歴代007!ジェームズ・ボンド俳優たちのトリビア21選

歴代007!ジェームズ・ボンド俳優たちのトリビア21選

先日、ようやくダニエル・クレイグ本人の口から、ジェームズ・ボンド役続投の旨が発表されました。第一作『007/ドクター・ノオ』公開実に55年目となる今もなお、ジェームズ・ボンドに対する映画ファンの興味は一向に尽きることを知りません。 ここでは、歴代ボンド俳優たちの意外なトリビアの数々をご紹介致します。


目次

1. ショーン・コネリー、いつからヅラだったのか疑惑

初代ジェームズ・ボンドのショーン・コネリー-(C)Getty Images

いまではすっかり「カッコいいハゲ」としてイメチェンに成功したショーン・コネリー。

フサフサの髪がなびいていたジェーズ・ボンド時代が遠い昔のように思えますが、実はコネリー、すでに二十歳になる前からオツムのほうが淋しくなりはじめており、シリーズ当初からヅラを装着しての出演だったことは一部で有名です。

勇気を出してヅラと決別し、頭もズルムケだけど役者としても一皮むけたショーン・コネリー。まぶしいほどに栄光に光輝いています。

2. ショーン・コネリー、背が高すぎて苦労した?

ショーン・コネリー-(C)Getty Images

第1作『ドクター・ノオ』のワン・シーンで、コネリーと初代ボンドガール、ウルスラ・アンドレスの出会う瞬間に注目!

二人は浜辺を並んで歩く際に、コネリーはわざわざウルスラのうしろにまわりこみ、波打ち際の側を歩いています。

これはコネリーがあまりにも背が高く、ウルスラと並んで歩くと釣り合わないので、わざと低い海側を歩いてバランスをとったのだという噂!

肉体的に恵まれているとよけいな苦労をすることもあるというエピソードですね。

ちなみに007が日本で紹介されたばかりのころ、「ドクター・ノオ」が「医者はいらない」という珍訳をつけられたのはあまりにも有名です。

3. 第2作の邦題に隠されたメッセージ

ショーン・コネリー

1963年公開のシリーズ第2作『ロシアより愛をこめて』。

日本で公開された当時、この作品には『007 危機一発』という邦題がついていました。

「危機一発」は間違いで、正しくは「危機一髪」ではないかという声もあがりました。しかしここには、実はあまり大っぴらにはできないメッセージが隠されているのではと推測できます。

「一髪」を「一発」にすると髪がない。つまりこの邦題、主役の頭には髪がないことを暗に指し示しているのではないでしょうか。

さきの「ドクター・ノオ」と並び、まさに名訳といえそうです。

4. ショーン・コネリーの007は1作品平均2.66人の女性とベッドインしていた

エディンバラ国際映画祭で行われた『The Edge of Love』(原題)ワールドプレミアに出席した(左から)キーラ・ナイトレー、ショーン・コネリー、シエナ・ミラー -(C) Getty Images/AFLO

原作のボンド・ファンの評価は様々ですが、男っぽい荒々しさを併せ持つ女好きなスパイという原作イメージに最も近いという説も多いショーン・コネリー。歴々の美しきボンド・ガールたちや名も知られぬ女性たちも含め、彼演じるボンドは1作品平均2.66人の女性とベッドを共にしていたとのこと。エンディングのお約束なベッド・シーンを広めたのも彼の代で、その後も長く引き継がれていました。

5. 「初代007=ショーン・コネリー」はスティーヴン・セガールに手首を折られたことがある

元祖ボンド俳優であるショーン・コネリーは、シリーズ第5作『007は二度死ぬ』でいったん降板し、第7作『007/ダイヤモンドは永遠に』で一作限りの復帰を果たし、3代目ロジャー・ムーアにバトンを渡しました。そんな彼がシリーズ番外編として一作限りのボンド役を演じたのが『ネバーセイ・ネバーアゲイン』。製作中、コネリーは本作の武術指導を務めていた若き日のスティーブン・セガールに、誤って手首を折られてしまったという実話があります。大事にならず良かったです!

