【Happy Birthday!】2月後半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】2月後半生まれのハリウッドスター達

寒さの中にも春の訪れが感じられるこの時期。 ここでは、2月後半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 若い才能がとても目立つ結果となりました!


【2月16日】エリザベス・オルセン

エリザベス・オルセン-(C) Getty Images

かつて1987年から8年間続いた超人気番組であり、アメリカ・ABCテレビにて放映されたコメディドラマ『フルハウス』でメインキャストを双子姉妹揃って演じたアシュレー・オルセンとメアリー=ケイト・オルセン姉妹。彼女たちよりも3歳年下の実妹、それがエリザベス・オルセンです。既に女優業ではなくファッション・デザイナーとして成功を収めている姉たちですが、エリザベスは独自の道を歩み、22歳でミステリードラマ『マーサ、あるいはマーシー・メイ』にて衝撃的なデビューを飾りました。その後は『GODZILLA ゴジラ』『キャプテン・アメリカ』シリーズや『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』などの大作に出演。大いなる可能性を秘めています。

【2月17日】ジョセフ・ゴードン=レヴィット

ジョセフ・ゴードン=レヴィット-(C)Getty Images

今やハリウッド若手屈指の性格俳優として名を馳せるジョセフ・ゴードン=レヴィットは、子役からキャリアを開始しました。10歳前後で『リバー・ランズ・スルー・イット』にて話題をさらい、地道な下積みを重ねた後、秀作青春ドラマ『(500)日のサマー』の主役でブレイク。『G.I.ジョー』『インセプション』『ダークナイト ライジング』など話題作にてその個性を生かしています。

【2月18日】ジョン・トラボルタ/マット・ディロン

ジョン・トラボルタ-(C)Getty Images

ジョン・トラボルタのキャリアは紆余曲折の連続でした。1977年に公開され、“フィーバー”という流行語と共に日本でも社会現象並みの人気を博した青春ドラマ『サタデー・ナイト・フィーバー』そして『グリース』『アーバン・カウボーイ』などの傑作にてスターの道を駆け上りましたが、その後10年以上低迷期を迎えます。そして1994年、タランティーノ監督の痛快群像劇『パルプ・フィクション』にて奇跡の復活。その後は『ブロークン・アロー』『フェイス/オフ』など、アクの強い個性を生かした極悪人役も辞さないイメージチェンジを敢行し、今では大御所俳優として構えています。

かつて、ティーンエイジャー達に大人気の若手俳優が一堂に会した、フランシス・フォード・コッポラ監督の青春ドラマ『アウトサイダー』と『ランブルフィッシュ』にて行き場の無い少年の憤りを切なく演じ、アイドル的な人気を誇ったマット・ディロン。しかしトラボルタと同じく、その後は方向性の模索に失敗し低迷します。1989年の『ドラッグストア・カウボーイ』の麻薬中毒者役にて少し盛り返し、2004年の傑作群像劇『クラッシュ』にて複雑な環境に思い悩む警官役で堂々の復活。その後は小粒かつ小気味の良い作品に数多く出演しています。

【2月19日】ベニチオ・デル・トロ

ベニチオ・デル・トロ-(C)Getty Images

その特異な風貌と体格、『007 消されたライセンス』の殺し屋役や『ユージュアル・サスペクツ』での容疑者役など“一度観たら忘れられない印象と珍しい名前”が話題となっていたベニチオ・デル・トロ。2000年、凄絶な麻薬戦争を描いた犯罪ドラマ『トラフィック』にて正義を絶対に譲らない警官を演じて大ブレイク。同作でアカデミー助演男優賞も獲得しました。その後は『チェ 28歳の革命 / 39歳 別れの手紙』の連作他、話題作/インディペンデントなど作を問わず活躍しています。

【2月21日】エレン・ペイジ/ジェニファー・ラブ・ヒューイット

エレン・ペイジのキャリアスタートは子役時代に遡りますが、TV時代を経て2005年、謎の少女とひとりの男の緊迫感溢れる恐怖の密室劇『ハードキャンディ』にて主演を務め、その愛嬌あるルックスに反比例するような陰影のある演技力が高く評価されました。続く『JUNO/ジュノ』では妊娠した女子高生を、『X-MEN: ファイナル ディシジョン』他のシリーズではミュータントの一員を、『インセプション』では夢の世界に対抗するチームの一員をそれぞれ演じ、どんな役柄でもこなせる若手女優として人気を博しています。

ジェニファー・ラブ・ヒューイット -(C) Getty Images

ジェニファー・ラブ・ヒューイットは、1990年代終盤を代表する“スクリーム・クイーン”。1997年の『ラストサマー』とその続編にて、スラッシャー・ホラー映画にて定番の主人公をキュートに演じ、その抜群のルックスとスタイルも功を奏してアイドル的人気を獲得しました。その後『ハートブレイカー』『タキシード』などのコメディや、長寿TVシリーズ『ゴースト 〜天国からのささやき』など、美しさを最大限に生かした作品にて活躍を続けています。

