ビジネス英語と本場アメリカのビジネスを学べるおすすめ米映画5選

ビジネス英語と本場アメリカのビジネスを学べるおすすめ米映画5選

アメリカ映画を見ることは英語を聞き取る練習になります。また、気に入ったフレーズを暗記してビジネスの現場で使うこともできるでしょう。言語としての英語以上に、映画を通じてアメリカのビジネス文化や習慣を学べます。今日は成功したビジネスマンを主人公とした映画を通じ、ビジネスと英語を学べる映画を5本紹介します。


『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』マクドナルド創業者の凄腕交渉術

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』 (C)2016 Speedee Distribution,LLC. ALL RIGHTS RESERVED

冴えない中年の営業マンのレイが、ミルクシェーキの飛び込み営業をしますが失敗ばかりです。そんなレイ、カルフォルニアで出会ったマクドナルドというレストランの革新的なスタイルは彼の人生を変えます。マクドナルドを一代で世界的企業にした男から、ビジネスで成功するにはやる気と根性が大事ということを学べる映画です。

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』 (C)2016 Speedee Distribution,LLC. ALL RIGHTS RESERVED
次の画像


主人公のレイはフランチャイズ化に乗り気でないマクドナルド兄弟を説得"McDonald's can be the new American Church."(マクドナルドはアメリカの新しい教会だ)と言う、決めゼリフで彼らを乗り気にさせます。また、マクドナルドのフランチャイズに興味ある、投資家を単純な"McDonald's is family."(マクドナルドは家族です)と呼び、次から次へとフランチャイズを増やしていきます。携帯もインターネットもない時代に、大きなジェスチャーで自らの言葉で話すレイからビジネスの交渉術、話し方が学べます。

『ゴールド/金塊の行方』英語は国際語!でも、行動も大事!

『ゴールド/金塊の行方』 Photo by Lewis Jacobs

アメリカ生まれのビジネスマンが国際ビジネスで大活躍するストーリーです。インドネシアでゴールドを発見し一躍億万長者に。時代の寵児の彼は、その金塊が偽物ではと疑いをかけられます。常にタバコと酒を持つビジネスマン、ケニー・ウェルズをマシュー・マコノヒーが熱演します。

『ゴールド/金塊の行方』 Photo by Lewis Jacobs

主人公のケニーがビジネスパートナーになるアコスタを昔の名刺からコンタクトする姿は、名刺を大事にする日本の文化に共通するものがあります。ケニーの英語はかなりカジュアルですが反対にアコスタの英語は冷静、丁寧です。インドネシアの大統領の息子をビジネスパートナーにするシーンは英語が国際語であることを感じます。しかし、それ以上に重要なのはケニーが見せるやる気と熱意、金鉱で泥だらけになる姿!言葉よりも行動が大事と感じさせます。

『幸せのちから』根性の電話営業から学ぶ成功のヒミツ

©2006 Revolution Studios Distribution Company,LLC.All Rights Reserved.

ウィル・スミス演じる、クリス・ガードナーは医療機器の営業マン、機器は売れずに妻から見放され、アパートからも追い出されます。証券会社、ファイナンシャル業界こそ将来性があると無給のインターンに応募の末、インターンから正社員、やがては億万長者になりアメリカン・ドリーム実現というストーリーです。

©2006 Revolution Studios Distribution Company,LLC.All Rights Reserved.

この映画では、主人公の電話営業によるセールストークが学べます。携帯もインターネットもない時代に、オフィスにある電話のみがビジネスの手段、わずか10秒が勝負。印象が悪いと電話をきられる、厳しい電話営業ビジネスで"Yes, Sir."を使う丁寧な英語は勉強になります。また、子供に”possibly”と”probably”の細かいニュアンスの違いを教えるシーンなども楽しめます。主人公のクリスからは、ここでも言葉より行動や、やる気、熱意が大事と感じさせられる映画です。

『ソーシャル・ネットワーク』アメリカビジネスでは欠かせぬ弁護士との交渉

© 2010 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved.

