも全編を貫く“音楽愛”と“家族愛”に満ちたハートフルな傑作『リメンバー・ミー』は、2018年3月16日公開予定です!

関連する投稿


大人気海外ドラマ「LOST」のキャスト達の現在は?あらすじもご紹介!

大人気海外ドラマ「LOST」のキャスト達の現在は?あらすじもご紹介!

2004年から2010年にかけてアメリカのテレビ放送局ABCで放映された大人気海外ドラマシリーズ「LOST」。ストーリーの面白さは勿論、大ヒットに繋がったのは魅力的なキャスト達がいたおかげです。私たちを夢中にさせたキャスト達の現在を追いたいと思います。


『かぐや姫の物語』まとめ!高畑監督の遺作となった、制作8年の超大作の魅力とは?

『かぐや姫の物語』まとめ!高畑監督の遺作となった、制作8年の超大作の魅力とは?

2018年4月5日に亡くなった巨匠・高畑勲監督の遺作となった『かぐや姫の物語』。「竹取物語」を、監督が抱いた3つの疑問をテーマに、壮大なスケールと、情緒豊かなキャラクターによって現代の観客の前に蘇りました。ここではそんな本作の制作秘話や、出演者についてもまとめました。


『インクレディブル・ファミリー』がこの夏帰ってくる!!公開まであと少し☆

『インクレディブル・ファミリー』がこの夏帰ってくる!!公開まであと少し☆

多くの名作を生み出してきたアニメーションスタジオ・ピクサーの最新作『インクレディブル・ファミリー』が8月1日公開決定!ヒーロー家族は今作ではどんな戦いに挑むのでしょうか!?前作『Mr.インクレディブル』のおさらいや、今作の見どころなどをまとめました。


6/22金曜ロードショー『ファインディング・ドリー』みどころ

6/22金曜ロードショー『ファインディング・ドリー』みどころ

『ファインディング・ドリー』は『ファインディング・ニモ』の続編。 ニモを、父親のマーリンとともに救った"忘れん坊"のドリーが、今作では主役に! ドリーは忘れてしまっていた両親を探して、マーリンとニモと再び大海原に冒険の旅に出かけます。 『ファインディング・ドリー』のみどころをご紹介!


最新『ジュラシック・ワールド/炎の王国』!全作品おさらい!

最新『ジュラシック・ワールド/炎の王国』!全作品おさらい!

世界的人気を誇るシリーズ『ジュラシック・パーク』の最新作が2018年に公開されることが決定しました!初代『ジュラシック・パーク』の公開から24年、遺伝子技術も映像技術も進化した現代に、再び恐竜たちがやってきます。新作の公開に備え、珠玉のシリーズ作品をおさらいしておきましょう。


最新の投稿


日本版ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』主演は大泉洋!

日本版ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』主演は大泉洋!

『アイアムアヒーロー』は、現代の日本でゾンビによるパニックが起きたらどうなるのかを描いた同名漫画作品を原作とした実写映画作品です。主演は、俳優の大泉洋、監督は『GANTZ』で知られる佐藤信介です。そんな本作のあらすじやキャストについて紹介します。 675


ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

『チャーリーとチョコレート工場』などの独特のファンタジー作品で有名なティム・バートン監督が、奇妙で可愛らしいこどもたちを描いた映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』。日本では2017年に公開されました。そんな『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のあらすじやキャストについて紹介します。


007のボンドガール、レア・セドゥ!フランス出身のかわいい彼女の魅力に迫る!

007のボンドガール、レア・セドゥ!フランス出身のかわいい彼女の魅力に迫る!

ミステリアスでアンニュイな美貌を持つレア・セドゥ。その堂々とした佇まいやスタイリッシュな感性で老舗ブランドのイメージモデルとしても引っ張りだこで、女優なら誰もが憧れる「007」シリーズのボンドガールにも抜擢される等華々しい躍進を続ける彼女にスポットを当ててみました。彼女の私生活や結婚・夫・子供についても触れていきます!


ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

コメディ・ホラー・娯楽大作...等、数々の映画で人気を呼び、『ラ・ラ・ランド』でオスカー女優の仲間入りを果たしたエマ・ストーン。人気の秘密は親しみやすくて可愛い容姿だけではない。いつも自分と向き合い、努力を惜しまない彼女の魅力に迫ります。


イギリスの国民的イケメン俳優♡コリン・ファースの魅力とおすすめ作品!

イギリスの国民的イケメン俳優♡コリン・ファースの魅力とおすすめ作品!

1990年代、『高慢と偏見』で見せた "濡れシャツ" シーンでの姿が、イギリステレビ史上に残るセンセーションを巻き起こした国民的イケメン俳優、国民的セックスシンボルのコリン・ファース。また英国紳士らしくソフィスティケイトされた彼からは今も目が離せない!彼の魅力と出演作品について紹介したいと思います。