【Happy Birthday!】4月前半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】4月前半生まれのハリウッドスター達

新年度もスタートし、何かと忙しいこの時期。 ここでは、4月前半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 美男美女勢揃いの結果となりました!


【4月2日】マイケル・ファスベンダー

マイケル・ファスベンダー-(C)Getty Images

次世代を担う性格俳優、マイケル・ファスベンダー。『300 〈スリーハンドレッド〉』の命知らずなスパルタ戦士から始まり、『ハンガー』の囚人、『それでも夜は明ける』の残虐な農園主から『プロメテウス』のアンドロイド、『スティーブ・ジョブズ』に至るまで、役柄に憑依し作品に深みを与えることのできる数少ない俳優のひとりです。

【4月3日】エディ・マーフィー

エディ・マーフィー -(C) Getty Images

エディ・マーフィーの笑い声を聞くと、未だについこちらまで笑ってしまいます。かつて『48時間』『ビバリーヒルズ・コップ』シリーズで一世を風靡したエディは、その後低迷した時期もありましたが、2006年の『ドリームガールズ』で見事に再ブレイク。いちばんの得意分野であるコメディ作品を中心に、ブレない活躍を続けています。

【4月4日】ロバート・ダウニー・Jr

ロバート・ダウニーJr.-(C)Getty Images

映画監督の父を持ち、幼い頃から映画出演していたロバート・ダウニー・Jrは、同時に麻薬中毒から抜け出せず、青春スターとして人気を博すも実に40歳を超えるまではスキャンダルの連続でした。そのとてつもない挫折経験と苦労が作品に深みを与えるとして大抜擢されたのが『アイアンマン』。製作陣の猛反対を力技で押し切るほどの入魂の演技で、見事に復活を果たしました。その後は一切麻薬から手を切り、今やハリウッドの超ドル箱俳優として活躍しています。

【4月7日】ジャッキー・チェン

ジャッキー・チェン -(C) Getty Images

還暦を超えてなお、ノースタントでアクション映画の主演を張り続ける男、ジャッキー・チェン。実に7歳から、超スパルタで知られた中国戯劇学院で京劇や中国武術を体に叩き込み、その後スタントマンとして下積みを重ねたキャリアが、今も衰えぬ彼の身体能力の源かもしれません。『バトルクリーク・ブロー』『プロテクター』などハリウッド進出失敗を何度も経験しているジャッキーですが、大ヒットした『ラッシュアワー』シリーズ以降は積極的に元気な姿を見せてくれています。

【4月8日】ガブリエラ・ワイルド

少女の面影を残し続けるルックスと、トップモデルの身体的魅力を併せ持つ稀有な存在、ガブリエラ・ワイルド。出演作は『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』『キャリー』他まだ少ないですが、間違いなく次世代のハリウッドを担う逸材です。

【4月9日】クリステン・スチュアート

クリステン・スチュワート-(C) Getty Images

若干12歳で、ジョディ・フォスター主演のスリラー『パニック・ルーム』にて娘役に大抜擢されたクリステン・スチュアートは、その後全米のティーンが熱狂した青春ヴァンパイア・ムービー『トワイライト』シリーズで大ブレイク。恵まれたルックスによる、半ばアイドル的な人気に甘えることなく、『ランナウェイズ』『アリスのままで』などの秀作ドラマでは落ち着いた演技を見せています。

【4月10日】デイジー・リドリー/チャーリー・ハナム

デイジー・リドリー-(C)Getty Images

それまでは故郷イギリスでTVシリーズに出演し、ハリウッドでは全くの無名だったデイジー・リドリーが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のレイ役に大抜擢され、そこで見せた初々しさは、性別こそ違えどかつての『スター・ウォーズ』第一作のルーク役マーク・ハミルにも通じるものがありました。ジブリ作品『おもひでぽろぽろ』の英語版にて、主人公の声を吹き替えています。

チャーリー・ハナム-(C)Getty Images

傑作SFアクション『パシフィック・リム』での熱演でブレイクして以来、様々な話題作のオファーがひっきりなしというチャーリー・ハナムは、イギリス生まれイギリス育ち。渡米した後、2008年から6年もの間TV放映された人気犯罪ドラマ『サンズ・オブ・アナーキー』にて注目を浴びました。

【4月14日】アビゲイル・ブレスリン

アビゲイル・ブレスリン/『AUGUST: OSAGE COUNTY』 in 第38回トロント国際映画祭 -(C) Getty Images

3歳での「トイザらス」のCM出演がデビューという、生粋の子役出身アビゲイル・ブレスリンですが、その10代のキャリアは相当なもの。6歳で『サイン』の主人公の娘役で映画デビュー、そしてわずか10歳11ヶ月で出演した『リトル・ミス・サンシャイン』にて早くもアカデミー助演女優賞ノミネートという快挙を成し遂げています。成人した今、どんな新しい魅力を見せてくれるのか楽しみですね。

