スコセッシがプロデュース!愛されキャラ”ジョーカー”の新作映画進行中!

スコセッシがプロデュース!愛されキャラ”ジョーカー”の新作映画進行中!

新しいジョーカーが生まれる!?マーティン・スコセッシがプロデュースする新作映画の準備が進行中!今回は気になるその情報をお伝えします!ジョーカーの歴史も振り返りましょう♪


人気の悪役”ジョーカー”の新作が見られる!?

悪者を主役にした映画やTVドラマが人気の昨今。”ジョーカー”もそんな人気者の一人。今回はジョーカーを主役にした新たな映画制作が動き出している模様をお伝えします!

巨匠スコッセシが描く”ジョーカー”

マーティン・スコセッシ  -(C) Getty Images

”ジョーカー”を題材にした新作映画の準備を進めているのは、アメリカ映画界の巨匠マーティン・スコセッシ。彼は今DCコミックスのスーパーヴィラン(悪役)こと“ジョーカー”を主役とした映画をプロデュースするため、ワーナー・ブラザースと交渉中であることが分かりました。

マーティン・スコセッシといえば、『ギャング・オブ・ニューヨーク』、『アビエイター』、『ディパーテッド』、『ヒューゴの不思議な発明』、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などこれまで数々の名作を世に放ってきました。

日本でなじみがあるのは、『沈黙-サイレンス-』。映像化が難しいとされる遠藤周作の「沈黙」を基にして、世界で高い評価を受けました。

『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』  -(C) 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

制作にあたり、監督と脚本は『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のトッド・フィリップス、共同脚本を『ザ・ファイター』のスコット・シルバーが担当することが決定しています。

ジョーカーの歴史をおさらい♪

こちらのビジュアル、随分歴史を感じますよね!実写で初代ジョーカーが登場したのは1966年。1960年代のTVシリーズ初の長編映画『バットマン』でした。俳優はシーザー・ロメロ。

アメコミ実写化のためかコメディ色の強い作風で、恐怖や不気味さより笑いを優先させたジョーカーとなっています。

それでも、最新のジョーカー映画のように、ジョーカーが生まれた背景や物語が描かれることがないため、真っ赤な口を開けて高笑いする姿は恐ろしいです。

ジャック・ニコルソン-(C)Getty Images

これまでジョーカーを演じたのは4人。先ほどのシーザー・ロメロ、ジャック・ニコルソン、ヒース・レジャー、ジャレッド・レトです。

ジョーカーの人気に火が付いたのは、ティム・バートン監督の1989年『バットマン』でオスカー俳優ジャック・ニコルソンが演じたから。80年代はコミックの映画化するにあたり、ジャック・ニコルソンのような大物俳優が演じるのは相当特殊な出来事だったよう。

今でこそ、大物俳優がヒーロー映画に出演するのは見慣れましたが、主役級の俳優がしかも悪役を演じることは多くありませんでした。

ヒース・レジャー-(C)Getty Images

そんなジャック・ニコルソン演じるジョーカーの大ファンだったのがヒース・レジャー。2008年、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』でジョーカーを演じた彼は、これまでにないジョーカーを確立しました。

彼が演じたジョーカーは瞬く間に人気を博し、残念ながら公開前にヒースは亡くなりましたが、死後オスカー俳優として功績を残すことに。

ジャックとヒース、二人のオスカー俳優がジョーカー役を魅力的に演じることで、単なるキャラクターではなく、世界中で愛されるキャラクターになった瞬間でした。

ジャレッド・レト-(C) Getty Images

また、最新のジョーカーが登場する映画は『スーサイド・スクワッド』。ジャレッド・レトが演じ、役作りが評判になるほどジョーカー役に精力的だった彼。

しかし、完成作では出演シーンが大幅にカットされてしまい、出演時間は15分ほど。「ジョーカー映画が1本作れるくらいのフッテージがあるはず。」と語るほど思い入れが強かったようです。

そして、スコセッシが描くジョーカーは、ジャレットが演じたジョーカーとは全く違って描かれるようで、今新たなキャスティングが大注目されています!

新作は”ジョーカーの起源”がテーマ!

「GOTHAM/ゴッサム<ファースト・シーズン>」

こちらのイメージはクリストファー・ノーラン監督のTVドラマ「GOTHAM/ゴッサム」。監督によって物語の雰囲気が異なるのも楽しみなところ。

スコッセシが描く新しい物語の舞台は1980年代のゴッサム・シティで、いわゆる典型的なスーパーヒーローものの映画ではなく、ジョーカーの起源に焦点を当て、「ハードボイルドなクライムドラマ」テイストを想定しているとのこと。

引き続き新情報を待て!

マーティン・スコセッシ/『沈黙-サイレンス-』

著名な映画監督と俳優がこぞって制作したくなるキャラクター”ジョーカー”。スコセッシが描くジョーカー”はどんなものなのでしょうか。キャスティングや他にも未発表の情報もたくさんあるので、楽しみに待っていてくださいね!

関連する投稿


マーゴット・ロビー出演作品おすすめ10選!あの人気キャラの最新作が始動!

マーゴット・ロビー出演作品おすすめ10選!あの人気キャラの最新作が始動!

持ち前の美貌と確かな演技力で数々の作品に出演しているマーゴット・ロビー。今回はそんな彼女が出演している映画の中からおすすめ10作品をご紹介します。そしてあの人気キャラの最新作情報も合わせてお届けいたします。


『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

SFアクション『ブレードランナー 2049』は、1982年の第一作以来、実に35年振りとなる全世界待望の続編である。退廃した近未来の斬新なデザインから小道具の細部にまで徹底的にこだわったカルトSFの続編ということで、期待度は最高潮だ。ここでは、「ブレードランナー」のどのバージョンからみたらよいかわからない人への解説と、最新作に期待するいくつかのポイントを挙げてみよう。


映画『スーサイド・スクワッド』あらすじ・キャスト・魅力まとめ!

映画『スーサイド・スクワッド』あらすじ・キャスト・魅力まとめ!

『スーサイド・スクワッド』とは一体どんな映画なのか、ご存知ですか?今回は、個性豊かな“悪役”が勢ぞろいした『スーサイド・スクワッド』のあらすじやキャスト、魅力などを紹介!もう映画を観た方もまだ観ていない方も必見です。


ヒース・レジャーの死因まとめ ジョーカーを怪演!

ヒース・レジャーの死因まとめ ジョーカーを怪演!

クリストファー・ノーラン監督作品2008年の『ダークナイト』で、バットマンの永遠の敵であるジョーカーを演じたヒース・レジャー。ジョーカー役を演じる俳優の中でも一際支持を得ている彼と、その衝撃の死因についてまとめました。


コリン・ファレルの出演映画おすすめ7選!

コリン・ファレルの出演映画おすすめ7選!

23歳で映画デビューして以来、ハリウッドでずっとトップに君臨し続けている実力派俳優コリン・ファレル。意志の強いクッキリと太い眉に対して優しい目の表情が印象的です。デビュー間もなくしてアル・パチーノやケヴィン・スペイシー、ベン・アフレック等の大物俳優たちと共演したり、また大作で主演を張ったりなど目立った活躍が続き世界中から注目を浴び評価されました。そしてそれは一過性のものではなく現在まで続いているのです。そんな中で、人気者が故の事件に見舞われたりとかがあり、そして家庭面では決して安定してませんが素敵な女性との出会いもあり、2人の子供に恵まれています。そんなコリン・ファレルのトピックや、代表的な出演作の紹介をしていきたいと思います。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。