大人気歌手!ファレル・ウィリアムスまとめ

大人気歌手!ファレル・ウィリアムスまとめ

エンターテイメントの垣根を越えて活動するファレル・ウィリアムス。彼は音楽業界から飛び出し、映画業界への楽曲提供・プロデュースも精力的に行っています。今回は彼の音楽に対する熱い思いとともに、彼の功績をたどりましょう♪


スーパー・マルチ・アーティスト♪ファレル・ウィリアムス!

シンガーソングライター兼プロデューサーであり、世界のカルチャー・アイコンとしても著名なファレル・ウィリアムス。今回はグラミー賞11冠達成のアーティストでもある彼の功績についてご紹介します♪

大人気曲「Happy」成功の鍵はPVにあり!

ファレル・ウィリアムスは1973年生まれの44歳。アメリカ出身の歌手であり、ファッションデザイナーとしての顔も持つファレル。元々はザ・ネプチューンズやN*E*R*Dのメンバーで、後にソロ活動を行ってきました。

ファレル・ウィリアムス-(C) Getty Images

彼が世界的に有名になったきっかけは2013年に発表された楽曲「Happy」。10週連続全米1位、22ヶ国で1位を記録する大ヒット!日本でも人気になりましたよね♪

特にこの曲のPVは、出演者が楽曲に合わせて軽快に踊り回る内容になっているため、視聴者も思わず動き出してしまうミュージックビデオとなっています。

そのため、YouTubeでの再生回数が2億回(2014年4月時点)を超えるまでの人気となり、その楽しさから世界各地のバージョンが作られるなど、一大ブームを起こしました。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』ワールドプレミア(C) UNIVERSAL STUDIOS

そんな人気曲「Happy」ですが、当初はラジオなどのメディアではほとんど流されなかったそう。しかし、世界中から投稿されたビデオが影響し、一気に盛り上がりを見せました。

その後、『怪盗グルーシリーズ』の第2作目、『怪盗グルーのミニオン危機一発』のサウンドトラックにも同楽曲が収められ、彼の才能はますます認知されていきます。

そして、映画楽曲制作に携わることで彼は音楽界に留まらず、活躍の場を広げていくことに。アカデミー賞で作品賞を含む3部門にノミネートされた『Hidden figures』(原題)ではプロデューサーを務めるなど、精力的に活動中です。

ファレルといえば『怪盗グルー』シリーズ!

ファレルの人気に火をつけたといえば『怪盗グルー』シリーズでしょう。2010年公開の『怪盗グルーの月泥棒』から始まり、「Happy」が収められた『怪盗グルーのミニオン危機一発』、『ミニオンズ』など、世界的な大ヒットとなりました。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』(C) UNIVERSAL STUDIOS

彼は『ミニオンズ』を除く『怪盗グルー』シリーズの1作目より音楽を手掛け、毎回大きな話題となっています。

『ミニオンズ』(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

この夏も最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』が公開されましたよね。本作のエンドソングには、やっぱりファレルの新曲が使われています。その名も「イエロー・ライト」。

80年代の大ヒット・ナンバーで彩られる本作の世界観も感じられる映像は、彼のセンスが光るMVとなっており、さらにパワーアップしたファレルとミニオンたちのコラボが楽しめる内容です。

パワフルでポジティブ!60年代テイストの楽曲が彩る『ドリーム』

『ドリーム』 (C)2016Twentieth Century Fox

また、近頃ファレルが手掛けた映画楽曲は、NASAの宇宙開発史を陰で支えた、知られざる黒人女性たちの実話を映画化した『ドリーム』。


本作に登場する女性たちは人種差別・女性差別に直面しますが、国家の威信にかかわる”人類の夢”の実現へ奮闘。NASAの“頭脳”として重要な役割を担ったにも関わらず、これまで語られることのなかった3人の黒人女性を描くストーリーです。