【2月22日】ドリュー・バリモア

ドリュー・バリモア-(C) Getty Images

公開当時、若干7歳。名作SFファンタジー『E.T.』での可愛らしい妹役で世界中を虜にしたドリュー・バリモアは、戦前から歴々と続く俳優一家の期待の新星として扱われましたが、その扱いが幼い彼女をいたく傷つけることとなりました。いじめやプレッシャーからの逃避の為、10歳前後からアルコールや麻薬に手を出し、自殺未遂を繰り返したことも。そして15歳にて自立した彼女がようやく再ブレイクを果たしたのが、23歳の時に主演したラブ・コメディ『ウェディング・シンガー』。早すぎた苦労から立ち直り、現在に至るまで主にコメディジャンルでの活躍を続けています。

【2月23日】ダコタ・ファニング/エミリー・ブラント

ダコタ・ファニング-(C) Getty Images

妹のエル・ファニング共々、幼い頃からキャリアを積み上げてきたダコタ・ファニング。『となりのトトロ』英語版では仲良く、姉ダコタがサツキ役、妹エルがメイ役を吹き替えました。その他『マイ・ボディガード』でデンゼル・ワシントンと、『宇宙戦争』でトム・クルーズといずれも主演級で共演するなど、若くして大変な経験の持ち主です。妹より一足先に成人した今、どんな役柄を演じてくれるのか楽しみな女優です。

エミリー・ブラント-(C) Getty Images

生粋のロンドンっ子であるエミリー・ブラントは、23歳までのキャリアをロンドンで積み上げ、2006年の『プラダを着た悪魔』でハリウッド・デビューと同時に数多くの賞レースに参加した才女です。続く『ヴィクトリア女王 世紀の愛』にて女王を堂々演じた後、2014年のトム・クルーズ主演SFアクション『オール・ユー・ニード・イズ・キル』では戦闘能力に長けた女兵士を熱演しイメージ・チェンジ。重厚、軽快問わず柔軟な演技力は、高く評価されています。

まとめ

ダコタ・ファニング-(C)Getty Images

2月前半生まれのハリウッドスター誕生日特集、最後までご覧いただきありがとうございました。
これからの活躍が楽しみな女優が勢揃いでしたね!
ではまたお会いしましょう!Happy Birthday!

関連するキーワード


エリザベス・オルセン ジョセフ・ゴードン・レヴィット ドリュー・バリモア ジョン・トラボルタ ベニチオ・デル・トロ ダコタ・ファニング マット・ディロン エミリー・ブラント ジェニファー・ラブ・ヒューイット エレン・ペイジ フルハウス アシュレー・オルセン メアリー=ケイト・オルセン マーサ、あるいはマーシー・メイ GODZILLA ゴジラ キャプテン・アメリカ アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン リバー・ランズ・スルー・イット (500)日のサマー G.I.ジョー インセプション ダークナイト ライジング サタデー・ナイト・フィーバー グリース アーバン・カウボーイ タランティーノ パルプ・フィクション ブロークン・アロー フェイス/オフ フランシス・フォード・コッポラ アウトサイダー ランブルフィッシュ ドラッグストア・カウボーイ クラッシュ 007 消されたライセンス ユージュアル・サスペクツ トラフィック チェ 28歳の革命 チェ 39歳 別れの手紙 ハードキャンディ JUNO/ジュノ X-MEN: ファイナル ディシジョン ラストサマー ハートブレイカー タキシード ゴースト 〜天国からのささやき E.T. ウェディング・シンガー エル・ファニング となりのトトロ マイ・ボディガード デンゼル・ワシントン 宇宙戦争 トム・クルーズ プラダを着た悪魔 ヴィクトリア女王 世紀の愛 オール・ユー・ニード・イズ・キル

関連する投稿


デンゼル・ワシントン出演のおすすめ映画9選!『デンジャランス・ラン』『フライト』など

デンゼル・ワシントン出演のおすすめ映画9選!『デンジャランス・ラン』『フライト』など

アカデミー賞を2度受賞した黒人俳優デンゼル・ワシントン。彼が主演を務めるおすすめ作品9選をあらすじと見どころを合わせて紹介します。


アカデミー賞常連メリル・ストリープおすすめ主演作品14選

アカデミー賞常連メリル・ストリープおすすめ主演作品14選

1949年生まれのアメリカを代表する女優。アカデミー賞には過去に18回ノミネートされた経験を持ち、俳優、女優あわせて過去最多回数を記録しています。そんな大女優メリル・ストリープのおすすめ主演作品を紹介します!


