スコセッシがプロデュース!愛されキャラ”ジョーカー”の新作映画進行中!

スコセッシがプロデュース!愛されキャラ”ジョーカー”の新作映画進行中!

新しいジョーカーが生まれる!?マーティン・スコセッシがプロデュースする新作映画の準備が進行中!今回は気になるその情報をお伝えします!ジョーカーの歴史も振り返りましょう♪


人気の悪役”ジョーカー”の新作が見られる!?

悪者を主役にした映画やTVドラマが人気の昨今。”ジョーカー”もそんな人気者の一人。今回はジョーカーを主役にした新たな映画制作が動き出している模様をお伝えします!

巨匠スコッセシが描く”ジョーカー”

マーティン・スコセッシ  -(C) Getty Images

”ジョーカー”を題材にした新作映画の準備を進めているのは、アメリカ映画界の巨匠マーティン・スコセッシ。彼は今DCコミックスのスーパーヴィラン(悪役)こと“ジョーカー”を主役とした映画をプロデュースするため、ワーナー・ブラザースと交渉中であることが分かりました。

マーティン・スコセッシといえば、『ギャング・オブ・ニューヨーク』、『アビエイター』、『ディパーテッド』、『ヒューゴの不思議な発明』、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などこれまで数々の名作を世に放ってきました。

日本でなじみがあるのは、『沈黙-サイレンス-』。映像化が難しいとされる遠藤周作の「沈黙」を基にして、世界で高い評価を受けました。

『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』  -(C) 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

制作にあたり、監督と脚本は『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のトッド・フィリップス、共同脚本を『ザ・ファイター』のスコット・シルバーが担当することが決定しています。

ジョーカーの歴史をおさらい♪

こちらのビジュアル、随分歴史を感じますよね!実写で初代ジョーカーが登場したのは1966年。1960年代のTVシリーズ初の長編映画『バットマン』でした。俳優はシーザー・ロメロ。

アメコミ実写化のためかコメディ色の強い作風で、恐怖や不気味さより笑いを優先させたジョーカーとなっています。

それでも、最新のジョーカー映画のように、ジョーカーが生まれた背景や物語が描かれることがないため、真っ赤な口を開けて高笑いする姿は恐ろしいです。

ジャック・ニコルソン-(C)Getty Images

これまでジョーカーを演じたのは4人。先ほどのシーザー・ロメロ、ジャック・ニコルソン、ヒース・レジャー、ジャレッド・レトです。

ジョーカーの人気に火が付いたのは、ティム・バートン監督の1989年『バットマン』でオスカー俳優ジャック・ニコルソンが演じたから。80年代はコミックの映画化するにあたり、ジャック・ニコルソンのような大物俳優が演じるのは相当特殊な出来事だったよう。

今でこそ、大物俳優がヒーロー映画に出演するのは見慣れましたが、主役級の俳優がしかも悪役を演じることは多くありませんでした。

ヒース・レジャー-(C)Getty Images

そんなジャック・ニコルソン演じるジョーカーの大ファンだったのがヒース・レジャー。2008年、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』でジョーカーを演じた彼は、これまでにないジョーカーを確立しました。

彼が演じたジョーカーは瞬く間に人気を博し、残念ながら公開前にヒースは亡くなりましたが、死後オスカー俳優として功績を残すことに。

ジャックとヒース、二人のオスカー俳優がジョーカー役を魅力的に演じることで、単なるキャラクターではなく、世界中で愛されるキャラクターになった瞬間でした。

ジャレッド・レト-(C) Getty Images

また、最新のジョーカーが登場する映画は『スーサイド・スクワッド』。ジャレッド・レトが演じ、役作りが評判になるほどジョーカー役に精力的だった彼。

しかし、完成作では出演シーンが大幅にカットされてしまい、出演時間は15分ほど。「ジョーカー映画が1本作れるくらいのフッテージがあるはず。」と語るほど思い入れが強かったようです。

そして、スコセッシが描くジョーカーは、ジャレットが演じたジョーカーとは全く違って描かれるようで、今新たなキャスティングが大注目されています!

新作は”ジョーカーの起源”がテーマ!

「GOTHAM/ゴッサム<ファースト・シーズン>」

こちらのイメージはクリストファー・ノーラン監督のTVドラマ「GOTHAM/ゴッサム」。監督によって物語の雰囲気が異なるのも楽しみなところ。

スコッセシが描く新しい物語の舞台は1980年代のゴッサム・シティで、いわゆる典型的なスーパーヒーローものの映画ではなく、ジョーカーの起源に焦点を当て、「ハードボイルドなクライムドラマ」テイストを想定しているとのこと。

引き続き新情報を待て!

マーティン・スコセッシ/『沈黙-サイレンス-』

著名な映画監督と俳優がこぞって制作したくなるキャラクター”ジョーカー”。スコセッシが描くジョーカー”はどんなものなのでしょうか。キャスティングや他にも未発表の情報もたくさんあるので、楽しみに待っていてくださいね!

関連する投稿


Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

現在ネットフリックスで配信中のオリジナル作品「ブラッドライン」に出演中のリンダ・カーデリーニ。ドラマから大ヒット映画にも出演するなど実力派女優として知られています。今回はそんな彼女についてまとめてみました。


ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

数々の有名作品にちょい役での出演なのに、なぜか記憶に残る俳優トーマス・クレッチマン。でもちょい役なだけに顔は知ってるんだけど、名前は知らないという方も多いのでは?今回はそんな彼の生い立ちや魅力、出演作品をお伝えしていきます。


【今週末公開の映画】4/13~『パシフィック・リム:アップライジング』『さよなら、僕のマンハッタン』

【今週末公開の映画】4/13~『パシフィック・リム:アップライジング』『さよなら、僕のマンハッタン』

4/13(金)、4/14(土)に公開される映画を一挙ご紹介。待望の続編が日本を舞台に描かれる『パシフィック・リム:アップライジング』をはじめ、マーク・ウェブ監督久々の青春映画の『さよなら、僕のマンハッタン』、さらにアニメではクレヨンしんちゃん、名探偵コナンの劇場版が公開されます!


スコセッシ監督が約30年あたためた力作!映画『沈黙-サイレンス-』

スコセッシ監督が約30年あたためた力作!映画『沈黙-サイレンス-』

巨匠M・スコセッシ監督が約30年あたため、ついに日の目を見ることとなった『沈黙-サイレンス-』。17世紀初頭のキリシタン弾圧が激化する日本を舞台に、一人の宣教師が信仰の意義と神の本質を見つめなおす物語です。主演のアンドリュー・ガーフィールドをはじめ、日米の豪華俳優陣が集結した今作のあらすじやみどころを紹介していきます。


窪塚洋介主演作品15選!『凶気の桜』『同じ月を見ている』ほか!

窪塚洋介主演作品15選!『凶気の桜』『同じ月を見ている』ほか!

『UGLY』や『ジ、エクストリーム、スキヤキ』など、2017年に公開予定の『アリーキャット』で主人公を演じる窪塚洋介の過去主演作品15選をご紹介します。


最新の投稿


傑作映画おすすめ50選!【洋画・邦画】

傑作映画おすすめ50選!【洋画・邦画】

どうせ映画を観るなら傑作しか観たくない!そんな方におすすめの名作映画、感動作などを集めました。洋画・邦画ジャンルを問わずに紹介します!


洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

アメリカンジョークがききまくりな洋画コメディーを観たい!そんな気分の日、ありますよね♪お腹を抱えて涙しながら笑い転げること間違いなしなコメディー映画の名作、傑作を集めました!


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!