ニコラス・ホルトとエマ・ストーン共演!映画『ザ・フェイバリット』の最新情報まとめ!

ニコラス・ホルトとエマ・ストーン共演!映画『ザ・フェイバリット』の最新情報まとめ!

2018年公開予定、中世のイギリスを治めた女王アンの人生を描いた『ザ・フェイバリット』の最新情報をまとめました。ニコラス・ホルトとエマ・ストーンが共演するとあって期待の高い今作の注目ポイントを教えます。


2018年公開予定!映画『ロブスター』の監督による新作『ザ・フェイバリット』

『ロブスター』日本版ポスター - (C) 2015 Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film, The British Film Institute, Channel Four Television Corporation.

コリン・ファレル主演、第68回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した『ロブスター』を監督した、ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『ザ・フェイバリット』が2018年に公開予定です。ヨルゴス監督は、2012年に『ザ・ガーディアン』紙で同世代ギリシャ映画監督のなかで最も才能があると言われた実力者。そんな彼の最新作に期待が高まります。
デボラ・デイヴィスとトニー・マクナマラが脚本、「スカーレット・フィルム」のセシ・デンプシー、「エレメント・ピクチャーズ」のエド・ギニー、『ロブスター』でもプロデューサーを務めたリー・マジデーがプロデューサー、エレメントのアンドリュー・ロウがエグゼクティブ・プロデューサーを務めます。

中世の英国を治めたアン女王の人生を描いたストーリー

エリザベス女王&夫・フィリップ殿下-(C)Getty Images

気になる映画のストーリーですが、現英国女王エリザベス2世の11代前の女王であったアン女王の人生を綴った内容とのこと。イングランド・スコットランド・アイルランドの3国の女王として君臨し、グレートブリテン王国の最初の女王として動乱の中世英国時代を治めた彼女。
1702年に英国の女王に即位し、1714年8月にその生涯を閉じたアン女王が、17回妊娠するも流産や死産、病気で子どもを失った出来事などを含めた人生のストーリーが同作品では語られることになります。

エマ・ストーンとニコラス・ホルトが共演

ロバート・ハーレイ役 ニコラス・ホルト

ニコラス・ホルト -(C) Getty Images

キャストの一人であるニコラス・ホルトはロバート・ハーレイという役で出演。現保守党の前身であるトーリー党の若きリーダーで、アン女王の側近となった人物です。

2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC 『ジャックと天空の巨人』 -(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

『X-MAN』シリーズや『マッドマックス 怒りのデス・ロード』といった話題作で重要な役を演じ、その存在を知らしめてきたニコラス。『ジャックと天空の巨人』では主人公を演じ、その長身と端正な顔立ちで人気の俳優です。
ニコラスは最近、発明家ニコラ・テスラ役で出演したベネディクト・カンバーバッチとの共演作『The Current War』(原題)の撮影が終了したばかり。自伝映画作品への経験を積んだところです。

アビゲイル・メイシャム役 エマ・ストーン

エマ・ストーン-(C)Getty Images

エマ・ストーンが演じるのは、アビゲイル・メイシャムという人物。アン女王の幼少期からの友人であるサラの従妹で、女王のお気に入りとして取り立てられ女王がニコラス演じるハーレイと繋がる仲介となる役どころです。

『ラ・ラ・ランド』 Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

エマ・ストーンと言えば、2016年の大ヒット作「ラ・ラ・ランド」で主演を務めアカデミー主演女優賞を受賞したことでも記憶に新しいかと思います。そのほか、『アメイジング・スパイダーマン』でもヒロインを務めるなど実力は折り紙付き。今作に関してもその演技に注目が集まります。

実力者ぞろいの豪華キャスト!

