福士蒼汰主演!『ちょっと今から仕事やめてくる』のあらすじ&みどころ

福士蒼汰主演!『ちょっと今から仕事やめてくる』のあらすじ&みどころ

福士蒼汰主演で話題の『ちょっと今から仕事やめてくる』が5月27日に公開され、すでに巷では話題に。もう観た方にも、まだこれからという方にも、知ってもらいたい『ちょっと今から仕事やめてくる』のみどころを紹介します。


あらすじ

© 2017 映画「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

ブラック企業で働く青山隆(工藤阿須加)は、仕事のノルマが厳しく精神的に追い詰められていた。疲労のあまり駅のホームで意識を失い、危うく電車に跳ねられそうになってしまう。すんでのところで青山を救ったのは、幼馴染みのヤマモト(福士蒼汰)と名乗る男。だが、青山には彼の記憶がまったく無かった。大阪弁でいつでも爽やかな笑顔をみせる謎の男、ヤマモトと出会ってからというもの、青山は本来の明るさを取り戻し、仕事の成績も次第に上がってゆく。そんなある日、青山はヤマモトが深刻な表情で墓地行きのバスに乗車するところを見かける。不審に思った青山がヤマモトについて調べてゆくと、何と3年前に自殺していたことが分かる。それではヤマモトと名乗る、あの男は一体何者なのか?

みどころその①【福士蒼汰】が関西弁に挑戦!

福士蒼汰

主演で最大の魅力である謎の男・ヤマモトを演じるのは、連続テレビ小説「あまちゃん」で一躍全国区となり、「恋仲」や『ストロボ・エッジ』に続き、12月公開予定の『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』や来年公開予定の『曇天に笑う』と公開を控えている福士さん。

福士蒼汰/『名探偵コナン 異次元の狙撃手』スペシャルレッスン in 品川エトワール女子高校

高校2年の時に英検2級を取得するなど、英語が得意として知られる福士蒼汰さんですが今作で演じる主人公のヤマモトはセリフが全て関西弁でした。撮影では関西弁と標準語のイントネーションの違いに苦労したそうで、池田宏之プロデューサーは「一時はセリフを全て標準語に変えることも考えた。」と明かしています。

みどころその②青山隆が務める恐るべきブラック企業

『ある会社員』 -(C) 2012 SIMMIAN AND SHOWBOX/MEDIAPLEX ALL RIGHTS RESERVED.

ブラック企業とは労働者に度を超えた長時間労働やノルマを課し、労働者を酷使する企業でそれに耐えられないものは戦略的な自主退社へ追い込まれるという悪質な企業のことを言います。
現在、日本の社会問題のひとつとされるこのブラック企業ですが工藤阿須加演じる青山隆が務めるのも典型的なブラック企業です。

『舟を編む』撮影現場

そんな会社の社訓はこうです。

1.不平不満を言わない社員になれ
-じっと我慢し謙虚に受け止めよう

2.自己管理を怠らない社員になれ
-熱があろうと這ってでも出勤すべし

3.遅刻は十分で千円の罰金。

4.有給なんていらない体がなまるから。

5.言われなくても出来る社員になれ。
-効率を上げるため行為は迅速に

6.やる気旺盛な社員になれ。
-仕事の後も自分の課題解消に真剣に取り組め

7.常に難しい仕事を狙う社員になれ。
-向上心を止めるな。成功してもまだまだと思え。

8.やる気があるなら「はい」の二つ返事で仕事しろ。

9.上司の指示は神の指示。

10.心なんか捨てろ、折れる心が無ければ耐えられる。

工藤阿須加/映画『ちょっと今から仕事やめてくる』初日舞台挨拶

こんな会社で働く青山隆は仕事のモチベーションだけでなく生きる意味すら見失ってしまいます。そんな青山がヤマモトに出会い、生きる喜びを取り戻してくる様には元気をもらえます。「生きてて楽しくない」、「生きる意味が分からない」そんな人にこの映画を観てもらい前向きな気持ちを取り戻してもらいたいと思います。

