【Happy Birthday!】5月後半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】5月後半生まれのハリウッドスター達

GWも終わり、全国的に過ごしやすい天気のこの時期。 ここでは、5月後半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 大御所からロック・スターまで出揃いました!


【5月16日】ミーガン・フォックス/トーマス・サングスター/ピアース・ブロスナン

ミーガン・フォックス-(C) Getty Images

マイケル・ベイ監督のSFアクション・シリーズ『トランスフォーマー』第一作と二作にてヒロインを演じてブレイク。アンジェリーナ・ジョリーと並び称されるセクシーな魅力を誇るミーガン・フォックスは、少し勝気な性格から出るやや不注意な発言などが災いし、近年は出演作が減少気味です。登場と同時に観客を鷲掴みにする魅力の持ち主である彼女には、さらなる活躍を期待したいところです。

『ラブ・アクチュアリー』の名子役がイケメンに!トーマス・ブロディ=サングスター/『メイズ・ランナー』 -(C)2014 Twentieth Century Fox Film.

トーマス・サングスターは、13歳で『ラブ・アクチュアリー』にて主役リーアム・ニーソンの息子役を務めて注目を浴びた子役出身の若手俳優です。近年、SFアクション『メイズ・ランナー』シリーズにて巨大迷路からの脱出を試みる若者ニュートを逞しく演じ、その成長の速さに驚かされました。

ピアース・ブロスナン -(C) Getty Images

『007 ゴールデンアイ』から『007 ダイ・アナザー・デイ』までの4作品にて、5代目ジェームズ・ボンドを演じたことで知られるピアース・ブロスナン。実は4代目ジェームズ・ボンドの選考時にもほぼボンド役として確定していましたが、当時出演していた人気TVシリーズ『探偵レミントン・スティール』からの降板を恐れたTV局の圧力により流れてしまった経緯があります。ボンド役を退いてからも、『マンマ・ミーア!』『スパイ・レジェンド』など、様々なジャンルにて活躍しています。

【5月22日】マギー・Q

ハワイに生まれ、高校卒業後はモデルを目指して東京に移住した過去を持つマギー・Q 。その後台湾→香港と拠点を移し、日本も含めモデルとして活躍後、トム・クルーズ主演スパイ・アクション第三作『M:I:Ⅲ』でのチームメンバーのひとりに抜擢されてブレイク。『ダイ・ハード4.0』『ダイバージェント』シリーズや、TVシリーズ『NIKITA / ニキータ』など、いずれも優れた美貌とスタイル、身体能力を大いに発揮し、活躍しています。

【5月26日】ヘレナ・ボナム・カーター/レニー・クラヴィッツ

ヘレナ・ボナム=カーター『天才スピヴェット』 (C) EPITHETE FILMS - TAPIOCA FILMS - FILMARTO - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA

かつて『眺めのいい部屋』にて透明感溢れる初々しさで注目されたヘレナ・ボナム=カーターは、その後も史劇やファンタジー作品への出演が多く、常にコスチュームを纏って演技している印象が強いです。長くティム・バートン監督の公私に渡るパートナーとして活躍したこともその要因のひとつでしょう。

『ハンガー・ゲーム』 -(C) 2012 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

世界的に有名なイントロのギター・リフで知られる、ロック史上の名曲「Are You Gonna Go My Way」を生み出した天才ロック・スターのレニー・クラヴィッツは、『プレシャス 』や『ハンガー・ゲーム』シリーズなど、近年積極的に映画にも出演しています。『ダイバージェント』シリーズ他で人気の注目株、ゾーイ・クラヴィッツは彼の実の娘です。

【5月27日】クリス・コルファー

「glee/グリー」カート役クリス・コルファー -(C) KAORI SUZUKI

公開されるや否や、全米で社会現象を巻き起こす程の大ヒットとなった青春TVシリーズ『glee/グリー』の主役級であるカート役で知られるクリス・コルファー。実に多才なことでも知られ、脚本家・小説作家・絵本作家の顔も併せ持っています。

【5月30日】イディナ・メンゼル

イディナ・メンゼル -(C) Getty Images

ここ日本は勿論、全世界的な大ヒットを記録したディズニー制作の長編アニメ大作『アナと雪の女王』にて、主人公のひとりエルサの声を担当したのが、このイディナ・メンゼルです。声だけではなく主題歌“Let It Go”も大ヒットし、アカデミー歌曲賞を受賞。その年の紅白歌合戦にも出演しました。元々ブロードウェイ・ミュージカルにてトニー賞受賞の経験も持つベテランで、今も舞台に立ち続けています。

