『ダウンサイズ』でマット・デイモンが13cmに?人類縮小計画を描く話題作!

『ダウンサイズ』でマット・デイモンが13cmに?人類縮小計画を描く話題作!

全米では12月22日から、日本では2018年3月に公開予定の『ダウンサイズ』。人類ミニチュア化計画という奇想天外な内容の作品です。 本記事では、この話題作の一部とキャスト&スタッフ情報をいち早くご紹介します!


地球の人口過多問題解消!「全人類縮小200年計画」が今始まる

『ダウンサイズ』(C)2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

物語はノルウェーの科学者によって、人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まります。これにより、今や地球規模の社会問題である人口過多問題を解決すべく「全人類縮小200年計画」が持ち上がります。今の生活に不満を抱く平凡な男ポールと妻オードリーは、少しの蓄えさえあれば裕福で幸せな生活が約束されるという「縮小された世界」に希望を抱き、13cmの身体で生きていくことを決意します。

監督・脚本は『ファミリー・ツリー』のアレクサンダー・ペイン

この奇想天外なストーリーに凝ったプロットで真実味を加え、唯一無二の作品に仕上げたのはアレクサンダー・ペイン監督。『サイドウェイ』『ファミリー・ツリー』の二作でオスカーを受賞しており、人間ドラマを描かせたら右に出る者がいないと言われるほど。
一部のシーンは、彼の母校であるネブラスカ州オマハの私立学校で撮影したそうです。

『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』-(C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

上記の二作のほか、2013年に公開された『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』もおすすめです。100万ドルの宝くじに当たったと勘違いし続けながら、当選金を受け取りに旅に出る年老いた父親と仕方なく付き合う息子が織り成す珍道中を、全編モノクロで描いたロード・ムービーの秀作。惜しくも受賞こそなりませんでしたが、2013年アカデミー作品賞、監督賞など6部門にノミネートされました。

ミニチュア化計画に参加する夫ポール=マット・デイモン

ストレスだらけの生活から脱却するため、自らミニチュア化への道を決断する夫ポールに扮するのは、マット・デイモン。
『ジェイソン・ボーン』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』など、近年は製作業にも意欲的に取り組んでおり、まさにノりにノっているマット曰く「世界中の俳優がペイン監督と仕事をしたいと思っているんだ。もし電話帳の役を頼まれたら、電話帳だって演じるよ。この作品は、とにかく脚本が美しく、素晴らしい。オリジナリティに溢れてユニークなんだ。『ダウンサイズ』は、本当に美しくて前向きな映画だよ」と、出演できた喜びを素直に語っています。

マッド・デイモン×リドリー・スコット/『オデッセイ』 ー(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

そんなマットが出演した近年の秀作といえば『オデッセイ』。
火星での有人探査の最中、猛烈な嵐に巻き込まれ、死亡したと推測されてしまいたったひとりで火星に取り残された宇宙飛行士を演じたマットは、常にユーモアを忘れず懸命に生き延びようとする姿を入魂の演技で表現し、アカデミー主演男優賞にもノミネートされました。

夫と共にミニチュアへの道を歩む妻オードリー=クリステン・ウィグ

クリステン・ウィグ-(C) Getty Images

夫と運命を共にする妻オードリーを演じるのはクリステン・ウィグ。当初はリース・ウィザースプーンが演じる予定の役でしたが降板となり、彼女が抜擢されました。
2005年から2012年までアメリカの人気コメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』に出演していたという、根っからのコメディエンヌです。

近年ではリブートした『ゴーストバスターズ』の4人のうちのエレンを演じ、痛快な演技を見せてくれたことは記憶に新しいですが、その前に出演した『オデッセイ』で既にマット・デイモンとの共演を果たしています。

ミニチュア化計画の鍵を握る謎の男ドゥサン=クリストフ・ヴァルツ

クリストフ・ヴァルツ-(C) Getty Images

“謎の男”を演じるクリストフ・ヴァルツ。何やら遊び人のような役柄なのですが、まだ情報なく謎に包まれています。しかし当代きっての性格俳優である彼が演じるということは、平凡な役柄であるはずはありませんね。