みどころその③謎の男ヤマモト

福士蒼汰/『ちょっと今から仕事やめてくる』完成披露試写会

青山が電車に飛び込もうとしたところを助け生きる喜びを思い出させた青山の幼馴染と言う男ヤマモトですが、彼が名乗る山本純という名前の人間は3年前に自殺していました。そんなヤマモトについて知るためヤマモトの母のところへ向かった青山は衝撃の事実を知ることとなります。

みどころその④映画オリジナルのクライマックス!

『ちょっと今から仕事やめてくる』

今作は北川恵海さんが書いた小説『ちょっと今から仕事やめてくる』が原作となっています。途中までは原作と同じスートリーを辿るのですがあるところから原作とは全く違う映画オリジナルのスートリー、設定になり新たな形でのクライマックスを迎えます。映画『ちょっと今から仕事やめてくる』は原作を読んだ人でも楽しめるようになっているので原作とはまた違った感動を味わうのも良いのではないでしょうか。

まとめ

『ちょっと今から仕事やめてくる』完成披露試写会

5月27日に公開されてから早くも数々の高評価を受けている今作ですが、前向きになれる作品なのでぜひ劇場で観てください。また原作となる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』は電子書籍ストアブックパスで6月16日まで読み放題キャンペーンをしているのでこちらもチェックしてみてください。

関連する投稿


ラプラスの魔女はどんな話?櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰の魅力

ラプラスの魔女はどんな話?櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰の魅力

大人気作家・東野圭吾のデビュー30周年記念作品「ラプラスの魔女」が映画化決定。主演には「嵐」の櫻井翔、共演に広瀬すずと福士蒼汰を迎え、世界でも高い評価を受ける異端の監督・三池崇史がメガホンをとる。今夏は、「ラプラスの魔女」のあらすじとキャストの魅力に迫る。


嵐・櫻井翔の出演作まとめ!『ラプラスの魔女』が待ち遠しい!

嵐・櫻井翔の出演作まとめ!『ラプラスの魔女』が待ち遠しい!

2018年初春に上映される『ラプラスの魔女』で広瀬すずさんや福士蒼汰さんと共に大学教授の青江俊介を演じた『嵐』のメンバーの1人、櫻井翔さんの主演作をまとめました。 2002年からアイドルとして俳優活動や歌手活動を続けてきたからこそ生まれたユーモアあふれる演技に注目をしてみたいと思います。


小松菜奈の出演作品11選!『渇き。』『溺れるナイフ』ほか!演技の振れ幅が驚くほど広い演技派女優!

小松菜奈の出演作品11選!『渇き。』『溺れるナイフ』ほか!演技の振れ幅が驚くほど広い演技派女優!

若手女優の中でもトップクラスの演技力をほこる小松菜奈。最近ではBIGBANGのG-Dragonことジヨンとの熱愛報道も噂に…!そんな彼女が存在感を発揮する映画5選をご紹介します。


【今週末公開の映画】12/8~『オリエント急行殺人事件』『ビジランテ』など

【今週末公開の映画】12/8~『オリエント急行殺人事件』『ビジランテ』など

12/8、9より公開の映画をご紹介します。名作ミステリ―、サスペンス、実話にもとづく法廷劇など、ちょっとダークで内容の濃い作品が勢揃い!気になる作品をチェックしていきます。


実写版『ジョジョ』公開!"奇才"三池崇史監督作品ベスト5

実写版『ジョジョ』公開!"奇才"三池崇史監督作品ベスト5

三池崇史監督が未だかつてない迫力と新感覚の映像表現で挑む、映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が公開され、話題沸騰中!海外からも注目度の高い三池崇史監督がこれまで手掛けた映画作品の中から、おすすめベスト5をご紹介します。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。