6. 「2代目007=ジョージ・レーゼンビー」はギャラ交渉に失敗し、自らボンド役を降板した

シリーズ第6作『女王陛下の007』で、鳴り物入りで2代目ジェームズ・ボンドとして登場したジョージ・レーゼンビーは、歴代ボンド俳優の内、唯一ヨーロッパ圏以外であるオーストラリアの出身。スタントマンを使わない生身の見事なアクションを披露したジョージでしたが、いかんせん演技の経験がなく、また訛りもあり流暢なイギリス英語が話せなかったことに合わせて、製作途中でギャラの値上げを要求するなどトラブルも多く、1作品のみで降板した唯一のボンド俳優となりました。

7. ジョージ・レーゼンビー、国籍詐称疑惑?

英国諜報機関に所属する、れっきとした英国紳士のはずのジェームズ・ボンド。

ところが2代目のボンド役者ジョージ・レーゼンビーは、実は赤道をはさんで反対側のオーストラリアからやって来た「おのぼりさん」だったのです。

世界中からイナカ、イナカと笑いものにされているオーストラリア出身でありながら、伝統ある英国ジェントルマンを気取っていたのでした。

国籍を詐称するとは、紳士の風上にもおけないヤツです!

8. 「3代目007=ロジャー・ムーア」は12年間で歴代最多の7作品に出演した

サー・ロジャー・ムーア-(C)Getty Images

2017年5月23日、がんのため89歳で惜しくもこの世を去った3代目ボンドのロジャー・ムーア。『007/死ぬのは奴らだ』から『007/美しき獲物たち』までの12年間、歴代最多の7作品に出演した彼こそは、007の黄金期を支えた立役者と言えるでしょう。当時は“コネリー派”“ムーア派”と、映画ファンの間でも評価がはっきり分かれていたのも懐かしい思い出です。

9. ロジャー・ムーアは007の撮影ロケで訪れたインドで、子供達の貧困支援を決意した

サー・ロジャー・ムーア-(C)Getty Images

シリーズ第13作『007/オクトパシー』の撮影でインドを訪れた際、大多数の子供たちが極端な貧困状態に陥っている現実を目の当たりにしたロジャー・ムーアは、即座にサポートするべく独自で慈善事業を開始。その後も、世界で飢餓貧困に苦しむ子供たちを支援する活動を積極的に継続し、その功績を称えられて2003年には「ナイト」の爵位と「サー」の称号を授与しています。

10. ロジャー・ムーア、ニセ007で他作に出演疑惑

ジャッキー・チェン -(C) Getty Images

3代目ボンドを演じた故ロジャー・ムーア。

007シリーズと並行し、さまざまな作品に顔を出していましたが、そのなかに『キャノンボール』という作品があります。

これは世界の名スポーツカーがアメリカ大陸横断レースを繰り広げるコメディで、バート・レイノルズ、ジャッキー・チェン(写真)、ファラ・フォーセットなど豪華共演の作品でした。ここでムーアはジェームズ・ボンドそのままのイメージで出演していました。

彼が登場するたびに007風のテーマ音楽が流れ、映画の中で乗りまわすのは、ボンドカーとして有名なアストン・マーチン。

けれどムーア自身はボンド作品のなかではたったの一度もアストン・マーチンなんか乗っていないのです。

007のイメージを利用してせっせと副業に精を出していたムーア、なかなかのしたたか者です。

11. コネリー→ムーア、声優チェンジで人格が破綻?

サー・ロジャー・ムーア-(C)Getty Images

ロジャー・ムーア演じる3代目ジェームズ・ボンドは、それまでの初代ショーン・コネリーのようなシリアス路線にくらべると、ずっと明るいおバカキャラに変貌している印象があります。

これにはその昔、テレビの洋画劇場で放送されていた吹き替え版によるところも大きいでしょう。

ムーア版ボンドの声を担当した声優・広川太一郎は「広川節」ともいえる軽妙なしゃべくり調のアテレコで当時一世を風靡する大人気でした。

コネリー版ボンドで吹き替えをつとめた若山弦蔵が男性的な低音の魅力で人気を博したのとはまさに対照的、ボンドのキャラが一変してしまいました。まるで二重人格のメンヘラーみたいです。

そのせいかどうか、その後のボンド映画はありえないようなギャグ路線を突っ走ることになります。はたして原因は日本の声優陣にあるのでしょうか。ともかく広川太一郎の遺した仕事は偉大です。

12. 88歳にしてクレイグの後釜を狙っていたムーア?

