『密偵』韓国映画界トップスターが競演!日本警察vs義烈団の闘い

『密偵』韓国映画界トップスターが競演!日本警察vs義烈団の闘い

韓国で3週連続第1位、観客750万人を動員する大ヒットを記録し、あのパク・チャヌク監督『お嬢さん』を抑えて第89回アカデミー賞外国語映画賞の韓国代表に選ばれたサスペンス・ドラマ『密偵』が、ここ日本でもいよいよ11月11日公開が決定しました。 公開を前に、この傑作の基本情報をおさえておきましょう。


『密偵』日本警察vs義烈団!日本統治時代の韓国を描き切る!

ⓒ 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

日本による統治が続く、1920年代の韓国。日本警察に籍を置くイ・ジョンチュルは、独立運動団体の義烈団(ウィヨルダン)の監視という特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジンに接近します。

ⓒ 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

双方の間で不明瞭な情報が錯綜し、いったい誰が密偵なのかすら判明しないまま、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する爆弾を京城に持ち込む計画を進めていました。一方、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警察のかく乱作戦が繰り広げられる中、爆弾を積んだ列車は国境を越えて一路京城へと向かいます。

ソン・ガンホ:朝鮮人の日本警察官イ・ジョンチュル

ⓒ 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

故国である韓国において、日本警察官として勤務するイ・ジョンチュルに扮するのは、韓国映画界を代表する演技派、ソン・ガンホです。本作では、日本語にも挑戦しています。

ⓒ 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

『シュリ』『殺人の追憶』『グエムル -漢江の怪物-』などの韓国映画から、ポン・ジュノ監督と共にハリウッドに渡って出演した『スノーピアサー』に至るまで、20年近く話題作に出演し続けているソン・ガンホ。その存在感の強さは韓国映画界No.1と言えます。

コン・ユ:義烈団のリーダー、キム・ウジン

ⓒ 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

義烈団のリーダーであり、謎に包まれた人物キム・ウジンを演じるのは、コン・ユ。最近公開されたばかりの新感覚ゾンビ・ムービー『新感染 ファイナル・エクスプレス』でも、主人公である父親役を熱演していました。

ⓒ 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

甘いマスクを武器に、かつてはTVドラマを主戦場にしていたコン・ユ。日本映画『龍が如く 劇場版』の朴役などでも注目されていましたが、近年は『サスペクト 哀しき容疑者』などアクション作品でも主役を務めるなど、次世代を担う才能として再注目されています。

イ・ビョンホン:義烈団長チョン・チェサン

ⓒ 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

義烈団長チョン・チェサンに扮するのは、今や韓国映画界とハリウッドを股にかける国際派スターとなったイ・ビョンホン。主演のソン・ガンホとは、本作のキム・ジウン監督作『グッド・バッド・ウィアード』以来実に8年振りの共演となりました。比較的出番が少なめな本作ですが、これで4回目となるジウン監督作であり、尊敬する先輩ソン・ガンホと共演できるとあって、多忙な中ふたつ返事で引き受けたといいます。

鶴見辰吾:総督府警務局部長、東

ⓒ 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

日本警察のナンバー2である警務局部長の東を演じるのは、日本から参加した鶴見辰吾。重厚な演技を披露しています。なお、本作には鶴見のほか、韓国映画に精力的に出演している日本人俳優、武田裕光も参加しています。

監督は『悪魔を見た』『ラストスタンド』のキム・ジウン

『ラストスタンド』 -(C) 2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

前述のとおり、本作の監督はキム・ジウン。ディテールに凝った映像美と、スタイリッシュな演出が持ち味です。韓国映画のみならず、ハリウッドでもアーノルド・シュワルツェネッガー主演復帰作『ラストスタンド』の監督に抜擢されるなど、その才能は世界中から注目されています。

まとめ

ⓒ 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

いかがでしたでしょうか。
これまであまり描かれてはこなかった「日本統治時代の韓国」を舞台に、腹にズシンと響くような見応えのある娯楽作に仕上がった『密偵』は、11月11日公開予定です!

関連する投稿


『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

1987年に公開されて一躍話題になり、1991年に続編が公開された『プレデター』。2010年にはリブート版も公開されました。そして、それでおしまいではなかったのです。シリーズを振り返りながら、2018年9月公開予定の新作『ザ・プレデター』に迫ります!


【今週末公開の映画】7/13~『ジュラシックワールド/炎の王国』『グッバイ・ゴダール!』ほか

【今週末公開の映画】7/13~『ジュラシックワールド/炎の王国』『グッバイ・ゴダール!』ほか

7/13(金)、7/14(土)に公開される映画を一挙ご紹介。第1作目から約18年に及ぶ大人気シリーズ『ジュラシック・ワールド』最新作をはじめ、20年以上続く人気アニメ『ポケットモンスター』からも新作が公開。 他にもドキュメンタリー作や、人気ホラー映画のリメイクなど続々公開!


ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

数々の有名作品にちょい役での出演なのに、なぜか記憶に残る俳優トーマス・クレッチマン。でもちょい役なだけに顔は知ってるんだけど、名前は知らないという方も多いのでは?今回はそんな彼の生い立ちや魅力、出演作品をお伝えしていきます。


クリス・エヴァンスまとめ!『アベンジャーズ』シリーズのキャプテン・アメリカ役

クリス・エヴァンスまとめ!『アベンジャーズ』シリーズのキャプテン・アメリカ役

大人気映画『アベンジャーズ』シリーズのキャプテン・アメリカ役でおなじみのクリス・エヴァンス。甘いマスクと鍛え抜かれた肉体で世界中の女性を魅了しています。そんなクリス・エヴァンスのプロフィールや魅力、出演作品や恋人の情報についてまとめました。


【今週末公開の映画】5/11~『モリーズ・ゲーム』『孤狼の血』ほか!

【今週末公開の映画】5/11~『モリーズ・ゲーム』『孤狼の血』ほか!

5/11(金)、5/12(土)に公開される映画を一挙ご紹介。実在の元スポーツ選手から違法ポーカールームの経営者として名を馳せる『モリーズ・ゲーム』や、役所広司、松坂桃李主演で描く警察小説×『仁義なき戦い』的ハードな作品『孤狼の血』など、期待作が続々公開されます。


最新の投稿


洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

アメリカンジョークがききまくりな洋画コメディーを観たい!そんな気分の日、ありますよね♪お腹を抱えて涙しながら笑い転げること間違いなしなコメディー映画の名作、傑作を集めました!


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。