『ギミー・デンジャー』1960年代アメリカの過激なバンドをジャームッシュ監督がドキュメンタリー化

『ギミー・デンジャー』1960年代アメリカの過激なバンドをジャームッシュ監督がドキュメンタリー化

ベトナム戦争、黒人公民権運動、ニクソン大統領辞任、1960年代から1970年代にかけてアメリカは大きく揺れました。当時活躍したイギー率いる「ザ・ストゥージズ」は異端扱いされました。しかし、多くのバンドに影響を与え、再評価されています。ジャームッシュ監督がイギーのインタビューを通じてドキュメンタリーを作りました。


イギーの少年時代と音楽への目覚め

『ギミー・デンジャー』(C)Byron Newman

イギーは1947年ミシガン州に生まれ。1950年代の豊かなアメリカでは、国民はマイホームとマイカーに象徴されるアメリカンドリームを楽しんでいました。しかし、イギーの家庭はキャンピングカーで生活、イギーはその車の中で音楽を学びます。少年時代に見たテレビ番組の影響で、短い詩を書く、ボブ・デュランのような複雑な詩は書かなくなったと話しています。高校時代からバンドで活躍し、大学は中退したそうです。

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』 (C)2016 Speedee Distribution,LLC. ALL RIGHTS RESERVED

イギーが生まれたのは、当時の世界自動車産業の中心のミシガン州、デトロイトから車で3時間ほどの町でした。第2次世界大戦に勝利した、アメリカは1950年代、経済的繁栄を享受しました。しかし、イギー一家はキャンピングカーで暮らす、あまり恵まれた家庭ではありませんでした。映画では、イギーの少年時代のエピソードが語られます。

イギー、ストゥージズ結成、ミシガン州で活動開始

『ギミー・デンジャー』(C)Danny-FieldsGillian-McCain

大学を中退したイギーは仲間を集めバンドを結成し、デトロイト、ミシガン州エリアで活動を開始します。バンドの名は、''The Stooges"(ザ・ストゥージズ 愚か者達)当時、アメリカや日本では、"The Three Stooges"(スリー・ストゥージズ、三ばか大将)というコメディアンが有名でした。しかし、内容はお笑い系の歌でなく、若者の怒りを表現した歌でした。そんなある日、レコード会社と契約するチャンスに恵まれます。

『グローリー/明日への行進』 (C)2014 Pathe Productions Limited.All rights reserved

イギーがバンドデビューした1960年代、若者はベトナム反戦運動を行い、国民はソ連と共産主義の脅威を感じていました。国内では黒人が人種差別の撤廃を要求する公民権運動が高まっていました。そんな世相の中、イギーは黒人音楽に興味を持ち、仲間と貧しく食事などを分け合い、自分を共産主義者と呼んでいました。

レコードデビュー、そして解散

『ギミー・デンジャー』(C) 2016 Low Mind Films Inc

レコード会社と契約後、活動の舞台をニューヨーク、ロスに移し、2枚のアルバムを発売します。注目されたのは歌だけでなく、ステージ上で半裸で動き回る、客に飛び込むパフォーマンスでした。批評家からは、異端、過激と片付けられます。レコード会社が3枚目のアルバムをどうするか検討していたところ、デヴィッド・ボウイが近づきます。ボウイはイギーの才能に目をつけイギリスでアルバムを製作しようとします。しかし、ボウイも協力した3枚目のアルバム「ロー・パワー」は売り上げ不振、レコード会社は関係解消、1974年にメンバーの薬物問題からバンドは解散します。

デヴィッド・ボウイ

ボウイは当時の人気ミュージシャン、イギーとは友人になります。ボウイはイギーの名前から架空のロックスター「ジギー・スターダスト」を名乗り、1972年6月、コンセプト・アルバム『ジギー・スターダスト』をリリース、大ヒットさせます。ボウイとイギーはバンド解散後も、ともに活動を続けます。

『ギミー・デンジャー』(C)Joel Brodsky

イギーは1974年から2003年まで、ソロで音楽活動を続け、世界中の多くの音楽家とコラボレーションを行います。世界中のミュージシャンが彼に影響を受け、当初売り上げ不振の「ロー・パワー」も再評価されます。2003年にはストゥージズも再結成、いつしかパンクのゴッドファーザーと呼ばれ始めます。

