【Happy Birthday!】4月後半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】4月後半生まれのハリウッドスター達

新しい生活にも慣れつつあるこの時期。 ここでは、4月後半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 今回も、ベテランから超新星まで幅広いです!


【4月19日】ジェイムズ・フランコ/ヘイデン・クリステンセン

ジェームズ・フランコ -(C) Getty Images

ジェームズ・フランコは、『スパイダーマン』シリーズで主人公の宿敵ハリー・オズボーン/ニュー・ゴブリン役でブレイクしてからというもの、非常に多くの作品でバラエティに富んだ役柄を演じ、甘いマスクの二枚目俳優から性格俳優へと見事脱皮しています。実話ドラマ『127時間』にて見せた緊迫感溢れる一人芝居では、アカデミー主演男優賞にノミネートされています。

『ジャンパー』 ヘイデン・クリステンセン photo:Yoshio Kumgai

ヘイデン・クリステンセンの出世作と言えば、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』から2作に渡って抜擢されたアナキン・スカイウォーカー役。その後も『ジャンパー』『ザ・レジェンド』等娯楽作品中心に活躍していますが、「スター・ウォーズ」以前に出演しその繊細な演技が大絶賛された『海辺の家』も必見です。

【4月21日】ジェームズ・マカヴォイ

ジェームズ・マカヴォイ-(C)Getty Images

未だ30代とは思えない“英国紳士の風格と貫録”を備えた稀有な存在であるジェームズ・マカヴォイ。『ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女』『ラストキング・オブ・スコットランド』で見せた若手離れした名演で認められ、『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』にてチャールズ・エグゼビア:プロフェッサーXに抜擢されました。

【4月25日】アル・パチーノ

アル・パチーノ -(C) Getty Images

29歳でスクリーン・デビューした遅咲きで、幼少時代からひたすら極貧の生活を送っていたというアル・パチーノは、32歳時の『ゴッドファーザー』にてスターの地位を確立しました。元祖・憑依型俳優であり、常に全力投球のパチーノでしたがオスカーでは6回のノミネートをいずれも逃がし、実に52歳の時、『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』でアカデミー主演男優賞、『摩天楼を夢みて』でアカデミー助演男優賞と、何と主演助演Wノミネートの快挙を成し遂げ、見事に主演男優賞を獲得しました。

【4月26日】チャニング・テイタム

チャニング・テイタム-(C) Getty Images

マッチョでハンサムなアメリカ人青年、というイメージを具現化したかのようなチャニング・テイタムですが、モデルとしてスカウトされるまでは様々な仕事に就いており、ストリッパーとして働いていた時期もありました。その経験を映画化した『マジック・マイク』では製作と主演を務め、自らのサクセス・ストーリーを軽快に演じています。

【4月28日】ジェシカ・アルバ

ジェシカ・アルバ -(C) Getty Images

若干19歳でTVシリーズ『ダークエンジェル』主役を演じてブレイクして以来、今に至るまで衰えることのないキュートな魅力を放ち続けるジェシカ・アルバ。『シン・シティ』シリーズ、『イントゥ・ザ・ブルー』や『マチェーテ』など、セクシーな役柄のイメージが強いですが、本人は敬虔なクリスチャンであり、過度に刺激的なシーンは拒否し続けているといいます。

【4月29日】ダニエル・デイ・ルイス

ダニエル・デイ=ルイス-(C) Getty Images

役作りにおけるストイックさではロバート・デ・ニーロと並び立つと評される名優、ダニエル・デイ・ルイス。中でも出世作『マイ・レフトフット』では実在した脳性まひの主人公と同じ境遇として常に左足のみ動かして全撮影に臨み、『ラスト・オブ・モヒカン』では半年間の野営を実体験するなど、単に身体的な役作りだけではなくその境遇を骨身に染み込ませて撮影に挑む手法を取っており、出演本数が少ないのも頷ける不世出な俳優です。

