『ザ・サークル』エマ・ワトソンの私生活を24時間曝け出す⁉超巨大SNSの目的とは?

『ザ・サークル』エマ・ワトソンの私生活を24時間曝け出す⁉超巨大SNSの目的とは?

世界No.1のシェアの超巨大SNS企業に就職した女性社員が、24時間365日に渡り私生活を“シェア”する実験台となる姿をスリリングに描いた『ザ・サークル』。実生活でもSNSトラブルの被害に遭っているエマ・ワトソンが、文字通り真に迫った演技を披露しています。 11月10日に迫った“シェア”を前に、その一部をご紹介します!


『ザ・サークル』全員がすべてを曝け出すSNS社会とは?

『ザ・サークル』ティザービジュアル  (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

今や未成年から使用することが当たり前になりつつある、SNS。その利便性とは裏腹に、自分の私生活や嗜好、居場所、個人情報までもが筒抜けになるリスクがあるのは、皆さんもご承知かと思います。

『ザ・サークル』 (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

『ザ・サークル』は、そんなSNSの常識を覆すような驚愕のプランを実行しようとする超巨大SNS企業の目論みを、その犠牲となる若き女性社員を軸に描くサスペンスフルなドラマです。
監督・脚本を務めるのは、新鋭ジェームズ・ポンソルト。

エマ・ワトソン=憧れの企業に胸躍らせる新入社員メイ

エマ・ワトソン-(C) Getty Images

そこに籍を置くだけで社会的ステイタスを得られるような、世界No.1のシェアを誇る超巨大SNS企業「サークル」に採用され、期待に身を躍らせる新入社員メイを演じるのは、『ハリー・ポッター』シリーズの「ハーマイオニー」役で知られるエマ・ワトソン。

『ザ・サークル』 (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

彼女演じるメイは、カリスマ性に富む経営者ベイリーに指名され、会社が新たに開発した超小型カメラを使用した新サービス「シーチェンジ」のモデルケースに抜擢されます。24時間365日、私生活を常にカメラの前に公開したメイは、瞬く間に1000万人超のフォロワーを得て、一躍アイドル的な存在に。しかし、そこには大きな落とし穴と、さらなる目論みが隠されていたのです。

トム・ハンクス=SNS企業「サークル」のカリスマ経営者ベイリー

『ザ・サークル』 (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

自らが抱く途方もない野望を実現させるべく、メイを新サービスの実験台に指名するカリスマ経営者ベイリーを、『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズなどで知られる名優トム・ハンクスが演じます。

『ザ・サークル』 (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

元々、セリフの多いコメディ俳優としてブレイクしたトム。新商品発表の演壇に立ち、会社のビジョンをぶち上げる経営者の演技にて、屈託のない笑顔と他愛もないトークを交えながら多大な影響力を発するカリスマ性をうまく表現しており、さすがのひと言です。

ジョン・ボイエガ=サークル社の共同創設者、タイ

『ザ・サークル』 (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

若くして、サークル社の共同創設者となった青年タイに扮するのは、ジョン・ボイエガ。『アタック・ザ・ブロック』の好演でブレイクし、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の主役級であるフィンに大抜擢されたのは記憶に新しいところ。同シリーズへの継続出演のみならず、『パシフィック・リム』続編をはじめ話題作へのオファーが殺到している、まさに今が旬な若手です。

17年度アカデミー賞最有力『デトロイト』に主演!

『デトロイト』 (C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

67年にアメリカで発生した『デトロイト暴動』をテーマに、捜査官の1人が黒人少年に暴力を振るったことが火種となった戦慄の一夜を描く武骨な作品。
監督は過去に女性初のアカデミー賞受賞を成し遂げた『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグローが監督しています。

『デトロイト』 (C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

今作にてジョン・ボヤーガが主演として登場します。
詳しい情報はまだ出ていませんが、場面者を見る限り、警察側の役であることが伺えます。
大作にキャスティングされたこともあって、今作での演技も注目したいです。

カレン・ギラン=共にサークル社で働くメイの友人アニー

『ザ・サークル』 (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

友人のメイと同じく、憧れのサークル社で働く社員アニーを、カレン・ギランが演じています。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの宇宙海賊ネビュラ役で知られ、2018年春公開予定の話題作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』では女性アバター役に抜擢されています。

ビル・パクストン=メイの父ヴィニー

ビル・パクストン-(C)Getty Images

最後に、メイの愛する父親を演じたビル・パクストンをご紹介します。『ターミネーター』『エイリアン2』『タイタニック』など、ジェームズ・キャメロン監督の盟友として知られ、監督業もこなすなど多才なことで知られるバイプレイヤーでしたが、残念なことに本作撮影後、心臓病手術後の合併症のため61歳の若さで急逝。本作が遺作となりました。ご冥福をお祈りいたします。

『ザ・サークル』 (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

主人公に、自分自身の姿を見出したことが、映画化のきっかけに!

