『オン・ザ・ミルキー・ロード』エミール・クストリッツァ監督の魅力

『オン・ザ・ミルキー・ロード』エミール・クストリッツァ監督の魅力

『パパは、出張中!』『アンダーグラウンド』で2度のカンヌ国際映画祭パルム・ドールに輝き、ベルリン国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭でも受賞歴を持つ、エミール・クストリッツァ監督。最新作の『オン・ザ・ミルキー・ロード』が公開が公開を控えている同監督の魅力をご紹介します。


1度目のパルム・ドールに輝いた『パパは、出張中!』

1985年制作映画『パパは、出張中!』。スターリン主義の影響下にあった50年代初頭のユーゴスラビアを舞台に、ユーモアの中に痛烈な体制批判を織り交ぜた作品です。

カンヌ国際映画祭で1度目のパルム・ドールに輝いたクストリッツァ監督の同作品。重苦しいテーマですが、味わい深く、また時代背景を理解するとより楽しめる作品です。

2度目のパルム・ドールに輝いた『アンダーグラウンド』

2度目のパルム・ドールに輝いた作品は、1995年制作の『アンダーグラウンド』。ベオグラードを舞台に、第二次世界大戦からユーゴ内戦まで、ユーゴスラビアの激動の歴史を描いています。

同作品でクストリッツァ監督の地位をより一層確固たるものにしましたが、政治的描写に満ちた同作は、賞賛と同時に批判も巻き起こすことになり、以後の彼の作風に大きな影響をあたえました。

ドタバタコメディ『黒猫・白猫』

1998年制作、ドナウ川のほとりにジプシー一族に起こる若者の恋愛や石油列車強奪計画といったエピソードを、陽気に描いたドタバタコメディ『黒猫・白猫』。

本作で描かれているのは「生の躍動」。人間も動物たちも狂騒的にドタバタと踊り回っています。隠されたテーマに「お金と愛」「生の世界と死の世界」などありますが、全く重苦しくなく楽しく観られる作品です。

最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』

『オン・ザ・ミルキー・ロード』 (C)2016 LOVE AND WAR LLC

監督、脚本、主演をクストリッツァ監督自ら務め、9月15日(金)より公開となる最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』。戦争が終わらない国を舞台に、運命の出会いを果たしたミルク運びの男と美しい花嫁の壮大な愛の逃避行の物語を描いています。

『オン・ザ・ミルキー・ロード』 (C)2016 LOVE AND WAR LLC

戦争の悲惨さ、愚かさを描きながらも、その中に情熱的な恋、狂騒のダンス、温かいユーモアが詰め込まれた『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』などで世界を熱狂させた彼のエッセンスが詰め込まれた到達点ともいえる作品となっています。

まとめ

『オン・ザ・ミルキー・ロード』 (C)2016 LOVE AND WAR LLC

クストリッツァ監督作品の大きな魅力といえば、動物たちが披露する人間顔負けの演技ですよね!演出法を問われた際「人間と同じ。しっかり食事を与えれば、いい演技をしてくれる」と語り、『オン・ザ・ミルキー・ロード』にも主人公がまたがるロバや、相棒ともいえるハヤブサなどが登場。また、熊に口移しでオレンジを食べさせるシーンは、CGなしで撮影されています。

『オン・ザ・ミルキー・ロード』 (C)2016 LOVE AND WAR LLC

カンヌ国際映画祭だけでなく、ベルリン国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭と三大映画祭を制したクストリッツァ監督。これからもさまざまな作品を作り続けていってほしいですね!

この記事のライター

最新の投稿


アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

今世界中のアメコミブームを牽引しているマーベル・シネマティック・ユニバースの2大ヒーロー、アイアンマンとキャプテン・アメリカ!ヒーロチーム・アベンジャーズの主なメンバーである2人ですが、この2人が戦ったらどっちが強いの?そんな疑問を抱いたことがある方もいるのでは?気になる成り立ちやスペックを徹底比較していきます!


フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

冬は暖かい部屋で趣味に没頭したりして、芸術的な感性も研ぎ澄まされてきやすい時期。普段置きっぱなしの雑誌や画集なんかを手に取ってみたり、映画を観ながらゆっくり過ごしたい...。という事で2010年代のフランス映画をいくつか紹介していきたいと思います。フランス映画は、活発に動き回っている時にサラっと観れる作品が少ないですが、個人的には涼しくなってくる秋頃から冬、外の震える寒さから逃れて家にいる時、映画館でのんびり休日を楽しみたい時期にピッタリだと感じます。ポートレートのように美しい風景や、芸術的なインテリアや食器コーディネート、凛とした女優さんの輝き、ウィットに富んだ会話の心地よさ、見終わった後の何とも言えない独特な余韻に浸りましょう!


『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

ジュリアン・ ムーアがオスカーに輝いたことでも話題となった『アリスのままで』は、若年性アルツハイマーを宣告された女性について描いた映画作品。原作はベストセラーとなったリサ・ジェノヴァによる同名小説、監督はリチャード・グラッツァーとウォッシュ・ウェストモアランドが務めました。今回は『アリスのままで』について紹介します。


映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

アップル社の共同設立者、スティーブ・ジョブズについて書かれた伝記を基に製作された映画『スティーブ・ジョブズ』。公開後はさまざまな映画賞で注目を浴び、日本では2016年に公開されました。今回は映画『スティーブ・ジョブズ』について紹介します。


ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

少年のような若いルックスと、どこか危ない魅力を放つハリウッドのモテ男ジャレッド・レト。両親の離婚により方々を巡り、様々な環境で少年時代を過ごした彼は、俳優として活躍するだけに留まらず、全米チャート入りも果たしているロック・バンド "Thirty Second To Mars" のヴォーカリスト兼リズムギター担当でソングライティングまでこなしている。プライベートでもキャメロン・ディアスやアンジェリーナ・ジョリー等、ハリウッドを代表する美人女優たちとの浮名を流すモテっぷりが話題に..。そんなジャレッド・レトの生い立ちや華やかな歴代彼女たち、役に入り込んだ時のエピソード、キャリア、主な出演映画の紹介などを詰め込んで紹介します!