ロード・オブ・ザ・リングの前日譚『ホビット』まとめ

ロード・オブ・ザ・リングの前日譚『ホビット』まとめ

ロード・オブ・ザ・リングの前日譚となる『ホビット』は3部作として構成され、それぞれ「思いがけない冒険」「竜に奪われた王国」「決戦のゆくえ」という邦題となっています。ロード・オブ・ザ・リングとの繋がりも深い作品となっているため、ロード・オブ・ザ・リングを見終わった方に見てほしい作品です。


ホビットシリーズを手掛けるのは、ロード・オブ・ザ・リング同様ピーター・ジャクソン監督!

『ホビット 思いがけない冒険』 -(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

『ホビット』の世界観はロード・オブ・ザ・リングどほとんど変わらない。しかし、物語はロード・オブ・ザ・リングの60年前になるため、微妙な違いを楽しめるかも!

ピーター・ジャクソン-(C)Getty Images

あまり知られていませんが、ピーター・ジャクソン監督は、ロード・オブ・ザ・リング王の帰還(SEE版DVD)にて、カメオ出演もしています。

ロード・オブ・ザ・リングでもお馴染みの顔ぶれも登場!

『ホビット 思いがけない冒険』 -(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

「灰色のガンダルフ」でお馴染みの、イアン・マッケランが演じる魔法使いもキーマンとして登場!

オーランド・ブルーム(レゴラス役)/『ホビット 竜に奪われた王国』-(C) 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

男女問わず人気のキャラクターで、オーランド・ブルーム演じる「レゴラス」も参戦!どことなく冷たい表情は、他種族との交流を好まないエルフらしさを感じさせます。

『ホビット 思いがけない冒険』 -(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

ロード・オブ・ザ・リングでは第一部と第三部に少しだけ登場した「ビルボ・バギンズ」は、今作の主人公となっている。ビルボの勇敢さや優しさ、そしてロード・オブ・ザ・リングへと繋がる展開は必見です!

旅の仲間はドワーフ一行!

『ホビット 思いがけない冒険』トーリン -(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

ドワーフ族12人を率いているのが、ドワーフ王の「トーリン」だ。彼は頑固で誰よりも勇ましく、ドワーフからの信頼も厚いリーダーとして、物語の中軸を担っている。

『ホビット 思いがけない冒険』キーリ -(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

ドワーフ界のレゴラスと呼ぶにふさわしいルックスの「キーリ」は、多くの女性ファンを魅了している。物語のワンシーンでは、女性エルフの「タウリエル」に「ドワーフにしては背が高い」と褒められるほどだ。

ロード・オブ・ザ・リングでは登場していないキャラクターも出演!

タウリエル(エヴァンジェリン・リリー)/『ホビット 決戦のゆくえ』 (C)2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

美しい赤毛の女性エルフであるタウリエルは、レゴラスから好意を寄せられている。しかし、彼女はドワーフであるキーリに惹かれており、その恋模様は必見です!

スランドゥイル(リー・ペイス)/『ホビット 決戦のゆくえ』 (C)2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

エルフの王である「スランドゥイル」はレゴラスの父にあたる。かつて、同盟関係にあったドワーフ族が竜に襲われて彼らエルフ族に助けを求めたにもかかわらず見捨てたことがキッカケで、関係が悪化している。スランドゥイルは最後まで物語に深く関わってくるため、登場シーンは見逃せません!

まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』 -(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

ロード・オブ・ザ・リングでも鍵を握る存在である「ゴラム」も登場する。ホビットではロード・オブ・ザ・リングに至るまでの経緯やキッカケなども描かれているため、より深く物語を楽しむことができるでしょう!

この記事のライター

関連する投稿


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


大人気海外ドラマ「LOST」のキャスト達の現在は?あらすじもご紹介!

大人気海外ドラマ「LOST」のキャスト達の現在は?あらすじもご紹介!

2004年から2010年にかけてアメリカのテレビ放送局ABCで放映された大人気海外ドラマシリーズ「LOST」。ストーリーの面白さは勿論、大ヒットに繋がったのは魅力的なキャスト達がいたおかげです。私たちを夢中にさせたキャスト達の現在を追いたいと思います。


過去への旅で学んだこととは?『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

過去への旅で学んだこととは?『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

2010年の映画『アリス・イン・ワンダーランド』の続編となる『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』。本作では新たにジェームズ・ボビン監督を迎え、ファンタジ―作品でありながら“リアル”を意識して作られた作品となっています。前作同様ジョニー・デップなどお馴染みのキャストも登場します。アリスが過去への旅で学んだこととは?


ホオジロザメを丸のみ!?最大級サメ映画『MEG ザ・モンスター』を紹介!

ホオジロザメを丸のみ!?最大級サメ映画『MEG ザ・モンスター』を紹介!

2018年9月7日に公開の『MEG ザ・モンスター』。ポスターや予告編から、ただならぬ気配を感じる本作、キャッチコピーは「悲鳴ごと飲み込まれる」。知れば知るほど恐怖を感じつつも、気になってしまう、そんな『MEG ザ・モンスター』の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います。


ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

数々の有名作品にちょい役での出演なのに、なぜか記憶に残る俳優トーマス・クレッチマン。でもちょい役なだけに顔は知ってるんだけど、名前は知らないという方も多いのでは?今回はそんな彼の生い立ちや魅力、出演作品をお伝えしていきます。


最新の投稿


日本版ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』主演は大泉洋!

日本版ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』主演は大泉洋!

『アイアムアヒーロー』は、現代の日本でゾンビによるパニックが起きたらどうなるのかを描いた同名漫画作品を原作とした実写映画作品です。主演は、俳優の大泉洋、監督は『GANTZ』で知られる佐藤信介です。そんな本作のあらすじやキャストについて紹介します。 675


ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

『チャーリーとチョコレート工場』などの独特のファンタジー作品で有名なティム・バートン監督が、奇妙で可愛らしいこどもたちを描いた映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』。日本では2017年に公開されました。そんな『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のあらすじやキャストについて紹介します。


007のボンドガール、レア・セドゥ!フランス出身のかわいい彼女の魅力に迫る!

007のボンドガール、レア・セドゥ!フランス出身のかわいい彼女の魅力に迫る!

ミステリアスでアンニュイな美貌を持つレア・セドゥ。その堂々とした佇まいやスタイリッシュな感性で老舗ブランドのイメージモデルとしても引っ張りだこで、女優なら誰もが憧れる「007」シリーズのボンドガールにも抜擢される等華々しい躍進を続ける彼女にスポットを当ててみました。彼女の私生活や結婚・夫・子供についても触れていきます!


ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

コメディ・ホラー・娯楽大作...等、数々の映画で人気を呼び、『ラ・ラ・ランド』でオスカー女優の仲間入りを果たしたエマ・ストーン。人気の秘密は親しみやすくて可愛い容姿だけではない。いつも自分と向き合い、努力を惜しまない彼女の魅力に迫ります。


イギリスの国民的イケメン俳優♡コリン・ファースの魅力とおすすめ作品!

イギリスの国民的イケメン俳優♡コリン・ファースの魅力とおすすめ作品!

1990年代、『高慢と偏見』で見せた "濡れシャツ" シーンでの姿が、イギリステレビ史上に残るセンセーションを巻き起こした国民的イケメン俳優、国民的セックスシンボルのコリン・ファース。また英国紳士らしくソフィスティケイトされた彼からは今も目が離せない!彼の魅力と出演作品について紹介したいと思います。