『ザ・サークル』(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

その時代の社会問題を常に鋭く切り取った作風で知られるデイヴ・エガーズのファンである監督のジェームズ・ポンソルト氏。
今作の原作を読んで虜になったと同時に、主人公が自分と重なりすぎてゾッとしたと語っています。

『ザ・サークル』(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

監督自身もまた、自分がSNS中毒のようになっているのではと考えると、自ら原作者に連絡を取って、自分の手で『ザ・サークル』を映画化しようと決意したそうです。

原作者が脚本に参加するという説得力

『ザ・サークル』(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

今回では監督以外にも、原作者であるデイヴ・エガーズも参加しています。
監督は小説の量を2時間に収めるのに苦心したそうですが、できるだけでも小説の持つ現代のプライバシーの危うさを描きました。

(D)『ザ・サークル』 (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

原作とラストは異なるのか⁉

(C)『ザ・サークル』 (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

現代の利便性に対して、人は自由を犠牲に出来るのかという大元のテーマを維持しつつも、ラストは原作と異なる展開となっています。

『ザ・サークル』(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

監督は原作のデイヴ・エガーズとラストは小説のテーマそのものには忠実に従うことにしたと話しています。
テーマそのものと言うだけあって、ラストで主人公・メイ演じるエマ・ワトソンの身の振り方が大きなポイントになっているようです・・・

トム・ハンクスを推薦したのは原作者?

トム・ハンクス-(C)Getty Images

ザ・サークルの創設者であるイーモン・ベイリー役を演じたトム・ハンクスですが、彼をこの役に勧めたのは、他でもない原作者のデイヴです。
デイヴには、トム・ハンクスが今作の脚本を気に入るという確信がありました。

トム・ハンクス『ハドソン川の奇跡』/photo:Ryo Uchida

それはハンクスもまた、熱心なデイヴの作品のファンだからです。
彼は過去にデイヴの別原作『王様のためのホログラム』でも主演を務めた経歴もあり、今回晴れて2度目の原作出演を果たしました。

デイヴ・エガーズもうひとつの実写作品『王様のためのホログラム』

『王様のためのホログラム』 (C)2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

業績不振で家も妻も車も失くした男が、一発逆転を狙って未経験のIT企業に入社するも、勤め先は、はるか本国から離れたサウジアラビアにて、国王に3Dホログラムを売りに行くという非常に困難なものでした・・・。

『王様のためのホログラム』(C)2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

ハンクスは今作で冴えないセールスマンに扮し、異国の地の文化に飲まれながらも、流れに抗わず受け入れていく姿勢を見につけるという大人向けほっこりヒューマンストーリー。
トム・ハンクスの終始見せる困り顔に、ファンは見たかったハンクスが帰ってきたと喜びました(笑)

トム・ハンクスは『ザ・サークル』の世界観をどう捕らえる?

トム・ハンクス-(C)Getty Images

ハンクス自身は、この話を読んで思うことは「こんな世界が実現しないことを願うばかり(笑)」とのことだそう。
『ザ・サークル』の世界観を肯定しつつも、全体主義の隠れた面で過ごすことを考えると怖いとも考えています。

トム・ハンクス-(C)Getty Images

また、今作のテーマをネット社会は、その人のよい面、悪い面を浮き彫りにしていくことを上手く描いていると語り、自分自身ならサークルのようなサービスには登録しないだろうと、メリットデメリットをはっきりと分析していました。

メイ役にエマ・ワトソンを起用した理由とは?

エマ・ワトソン-(C)Getty Images

今作のテーマのひとつに、若者が自分で物事を決定するときの目安になる観点を、どうやって見つけていくのかというものがあります。
監督はエマ・ワトソンなら、若者への道しるべとして適任だと考えました。

エマ・ワトソン-(C)Getty Images

というのも、エマ・ワトソンは10年間も『ハリー・ポッターシリーズ』で活躍し、その様子を同世代の若者もリアルタイムで見てきた人も多いはず。
そういったエマの背景を知っているからこそ、メイ役としての説得力も大きいです。 

エマ・ワトソンは演じたメイをどう考えている?

エマ・ワトソン-(C)Getty Images

エマはメイの価値観や判断にとても共感できると語ります。
それと同時に、メイは本作でどこか世間から浮いたような存在であり、人を単純に善悪で判断できない複雑な人物ととらえます。

エマ・ワトソン -(C) Getty Images

複雑であるからこそ、キャラクターとして興味深いと語ると同時に、エマ自身も、若い頃から世間の目にさらされることも多かった過去と重ね合わせて、物語により関心を持つことが出来たと語っています。

こんな職場で働いてみたい!理想を形にしたセットが必見

(F)『ザ・サークル』 (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

映画も原作も、サークルの職場は誰もがうらやむような環境です。
美術担当のジェラルド・サリヴァンは、むしろ長時間仕事をしたくなるような、快適で便利、さらに自由な環境をと考えたそうです。

