【Happy Birthday!】5月後半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】5月後半生まれのハリウッドスター達

GWも終わり、全国的に過ごしやすい天気のこの時期。 ここでは、5月後半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 大御所からロック・スターまで出揃いました!


【5月16日】ミーガン・フォックス/トーマス・サングスター/ピアース・ブロスナン

ミーガン・フォックス-(C) Getty Images

マイケル・ベイ監督のSFアクション・シリーズ『トランスフォーマー』第一作と二作にてヒロインを演じてブレイク。アンジェリーナ・ジョリーと並び称されるセクシーな魅力を誇るミーガン・フォックスは、少し勝気な性格から出るやや不注意な発言などが災いし、近年は出演作が減少気味です。登場と同時に観客を鷲掴みにする魅力の持ち主である彼女には、さらなる活躍を期待したいところです。

『ラブ・アクチュアリー』の名子役がイケメンに!トーマス・ブロディ=サングスター/『メイズ・ランナー』 -(C)2014 Twentieth Century Fox Film.

トーマス・サングスターは、13歳で『ラブ・アクチュアリー』にて主役リーアム・ニーソンの息子役を務めて注目を浴びた子役出身の若手俳優です。近年、SFアクション『メイズ・ランナー』シリーズにて巨大迷路からの脱出を試みる若者ニュートを逞しく演じ、その成長の速さに驚かされました。

ピアース・ブロスナン -(C) Getty Images

『007 ゴールデンアイ』から『007 ダイ・アナザー・デイ』までの4作品にて、5代目ジェームズ・ボンドを演じたことで知られるピアース・ブロスナン。実は4代目ジェームズ・ボンドの選考時にもほぼボンド役として確定していましたが、当時出演していた人気TVシリーズ『探偵レミントン・スティール』からの降板を恐れたTV局の圧力により流れてしまった経緯があります。ボンド役を退いてからも、『マンマ・ミーア!』『スパイ・レジェンド』など、様々なジャンルにて活躍しています。

【5月22日】マギー・Q

ハワイに生まれ、高校卒業後はモデルを目指して東京に移住した過去を持つマギー・Q 。その後台湾→香港と拠点を移し、日本も含めモデルとして活躍後、トム・クルーズ主演スパイ・アクション第三作『M:I:Ⅲ』でのチームメンバーのひとりに抜擢されてブレイク。『ダイ・ハード4.0』『ダイバージェント』シリーズや、TVシリーズ『NIKITA / ニキータ』など、いずれも優れた美貌とスタイル、身体能力を大いに発揮し、活躍しています。

【5月26日】ヘレナ・ボナム・カーター/レニー・クラヴィッツ

ヘレナ・ボナム=カーター『天才スピヴェット』 (C) EPITHETE FILMS - TAPIOCA FILMS - FILMARTO - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA

かつて『眺めのいい部屋』にて透明感溢れる初々しさで注目されたヘレナ・ボナム=カーターは、その後も史劇やファンタジー作品への出演が多く、常にコスチュームを纏って演技している印象が強いです。長くティム・バートン監督の公私に渡るパートナーとして活躍したこともその要因のひとつでしょう。

『ハンガー・ゲーム』 -(C) 2012 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

世界的に有名なイントロのギター・リフで知られる、ロック史上の名曲「Are You Gonna Go My Way」を生み出した天才ロック・スターのレニー・クラヴィッツは、『プレシャス 』や『ハンガー・ゲーム』シリーズなど、近年積極的に映画にも出演しています。『ダイバージェント』シリーズ他で人気の注目株、ゾーイ・クラヴィッツは彼の実の娘です。

【5月27日】クリス・コルファー

「glee/グリー」カート役クリス・コルファー -(C) KAORI SUZUKI

公開されるや否や、全米で社会現象を巻き起こす程の大ヒットとなった青春TVシリーズ『glee/グリー』の主役級であるカート役で知られるクリス・コルファー。実に多才なことでも知られ、脚本家・小説作家・絵本作家の顔も併せ持っています。

【5月30日】イディナ・メンゼル

イディナ・メンゼル -(C) Getty Images

ここ日本は勿論、全世界的な大ヒットを記録したディズニー制作の長編アニメ大作『アナと雪の女王』にて、主人公のひとりエルサの声を担当したのが、このイディナ・メンゼルです。声だけではなく主題歌“Let It Go”も大ヒットし、アカデミー歌曲賞を受賞。その年の紅白歌合戦にも出演しました。元々ブロードウェイ・ミュージカルにてトニー賞受賞の経験も持つベテランで、今も舞台に立ち続けています。