ロックの殿堂入り

セレモニーに参加した(左から)イギー・ポップ、マドンナ、ジャスティン・ティンバーレイク -(C) Reuters/AFLO

2010年、イギーとバンドはロックの殿堂入りをします。表彰式に中指をつきたてるポーズで登場、このポーズはアメリカでは怒り、相手への侮辱を意味し、公共の場では許されない行為です。しかし、会場は拍手、イギーは音楽と人生に関しスピーチををします。イギーは昔と変わらぬ半裸姿で、自分の子供や孫の世代に歌います。

日本での活動

イギー・ポップ×ジム・ジャームッシュ『ギミー・デンジャー』(c) Kazuko Wakayama.jpg

イギーは1983年の初来日以来、何回か日本でも公演をおこなっています。1987年には坂本龍一のアルバム、「ネオ・ジオ」に参加、「RISKY」 という歌を歌い、自動車会社のCMソングにもなりました。1998年のフジロックでのライブは、熱狂した観客100人以上をイギーがステージに上げてしまい、客にマイクを取られるなどパニック状態になったが会場が盛り上がったというエピソードがあります。

『ギミー・デンジャー』(C) Low Mind Films

映画のインタビューに答えるイギーは穏やかで、知的、笑顔を見せながら話します。そこにはステージで過激なパフォーマンスを演じる歌手とは違う姿を見せています。

まとめ

ジム・ジャームッシュ『ギミー・デンジャー』(c) Kazuko Wakayama.jpg

ジャームッシュ監督は、1日10時間に及ぶイギーへのインタビューを敢行。メンバーや関係者にも取材を重ね、完成までに8年もの月日を費やしました。本作のきっかけは、旧知の友人でもあるイギー自身からの依頼だったといいます。「僕はイギー・ポップの大ファンだけど、なんといっても『ストゥージズ』の子どもだ。オハイオで育ったストゥージズ・キッド。だからまず『ストゥージズ』ありきなんだ」とジャームッシュ監督は語ります。

『ギミー・デンジャー』(C) 2016 Low Mind Films Inc

イギーと『ストゥージス』の活躍を描いたドキュメンタリー。音楽やロックを愛する人たちだけでなく、1960年代のアメリカの社会や文化に興味のある人にもおすすめです。音楽に人生のすべてをかけた過激な人間の興味深い映画になっています。音楽に興味のない、イギーについて何も知らない人が見ても、映画を見終わった後は、彼の音楽や動画を見たくなるような映画です!

関連する投稿


イギリスのイケメン俳優ドミニク・クーパーのおすすめ映画8選!

イギリスのイケメン俳優ドミニク・クーパーのおすすめ映画8選!

イギリス出身のイケメン男優の中でもコアなファンを増やし続け、独特な雰囲気を持つ俳優ドミニク・クーパー。代々演劇ファンである家系で育ち、気が付けば何気ない恋人の勧めで演劇学校 "ロンドン・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマチック・アート" に入学。以降、若いうちから舞台に立ち芸能の道を歩んできました。彼の、どちらかというと男臭くダーティな雰囲気は、作品によっては美しさを漂わせたミステリアスさを演出し、主要な役どころでも脇を固める役でもとにかく存在感がハンパない。彼の独特オーラでもってシャープにピリッとした品格がプラスされて、出演した作品に表情豊かな輪郭を作り出します。そんな彼のプライベート、おすすめ作品を紹介していきます。


ジェイク・ギレンホールのおすすめ映画!かっこいい二枚目俳優の歴代彼女は⁉

ジェイク・ギレンホールのおすすめ映画!かっこいい二枚目俳優の歴代彼女は⁉

演技の幅広さからカメレオン俳優とも呼ばれるジェイク・ギレンホール。映画監督の父と脚本家の母の間に生まれ、姉も女優という映画一家で育ち、私生活ではハリウッドきってのプレイボーイ!とも言われ、恋の噂のオンパレード!そんなセレブリティーを絵にかいたような生活を送っている彼について、そしておすすめ映画をまとめてみました!


超話題作『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングの最強タッグ!トリビア記事!

超話題作『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングの最強タッグ!トリビア記事!