【4月15日】エマ・ワトソン

エマ・ワトソン(C) Getty Images

公開当時、世界中の小学生たちが恋をしてしまったかもしれない『ハリー・ポッターと賢者の石』のハーマイオニー。エマ・ワトソンは、シリーズが進むごとに自らも成長し、可愛くやんちゃなイメージから徐々に脱却することに成功。ただ“ハーマイオニー”の世間的イメージが強すぎて、継続出演に関しては随分悩んだとか。シリーズも一段落し、名門大学も無事卒業した彼女のこれからに注目です。

まとめ

エマ・ワトソン-(C) Getty Images

4月前半のハリウッドスター誕生日特集、最後までご覧いただきありがとうございました。
これからの活躍に期待したい若手で溢れてましたね!
ではまたお会いしましょう!Happy Birthday!

関連する投稿


常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

ビヨンセのいる所ではいつも何かしら事件やユニークな出来事、称賛が集まります。デビュー当時から一貫して飛び抜けた注目を集め続けて逞しく人生を謳歌している姿は、美しい容姿も相まって世の女性たちの憧れ。それは現在でも不変です。そんなビヨンセのトピックを最近の事も含めて紹介していきます。


中国版カイジ『動物世界』のエキセントリック過ぎる魅力に迫る!

中国版カイジ『動物世界』のエキセントリック過ぎる魅力に迫る!

週間ヤングマガジンで大人気連載中のコミック「賭博黙示録カイジ」が『動物世界』と名を変え、まさかの中国で実写映画化!NETFLIXで配信を開始しました。過去には藤原竜也が主演で『カイジ 人生逆転ゲーム』として実写映画化された事もある本作。今回はそんな『動物世界』のあらすじ、キャスト、魅力を余すことなく紹介いたします!


芯の強さを演じればピカイチ!ジェシカ・チャステインの魅力とおすすめ映画!

芯の強さを演じればピカイチ!ジェシカ・チャステインの魅力とおすすめ映画!

芯の強さを感じさせる美女を、決して個性を際立たせる方法じゃなく凛と演じるジェシカ・チャステイン。 観る者に無理強いさせない、女性本来の優しさも秘めた彼女の演技が素晴らしいです。大地のように揺るがない自信と包容力を持つ彼女に触れる事が出来る作品をおすすめしていきます。


ハリーポッターのスピンオフ作品『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』とは?

ハリーポッターのスピンオフ作品『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』とは?

日本でも大人気の「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ作品として製作された2016年公開の『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』。原作者のJ・K・ローリングが脚本を担当したこともあり、話題になりました。そんな本作のあらすじやキャストについて紹介します。


日本を愛するデル・トロ監督作品『パシフィック・リム』とは?

日本を愛するデル・トロ監督作品『パシフィック・リム』とは?

2013年に公開されたSF映画『パシフィック・リム』は、日本を愛する日本オタクとしても知られるギレルモ・デル・トロが監督を務めた作品であり、芦田愛菜のハリウッドデビュー作品です。今回は日本のエッセンスが感じられる『パシフィック・リム』について紹介します!


最新の投稿


『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン・ホームカミング』に出演して、日本でも大人気のトム・ホランド! 日本では”トムホ”の愛称で親しまれていますね!そんなイギリス出身の彼のプロフィールや出演作品、私生活などをまとめてみました。


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

『謝罪の王様』は、『舞子Haaaan!』の宮藤官九郎脚本、阿部サダヲ主演、水田伸生監督の最強タッグが再結集したヒット作品です。「謝罪」を題材に、大小さまざまな6つの物語で構成されている『謝罪の王様』。架空の職業である“謝罪師”を生業とする主人公・黒島譲のもとに、ひと癖もふた癖もある依頼が舞い込みます。


働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

シリーズはすでに完結済み、シーズン4までと比較的短くまとまった作品なので海外ドラマ入門にもおすすめ。NYの一流ファッション誌編集部が舞台になるだけあって、登場人物ほとんどの着こなしがファッショナブル。まっすぐで、なんにでも全力投球なベティに元気をもらえること間違いなし。きっと前向きな気持ちになれます。


常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

ビヨンセのいる所ではいつも何かしら事件やユニークな出来事、称賛が集まります。デビュー当時から一貫して飛び抜けた注目を集め続けて逞しく人生を謳歌している姿は、美しい容姿も相まって世の女性たちの憧れ。それは現在でも不変です。そんなビヨンセのトピックを最近の事も含めて紹介していきます。