【5月31日】コリン・ファレル/クリント・イーストウッド

コリン・ファレル-(C)Getty Images

個性的な眉と、低く通る声が強い印象を残すコリン・ファレルは、『マイノリティ・リポート』にて主演のトム・クルーズを食うクールな演技でブレイク。『フォーン・ブース』『マイアミ・バイス』『トータル・リコール』など全編緊張感溢れるアクション作の主役から、『クレイジー・ハート』などドラマ作の助演まで、幅広く活躍しています。

87歳にして、未だ現役監督として次々と秀作を世に送り出しているクリント・イーストウッド。最新作『ハドソン川の奇跡』に至るまで、そのジャンルも作風も、常に新しい境地を切り開き続けています。82歳での『人生の特等席』以来、俳優としては活動していませんが、ともあれまだまだ活躍してほしいのは全世界のファンの願いです。

まとめ

ミーガン・フォックス-(C)Getty Images

5月前半のハリウッドスター誕生日特集、最後までご覧いただきありがとうございました。
20代から80代まで、ハリウッドの歴史が感じられるメンバーでした!
ではまたお会いしましょう!Happy Birthday!

関連する投稿


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


『クワイエット・プレイス』公開間近!実力派女優エミリー・ブラント出演作特集

『クワイエット・プレイス』公開間近!実力派女優エミリー・ブラント出演作特集

『プラダを着た悪魔』で注目を浴びてから、その美しさと漂う気品、知性的な雰囲気に包まれたエミリー・ブラントに人気集中!大御所女優も認める確かな演技力をも持ち合わせた彼女の意外とチャーミングな素顔と共におすすめ作品を紹介していきたいと思います。


大人気海外ドラマ「LOST」のキャスト達の現在は?あらすじもご紹介!

大人気海外ドラマ「LOST」のキャスト達の現在は?あらすじもご紹介!

2004年から2010年にかけてアメリカのテレビ放送局ABCで放映された大人気海外ドラマシリーズ「LOST」。ストーリーの面白さは勿論、大ヒットに繋がったのは魅力的なキャスト達がいたおかげです。私たちを夢中にさせたキャスト達の現在を追いたいと思います。


ハリーポッターのスピンオフ作品『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』とは?

ハリーポッターのスピンオフ作品『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』とは?

日本でも大人気の「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ作品として製作された2016年公開の『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』。原作者のJ・K・ローリングが脚本を担当したこともあり、話題になりました。そんな本作のあらすじやキャストについて紹介します。


鬼才、ティム・バートンにまつわる話とおすすめ映画9選!

鬼才、ティム・バートンにまつわる話とおすすめ映画9選!

独特な世界観をもつ映画監督は数多くいますが、そのなかでもティム・バートンは外せません。熱心なファンが多く、カルト的人気があります。天才ではなく鬼才とうたわれ、彼のつくりあげるダークでメルヘンチックな映画たちは世界中の人々を魅了することでしょう。ここで簡単ではありますが、その独自の世界を紐解いていきたいと思います。


最新の投稿


『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン・ホームカミング』に出演して、日本でも大人気のトム・ホランド! 日本では”トムホ”の愛称で親しまれていますね!そんなイギリス出身の彼のプロフィールや出演作品、私生活などをまとめてみました。


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

『謝罪の王様』は、『舞子Haaaan!』の宮藤官九郎脚本、阿部サダヲ主演、水田伸生監督の最強タッグが再結集したヒット作品です。「謝罪」を題材に、大小さまざまな6つの物語で構成されている『謝罪の王様』。架空の職業である“謝罪師”を生業とする主人公・黒島譲のもとに、ひと癖もふた癖もある依頼が舞い込みます。


働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

シリーズはすでに完結済み、シーズン4までと比較的短くまとまった作品なので海外ドラマ入門にもおすすめ。NYの一流ファッション誌編集部が舞台になるだけあって、登場人物ほとんどの着こなしがファッショナブル。まっすぐで、なんにでも全力投球なベティに元気をもらえること間違いなし。きっと前向きな気持ちになれます。


常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

ビヨンセのいる所ではいつも何かしら事件やユニークな出来事、称賛が集まります。デビュー当時から一貫して飛び抜けた注目を集め続けて逞しく人生を謳歌している姿は、美しい容姿も相まって世の女性たちの憧れ。それは現在でも不変です。そんなビヨンセのトピックを最近の事も含めて紹介していきます。