【Happy Birthday!】6月後半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】6月後半生まれのハリウッドスター達

梅雨に入り蒸し暑い中、夏の訪れも感じるこの時期。 ここでは、6月後半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 バラエティに富んだメンツが揃っています!


【6月16日】ジョン・チョウ

韓国はソウル生まれのジョン・チョウは、少年時代にアメリカへ移住。青春コメディ『アメリカン・パイ』シリーズでブレイクした彼は、コメディジャンル中心に活躍の場を徐々に広げ、2009年のリブート版『スター・トレック』にてレギュラーメンバーのスールー役を射止め、今度は甘いマスクが売り物の期待株として二度目のブレイクを果たしています。

【6月19日】ゾーイ・サルダナ

ゾーイ・サルダナ-(C) Getty Images

世界的大ヒットSF『アバター』にて、先住民族の娘ネイティリを演じて高い評価を得たゾーイ・サルダナ。ご存じのとおり“ネイティリ”はCGで表現されていますが、それはゾーイ・サルダナの演技を最新鋭のパフォーマンス・キャプチャーシステムで撮影し、CGに投影して作成されたもの。彼女本来の美しい素顔は、『スター・トレック』シリーズや『コロンビアーナ』などで披露されています。

【6月20日】ニコール・キッドマン/ジョン・グッドマン

『めぐりあう時間たち』にて、オーストラリア人女優として初めてアカデミー主演女優賞を受賞したという快挙を持つニコール・キッドマンは、その他多くの出演作でその都度賞レースを総なめにする、文字通り美貌と演技力を兼ね備えた名女優です。危険なアクション・シーンでもスタントを使わない主義としても有名で、『ムーラン・ルージュ』では怪我を負ってもなお、執念で作品を完成させています。

『クーパー家の晩餐会』 (C)2015 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

主演・助演を問わず、屈託ない笑顔と笑い声で観客を楽しませてくれる名優、ジョン・グッドマン。『赤ちゃん泥棒』から『ビッグ・リボウスキ』『オー・ブラザー!』などのコーエン兄弟作品の常連として有名ですが、『モンスターズ・インク』のサリー役や『ラマになった王様』『カーズ』など、アニメ作品の声優としても多くのキャリアを積んでいます。

【6月21日】クリス・プラット/ジュリエット・ルイス

クリス・プラット-(C) Getty Images

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と『ジュラシック・ワールド』という超大作2作に立て続けに主演し、一挙に若手スターとしての地位を築いたクリス・プラットですが、実は20歳前後はハワイのマウイ島にてホームレス生活を送っていました。観光客として彼と偶然出会い、映画の道へと導いたのが、『コマンドー』などで知られる女優レイ・ドーン・チョン。彼女の監督作に出演したことがきっかけで、俳優としてのキャリアを歩み始めました。

クリント・イーストウッド作品の常連であり、名脇役だった俳優ジェフリー・ルイスを父に持つジュリエット・ルイスは、18歳で『ケープ・フィアー』の名演を評価されアカデミー助演女優賞にノミネート。その後のブラッド・ピット共演作『カリフォルニア』や、実在した連続殺人犯に扮した『ナチュラル・ボーン・キラーズ』など、愛嬌のあるルックスと反比例するようなアクの強い役柄を演じ続け、当時の若手では異色の存在でした。現在では、バンド活動も並行して活躍中です。

【6月22日】メリル・ストリープ/ブルース・キャンベル

メリル・ストリープ-(C)Getty Images

1978年出演の『ディア・ハンター』から2016年の『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』までの38年間のキャリアで、アカデミー女優賞にノミネートされること実に20回、受賞を3回という驚異的な記録の持ち主が、メリル・ストリープです。その理由のひとつとして、彼女はアメリカ各地域で微妙に違うイントネーションをそれぞれ正確に表現する技術を持っており、「訛りの女王」という異名で重宝されているといいます。

親友サム・ライミ監督と組んで世に放った低予算スプラッター・ムービー『死霊のはらわた』にて、主人公アッシュを熱演し“カルト・ヒーロー”と化したブルース・キャンベル。同シリーズ以外はライミ監督作へのカメオ出演などの他、主戦場をTV界に移し、2015年からは『死霊のはらわた リターンズ』シリーズの主演を嬉々として務めています。

【6月27日】トビー・マグワイア

トビー・マグワイア-(C)Getty Images

“アメリカ中どこにでもいそうな高校生”というイメージを具現化したかのような、無色透明な魅力で『スパイダーマン』を射止めたトビー・マグワイア。近年は製作業にも乗り出しており、また『華麗なるギャツビー』『完全なるチェックメイト』などかつてのイメージを払拭する役どころにも果敢に挑戦し続けています。

【6月28日】ジョン・キューザック

その童顔で気弱そうなルックスを生かし、『シュア・シング』をはじめとする主に青春ジャンルで活躍していたジョン・キューザック。アクション超大作『コン・エアー』の連邦保安官役にてイメージ転換に成功し、以降は『アイデンティティー』『2012』などジャンルや役柄を問わない活躍を続けています。

まとめ

ニコール・キッドマン-(C)Getty Images

6月前半のハリウッドスター誕生日特集、最後までご覧いただきありがとうございました。
やはりスターにも人知れぬ苦労と努力は不可欠なんですね!
ではまたお会いしましょう!Happy Birthday!