『007 スペクター』 (c) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and

『イングロリアス・バスターズ』『ジャンゴ 繋がれざる者』と、クエンティン・タランティーノ監督の作品に出演したことをきっかけに、今やさまざまな話題作に出演するスターになりました。近年では『007 スペクター』にてジェームズ・ボンドの宿敵スペクター役という大役を、いつも通り飄々と演じていました。

まとめ

マット・デイモン-(C)Getty Images

いかがでしたか。
間もなく本格的な予告編と共に、さらなる最新情報も公開されるという情報もある『ダウンサイズ』。今後も要チェックの公開が楽しみな話題作です!

関連する投稿


【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

4/27(金)、4/28(土)そしてGWの頭である5/4(金)、5/5(土)に公開される映画を一挙ご紹介。 数多くの豪華オールスター・ヒーローが集結する超大作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をはじめ、公開前からメディアで多く取り上げられた『君の名前で僕を呼んで』など期待作が続々公開されます!


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。


【今週末公開の映画】3/1~『ブラックパンサー』『シェイプ・オブ・ウォーター』『映画ドラえもん のび太の宝島』ほか

【今週末公開の映画】3/1~『ブラックパンサー』『シェイプ・オブ・ウォーター』『映画ドラえもん のび太の宝島』ほか

3/1、3/2、そして3/3に公開される映画を一挙ご紹介!マーベルの待望の新作、黒人俳優が大半を占めるという画期的な『ブラックパンサー』や、ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』など、公開前から話題になっている作品の数々がついに日本でも公開。ぜひ、映画館でチェックしてくださいね!


超人気スーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュまとめ!『スーサイド・スクワッド』魔女役

超人気スーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュまとめ!『スーサイド・スクワッド』魔女役

『スーサイド・スクワッド』(2016)の謎の美しき魔女エンチャントレス役をはじめ、最近は映画への出演が増えてきました!今回は、そんなカーラ・デルヴィーニュのプロフィールや出演作、そして過去のゴシップなど気になる情報をまとめてみました。気になる今後の活躍も!


『特攻野郎Aチーム』『ネイビーシールズ』特殊部隊を描いた映画おすすめまとめ!

『特攻野郎Aチーム』『ネイビーシールズ』特殊部隊を描いた映画おすすめまとめ!

少数精鋭で特殊な任務を遂行する特殊部隊ってかっこいいですよね。そんな特殊部隊を描いた映画を紹介します。


最新の投稿


『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

ライアン・レイノルズがアンチヒーロー・デッドプールを演じ大ヒットを記録した『デッドプール』その続編となる『デッドプール2』!前作のおさらいから引き続きやキャストについて、さらにはデッドプールのトリビアなど、公開が待ちきれなくなる情報をまとめました。


阿部寛が浮世絵に⁈笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』

阿部寛が浮世絵に⁈笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』

『後妻業の女』の鶴橋康夫が約40年映画化を熱望し続けた、阿部寛主演で贈る笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』。豪華キャストが勢ぞろいする本作品の公開日が2018年5月18日に決定しました。本記事では気になる本作について詳しくご紹介します。


ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

女性同士の恋愛=レズビアンをテーマにした作品を観たことはありますか?セクシーな女性同士の恋愛を描くシーンはまるでアートのような美しさ。ぜひワインを片手に見てほしいレズビアン映画がたくさんあります。そこで今回は海外・日本国内の作品問わず、おすすめのレズビアン作品をまとめてみました。


【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

4/27(金)、4/28(土)そしてGWの頭である5/4(金)、5/5(土)に公開される映画を一挙ご紹介。 数多くの豪華オールスター・ヒーローが集結する超大作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をはじめ、公開前からメディアで多く取り上げられた『君の名前で僕を呼んで』など期待作が続々公開されます!


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。