『ザ・ウォール』アメリカから見たイラク戦争を描く作品10選

『ザ・ウォール』アメリカから見たイラク戦争を描く作品10選

9月1日に公開が迫った『ザ・ウォール』は、2007年イラク戦争真っ只中の過酷な戦場を舞台に、死神と恐れられる“スナイパー”との攻防を描く緊迫のドラマです。 ここでは、アメリカ側からの様々な視点で制作された「イラク戦争」にまつわる物語の数々をご紹介します。


『ザ・ウォール』実在したイラク最恐のスナイパーに照準を合わされたアメリカ兵の戦い

© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

いよいよ公開が9月1日に迫った『ザ・ウォール』。
イラク戦争中の真っ只中で、イラク・スンニ派武装グループの最恐スナイパー「ジューバ」に壁一枚で狙われたアメリカ兵士の決死の攻防をスリリングに描いたリアリズム溢れる戦場ドラマです。
この実在したスナイパーのエピソードを基に、『ボーン・アイデンティティ』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』など、緊迫感みなぎる演出に定評のあるダグ・リーマン監督がメガホンを取っています。

最強スナイパーに狙われるアメリカ兵士アイザックを演じるのは、『キック・アス』のアーロン・テイラー=ジョンソン。かつての頼りない青年のイメージは既になく、砂漠の極限地帯でスナイパーとの生死を賭けたタフな戦いを挑む姿は、次世代アクション・アイコンとしての可能性も大いに感じさせています。

『アメリカン・スナイパー』海兵隊史上最強の狙撃手クリス・カイルの生涯

『アメリカン・スナイパー』-(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『アメリカン・スナイパー』は、米軍海兵隊史上最多、実に160人の敵を狙撃したという伝説の狙撃手クリス・カイルの生涯を、名匠クリント・イーストウッド監督が実話に忠実に映画化した衝撃のドラマ。前人未到の卓越した狙撃テクニックを駆使した、戦場での息詰まる展開が出色のできです。
クリス・カイルに扮したのはブラッドリー・クーパー。故郷の家族を愛しながらも、いつしか戦場に居場所を見つけてしまった男の苦悩を見事に演じ切っています。

『ハート・ロッカー』死と隣り合わせの危険物処理班の日常

© 2008 Hurt Locker, LLC. All Rights Reserved.

イラク戦争にて、兵士ばかりではなく民間人にも多くの犠牲者を出した“地雷”。『ハート・ロッカー』は、その地雷含め様々な危険物処理を専門とするアメリカ特殊部隊の、死と隣り合わせの日常を描いています。強固な防護服に身を包んでいても、犠牲者が絶えない危険な業務で正常な精神を保つことの困難さととてつもない緊張感が、画面から滲み出してきます。
監督はキャスリン・ビグロー、主演はジェレミー・レナー。第82回アカデミー賞にて9部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響効果賞、録音賞の6部門で受賞という快挙を果たしています。

『グリーン・ゾーン』見つからない大量破壊兵器の謎を追う捜索隊長

© 2009 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

アメリカがイラク戦争開戦時に掲げた「イラクによる大量破壊兵器の保持」という大義名分。『グリーン・ゾーン』は、その大義名分の「事実確認」の為にイラク全土を駆け巡り、大量破壊兵器を発見するという重責を与えられた特殊部隊を中心に、国家が仕掛けた陰謀を描くポリティカル・サスペンスです。真実を追求しようとすればするほど、違和感が増し危機が迫る展開は手に汗握ります。
『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』でタッグを組んだポール・グリーングラス監督とマット・デイモンが、息の合うところを見せています。

『ルート・アイリッシュ』民間傭兵を通して描く軍事ビジネス

© Sixteen Films Ltd, Why Not Productions S.A., Wild Bunch S.A., France 2 Cinéma, Urania Pictures, Les Films du Fleuve, Tornasol Films S.A, Alta Producción S.L.U.