10月27日公開予定のSFアクション『ブレードランナー 2049』は、1982年の第一作以来、実に35年振りとなる全世界待望の続編である。退廃した近未来の斬新なデザインから小道具の細部にまで徹底的にこだわったカルトSFの続編ということで、期待度は最高潮だ。 ここでは、最新作に期待するいくつかのポイントを挙げてみよう。


『ギミー・デンジャー』実在のミュージシャンを描いた傑作5選

『ギミー・デンジャー』実在のミュージシャンを描いた傑作5選

鬼才ジム・ジャームッシュ監督が、伝説のバンド「ザ・ストゥージズ」の軌跡を辿るドキュメンタリー『ギミー・デンジャー』が、9月2日より全国順次公開される。ストゥージズのリーダー、イギー・ポップと長年のバンドファンであるジャームッシュのコラボレーションは必見。 今回は、実在のミュージシャンを描いた作品をいくつか紹介します。


「ツイン・ピークス The Return」中毒者続出の伝説のカルトドラマが帰ってきた!旧作のあらすじ&新キャストに注目

「ツイン・ピークス The Return」中毒者続出の伝説のカルトドラマが帰ってきた!旧作のあらすじ&新キャストに注目

世界中を熱狂の渦に包みこんだ伝説のカルトドラマ「ツインピークス」が帰ってきます。 TVシリーズの最終回で、ローラ(シェリル・リー)がクーパー捜査官(カイル・マクラクラン)に「25年後に会いましょう」と告げた通りに、本作では25年後の世界を描きます。


最新の投稿


女優・杏の初主演作品『オケ老人!』のあらすじやキャストを紹介

女優・杏の初主演作品『オケ老人!』のあらすじやキャストを紹介

女優の杏が初主演を務めた映画『オケ老人!』。2016年に公開された本作は、ひょんなことから、老人ばかりが集まるアマチュアオーケストラで指揮を務めることになった教師・小山千鶴の奮闘を描いた映画作品となっています。今回は『オケ老人!』について紹介します。


『Call Me By Your Name(君の名前で僕を呼んで)』映画あらすじ 男性同士の切ない恋愛模様を描く

『Call Me By Your Name(君の名前で僕を呼んで)』映画あらすじ 男性同士の切ない恋愛模様を描く

世界中の映画賞で注目を浴びた『君の名前で僕を呼んで(原題:Call Me By Your Name)』。17歳と24歳の男性2人による淡い恋愛模様や恋の痛みが描かれた本作は、日本では2018年4月に公開され話題を呼びました。今回は『君の名前で僕を呼んで』について紹介します。


ケイト・ベッキンセイルの主演映画おすすめ7選!アンダーワールドほか!

ケイト・ベッキンセイルの主演映画おすすめ7選!アンダーワールドほか!

イギリスロンドン出身の女優ケイト・ベッキンセイルが主演した映画7作品をご紹介します。現在45歳の彼女の変わらぬ美貌にも注目しながらご覧ください。


スーパー!ドラマTV/Hulu 海外ドラマ「GRIMM/グリム」あらすじ、キャスト&ネタバレ

スーパー!ドラマTV/Hulu 海外ドラマ「GRIMM/グリム」あらすじ、キャスト&ネタバレ

海外ドラマ「GRIMM/グリム」は1話完結型のホラーとダーク・ファンタジーの要素を取り入れたユニークな犯罪捜査ドラマ。6シーズンも続いた、ヒットドラマシリーズです。特殊な能力を持つグリム家系である主人公ニック刑事。彼は、第1話で、自分の能力に目覚めます!彼が、ヴェッセン(ドイツ語 Wesen は、生物、存在、本性、などの意味がある)と呼ばれるグリム童話等の童話に登場する、人間に化けている怪物/魔物を倒して、事件を解決していくシリーズものです。 グリムと聞くと、子供番組を想像しますが、このシリーズは、ホラー、アクション、サスペンス等要素に加え、ちょっとしたコメディタッチが加わった、ティーン/大人向け海外ドラマシリーズです。


『ホームアローン』『ホームアローン2』最新クリスマス映画も!

『ホームアローン』『ホームアローン2』最新クリスマス映画も!

『ホームアローン』『ホームアローン2』は、思い切り笑ってクリスマスを楽しめる映画。クリスマスにひとり、家族旅行に置いていかれた、8歳の少年と泥棒の戦いに爆笑できる作品。マコーレー・カルキンを一躍人気者にしたドロボー撃退コメディ・ムービーです。