『グレムリン』が現代に帰ってくる!?気になる内容とは?

『グレムリン』が現代に帰ってくる!?気になる内容とは?

33年前に公開された『グレムリン』。ユニークな内容と愛らしさから、今もなお人々を魅了しています。そんな『グレムリン』の新作の制作が現在進められているようです!気になるその内容と見どころをご紹介します!


いたずら大好き♡『グレムリン』が復活!

グレムリン

こちらのキャラクターご存知ですか?1984年に公開された映画『グレムリン』。いたずら好きの妖精として語り継がれた生き物が33年前に映画化されたのです。

その『グレムリン』が時間を経た今、最新作の制作が進んでいるとのこと。今回は『グレムリン』についてご紹介します。

新しい『グレムリン』を作ろう!

『インディ・ジョーンズ』のパーティで(写真左から)ジョン・ハート、ハリソン・フォード、スティーヴン・スピルバーグ、ジム・ブロードベントに遭遇!

ワーナー・ブラザースとスティーヴン・スピルバーグのオリジナル版の製作会社アンブリン・エンターテインメントが企画を始動。
年前の2013年、『グレムリン』のリブートを作ろう!と企画が持ち上がりました。
ワーナー・ブラザースとスティーヴン・スピルバーグのオリジナル版の製作会社アンブリン・エンターテインメントが企画を始動。
これまで多くの夢と感動を与えた作品を生み出し続けているスピルバーグ。彼のアイデアと独創性ならではの企画と言えますね!
この『グレムリン』のリブート企画についての交渉は、何年にもわたって行われてきたが、念願叶って制作の実現が可能になりました。

そもそも『グレムリン』ってどんなお話?

『グレムリン』-(C)APLLO

33年前に公開された『グレムリン』はジョー・ダンテが監督を務めました。チャイナタウンの骨董屋で発明家・ペルツァーが手に入れた不思議な動物・モグワイ=グレムリン。

息子のビリーにクリスマス・プレゼントしたはいいが、飼育のためには“やってはいけない3つの誓い”を破ってしまい、かわいいモグワイが恐ろしいグレムリンに変身、増殖し、田舎町キングストン・フォールズが悪夢のクリスマスを迎える...というストーリー。

今でも変わらず大人気!

スティーブン・スピルバーグ-(C)Getty Images

現在でもグッズ展開されるなど、根強い人気の『グレムリン』。当時、ユニークなキャラクターで大ヒットし、1990年には同監督により、舞台をニューヨークのハイテク高層ビルに移した『グレムリン2/新・種・誕・生』も製作されています。

脚本はヒットメーカー、クリス・コロンバス!

クリス・コロンバス-(C)Getty Images

『グレムリン』シリーズ3作目となる本作。1984年の1作目の脚本を手掛けたクリス・コロンバスが3作目の脚本を書き終えたと明かしました。

誇りに思えるような作品に...。

スティーヴン・スピルバーグ監督/『リンカーン』 -(C) 2012 TWENTIETH CENTURY FOX

「誇りに思えるような脚本になった。すごくひねりがきいていてダークな話なんだ。さて、どうなるかな。撮影するとなるといつも問題になるのは予算のことだね。僕は1作目みたいにすごくひねりのきいた感覚を大切にしたかったんだ。あの頃に立ち返り、また脚本を書いてみるっていうのは簡単なことだったよ。早く映画を観られればいいなぁ」と語りました。

心配しないで!ファンの期待にも応えます♪

『グレムリン』のファンは、本作でパペット(人形)ではなくCGIを多用するのではと心配しているよう...。CGIの使用により、パペットのワイヤーを消し、スタッフの動きを少し簡単にすることができるそうですが、当時の制作の良さを残してほしいのもファンの期待するところ。

1作目のグレムリンがバーで暴れまわるシーンでは、カウンターの裏に18人から20人がすし詰め状態でパペットを動かしていたといいます。しかし、クリスは「CGIの使用は確実に最小限!」と発表しました。

新キャラも!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』スタイル!?

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(C)2016Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

脚本やCGなど少しずつ新作制作が進んでいるさなか、新作『グレムリン』では、新しいキャラクターとお馴染みのキャラクターも登場すると明かされました。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

まるで『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のようなスタイルなんだとか!

脚本のクリスによるとダークな内容のようですし、一体どのような『グレムリン』が見られるのでしょうか。

ザック・ギャリガン-(C)Getty Images

また、これまで公開された2作品でビリー・ペルツァー役を演じたザック・ギャリガンも動き出しているそう!

