『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』

カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品されるなど、世界で絶賛された『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』は主人公となるマダム・ベーの危険で過酷な脱北の道中をカメラに収めたドキュメンタリー映画となっています。


1年間の出稼ぎのはずが騙されて売り飛ばされた北朝鮮女性B

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

家族のための1年間のだけの出稼ぎのはずが、騙されて中国の貧しい村に売り飛ばされてしまう北朝鮮女性B(マダム・ベー)。中国人の夫と結婚し生活を受け入れ、中国と北朝鮮の家族を養うため脱北ブローカーになります。

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

北朝鮮に残してきた息子たちを韓国へと脱北させ、その後彼女もラオスからタイを経由し韓国へと向かいます。危険で過酷な脱北の末、タイに到着後、難民支援センターへと収容されてしまうのですが、実はこれが彼女の斡旋する脱北ルート。難民支援センター収容後に南の韓国へと送還されるのです。

韓国での生活

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

紆余曲折がを経て、韓国で元々の家族と生活することができるようになったマダム・ベー。彼女の次男は韓国での生活や社会に早くも馴染んでおり、抵抗なく染まれるのは凄いですよね。

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

子供たちとは対照的に父親は覇気を失くし、マダム・ベーは元々の夫に対しての関心が薄れており、中国の夫らに安らぎを見出すという、切ないながらも女性の気持ちが分かる部分もあります。

大胆で鋭くときに美しい映像で撮ったユン・ジェホ監督

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

マダム・ベーの生き様を記録したのは、フランスと韓国を拠点に映画製作をしているユン・ジェホ監督。これまで5本の中短編映画がカンヌ国際映画祭に出品され、今最も注目される新鋭の1人です。

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

マダム・ベーの脱北に同行し、中国と北朝鮮、そして韓国に引き裂かれる彼女の分断の人生を、韓国人である監督自身のアイデンティティへの疑問と闘いながらカメラに収めました。

カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

本作は2016年カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品され、モスクワ国際映画祭、チューリッヒ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞するなど、カンヌに衝撃を与え、世界で絶賛されました。

まとめ

『マダム・べー ある脱北ブローカーの告白』(C)Zorba Production, Su:m

生死を越えてマダム・ベーを追い詰める、母として、女としての葛藤。脱北者である彼女に安らぎや幸せは約束されているのか。

この作品を観る方は、劇中の出来事は全て現実だということに衝撃を受けることでしょう。

この記事のライター

関連する投稿


ドキュメンタリー映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』

ドキュメンタリー映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』

2016年カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品され、モスクワ映画祭などで最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞した『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』主人公となるマダム・ベーの危険で過酷な脱北の道中をカメラに収めた作品となっています。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。