(B)『ザ・サークル』 (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

監督と美術の2人で、実際にリサーチも行っており、その対象はシリコンバレーにある最大テクノロジー企業や、膨大な量の近代建築も研究して、セットが製作されていきました。
きっとそんなセットをみたら、貴方もサークルに就職したくなること必須⁉

『ザ・サークル』予告編

いかがでしたでしょうか。
私たちの日常でも毎日のように接するSNS。そこに隠されている真実、そして企業の目論みとは何なのか。考える機会を与えてくれる秀作『ザ・サークル』は、11月10日公開予定です。

関連する投稿


イーストウッド監督の最新作!実話に基づいた『15時17分、パリ行き』

イーストウッド監督の最新作!実話に基づいた『15時17分、パリ行き』

巨匠クリント・イーストウッド監督の最新作『15時17分、パリ行き』が、2018年3月1日(木)より日本で公開されます!2015年にパリで実際に起きた、乗客全員をターゲットにした無差別テロ事件を基に製作されたノンフィクションムービー。イーストウッド監督がある"前代未聞の挑戦"をした本作品についてまとめてみました!


『アベンジャーズ』待望の第3弾!全作総まとめ!

『アベンジャーズ』待望の第3弾!全作総まとめ!

2018年4月に公開予定の『アベンジャーズ』第3弾となる作品『アベンジャーズ インフィニティ ウォー』。スーパーヒーローたちが一堂に会するとあって、待ちきれない!というファンも多いのでは?今作に繋がるこれまでの作品の紹介や、見どころなどをご紹介していきます。


【今週末公開の映画】1/26~『デトロイト』『風の色』『ちょっとまて野球部!』ほか

【今週末公開の映画】1/26~『デトロイト』『風の色』『ちょっとまて野球部!』ほか

1/26(金)、1/27(土)に公開される映画を一挙紹介します!『スター・ウォーズ』のジョン・ボイエガ主演『デトロイト』や阿部寛主演のサスペンス映画『祈りの幕が下りる時』など、待ちに待った作品がいよいよ公開!映画館でぜひお見逃しなく。


『ペンタゴン・ペーパーズ』はアメリカの”今”を考える作品

『ペンタゴン・ペーパーズ』はアメリカの”今”を考える作品

スピルバーグ監督による『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が2018年3月30日に日本公開されることが発表されました。スピルバーグ監督曰く、アメリカにとって今一番必要なものを描いたとのこと。俳優陣も豪華で今から楽しみな作品です。本年度のアカデミー賞有力候補とも目される作品だけに注目ですね。


Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

動画配信サイトオリジナルの中で断トツの人気を誇るNetflix(ネットフリックス)! その理由のひとつに、監督など製作陣が、思い通りの作品を作ることができるNetflix独自の体制が大きいといわれています。 今回は数あるオリジナル作品から、いくつか特に魅力的な作品をピックアップ!


最新の投稿


映画『ママレード・ボーイ』まとめ!あらすじや主題歌にも迫る!

映画『ママレード・ボーイ』まとめ!あらすじや主題歌にも迫る!

1990年代に集英社の少女コミック誌「りぼん」で連載され、多くのファンに愛され続けている吉住渉の人気コミック「ママレード・ボーイ」 20年の時を経て、過去にはアニメ化もされた今作が、満を持しての実写映画化となります。 今回は、そんな『ママレード・ボーイ』の魅力溢れるストーリーやキャストに土江まとめました。


イーストウッド監督の最新作!実話に基づいた『15時17分、パリ行き』

イーストウッド監督の最新作!実話に基づいた『15時17分、パリ行き』

巨匠クリント・イーストウッド監督の最新作『15時17分、パリ行き』が、2018年3月1日(木)より日本で公開されます!2015年にパリで実際に起きた、乗客全員をターゲットにした無差別テロ事件を基に製作されたノンフィクションムービー。イーストウッド監督がある"前代未聞の挑戦"をした本作品についてまとめてみました!


【最新版】面白い映画おすすめ50選!洋画も邦画も名作・人気作品を一挙紹介!

【最新版】面白い映画おすすめ50選!洋画も邦画も名作・人気作品を一挙紹介!

ラブコメ、アクション、コメディー、ミステリー、傑作、名作のおすすめ映画作品を全て集めました!まだ観たことのない作品があるなら即チェック!


ラブコメおすすめドラマ作品50選!笑ってキュンキュンしたいなら♪

ラブコメおすすめドラマ作品50選!笑ってキュンキュンしたいなら♪

ラブコメの邦モノ・洋モノ問わずにおすすめのドラマを50作品紹介します!観ていてドキドキ、いつの間にかハッピーな気持ちになれること間違いなし!あの人気作品から隠れた名作まで。シリーズ物なので、ハマりすぎ要注意です!


見応えがある!週末にみたい長編映画おすすめ50選

見応えがある!週末にみたい長編映画おすすめ50選

長い時間を潰したい人やがっつり映画を楽しみたい人におすすめなのが見応えある長い映画です。ここで紹介する作品はどれも2時間半を超える大作なので観る前に準備は整えてください。