アン女王役 オリビア・コールマン

(C) 2012 Focus Features LLC. All Rights Reserved. 『私が愛した大統領』 -(C) 2012 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

アン女王役はオリビア・コールマン。2012年の『私が愛した大統領』では、英女王エリザベス2世の母親であるエリザベス王妃役を熱演しています。今回2度目の英国王室の人間の役を演じるにあたり、期待も大きいです。また、今作の監督であるヨルゴス監督の『ロブスター』にも出演しており、再びタッグを組むことになります。

モールバラ公爵夫人サラ役 レイチェル・ワイズ

『ドリームハウス』レイチェル・ワイズ -(C) 2011 MORGAN CREEK ALL RIGHTS RESERVED

ヨルゴス監督の『ロブスター』では、ヒロインを演じたレイチェル・ワイズも参加。オリビアとも再びの共演となります。また、ニコラス・ホルトとも別作品で共演しています。『ハムナプトラ』シリーズでその名を広めた彼女は、今作でモールバラ公爵夫人サラを演じます。アン女王の幼少期からの友人としてどのような役割を持つのか注目です。

アビゲイルの恋人マシャム役 ジョー・アルウィン

ジョー・アルウィン-(C)Getty Images

ジョー・アルウィンは『ビリー・リンの永遠の一日』で主役を務め一躍その名前を有名にした若手実力派俳優。今作では、エマ・ストーン演じるアビゲイルの恋人役マシャムという人物を演じます。彼女を利用して王宮内でその地位を築こうとする野心溢れる青年という役どころです。

『ザ・フェイバリット』の裏話

ケイト・ウィンスレット -(C) Getty Images

実は、レイチェル・ワイズ演じるサラ役を当初はケイト・ウィンスレットが演じる予定だったそう。しかし、レイチェル・ワイズの出演が可能となり、以前ヨルゴス監督ともタッグを組んでいたことからケイトの話はなかったことになりました。ファンとしては、ケイトバージョンのサラも観てみたかったところでしょうか。

撮影も順調にスタート

ニコラス・ホルト-(C)Getty Images

2人のオスカー女優を擁し監督・出演者同士で共演経験も多い今作が、どのような仕上がりになるのか今から楽しみです。撮影は2017年3月から始まっているそう。出演者同士、面識がある人が多いのでアットホームな現場になりそうですね。2018年の公開が待ちきれません。

関連する投稿


Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

動画配信サイトオリジナルの中で断トツの人気を誇るNetflix(ネットフリックス)! その理由のひとつに、監督など製作陣が、思い通りの作品を作ることができるNetflix独自の体制が大きいといわれています。 今回は数あるオリジナル作品から、いくつか特に魅力的な作品をピックアップ!


2017年映画興行収入ランキング50位!『名探偵』『美女と野獣』ほか

2017年映画興行収入ランキング50位!『名探偵』『美女と野獣』ほか

映画を観たいけど、めぼしいものは観尽くしてしまって観たいものがないということありますよね。そんな時に参考になる興行収入ランキングを紹介します。


【今週末公開の映画】12/8~『オリエント急行殺人事件』『ビジランテ』など

【今週末公開の映画】12/8~『オリエント急行殺人事件』『ビジランテ』など

12/8、9より公開の映画をご紹介します。名作ミステリ―、サスペンス、実話にもとづく法廷劇など、ちょっとダークで内容の濃い作品が勢揃い!気になる作品をチェックしていきます。


お洒落な衣装に心揺さぶられる!ファッションが素敵な映画50選

お洒落な衣装に心揺さぶられる!ファッションが素敵な映画50選

映画に登場する魅力的な衣装やコスチュームの数々。見ていて楽しいですし、人によっては見どころにもなりますよね。今回はスタイリッシュな衣装の映画を5つ紹介します。


超話題作『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングの最強タッグ!トリビア記事!

超話題作『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングの最強タッグ!トリビア記事!

10月27日公開予定のSFアクション『ブレードランナー 2049』は、1982年の第一作以来、実に35年振りとなる全世界待望の続編である。退廃した近未来の斬新なデザインから小道具の細部にまで徹底的にこだわったカルトSFの続編ということで、期待度は最高潮だ。 ここでは、最新作に期待するいくつかのポイントを挙げてみよう。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。