【5月31日】コリン・ファレル/クリント・イーストウッド

コリン・ファレル-(C)Getty Images

個性的な眉と、低く通る声が強い印象を残すコリン・ファレルは、『マイノリティ・リポート』にて主演のトム・クルーズを食うクールな演技でブレイク。『フォーン・ブース』『マイアミ・バイス』『トータル・リコール』など全編緊張感溢れるアクション作の主役から、『クレイジー・ハート』などドラマ作の助演まで、幅広く活躍しています。

87歳にして、未だ現役監督として次々と秀作を世に送り出しているクリント・イーストウッド。最新作『ハドソン川の奇跡』に至るまで、そのジャンルも作風も、常に新しい境地を切り開き続けています。82歳での『人生の特等席』以来、俳優としては活動していませんが、ともあれまだまだ活躍してほしいのは全世界のファンの願いです。

まとめ

ミーガン・フォックス-(C)Getty Images

5月前半のハリウッドスター誕生日特集、最後までご覧いただきありがとうございました。
20代から80代まで、ハリウッドの歴史が感じられるメンバーでした!
ではまたお会いしましょう!Happy Birthday!

関連する投稿


アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

歴代アニメ映画の興行収入ランキングトップ30について紹介!テレビ版とは異なり、見ごたえのある作品が揃う映画版のアニメ作品。スタジオジブリやディズニーなど、それぞれ異なる魅力を持つ作品が数多く存在し、老若男女問わず注目を集めています。今回はアニメ映画に注目した興行収入ランキングについて紹介します。


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

洋画が日本で公開される際に新たにつけられるタイトルである"邦題"。洋画の日本公開を楽しみに待っていたのに、思わず「どうしてこうなった」と言ってしまいたくなるような、あまりにひどい邦題がつけられてしまうというのは、映画ファンあるあるなのではないでしょうか?この邦題、アリ?ナシ?むしろ、ダサさに愛着さえ抱いてきてしまう!?そんな映画を独断と偏見でご紹介していきます。


エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

1999年公開の『ファイト・クラブ』で知られるエドワード・ノートン。今回はそんな彼が出演している映画の中からおすすめ8作品をご紹介します。日本の漫画が原作の最新作『アリータ: バトルエンジェル』にも出演!


映画『運び屋』まとめ!クリント・イーストウッドが主演を務めた実話とは?

映画『運び屋』まとめ!クリント・イーストウッドが主演を務めた実話とは?

これまで多くの作品に出演し、『アメリカン・スナイパー』などの英雄を監督としても描いてきたクリント・イーストウッド。この度、ある老人の衝撃的実話を『運び屋』として実写化し、『グラン・トリノ』以来の監督・脚本作として話題を集めています。こちらでは、そんな驚きの実話や、クリント・イーストウッド監督についてもまとめました。


最新の投稿


泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

『旅猫リポート』は原作者・有川浩さんが“一生に一本しか書けない物語”と語るほど自信作を実写映画化した作品。主演は福士蒼汰さん、猫のナナの声は高畑充希さんが演じました。この記事では、映画『旅猫リポート』の基本情報について紹介します。


映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

『天の茶助』は、独特のスタイルで人気を博すSABU監督自身が書き下ろした小説の映画化作品。2015年に日本で公開された本作ですが第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にて正式上映され、国外からも注目を集めました。今回は『天の茶助』のあらすじやキャストを紹介。


映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

『センセイ君主』は、幸田もも子さんの同名コミックを原作としたラブコメディ映画作品。ひねくれ者のイケメン教師・弘光役には竹内涼真さん、恋に恋する元気な女子高生・さまるん役には浜辺美波さんが抜擢され、他にもフレッシュで旬な俳優陣が揃っています。今回は『センセイ君主』のネタバレやキャストなど紹介します。


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックスとは、兄に夭折の俳優リバー・フェニックスを持ち、数々の作品で個性的な演技を見せる俳優です。最近ではバッドマンの宿敵ジョーカーを主人公にした作品で、ジョーカー役に抜擢されたことが話題となっています。果たしてホアキン・フェニックスとはどのような俳優なのか?過去作や彼ならではのエピソードを紹介します。