『ドリーム』 (C)2016Twentieth Century Fox

本作を彩る音楽もファレル・ウィリアムスが書き下ろしたもので、60年代当時の懐かしさがありながらも、差別に負けない女性たちを映したような、ポップでポジティブな曲ばかり。

彼は「1961年当時、家の中にはいつも音楽が流れていて、みんなで踊っていたんだ。映画の世界に入り込んで音楽を作った。ストーリーに完全にマッチさせたんだ。製作として参加できて本当に光栄だ」とコメント。

ファレル・ウィリアムス&セオドア・メルフィ監督『ドリーム』 (C)2016Twentieth Century Fox

彼はこの楽曲制作において、物語が持つパワーと等身大の共感を増大しました。ファレル自身、本作に強い共感を示したようです。彼は音楽のみならず、製作にも名を連ねています。

「これほど強く刺激を受けたことはないよ。この話には上昇気分がみなぎっているから、音楽でもふさわしいものにしなければならないと思ったんだ。これらの歌が彼女たちのエネルギーの根源を反映できているといいね」と、音楽に込めた熱い思いを語りました。

世界を彩る彼の楽曲♪今後も目が離せない!

ファレル・ウィリアムス-(C)Getty Images

ファレルは歌手活動とは異なる映画での活躍について、「大きな仕事ができるチャンスだと思っている。たくさんのアーティストと協力できる機会だから、ひとつのものを皆で作り上げていくのをとても楽しんでいるよ」とコメントしました。

人の心に訴える楽曲を作り続けるファレル。これからどのような活躍が見られるのか、引き続き注目しましょう!

関連する投稿


2013年公開のおすすめ映画14選!話題となった作品が続々登場!

2013年公開のおすすめ映画14選!話題となった作品が続々登場!

アメリカで2013年に公開した映画の中から選りすぐりの14本をご紹介します。最後に興行収入第1位となった作品も発表します!


60代人気俳優をランキング形式でまとめ!渋すぎる大御所たちが勢ぞろい!

60代人気俳優をランキング形式でまとめ!渋すぎる大御所たちが勢ぞろい!

若手にも中堅にもない、圧倒的な貫禄と存在感…それが60代俳優の魅力であります。出演作品は多岐にわたりながらも、その演者の持つ個性は決してかすむことはありません。作品の中でも主役を食うことだって珍しくないでしょう。今回はそんな素晴らしい60代俳優15人選んで、ランキング形式でご紹介。出演作更新中という現役が勢ぞろいです。


【今週末公開の映画】9/29~『ドリーム』『亜人』『レゴニンジャゴー ザ・ムービー』ほか

【今週末公開の映画】9/29~『ドリーム』『亜人』『レゴニンジャゴー ザ・ムービー』ほか

9/29, 30、そして10/1に公開される映画を一挙紹介いたします!大人気漫画アニメの『亜人』が豪華イケメンキャストでの実写化、そしてみんな大好きレゴの最新作『レゴニンジャゴーザ・ムービー』をはじめとした注目作が続々と公開!映画館で誰よりも早く観ちゃいましょう♪


最新5年分のアカデミー長編アニメ映画賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

最新5年分のアカデミー長編アニメ映画賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

本記事では最新5年分の「アカデミー長編アニメ映画賞」を受賞した作品をご紹介します。 どの作品も、実写映画では到底表現できないアニメならではの特性を生かし、かつ実写に負けない魅力に溢れた心に残る感動作品ばかりです!


『怪盗グルーのミニオン大脱走』ファレル・ウィリアムスが手掛ける劇中歌のMVが到着

『怪盗グルーのミニオン大脱走』ファレル・ウィリアムスが手掛ける劇中歌のMVが到着

笑福亭鶴瓶、芦田愛菜、中島美嘉らが日本語吹き替えを務めることでも話題の『怪盗グルー』シリーズ最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』。今回は劇中歌「There's Something Special(ゼアズ・サムシング・スペシャル)」のMVをご紹介します。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。