【Happy Birthday!】7月前半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】7月前半生まれのハリウッドスター達

梅雨もそろそろ明ける時期、夏まであと少しなこの時期。 ここでは、7月前半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 20世紀の大スター達が勢揃いです!


【7月1日】リヴ・タイラー

リヴ・タイラー -(C) Getty Images

モンスター・ロック・バンド「エアロスミス」のヴォーカリスト、スティーヴン・タイラーが実の父親、マルチプレイヤーのトッド・ラングレンが育ての父親という環境で育ったリヴ・タイラー。9歳になるまで、その事実は秘密にされていたといいます。その後スティーヴンとも和解した彼女は、「エアロスミス」のプロモーション・ビデオ出演をきっかけにブレイク。準主役に抜擢された超大作『アルマゲドン』では「エアロスミス」が主題歌を手掛け、プロモーション・ビデオでは父娘の共演を果たしています。

【7月2日】マーゴット・ロビー/リンジー・ローハン

マーゴット・ロビー-(C)Getty Images

マーベルコミックスの悪党勢揃いの痛快アクション『スーサイド・スクワッド』にて、悪党紅一点のハーレイ・クインに扮して一躍時の人となったマーゴット・ロビー。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』では主人公の妻役を、『ターザン:REBORN』ではジェーン役をそれぞれ演じて評価されており、今後も目が離せません。

リンジー・ローハン-(C)Getty Images

リンジー・ローハンの半生は、子役出身のスターたちが陥りやすい麻薬・飲酒をはじめとする数々のスキャンダルにまみれてしまいました。17歳で主演した『フォーチュン・クッキー』の大ヒットによるアイドルとしてのキャリアは終わりましたが、子役時代から培ってきた演技力と歌唱力を生かし、是非これから再スタートを切ってほしいものです。

【7月3日】トム・クルーズ

トム・クルーズ-(C)Getty Images

1980年代に一大旋風を巻き起こした“ヤング・アダルト・スター”の一員だったトム・クルーズがブレイクしたのは、命知らずの戦闘機パイロット:マーヴェリックを演じた『トップガン』。瞬く間にスターの座にのし上がったトムは、『7月4日に生まれて』『ザ・エージェント』『マグノリア』などで演技派としても開眼。ハリウッド屈指のヒット・メーカーとして君臨し続けています。

【7月6日】シルベスター・スタローン

シルヴェスター・スタローン -(C) Getty Images

まだまだ大スターが続きます。続いてはシルベスター・スタローン。長い貧困生活から生み出した脚本を映画化した『ロッキー』のアカデミー賞受賞により、文字通りのアメリカン・ドリームを成し遂げた奇跡の男です。続く『ランボー』シリーズも大ヒットしますが、愛娘たちへの悪影響を恐れ一時期はアクションジャンルから手を引いていました。低迷期を経て、実に62歳で『ランボー/最後の戦場』にて全盛期以上に超過激なアクションを披露。見事な再ブレイクを遂げました。

【7月9日】トム・ハンクス

トム・ハンクス-(C)Getty Images

大御所トム・ハンクスは、元々コメディ俳優としてキャリアをスタート。『スプラッシュ』『ビッグ』他数々の傑作を残しますが、長くコメディジャンルから抜け出せない時期が続きました。突破口となったのは、法廷ドラマ『フィラデルフィア』でのHIV患者役の名演。その後立て続けに『フォレスト・ガンプ/一期一会』『アポロ13』『プライベート・ライアン』といったジャンルを問わない名作に出演を重ね、ハリウッドを代表する演技派として活躍し続けています。

【7月12日】イ・ビョンホン/ミシェル・ロドリゲス

長く韓国映画界の大スターとして活躍してきたイ・ビョンホンがハリウッド・デビューを果たしたのは、実に39歳。ヒーローアクション大作『G.I.ジョー』にて、全く年齢を感じさせないシャープなアクションと演技を披露し、その後は『REDリターンズ』『ターミネーター:新起動/ジェニシス』『マグニフィセント・セブン』など、もはやハリウッド屈指のアクション俳優となりつつあります。

ミシェル・ロドリゲス -(C) Getty Images

一介の不良少女がプロボクサーを目指す傑作ドラマ『ガールファイト』にて鮮烈なデビューを飾って以来、ミシェル・ロドリゲス=美しくタフで強くて男勝り、という“良い意味での”強烈なイメージが定着しています。『ワイルド・スピード』シリーズや『アバター』『マチェーテ』など、期待を裏切らないカッコよさを披露し続けてくれています。

【7月13日】ハリソン・フォード

ハリソン・フォード-(C) Getty Images

ハリソン・フォードの、70歳超えという年齢を感じさせない若々しさは、近年さらに加速しつつある印象を受けます。『スター・ウォーズ』旧3部作のハン・ソロ役から『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』に始まるインディ・ジョーンズ・シリーズまで、ライフワークとも言える当たり役を多く獲得していることも要因のひとつでしょう。『ブレードランナー 2049』も公開される今、さらに彼ならではのキャラクターをこれからも演じ続けてほしいものです。

【7月15日】フォレスト・ウィッテカー

フォレスト・ウィテカー-(C)Getty Images

最後を飾るのは、姿を見せるだけで画面が引き締まる存在感の持ち主、フォレスト・ウィッテカーです。サックス・プレイヤーを演じた『バード』、実在の大統領アミンを熱演した『ラストキング・オブ・スコットランド』などの主演作での演技力は勿論、刑事役など主役をサポートする役柄を演じさせたら天下一品の魅力を持っています。

まとめ

トム・クルーズ-(C)Getty Images

関連する投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


シャーリーズ・セロン出演映画おすすめ15選!ブラッド・ピットと熱愛中!?

シャーリーズ・セロン出演映画おすすめ15選!ブラッド・ピットと熱愛中!?

ハリウッド女優のなかでも軍を抜いた美しさを誇るシャーリーズ・セロン。様々な役柄に果敢に挑み数々の映画賞を受賞してきました。今回はそんな彼女が出演している映画の中からおすすめ15作品をご紹介します。気になるブラッド・ピットとの恋は?最新情報も合わせてお伝えします。


マーゴット・ロビー出演作品おすすめ10選!あの人気キャラの最新作が始動!

マーゴット・ロビー出演作品おすすめ10選!あの人気キャラの最新作が始動!

持ち前の美貌と確かな演技力で数々の作品に出演しているマーゴット・ロビー。今回はそんな彼女が出演している映画の中からおすすめ10作品をご紹介します。そしてあの人気キャラの最新作情報も合わせてお届けいたします。


最高に笑えるパロディ映画9選!元ネタも徹底紹介!【腹筋崩壊注意】

最高に笑えるパロディ映画9選!元ネタも徹底紹介!【腹筋崩壊注意】

おバカで下ネタ満載のパロディ映画おすすめ9作品を元ネタとなった作品と合わせてご紹介します。パロディの元ネタを知っていれば、面白さが倍増すること間違いなし!『スターウォーズ』や90年代のあの名作もおバカにアレンジ?


映画『ザ・ウォーク』あらすじ・キャストまとめ!衝撃のノンフィクション

映画『ザ・ウォーク』あらすじ・キャストまとめ!衝撃のノンフィクション

『ザ・ウォーク』は、ワールド・トレード・センターにて命綱なしの空中綱渡りに挑戦したフィリップ・プティの実話を基に作られた映画作品です。今回は、誰もが体験したことのない未知の世界への挑戦を描いた『ザ・ウォーク』のあらすじやキャストなどの魅力を紹介していきたいと思います!


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。