Facebookの創業と成功を描いた映画、ハーバード大学の学生の遊びから始まったFacebook。やがて、全国の大学に広まり世界的な大企業に成長します。その過程での創業者同士の対立や葛藤など見どころの多い映画です。

© 2010 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved

裁判も多く弁護士社会と呼ばれるアメリカ、日本企業も他人事ではありません。Facebookもアイデアを盗んだと訴えられます。”Deposition”(デポジション)と呼ばれる弁護士との口頭での尋問はこの映画のみどころです。英語は若者のカジュアルな会話が多く、"The Facebook"から"Facebook" に社名変更をアドバイスされるシーンでは冠詞"The"の用法の理解が難しい日本人には考えさせられる部分もあります。

『スティーブ・ジョブズ』歴史に残るビジネスマン、同僚との議論、批判

マイケル・ファスベンダー&セス・ローゲン/『スティーブ・ジョブズ』-(C)Universal Pictures

アップルコンピュータの創業者スティーブ・ジョブスの素晴らしい商品の公開、その舞台裏での三人の同僚、そしてジョブスの元彼女のブレナン、その娘のリサとの対立、相互理解の映画です。スティーブ・ジョブスの輝かしい成功だけでなく、三人の同僚やリサからの批判を通じでジョブスの自己中心さや弱さ、ビジネスの失敗なども描いています。

『スティーブ・ジョブズ』-(C)Francois Duhamel

スティーブ・ジョブスは素晴らしいスピーチを残し、今でも動画で見ることができます。この映画は彼のプレゼン、スピーチに焦点を当てたのではなく、その舞台裏での、同僚との激しいやりとりをみどころとしています。ビジネスにおいては、人を批判したり、自分の意見を言わなければならない時があります。この映画での会話のテンポは早く、感情的で汚い言葉もでますが、早い英語を聞き取る練習になります。

まとめ

ケイト・ウィンスレット/『スティーブ・ジョブズ』-(C)Universal Pictures

アメリカには、多くのビジネス映画があり、日本人には英語学習の良い教材にもなります。スピードはかなり早くすべてを聞き取れないかもしれませんが英語と日本語の字幕を見て、繰り返し聞くことが大切です。もし、英語に興味がなくても今日紹介した5本からはアメリカのビジネス文化やビジネスの成功と失敗の秘密などを学べますね。

関連する投稿


超人気スーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュまとめ!『スーサイド・スクワッド』魔女役

超人気スーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュまとめ!『スーサイド・スクワッド』魔女役

『スーサイド・スクワッド』(2016)の謎の美しき魔女エンチャントレス役をはじめ、最近は映画への出演が増えてきました!今回は、そんなカーラ・デルヴィーニュのプロフィールや出演作、そして過去のゴシップなど気になる情報をまとめてみました。気になる今後の活躍も!


Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

動画配信サイトオリジナルの中で断トツの人気を誇るNetflix(ネットフリックス)! その理由のひとつに、監督など製作陣が、思い通りの作品を作ることができるNetflix独自の体制が大きいといわれています。 今回は数あるオリジナル作品から、いくつか特に魅力的な作品をピックアップ!


『ブライト』まとめ!Netflix映画についにウィル・スミス降臨!

『ブライト』まとめ!Netflix映画についにウィル・スミス降臨!

映画好きほど加入していると言っても過言ではないNetflix。 オリジナル映画も数多くあり、その殆どが完成度の高い魅力的な作品になっています。 今回はその中でも、特に注目を集めている超大作『ブライト』についてまとめました!


【今週末公開の映画】12/22~『未成年だけどコドモじゃない』『リベンジgirl』など

【今週末公開の映画】12/22~『未成年だけどコドモじゃない』『リベンジgirl』など

12/22,23,25に公開予定の映画を紹介します。クリスマスにふさわしく、胸キュン必至なラブコメが勢ぞろい!その他ジャッキー・チェンの最新作や、Netflix限定ウィル・スミス主演のアクション超大作も目が離せません!


山寺宏一・レゴ(R)に声優で出演!"やまちゃん"まとめ

山寺宏一・レゴ(R)に声優で出演!"やまちゃん"まとめ

タレントとしてだけでなく、ナレーター・声優としても活躍している山寺宏一さん。4月に公開された『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』に続き『レゴニンジャゴー・ザ・ムービー』にも出演しています。今回は、主演を務めた『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』をピックアップしつつ、声優・山寺宏一さんの魅力について紹介します!


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。