【Happy Birthday!】5月後半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】5月後半生まれのハリウッドスター達

GWも終わり、全国的に過ごしやすい天気のこの時期。 ここでは、5月後半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 大御所からロック・スターまで出揃いました!


【5月16日】ミーガン・フォックス/トーマス・サングスター/ピアース・ブロスナン

ミーガン・フォックス-(C) Getty Images

マイケル・ベイ監督のSFアクション・シリーズ『トランスフォーマー』第一作と二作にてヒロインを演じてブレイク。アンジェリーナ・ジョリーと並び称されるセクシーな魅力を誇るミーガン・フォックスは、少し勝気な性格から出るやや不注意な発言などが災いし、近年は出演作が減少気味です。登場と同時に観客を鷲掴みにする魅力の持ち主である彼女には、さらなる活躍を期待したいところです。

『ラブ・アクチュアリー』の名子役がイケメンに!トーマス・ブロディ=サングスター/『メイズ・ランナー』 -(C)2014 Twentieth Century Fox Film.

トーマス・サングスターは、13歳で『ラブ・アクチュアリー』にて主役リーアム・ニーソンの息子役を務めて注目を浴びた子役出身の若手俳優です。近年、SFアクション『メイズ・ランナー』シリーズにて巨大迷路からの脱出を試みる若者ニュートを逞しく演じ、その成長の速さに驚かされました。

ピアース・ブロスナン -(C) Getty Images

『007 ゴールデンアイ』から『007 ダイ・アナザー・デイ』までの4作品にて、5代目ジェームズ・ボンドを演じたことで知られるピアース・ブロスナン。実は4代目ジェームズ・ボンドの選考時にもほぼボンド役として確定していましたが、当時出演していた人気TVシリーズ『探偵レミントン・スティール』からの降板を恐れたTV局の圧力により流れてしまった経緯があります。ボンド役を退いてからも、『マンマ・ミーア!』『スパイ・レジェンド』など、様々なジャンルにて活躍しています。

【5月22日】マギー・Q

ハワイに生まれ、高校卒業後はモデルを目指して東京に移住した過去を持つマギー・Q 。その後台湾→香港と拠点を移し、日本も含めモデルとして活躍後、トム・クルーズ主演スパイ・アクション第三作『M:I:Ⅲ』でのチームメンバーのひとりに抜擢されてブレイク。『ダイ・ハード4.0』『ダイバージェント』シリーズや、TVシリーズ『NIKITA / ニキータ』など、いずれも優れた美貌とスタイル、身体能力を大いに発揮し、活躍しています。

【5月26日】ヘレナ・ボナム・カーター/レニー・クラヴィッツ

ヘレナ・ボナム=カーター『天才スピヴェット』 (C) EPITHETE FILMS - TAPIOCA FILMS - FILMARTO - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA

かつて『眺めのいい部屋』にて透明感溢れる初々しさで注目されたヘレナ・ボナム=カーターは、その後も史劇やファンタジー作品への出演が多く、常にコスチュームを纏って演技している印象が強いです。長くティム・バートン監督の公私に渡るパートナーとして活躍したこともその要因のひとつでしょう。

『ハンガー・ゲーム』 -(C) 2012 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

世界的に有名なイントロのギター・リフで知られる、ロック史上の名曲「Are You Gonna Go My Way」を生み出した天才ロック・スターのレニー・クラヴィッツは、『プレシャス 』や『ハンガー・ゲーム』シリーズなど、近年積極的に映画にも出演しています。『ダイバージェント』シリーズ他で人気の注目株、ゾーイ・クラヴィッツは彼の実の娘です。

【5月27日】クリス・コルファー

「glee/グリー」カート役クリス・コルファー -(C) KAORI SUZUKI

公開されるや否や、全米で社会現象を巻き起こす程の大ヒットとなった青春TVシリーズ『glee/グリー』の主役級であるカート役で知られるクリス・コルファー。実に多才なことでも知られ、脚本家・小説作家・絵本作家の顔も併せ持っています。

【5月30日】イディナ・メンゼル

イディナ・メンゼル -(C) Getty Images

ここ日本は勿論、全世界的な大ヒットを記録したディズニー制作の長編アニメ大作『アナと雪の女王』にて、主人公のひとりエルサの声を担当したのが、このイディナ・メンゼルです。声だけではなく主題歌“Let It Go”も大ヒットし、アカデミー歌曲賞を受賞。その年の紅白歌合戦にも出演しました。元々ブロードウェイ・ミュージカルにてトニー賞受賞の経験も持つベテランで、今も舞台に立ち続けています。

【5月31日】コリン・ファレル/クリント・イーストウッド

コリン・ファレル-(C)Getty Images

個性的な眉と、低く通る声が強い印象を残すコリン・ファレルは、『マイノリティ・リポート』にて主演のトム・クルーズを食うクールな演技でブレイク。『フォーン・ブース』『マイアミ・バイス』『トータル・リコール』など全編緊張感溢れるアクション作の主役から、『クレイジー・ハート』などドラマ作の助演まで、幅広く活躍しています。

87歳にして、未だ現役監督として次々と秀作を世に送り出しているクリント・イーストウッド。最新作『ハドソン川の奇跡』に至るまで、そのジャンルも作風も、常に新しい境地を切り開き続けています。82歳での『人生の特等席』以来、俳優としては活動していませんが、ともあれまだまだ活躍してほしいのは全世界のファンの願いです。

まとめ

ミーガン・フォックス-(C)Getty Images

5月前半のハリウッドスター誕生日特集、最後までご覧いただきありがとうございました。
20代から80代まで、ハリウッドの歴史が感じられるメンバーでした!
ではまたお会いしましょう!Happy Birthday!