アレクサンダー・スカルスガルド出演映画、プライベート、彼女、気になる結婚は?

アレクサンダー・スカルスガルド出演映画、プライベート、彼女、気になる結婚は?

TVドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」でエミー賞助演男優賞を受賞した事も記憶に新しい北欧美男子俳優アレクサンダー・スカルスガルド。美男子揃いの芸能一家に生まれサラブレッドとして育ち、幼少の頃から母国スウェーデンのTVドラマで人気者だった彼は、学生時代に破天荒で反抗的な少年となってしまった為兵役に就き、それから改めて学業に専念。真剣に演技を学びました。スウェーデンやイギリスの映画を中心に実力を発揮し、32歳からはハリウッドでも人気者になります。美しい容姿で恋愛でも華やかな女優の名前が並んでおり、絵に描いたような芸能人生を送っているアレクサンダー。そんな彼のプライベートな交際遍歴、そして主な出演作品などをピックアップして紹介していきます。


キルスティン・ダンスト出演映画まとめ!子役時代から現在に至るまで!気になる結婚は?

キルスティン・ダンスト出演映画まとめ!子役時代から現在に至るまで!気になる結婚は?

幼いころからショー・ビジネスの世界で可愛がられていた個性派女優キルスティン・ダンスト。その可愛さからCMで引っ張りだこだった彼女は11歳の時に出演した『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』でトム・クルーズやブラッド・ピット相手に堂々としたヴァンパイアを演じ、ゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされました。以後ハリウッドに君臨し続け、活躍の場を広げています。プライベートでは、そのバイタリティと積極性から、ガーリーな魅力で数々の俳優やミュージシャン達と浮名を流してきました。愛される事に純粋なので、傷つく事も多いですが常に前を向いて人生を切り開いていける女性です。やっと本当のパートナーと出会い、出産も経験した彼女の魅力に迫ります。


【ネタバレ】『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』の魅力に迫る!気になるラストは?

【ネタバレ】『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』の魅力に迫る!気になるラストは?

2016年に日本でも公開されると、「麻薬戦争」をテーマにしているにも関わらず、ストーリーのハードさなどで一気に話題になった『ボーダーライン』 その次作『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』がついに日本にて公開されます。出演者が皆口をそろえて「前作より非道かつ非情となった」と語る本作とは…?ネタバレも含めてまとめました!


最新の投稿


映画『天使のいる図書館』あらすじ・キャスト・見どころを紹介してあなたにレファレンス?

映画『天使のいる図書館』あらすじ・キャスト・見どころを紹介してあなたにレファレンス?

地域観光の活性化の為に、観光庁や市町村が取り組む、外国人観光客を取り込むためのスクリーンツーリズムなどがあります。この『天使のいる図書館』も地域観光の活性化の為に作られた映画ですので、魅力的なロケーションが数多く見られます。そんな『天使のいる図書館』のあらすじやキャスト、見どころを紹介していきたいと思います。


デンゼル・ワシントン出演のおすすめ映画9選!『デンジャランス・ラン』『フライト』など

デンゼル・ワシントン出演のおすすめ映画9選!『デンジャランス・ラン』『フライト』など

アカデミー賞を2度受賞した黒人俳優デンゼル・ワシントン。彼が主演を務めるおすすめ作品9選をあらすじと見どころを合わせて紹介します。


クリスマスに観たいおすすめ映画50選!コメディーから恋愛モノまで♪

クリスマスに観たいおすすめ映画50選!コメディーから恋愛モノまで♪

家族で過ごすクリスマス、恋人同士で過ごすクリスマス、友達とホームパーティーなクリスマス♪どんなシチュエーションにもおすすめなクリスマスに観たいおすすめの映画を50作品紹介します!


『ラン・オールナイト』キャスト・あらすじ リーアム・ニーソン主演

『ラン・オールナイト』キャスト・あらすじ リーアム・ニーソン主演

リーアム・ニーソンが息子のために奔走する殺し屋役を演じた映画『ラン・オールナイト』。監督は『フライト・ゲーム』などで知られるジャウム・コレット=セラ。そんな本作は2015年に公開され、思わず手に汗を握る逃走劇が話題となりました。今回は『ラン・オールナイト』について紹介します。


『孤狼の血』あらすじ・キャスト・ネタバレ!東映なりのヤクザ映画

『孤狼の血』あらすじ・キャスト・ネタバレ!東映なりのヤクザ映画

柚月裕子の小説を原作とした映画『孤狼の血』。主演は役所広司が務めました。他に出演者として松坂桃李や江口洋介などの名だたる俳優陣が名を連ねています。そんな本作は警察小説と『仁義なき戦い』が組み合わさったような作品であると話題になりました。今回は映画『孤狼の血』について紹介します。