『ルート・アイリッシュ』とは、イラク・バグダット空港と米軍区域グリーン・ゾーンを結ぶわずか12kmの直進道路の通称で、武装集団やテロリストが常に付け狙っており“世界一危険な道路”と呼ばれる一本道です。本作は、金のために民間軍事会社経由で民間兵としてイラク戦争に参加したあるイギリス人が、同じく参加し「ルート・アイリッシュ」で戦死した友人の真実を追求し、やがて「軍事ビジネス」の恐怖の実態に突き当たるまでを描くサスペンス・ドラマです。
監督はイギリスの名匠ケン・ローチ。あえて無名の俳優ばかりを起用し、作品の真実味を増大させています。

『ワールド・オブ・ライズ』戦場の真実を知るCIA工作員

© 2008 Warner Bros. Entertainment Inc.

実情を知る現場と理想を追う上層部の対立というものは一般社会でも付き物ですが、それが軍事レベル・国家レベルにまで達したときに何が起こるか。『ワールド・オブ・ライズ』は、国際テロ組織壊滅のために世界中の戦場を飛び回るCIAエージェントと、机上で淡々と指示を出し続ける上官との確執と駆け引きを描くサスペンス。戦場では、ひとつの真実を掴むだけでも多くの犠牲を伴うという悲しい現実を、画面越しに否応なしに突き付けられます。
監督はリドリー・スコット。出演はレオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウ。

『フェア・ゲーム』アメリカ政府に裏切られたスパイ女性の実話

© 2010 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

アメリカにとってイラク戦争開戦前の急務であった「大量破壊兵器の有無」を巡り、その事実を否定したスパイ女性が、アメリカ政府により「スパイであること」をリークされるという、俄かに信じ難い実話の映画化。『フェア・ゲーム』を観ていると、政治家たちの利害を巡る私利私欲に満ちた欺瞞の数々が、イラク戦争というフィルターを通して浮き彫りになってきます。
『ザ・ウォール』のダグ・リーマン監督が、同じく小気味良くスリリングに演出しています。出演はナオミ・ワッツ、ショーン・ペン。

『メッセンジャー』遺族に戦死の第一報を伝える通告官の苦悩

© INTERFILM Co. Ltd., All Rights Reserved.

イラク戦争にて無念の戦死を遂げた兵士の実家にすぐさま赴き、その第一報を口頭で伝えるという通告官=メッセンジャーの任務に就いた兵士の苦悩を描く異色のドラマ。元は自ら最前線で戦い、負傷帰国した通告官となった若き軍曹と、嘆き悲しみ時には罵倒する遺族たちの中で、ただひとり気遣いの言葉をかけてくれたある女性との心の交流を軸に、戦争の虚しさを実感できる秀作です。
監督は脚本家出身、本作が監督デビューのオーレン・ムーヴァーマン。出演はベン・フォスター、ウディ・ハレルソン、サマンサ・モートン。

『一枚のめぐり逢い』激戦地を生き抜いた兵士が持つ一枚の写真

© 2012 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC.

『一枚のめぐり逢い』の「一枚」とは、本作主人公でありイラク戦争で激戦を生き抜いた若き海兵隊員が常にポケットに忍ばせていた、ある白人女性の写真を指します。その写真はイラクで拾ったものであり、拾ってからというもの、絶体絶命の危機を何度も脱した彼が、帰国後この「命の恩人」に一目会おうと旅に出るという、一風変わった、かつ心に迫るラブ・ストーリーです。
監督は「シャイン」のスコット・ヒックス。出演はザック・エフロン、テイラー・シリング。

『さよなら。いつかわかること』母親をイラクで亡くした遺族

© 2007 The Weinstein Company, LLC. All rights reserved.

こと戦争ジャンルにおいては、男性を描いた作品が圧倒的に多い中、『さよなら。いつかわかること』では、イラク戦争に出征していた妻であり母親を亡くし遺された家族のドラマを描いています。その死を言い出せないまま、遠く離れた遊園地へと車を走らせる父親とふたりの娘というロード・ムービーの形式を取っており、父親の苦悩とそれを見る娘たちの表情の変化に、感動を禁じ得ない名作です。
監督はジェームズ・C・ストラウス。出演はジョン・キューザック、シェラン・オキーフ、グレイシー・ベドナルジク。

まとめ

© INTERFILM Co. Ltd., All Rights Reserved.