公開日は決まっていませんが、本格的に始動している様子をみて、ますます新作『グレムリン』の期待が膨らみます♪楽しみに待っていましょう!

関連する投稿


【今週末公開の映画】4/20~『レディ・プレイヤー1』『いぬやしき』

【今週末公開の映画】4/20~『レディ・プレイヤー1』『いぬやしき』

4/20(金)、4/21(土)に公開される映画を一挙ご紹介。巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督のオタク心が詰まったSF映画『レディ・プレイヤー1』不可能と思われていた大人気コミックの実写映画化『いぬやしき』、『聲の形』のスタッフが再集結し、美しい世界観を出した『リズと青い鳥』などが公開されます!


スピルバーグ最新作『レディ・プレイヤー1』ガンダムも登場するSF大作!

スピルバーグ最新作『レディ・プレイヤー1』ガンダムも登場するSF大作!

想像したことすべてが現実になるバーチャル世界「オアシス」。『レディ・プレイヤー1』は、そこで繰り広げられる壮大なアドベンチャーと、主人公の少年の成長を描いたストーリー。ガンダムや「ストリートファイター」シリーズの人気キャラクターが登場する、バーチャルリアリティ(VR)ワールドの本作ついてご紹介します!


【今週末公開の映画】3/30~『レッド・スパロー』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

【今週末公開の映画】3/30~『レッド・スパロー』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

3/30(金)、3/31(土)に公開される映画を一挙ご紹介。ジェニファー・ローレンス主演の妖艶なスパイ映画『レッド・スパロー』をはじめ、アカデミー賞有力候補で、トム・ハンクス×メリル・ストリーぷ主演の『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』など、エンタメ製の強い作品から社会派まで公開されます!


最新5年分のアカデミー美術賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

最新5年分のアカデミー美術賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

ここでは、最新5年分の「アカデミー美術賞」を受賞した作品をご紹介致します。 物語の世界観をしっかりと再現した舞台装置の数々です!


スティーヴン・スピルバーグ作『E.T.』『ジュラシック・パーク』数々の名作を生み出した巨匠の映画10選!

スティーヴン・スピルバーグ作『E.T.』『ジュラシック・パーク』数々の名作を生み出した巨匠の映画10選!

70歳を超えてもその創作意欲は衰え知らず。『ジョーズ』『ジュラシック・パーク』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など、伝説的な映画の数々を生み出したスティーヴン・スピルバーグ。彼が監督または製作総指揮をつとめた名作10選をご紹介します。


最新の投稿


青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

若き良き青春時代!誰にでも一度はあった切ないあの時を思い出したいときに!おすすめの青春映画の傑作、名作をご紹介いたします。いま青春真っただ中のあなたにもピッタリ!


今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

6/22(金)、6/23(土)に公開される映画を一挙ご紹介。大泉洋迫真の演技『焼肉ドラゴン』から、沢尻エリカ6年ぶりの主演映画『猫は抱くもの』、昨年多くの映画賞を獲得したドキュメンタリー作品『祝福〜オラとニコデムの家〜』など、話題作が続々公開!


アーロン・テイラー=ジョンソン出演作まとめ!20代にして幅広い役をこなす、彼の演技とは?

アーロン・テイラー=ジョンソン出演作まとめ!20代にして幅広い役をこなす、彼の演技とは?

現在27歳という若さにも関わらず、さまざまなジャンルの映画に出演するほか、一回り年上の女性監督と結婚、最近では『アベンジャーズ』シリーズにてクイックシルバー役を演じていることでも話題のアーロン・テイラー=ジョンソン。彼がこれまでにどのような役を演じてきたのか、主演・脇役問わずまとめました。


面白い映画50選!最近のおすすめ作品はコレ!

面白い映画50選!最近のおすすめ作品はコレ!

最近なにか面白い映画ないかな~と思ったらこの記事を読めば間違いなし!最新~過去3年以内に公開されたおすすめ作品をまとめました。


『アベンジャーズ』ドン・チードルまとめ!シリアスな作品にも定評のある彼の演技とは?

『アベンジャーズ』ドン・チードルまとめ!シリアスな作品にも定評のある彼の演技とは?

『アベンジャーズ』シリーズにおいて、アメリカ空軍中佐、ジェームズ・"ローディ"・ローズをテレンス・ハワードから引き継ぐなど、その活躍が目覚しいドン・チードル。現在でこそ大衆作品のイメージですが、過去作ではシリアスな作品でアカデミー賞にノミネートするなど、その演技力ある作品などをまとめました。