サー・ロジャー・ムーア-(C)Getty Images

晩年、英国のテレビ番組に出演したムーア。インタビューのなかで「ダニエル・クレイグの次のボンド役は誰がいい?」との質問に、「できれば自分がカムバックしたい」と堂々と立候補宣言しています。

当時ムーアは88歳。いやー、実にお盛ん。とんでもないチョイ悪ジジイがいたものです。

13. 「4代目007=ティモシー・ダルトン」が最も原作のボンドに近いとダイアナ妃に褒められた

「ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~」Penny Dreadful (C) 2014 Showtime Networks Inc. All rights reserved. (C) 2015 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved. SHOWTIME and related marks are registered trademarks of Showtime Networks Inc., a CBS Company. (C) 2015 CBS Studios Inc. CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

『007/リビング・デイライツ』『007/消されたライセンス』の2作で4代目ボンド役を務めたイギリスの名優、ティモシー・ダルトン。高齢もあり降板した3代目ロジャー・ムーアと比較して、より若々しくアクティブなボンドとして歓迎されましたが、『007/消されたライセンス』の興行成績が振るわなかったこと、米ソ冷戦が終結しスパイ映画のシナリオも再考を求められたことなどが重なり、あえなく降板してしまいました。ただ、当時のイギリス王家のマドンナ、故ダイアナ妃からは「最も原作に近いボンドね」と賛辞を贈られていたといいます。

14. 親バカなダルトン、息子の乱行に平謝り

やや影が薄い印象の4代目ジェームス・ボンド、ティモシー・ダルトン。

シリーズそのものが中だるみの時期だったのだろうか。出演したのもわずか2作です。

そのダルトンの息子は2015年にハリウッドでちょっとした騒ぎを起こし、警察の世話になりました。

当時、息子はまだ17歳。自宅で豪勢なパーティーを開いたら300人をこえるファンの群れが押し寄せ、隣人に警察を呼ばれてしまうという羽目となりました。

ボンド役で売った父親の顔にすっかりドロを塗ってしまった息子。どこの国でもこういうことはあるのだなと考えさせられます。

15. 「5代目007=ピアース・ブロスナン」に決定するまで15年の歳月を要した

ピアース・ブロスナン -(C) Getty Images

ロジャー・ムーア降板後のボンド役最有力候補だったピアース・ブロスナンは、当時主演していた人気TVシリーズ『探偵レミントン・スティール』の放映局から慌てて出演契約延長を引き合いに出され、やむ無く出演を断念。ボンド役はティモシー・ダルトンが射止め、ブロスナンが満を持してボンド役に収まったのは、最初のオファーから実に15年後のことでした。

16. ピアース・ブロスナンの007が倒した敵の数は、歴代最多の1作品平均21.25人

ピアース・ブロスナン主演/『スパイ・レジェンド』 (C)2014 No Spies, LLC.  All Rights Reserved

ピアース・ブロスナンがボンドを演じた『007/ゴールデンアイ』から『007/ダイ・アナザー・デイ』までの4作品において、ボンドが倒した敵の数は歴代最多の平均21.25人だといいます。それだけ、職務に忠実だったということでしょうか。

17. 5代目ボンドはヒーローにあるまじきマイナス思考だった?

ピアース・ブロスナン-(C)Getty Images

無敵のヒーロー007とは思えないネガティブ思考の持ち主が、5代目ジェームス・ボンドのピアース・プロスナン。

彼は2014年のインタビューで、自分はボンド役には不適格だったと発言、みずからの演技に自信を失っていた時期もあったことを明らかにしました。

かつての栄光もあれば長引くスランプもあって当たり前。007シリーズは長い歴史を誇るだけに浮き沈みも小さくありません。主役を受け継ぐ役者たちはそれぞれプレッシャーに苦しんできたのでしょう。

重圧に耐えてこそ、ほんもののヒーローなのです!

