『ぼくの名前はズッキーニ』日本公開決定!世界中の映画賞を席巻!

『ぼくの名前はズッキーニ』日本公開決定!世界中の映画賞を席巻!

アカデミー賞長編アニメーション部門ノミネートをはじめ、アニー賞、セザール賞など世界中の賞を総なめにした、懐かしくも新しいストップモーション・アニメーションの傑作『ぼくの名前はズッキーニ』の公開日が、2018年2月10日に決定しました。 ここでは、あらすじから見どころまで、その一部を早速ご紹介致します。


9歳にして天涯孤独の少年イカールの物語

© RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

物語は、9歳の少年イカールの悲しい過去から始まります。身勝手な母親からつまはじきにされて育ってきたイカールは、ある日予想もしない悲惨な出来事により、突然母親を永遠に失ってしまいます。
警察に保護され、悲しみに暮れるイカールが連れて行かれたのは孤児院でした。そこには、イカールと同じような境遇の、あるいはもっとひどい経験をしてきた子供たちがたくさん暮らしていました。

© RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

孤児院の子供たちとも次第に打ち解けてきたイカールは、やがてそこで一生懸命に働く大人たち、そして親がいないという共通点はあれどそれぞれ悩みながら、苦しみながらも元気に生きている友達とふれあう中で、生きていくためにとても大事なことを学びます。

懐かしくも斬新!奇跡のストップモーション・アニメーション

© RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

本作は全編、ストップモーション・アニメーションという手法で制作されています。現在主流のCGを一切使わず、粘土など様々な素材で作られた人形を全てひとコマひとコマ手作業で動かし、その都度カメラに収める作業の繰り返しで行う撮影手法で、実に100年近い歴史があります。

© RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

本作でも、生命を吹き込まれたが如く、表情豊かに動く人形たちの演技を堪能できます。特筆すべきは目の動き。 これはクロード・バラ監督が特に意識した点で、過去のつらい経験から感情を表情にうまく出せない孤児たちが「目で訴える」姿を強調したかったといいます。

準備期間:3年、製作期間:3年を費やした入魂の一作

© RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

全て手作業につき、事前の構想、コンテ、下準備などは勿論のこと、制作にはとてつもない歳月がかかります。本作も、実に準備期間に3年、制作期間に3年、合計6年を費やしたといいます。

アカデミー賞の他、世界中の映画賞を席巻!

© RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

その優れた表現方法は勿論のこと、実写映画でもなかなかお目に掛かれない凝った画面構成やプロット、何よりも心を揺さぶる感動の物語が世界中の絶賛を呼び、世界各国の映画賞を席巻しました。アカデミー賞及びゴールデン・グローブ賞にて長編アニメーション部門にノミネートされた他、“アニメ界のアカデミー賞”アニー賞でも3部門にノミネート、そしてフランス最高峰の第42回セザール賞では最優秀脚色賞、最優秀長編アニメーション賞を見事受賞しています。

ストップモーション・アニメの名作いろいろ

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』 - (C) Disney

『ぼくの名前はズッキーニ』は、ストップモーション・アニメの歴史に間違いなく名を残す名作です。その歴史の中でも比較的新しく、皆さんの記憶にも新しい作品としてはティム・バートン監督の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』や『ティム・バートンのコープスブライド』などが挙げられます。

© 2010 Fox and its related entities. All Rights Reserved.

『グランド・ブダペスト・ホテル』などの鬼才ウェス・アンダーソン監督が初めて手掛けたアニメ作品もストップモーション・アニメでした。2009年の『ファンタスティック Mr.FOX』です。声の出演として、ジョージ・クルーニーやメリル・ストリープ、ビル・マーレイなど豪華俳優陣が揃ったのも話題となりました。

『映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』(C)2014 Aardman Animations Limited and Studiocanal S.A.

日本でもNHKで放送されており、子供たちにも有名な「ひつじのショーン」の劇場版が『映画 ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』です。『ウォレスとグルミット』で世界的な人気を博したイギリスの「アードマン・アニメーションズ」制作によるもので、同社はストップモーション・アニメ界の草分けとして知られています。

まとめ

© RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

いかがでしたでしょうか。
ストップモーション・アニメだからこそ可能になった表現の数々に、心を揺さぶられること必至の『ぼくの名前はズッキーニ』。来年2月10日の公開まで、楽しみに待ちましょう!

関連する投稿


『ペンタゴン・ペーパーズ』はアメリカの”今”を考える作品

『ペンタゴン・ペーパーズ』はアメリカの”今”を考える作品

スピルバーグ監督による『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が2018年3月30日に日本公開されることが発表されました。スピルバーグ監督曰く、アメリカにとって今一番必要なものを描いたとのこと。俳優陣も豪華で今から楽しみな作品です。本年度のアカデミー賞有力候補とも目される作品だけに注目ですね。


スーパーヒーロー映画『ドクター・ストレンジ』まとめ

スーパーヒーロー映画『ドクター・ストレンジ』まとめ

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品の14作目として2017年1月27日に公開されたスーパーヒーロー映画『ドクター・ストレンジ』。『アベンジャーズ』シリーズで知られるこれまでのマーベルヒーローたちとは一味違った"魔術師"の物語!あらすじや見どころ、キャスト情報などをまとめました。


ジョニー・デップまとめ!世界中で愛されるハリウッド俳優

ジョニー・デップまとめ!世界中で愛されるハリウッド俳優

ハリウッドきってのイケメン俳優ジョニー・デップ。日本でも”ジョニデ”の愛称で親しまれ、熱狂的なファンがいるほどの人気っぷりです。そんなジョニー・デップの魅力がわかる過去の出演作・そして日本公開が迫った最新作『オリエント急行殺人事件』の情報をお届けします!


『ジュラシック・パーク』『インデペンデンス・デイ』ジェフ・ゴールドブラム出演作品5選!

『ジュラシック・パーク』『インデペンデンス・デイ』ジェフ・ゴールドブラム出演作品5選!

『ジュラシック・パーク』で一躍有名になった俳優ジェフ・ゴールドブラム。個性派の彼が出演する作品を5本ご紹介します。


最新5年分のアカデミー衣装デザイン賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

最新5年分のアカデミー衣装デザイン賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

本記事では最新5年分の「アカデミー衣装デザイン賞」を受賞した作品をご紹介します。 作品の世界観に一役も二役も買っている、熟考された素晴らしいセンスと衣装の数々を楽しみましょう。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。