関連する投稿


ジャッキー・チェン映画おすすめ12選!集大成となる新作『プロジェクトV』は5月公開!

ジャッキー・チェン映画おすすめ12選!集大成となる新作『プロジェクトV』は5月公開!

1970年代後半~80年代、コミカルなカンフー映画で香港映画界に新風を巻き起こした大スター、ジャッキー・チェン。観れば必ず元気になるテンポの良さと、スタントマン無しの大がかりアクションに大熱狂しましたよね!ここではジャッキー映画のおすすめ作品、そして新作『プロジェクトV』についても紹介していきますので、ぜひ楽しんでくださいね!


今だから観たい!80年代ハリウッド映画おすすめ20選!懐かしい青春がここに!

今だから観たい!80年代ハリウッド映画おすすめ20選!懐かしい青春がここに!

ここ数年、日本のみならず世界中で "80年代カルチャー" ブームが沸き立ってますね!映画・ドラマの世界でも "80年代オマージュ" を提唱するクリエイターが続出。ワクワクする時代が帰ってきました!ここでは「80年代ハリウッド映画」のおすすめ作品をピックアップして紹介していきます!是非チェックしてみて下さいね。


海外ドラマ「ER緊急救命室」愛すべき登場人物15人!キャストの現在は!?

海外ドラマ「ER緊急救命室」愛すべき登場人物15人!キャストの現在は!?

アメリカで15年間愛され続けた医療ドラマ「ER緊急救命室」。大都会シカゴにあるクック・カウンティ総合病院のER(緊急救命室)を舞台に繰り広げられる医師やスタッフ・患者達の人間模様が、多くの感動を与えてくれましたね。ここでは愛すべきキャラ15人をピックアップし、キャストの現在の姿も紹介していきます!是非ご覧下さいね。


極限状態!サバイバル映画おすすめ55選

極限状態!サバイバル映画おすすめ55選

現在、飽食の時代を生きている私たち。狩猟の時代が過去にはありました。こんな暮らしを続けているとありがたみを忘れてしまうこともありますよね。そんなありがたみを思い出せさせてくれる過酷な状況でのサバイバルを描いた映画を紹介します。


『バック・トゥ・ザ・フューチャー』驚愕の事実&トリビア25選!キャストに纏わる裏話も!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』驚愕の事実&トリビア25選!キャストに纏わる裏話も!

SF映画ファンのみならず、全ての映画ファンから長年愛され続けている『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。36年の間、何度もリピート鑑賞してる人も多いのでは!?ここでは知って楽しい 驚愕の事実&トリビア を、 キャストに纏わる裏話も交えて25エピソード紹介していきたいと思います!是非ご覧下さいね。


最新の投稿


「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

可愛らしいキャラクターデザインと、躍動感あふれる3Dアニメーションで大きな反響を呼んだアニメ「けものフレンズ」。しかし、その魅力は作画やキャラクターの可愛さだけではありません。このアニメにはさまざまな「謎」が隠されているのです。今回は本作のネタバレ考察、最終回の謎を解説します!


『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

死の運命に追い詰められる若者たちを描く人気ホラー『ファイナル・デスティネーション』シリーズ。姿なき殺人者“死”に立ち向かう若者たちの運命は?この記事では『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作のあらすじをネタバレありで解説。最新作となる6作目の情報も合わせてお伝えいたします。


『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』はどのような映画なのでしょうか?この記事では福島第一原子力発電所の事故を描いた映画として話題になった『Fukushima50』のみどころ、ネタバレあらすじ、評価、キャストなどを紹介します。この記事を読めば『Fukushima50』をもっと楽しめること間違いなしです!


『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』はどんな映画なのでしょうか?木村拓哉が声優をつとめたスタジオジブリの映画として話題になった、『ハウルの動く城』のみどころ、ネタバレあらすじ、キャスト、謎考察などを紹介します。この記事を読めば『ハウルの動く城』をもっと楽しめること間違いなしです!


あの子は最凶獣人!アニメ「キリングバイツ」ネタバレありの見どころ徹底解明

あの子は最凶獣人!アニメ「キリングバイツ」ネタバレありの見どころ徹底解明

偶然出会った美少女女子高生・宇崎瞳(うざき ひとみ)はあまりにも危険な獣人だった。退屈な日々を過ごしていた気弱で平凡な大学生・野本裕也は先輩の誘いでとある事件に関わり蜜獾(ラーテル)の獣人である宇崎瞳と知り合った。 事件に巻き込まれた、ただそれだけだったのに流されるまま陰謀渦巻く危険なバトル「牙闘(キリングバイツ)」の世界に関わっていくことになる。 種族も体格差も性別も関係ない、ただ牙の鋭いほうが勝つ危険な闘いを描くバトルアニメ『キリングバイツ』の魅力について徹底解説する。