関連する投稿


デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

『セブン』や『ファイト・クラブ』などを手掛けたデヴィッド・フィンチャーは、作品の色を抑えた暗い画面の映画が多いことが特徴で、映画ファンからの熱狂的な人気を集める映画監督です。そんな彼のおすすめ作品10選をご紹介します。


ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

現代版ドンファン、世界中の女性を虜にしてきたジュード・ロウ。ソフトな物腰、セクシーな眼差し、そして甘く整った容姿と才能で常に存在感を放ってきました。プライベートでも、出会った女性全員に恋をするんではないか?と思ってしまう程の目撃情報、自らの "ポロっと告白" によってエピソードが溢れかえっていますが欲望に抗わないスタンスが崩れることはありません。彼ほどになると、これもまた才能か?!先日映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開に伴い来日した彼は、大の日本好きでも知られていて過去に何度も来日を果たしています。今回の来日での様子やサービストーク共に、彼が今まで出演してきた代表的な映画作品も紹介していきたいと思います。


アカデミー賞常連メリル・ストリープおすすめ主演作品14選

アカデミー賞常連メリル・ストリープおすすめ主演作品14選

1949年生まれのアメリカを代表する女優。アカデミー賞には過去に18回ノミネートされた経験を持ち、俳優、女優あわせて過去最多回数を記録しています。そんな大女優メリル・ストリープのおすすめ主演作品を紹介します!


アレクサンダー・スカルスガルド出演映画、プライベート、彼女、気になる結婚は?

アレクサンダー・スカルスガルド出演映画、プライベート、彼女、気になる結婚は?

TVドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」でエミー賞助演男優賞を受賞した事も記憶に新しい北欧美男子俳優アレクサンダー・スカルスガルド。美男子揃いの芸能一家に生まれサラブレッドとして育ち、幼少の頃から母国スウェーデンのTVドラマで人気者だった彼は、学生時代に破天荒で反抗的な少年となってしまった為兵役に就き、それから改めて学業に専念。真剣に演技を学びました。スウェーデンやイギリスの映画を中心に実力を発揮し、32歳からはハリウッドでも人気者になります。美しい容姿で恋愛でも華やかな女優の名前が並んでおり、絵に描いたような芸能人生を送っているアレクサンダー。そんな彼のプライベートな交際遍歴、そして主な出演作品などをピックアップして紹介していきます。


キルスティン・ダンスト出演映画まとめ!子役時代から現在に至るまで!気になる結婚は?

キルスティン・ダンスト出演映画まとめ!子役時代から現在に至るまで!気になる結婚は?

幼いころからショー・ビジネスの世界で可愛がられていた個性派女優キルスティン・ダンスト。その可愛さからCMで引っ張りだこだった彼女は11歳の時に出演した『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』でトム・クルーズやブラッド・ピット相手に堂々としたヴァンパイアを演じ、ゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされました。以後ハリウッドに君臨し続け、活躍の場を広げています。プライベートでは、そのバイタリティと積極性から、ガーリーな魅力で数々の俳優やミュージシャン達と浮名を流してきました。愛される事に純粋なので、傷つく事も多いですが常に前を向いて人生を切り開いていける女性です。やっと本当のパートナーと出会い、出産も経験した彼女の魅力に迫ります。


最新の投稿


『ホームアローン』『ホームアローン2』最新クリスマス映画も!

『ホームアローン』『ホームアローン2』最新クリスマス映画も!

『ホームアローン』『ホームアローン2』は、思い切り笑ってクリスマスを楽しめる映画。クリスマスにひとり、家族旅行に置いていかれた、8歳の少年と泥棒の戦いに爆笑できる作品。マコーレー・カルキンを一躍人気者にしたドロボー撃退コメディ・ムービーです。


おすすめ韓国ドラマ人気ランキング50

おすすめ韓国ドラマ人気ランキング50

大人気の韓国ドラマ!韓流はまだまだアツいですね♡そんな韓国ドラマの人気作品をランキング形式で、おすすめの50作品紹介いたします。ラブストーリーや感動系、コメディまで、何を観ても面白い‼あなたのお気に入りの作品はどれですか?


ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

かわいいな笑顔とセクシーな大人の魅力を持つジェシカ・アルバ。幼少時から女優を目指し演技の勉強をしていたという彼女の主演作品9選をご紹介します。


デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

『セブン』や『ファイト・クラブ』などを手掛けたデヴィッド・フィンチャーは、作品の色を抑えた暗い画面の映画が多いことが特徴で、映画ファンからの熱狂的な人気を集める映画監督です。そんな彼のおすすめ作品10選をご紹介します。


ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

現代版ドンファン、世界中の女性を虜にしてきたジュード・ロウ。ソフトな物腰、セクシーな眼差し、そして甘く整った容姿と才能で常に存在感を放ってきました。プライベートでも、出会った女性全員に恋をするんではないか?と思ってしまう程の目撃情報、自らの "ポロっと告白" によってエピソードが溢れかえっていますが欲望に抗わないスタンスが崩れることはありません。彼ほどになると、これもまた才能か?!先日映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開に伴い来日した彼は、大の日本好きでも知られていて過去に何度も来日を果たしています。今回の来日での様子やサービストーク共に、彼が今まで出演してきた代表的な映画作品も紹介していきたいと思います。