18. 「6代目007=ダニエル・クレイグ」のニックネームは当初“ジェームズ・ブロンド”だった

ダニエル・クレイグ - (C) Getty Images

6代目ジェームズ・ボンド=ダニエル・クレイグは、歴代ボンド俳優で初の「金髪のボンド」となり、起用当初はジェームズ・ボンドならぬ“ジェームズ・ブロンド”などと揶揄されていましたが、その後の活躍はご存じのとおり。彼が初登場の『007/慰めの報酬』以来、興行収入は一気にV字回復しています。

19. ダニエル・クレイグはボンド役に決定後、タバコを止めた

ダニエル・クレイグ-(C)Getty Images

またダニエルは、ボンド役に決定したと同時に、好きだったタバコをやめたといいます。ボンドデビュー作『007/慰めの報酬』で見せた数々のアクション・シーンは、その甲斐もありソリッドで素晴らしい出来でした。

20. ダニエル・クレイグは「ダニエル・クレーム」だった?

ダニエル・クレイグ - (C) Getty Images

6代目ボンドに決定した当初、「お前はミスキャストだ!」とバッシングの嵐が吹き荒れたダニエル・クレイグ。

いままでのボンドにはなかったブロンドヘアはもちろん、「耳が大きすぎる」だの「顔がジャガイモ」だの、とんでもない言いがかりをつけられていました。

クレイグは誹謗中傷に負けず精進を重ねた結果、『スカイフォール』で歴代興行1位を記録。なかなかの苦労人です。

いっそダニエル・クレイグから「ダニエル・クレーム」に改名したほうがいいのでは?という声も。

21. 「なかったこと」にされている、まぼろしのボンド俳優

ウディ・アレン -(C) Getty Images

ダニエル・クレイグのボンド・シリーズ第1作となった2006年の『カジノ・ロワイヤル』。

じつは長いボンド・シリーズの歴史の中にはもう1作、同じタイトルの作品が存在します。

それが1967年公開版の『カジノ・ロワイヤル』。

この作品ではボンドをデヴィッド・ニーヴンが演じていますが、歴代ボンド役者について語られるとき、ニーヴンの名が出てくることはまずありません。彼のボンドは存在しなかったことになっているのです!

1967年版『カジノ・ロワイヤル』には他にもオーソン・ウェルズ、ウディ・アレン、ピーター・セラーズなど、そうそうたる面々が出演しています。

この顔ぶれから想像つくように、この作品、コメディタッチでボンド映画のパロディ的作風となっています。007マニアはぜひともチェックしてください!

まとめ

ショーン・コネリー&ピアース・ブロスナン&ダニエル・クレイグ--(C)Getty Images

いかがでしたか。

ダニエル・クレイグ主演による新作も準備中の007シリーズ。

ボンド役を射止めることは、俳優自身の一生分のキャリアをも左右するといわれています。これからもまだまだ、本編と共にその伝説の数々をも楽しませてほしいものですね。

『007』新作決定!ジェームズ・ボンドを演じるのは誰?

https://pickup.cinemacafe.net/articles/925

人気スパイ映画『007』シリーズの最新作が、2019年11月に公開されることが決定。プロデューサーや脚本家は前作からの続投となるようですが、気になる監督や出演陣は後日発表されるとのこと。そこで本記事では発表より一足先に、最新作のジェームズ・ボンド役について予想していきたいと思います!

新作公開記念!『007』ダニエル・クレイグのボンドを一挙おさらい!

https://pickup.cinemacafe.net/articles/1153

人気スパイアクション映画『007』シリーズの最新作が2019年に公開されることが決定しました!ボンド役は未定ですが、ダニエル・クレイグの続投が濃厚とされています。当記事では、クレイグ演じるボンドの特徴や出演した『007』シリーズを紹介します。

新作のメガホンは誰が握るのか!?人気シリーズ『007』

https://pickup.cinemacafe.net/articles/1278

前作でボンド役を降板したダニエル・クレイグが続投!?『007』シリーズ最新作の監督を務めるのは誰?まだ先のことですが、公開が2年後に決まった以外にそれほどのことは決まっていません。今回は人気の『007』シリーズについてご紹介します。

関連する投稿


007のボンドガール、レア・セドゥ!フランス出身のかわいい彼女の魅力に迫る!

007のボンドガール、レア・セドゥ!フランス出身のかわいい彼女の魅力に迫る!

ミステリアスでアンニュイな美貌を持つレア・セドゥ。その堂々とした佇まいやスタイリッシュな感性で老舗ブランドのイメージモデルとしても引っ張りだこで、女優なら誰もが憧れる「007」シリーズのボンドガールにも抜擢される等華々しい躍進を続ける彼女にスポットを当ててみました。彼女の私生活や結婚・夫・子供についても触れていきます!