いかがでしたでしょうか。
単なる「戦争映画」という一昔のジャンルでは到底片付けられない、様々な現実とテーマが存在しており、奥深い感動を呼ぶ作品ばかり。是非ご覧になってみてくださいね!
『ザ・ウォール』は9月1日公開予定です!

関連する投稿


ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

幼い頃から俳優業に憧れ、若くして脚本と俳優を掛けもつ偉業を成し遂げたベン・アフレック。アルコール依存症と戦いながらも、才能溢れる彼の人生!そんなベンアフレックの恋愛、苦悩等を追ってみました。おすすめ映画も含めて紹介していきます!


ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

『チャーリーとチョコレート工場』などの独特のファンタジー作品で有名なティム・バートン監督が、奇妙で可愛らしいこどもたちを描いた映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』。日本では2017年に公開されました。そんな『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のあらすじやキャストについて紹介します。


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


『クワイエット・プレイス』公開間近!実力派女優エミリー・ブラント出演作特集

『クワイエット・プレイス』公開間近!実力派女優エミリー・ブラント出演作特集

『プラダを着た悪魔』で注目を浴びてから、その美しさと漂う気品、知性的な雰囲気に包まれたエミリー・ブラントに人気集中!大御所女優も認める確かな演技力をも持ち合わせた彼女の意外とチャーミングな素顔と共におすすめ作品を紹介していきたいと思います。


中国版カイジ『動物世界』のエキセントリック過ぎる魅力に迫る!

中国版カイジ『動物世界』のエキセントリック過ぎる魅力に迫る!

週間ヤングマガジンで大人気連載中のコミック「賭博黙示録カイジ」が『動物世界』と名を変え、まさかの中国で実写映画化!NETFLIXで配信を開始しました。過去には藤原竜也が主演で『カイジ 人生逆転ゲーム』として実写映画化された事もある本作。今回はそんな『動物世界』のあらすじ、キャスト、魅力を余すことなく紹介いたします!


最新の投稿


ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

幼い頃から俳優業に憧れ、若くして脚本と俳優を掛けもつ偉業を成し遂げたベン・アフレック。アルコール依存症と戦いながらも、才能溢れる彼の人生!そんなベンアフレックの恋愛、苦悩等を追ってみました。おすすめ映画も含めて紹介していきます!


はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

「名探偵コナン」のだいたいのストーリーは知っているけど、いまから読むのは大変そう……と思っている人は案外多いのではないでしょうか。そんなみなさんのために、サイドストーリーは一切除外、原作単行本を基礎にメインストーリーだけを、「これから『名探偵コナン』に触れる人」向けにご紹介します!


2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年も終わりに近づき、そろそろ旬なスター達を飾ったドレスの数々をまとめてみようと思います。アカデミー賞やゴールデングローブ賞等もありますが、今回は各映画やドラマのプレミアイベントで盛り上げてくれたスター達のドレスをピックアップしてみたいと思います。


あまちゃん松岡茉優のプロフィール、出演ドラマ&映画について!

あまちゃん松岡茉優のプロフィール、出演ドラマ&映画について!

いまもっとも注目されている若手女優、松岡茉優。ドラマや映画だけにとどまらず、その器用なトーク力でナレーションやバラエティ番組にまで活躍の場をひろげています。ここでは彼女の経歴に少しだけ触れながら、出演した作品を紹介したいと思います。彼女の名を世間に知らしめた「あまちゃん」から、カンヌ最高賞受賞の『万引き家族』まで。


【ネタバレ】知ればもっと面白い!ドラマ「ARROW/アロー」トリビア15選!キャスト、ストーリーもざっくり紹介

【ネタバレ】知ればもっと面白い!ドラマ「ARROW/アロー」トリビア15選!キャスト、ストーリーもざっくり紹介

ダークな世界観と「THE FLASH/フラッシュ」「レジェンド・オブ・トゥモロー」などとのクロスオーバーで人気を集めるヒーロー・ドラマ「ARROW/アロー」。ドラマをもっと楽しめるトリビアや、これまでのあらすじや登場人物などをおさらいできる基本情報を改めて整理してみました。※ネタバレ内容が含まれています