【4月30日】ガル・ガドット/キルステン・ダンスト/アナ・デ・アルマス

様々な記録を塗り替える大ヒット作『ワンダーウーマン』にて映画初主演のガル・ガドットは、今後を最も期待される新進女優のひとりです。イスラエルで生まれ育った彼女のキャリアはアメリカ人女優とは根本的に異なっており、18歳から20歳までの2年間、徴兵制に伴い兵役に就いていました。直後にはミス・イスラエルに選定され、渡米後の2009年に『ワイルド・スピード MAX』にて映画デビューしています。

キルスティン・ダンスト(C) Getty Images

サム・ライミ×トビー・マグワイア版『スパイダーマン』シリーズでのヒロイン役で知られるキルステン・ダンスト。3歳からCM出演などを重ねた生粋の子役出身で、14歳時の『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』で扮した少女吸血鬼役にて注目を浴びました。ラース・フォン・トリアー監督の叙情SFドラマ『メランコリア』では、カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞しています。

アナ・デ・アルマス(C)Getty Images

キューバで生まれ育ったアナ・デ・アルマスは、キアヌ・リーヴス主演のスリラー『ノック・ノック』にて、キアヌ扮する主人公を誘惑して陥れる謎の女のひとりを演じて一気にブレイクした超若手女優です。その完璧な美貌とスタイルも功を奏し、『ブレードランナー 2049』の女レプリカント役にも抜擢されており、今後が楽しみです。

まとめ

ガル・ガドット-(C)Getty Images

4月後半のハリウッドスター誕生日特集、最後までご覧いただきありがとうございました。
今後要チェックの女優が揃っていましたね!
ではまたお会いしましょう!Happy Birthday!

関連する投稿


シャーリーズ・セロン出演映画おすすめ15選!ブラッド・ピットと熱愛中!?

シャーリーズ・セロン出演映画おすすめ15選!ブラッド・ピットと熱愛中!?

ハリウッド女優のなかでも軍を抜いた美しさを誇るシャーリーズ・セロン。様々な役柄に果敢に挑み数々の映画賞を受賞してきました。今回はそんな彼女が出演している映画の中からおすすめ15作品をご紹介します。気になるブラッド・ピットとの恋は?最新情報も合わせてお伝えします。


エヴァ・グリーン出演映画10選!ミステリアスなボンドガールの魅力に迫る!

エヴァ・グリーン出演映画10選!ミステリアスなボンドガールの魅力に迫る!

ミステリアスな演技派美人女優エヴァ・グリーン。『007 カジノ・ロワイヤル』での彼女の"挑戦的な女" と "弱い少女"の2面性でギャップ萌えしたファンも多いのではないでしょうか?ここでは、そんな魅惑的なボンドガールを演じた彼女のこれまでの出演映画を辿りながらその魅力に迫ります。是非ご覧くださいね。


『スパイダーマン:ホームカミング』新生スパイダーマンの魅力やあらすじ・最新作情報も!

『スパイダーマン:ホームカミング』新生スパイダーマンの魅力やあらすじ・最新作情報も!

2017年に公開された『スパイダーマン:ホームカミング』。過去に映画化されていた『スパイダーマン』シリーズとは何が違うの?と思っている方もいるのではないでしょうか?過去のシリーズと同じキャラクターでありながら、また新しい世界でのスパイダーマンの活躍を描いている本作。今年2019年には続編の公開も決定しており、さらに波にのる新生スパイダーマンシリーズ。そんな『スパイダーマン:ホームカミング』についてまとめました。


ジュリアン・ムーア出演映画おすすめ11作品!『CHLOE/クロエ』『アリスのままで』ほか

ジュリアン・ムーア出演映画おすすめ11作品!『CHLOE/クロエ』『アリスのままで』ほか

数々の映画賞を総なめにしてきた実力派女優ジュリアン・ムーア。2014年公開の『アリスのままで』では、5度目のアカデミー賞を受賞しました。今回はそんな彼女が出演した映画おすすめ11作品をあらすじを合わせてご紹介します。


『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじ、みどころ、キャスト!【スターウォーズ全10作紹介】

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじ、みどころ、キャスト!【スターウォーズ全10作紹介】

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』はどんな映画なのでしょうか?この記事では『ローグ・ワン』のあらすじやキャスト、みどころと、「スター・ウォーズ」シリーズ全9作品を紹介します。この記事を読めば『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』をもっと楽しめますよ!


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。