8月24日公開『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』のあらすじ&キャスト紹介!

8月24日公開『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』のあらすじ&キャスト紹介!

あの大ヒットミュージカル映画『マンマ・ミーア!』の続編が今年の夏に帰ってくる!前作のおさらいから、今作のあらすじ、続投キャストに新キャスト情報まで、今作の見所を一挙にご紹介していきます!


最新映画『シャザム!』主役!注目俳優ザッカリー・リーヴァイまとめ

最新映画『シャザム!』主役!注目俳優ザッカリー・リーヴァイまとめ

アメリカのテレビドラマ「CHUCK/チャック」でおなじみのザッカリー・リーヴァイ。まだまだ日本では知名度が低い彼ですが、最新映画「シャザム」で主人公シャザム役に決定し、今注目のイケメン俳優なんです。今回はそんな彼の魅力についてお伝えしていきます。


都市別警察映画50選!アメリカは警察官も個性派揃い!最新作から名作まで

都市別警察映画50選!アメリカは警察官も個性派揃い!最新作から名作まで

一口にアメリカと言っても州によって特色はバラバラ。当然その街を守る警察官も千差万別です。個性豊かな警察官が大都市や田舎町で活躍する映画をご紹介します。


『キングスマン:ゴールデン・サークル』前作おさらい&新作トリビア&出演者まとめ!【ネタバレ注意】

『キングスマン:ゴールデン・サークル』前作おさらい&新作トリビア&出演者まとめ!【ネタバレ注意】

2015年の話題をさらった大ヒット映画『キングスマン』。その続編が2018年1月5日(金)ついに日本で公開!ぶっ飛んだ爽快(!?)アクションで前作からさらにパワーアップした今作のあらすじや出演者の紹介に前作のおさらい、知ると楽しいキングスマンのトリビアなどをまとめました。


最新の投稿


2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年も終わりに近づき、そろそろ旬なスター達を飾ったドレスの数々をまとめてみようと思います。アカデミー賞やゴールデングローブ賞等もありますが、今回は各映画やドラマのプレミアイベントで盛り上げてくれたスター達のドレスをピックアップしてみたいと思います。


あまちゃん松岡茉優のプロフィール、出演ドラマ&映画について!

あまちゃん松岡茉優のプロフィール、出演ドラマ&映画について!

いまもっとも注目されている若手女優、松岡茉優。ドラマや映画だけにとどまらず、その器用なトーク力でナレーションやバラエティ番組にまで活躍の場をひろげています。ここでは彼女の経歴に少しだけ触れながら、出演した作品を紹介したいと思います。彼女の名を世間に知らしめた「あまちゃん」から、カンヌ最高賞受賞の『万引き家族』まで。


【ネタバレ】知ればもっと面白い!ドラマ「ARROW/アロー」トリビア15選!キャスト、ストーリーもざっくり紹介

【ネタバレ】知ればもっと面白い!ドラマ「ARROW/アロー」トリビア15選!キャスト、ストーリーもざっくり紹介

ダークな世界観と「THE FLASH/フラッシュ」「レジェンド・オブ・トゥモロー」などとのクロスオーバーで人気を集めるヒーロー・ドラマ「ARROW/アロー」。ドラマをもっと楽しめるトリビアや、これまでのあらすじや登場人物などをおさらいできる基本情報を改めて整理してみました。※ネタバレ内容が含まれています


本当の自分とは?究極のラブ・ストーリー『リリーのすべて』

本当の自分とは?究極のラブ・ストーリー『リリーのすべて』

実力派俳優のエディ・レッドメインが主演を務めた映画『リリーのすべて』。世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベについて描かれた作品となっています。今回は映画『リリーのすべて』のあらすじやキャストについて紹介します。


【ネタバレ注意】話題のホラー映画『クワイエット・プレイス』のあらすじ・キャストを紹介!

【ネタバレ注意】話題のホラー映画『クワイエット・プレイス』のあらすじ・キャストを紹介!

ホラー映画史上No.1『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』に続く大ヒットを記録した『クワイエット・プレイス』が9月28日から公開されています。 「音を立てたら、即死。」全米初登場No.1を記録した新体感サバイバルホラー!監督、キャスト、あらすじを紹介します!