官能ラブストーリー『アンダー・ハーマウス』

官能ラブストーリー『アンダー・ハーマウス』

”ネオイケメン”モデル、エリカ・リンダーが女優デビューを果たした『アンダー・ハー・マウス』が10月7日(土)より公開。情熱的でセンセーショナルな雰囲気を漂わせる作品となっています。監督をはじめスタッフは全員女性で、女性目線で製作されています!


『アンダー・ハー・マウス』あらすじ

『アンダー・ハー・マウス』(C)2016, Serendipity Point Films Inc.

昼は大工として働き、夜は毎晩のように違う女性と関係を持っては、自分の居場所を探していたダラス。そんな週末のある夜、ダラスはネオン輝くバーの片隅で、ファッション誌の編集者として成功するキャリアウーマンのジャスミンと、運命的な出会いを果たす。情熱的に絡み合う二人にとって、お互いの愛を確かめ合うのに時間はかからなかった。しかし、ジャスミンには婚約者がいた――。

大工として働くダラスにエリカ・リンダ―

『アンダー・ハー・マウス』(C)2016, Serendipity Point Films Inc.

大工として働くダラスを演じるのは、若きレオナルド・ディカプリオに似ていることで注目を集め、ファッション界を賑わせている、エリカ・リンダー。

『アンダー・ハー・マウス』(C)2016, Serendipity Point Films Inc.

性別を超えた美しさでジェンダーの境界を揺るがす”ネオイケメン”と呼ばれるトップモデルの彼女は「トム・フォード」や「ルイ・ヴィトン」などの広告やショーで世界的に活躍しています。

女優デビュー作となるエリカ・リンダー

『アンダー・ハー・マウス』(C)2016, Serendipity Point Films Inc.

本作で女優デビューを果たすエリカ・リンダー。初挑戦とは思えない堂々たる演技を見せ、自分が探し求めた居場所と愛を手にする喜びと不安を見事に体現しています。

ファッション誌の編集者・ジャスミンにナタリー・クリル

ファッション誌の編集者・ジャスミンを演じるのは、実力派女優のナタリー・クリル。数々のダンスやミュージカルで人気を得て、舞台をきっかけに『ハリウッドランド』『ロビイストの陰謀』などの映画に出演。近年では「SUITS/スーツ」や『手紙は憶えている』などにも出演しています。

エイプリル・マレン監督

本作のメガホンを撮るのは、二人の人格を持つ記憶喪失のヒロインを描いたスリラー『アウト・オブ・コントロール』(劇場未公開)で注目を集めた、エイプリル・マレン監督。

主人公のキャスティングに、Google検索を使っていた⁉

ダラス役には「演じるのではなく本当にレズビアンである人をキャスティングしたかった」と語るマレン監督。

しかし、なかなか見つけられず困ってしまい、遂にGoogle検索をすることに。そこでエリカを見つけ、彼女にくぎ付けとなり、出演をお願いしたそう。

監督をはじめスタッフは全員女性!

『アンダー・ハー・マウス』(C)2016, Serendipity Point Films Inc.

マレン監督をはじめ、脚本、撮影監督、プロデューサー、照明など全スタッフを女性で揃え、女性目線を大切に製作された本作。監督は「女性スタッフのみで創るとどう違うのかずっと考え、たどり着いた答えは透明性だと思う」と語っています。

『アンダー・ハー・マウス』見どころ①エリカ・リンダーが美しくかっこいい!

『アンダー・ハー・マウス』(C)2016, Serendipity Point Films Inc.

心の中を見透かしてくるような真っ直ぐな眼差しを武器に、自信たっぷりな態度でジャスミンを誘惑するエリカは、まさにファッション広告から飛び出してきたかのような完璧な美しさ!そして、彼女がみせるクールな表情や切ない表情などはかっこいいとしか言いようがありません!

『アンダー・ハー・マウス』見どころ②美しく官能的なシーン

『アンダー・ハー・マウス』(C)2016, Serendipity Point Films Inc.

エリカとナタリーの二人が惜しげもなく大胆に披露する姿は刺激的。監督は、真実の愛を捉えるために、性描写を包み隠さず見せることに注力し、真実だと思える表現を模索したそうです。官能的なシーンですが、美しく仕上がっています!

『アンダー・ハー・マウス』は10月7日(土)公開!

『アンダー・ハー・マウス』(C)2016, Serendipity Point Films Inc.

本能のままに愛を求め、戸惑い、傷つきながらも、自分に正直に生きようとする女性たちを、繊細かつ官能的に映し出した究極のラブストーリー。

『アンダー・ハー・マウス』(C)2016, Serendipity Point Films Inc.

2016年のトロント国際映画祭で「本年度最もセクシーな映画」として大絶賛された『アンダー・ハー・マウス』は10月7日公開です!

この記事のライター

関連する投稿


レズビアン映画おすすめ20選!ドキドキ女性同士の恋愛!【洋画・邦画】

レズビアン映画おすすめ20選!ドキドキ女性同士の恋愛!【洋画・邦画】

女性同士の恋愛=レズビアンをテーマにした作品を観たことはありますか?セクシーな女性同士の恋愛を描くシーンはまるでアートのような美しさ。ぜひワインを片手に見てほしいレズビアン映画がたくさんあります。そこで今回は海外・日本国内の作品問わず、おすすめのレズビアン作品をまとめてみました。


エリカ・リンダーまとめ!世界が注目するジェンダーレスモデル・映画『アンダー・ハー・マウス』主演の美女

エリカ・リンダーまとめ!世界が注目するジェンダーレスモデル・映画『アンダー・ハー・マウス』主演の美女

いま世界で注目されているジェンダーレスモデル、エリカ・リンダーをご存知でしょうか?男性、女性両方のモデルをこなし、その性別を超えた美しさにメロメロになる人が続出中!日本での初主演映画の公開も決まり、ますます人気が高まること間違いなし!今回はそんな彼女の活躍ぶりやプライベートまで徹底解剖しちゃいます♪


【今週末公開の映画】10/6~『エルネスト』『ナラタージュ』『アウトレイジ 最終章』ほか

【今週末公開の映画】10/6~『エルネスト』『ナラタージュ』『アウトレイジ 最終章』ほか

松本潤×有村架純初共演、禁断の純愛を描いた『ナラタージュ』、ついに終結を迎える『アウトレイジ 最終章』、菅田将暉×ヤン・イクチュンW主演『あゝ、荒野 前篇』など、10月6日、7日に公開される話題作の映画を一挙ご紹介いたします!気になる作品はありますか?


『否定と肯定』レイチェル・ワイズがアウシュヴィッツの真実に迫る

『否定と肯定』レイチェル・ワイズがアウシュヴィッツの真実に迫る

ナチス・ドイツによるホロコーストの事実の有無を巡る歴史的裁判の行方を描き、当時世界中で物議を醸した2016年公開の『DENIAL』。主演を務めたのはオスカー女優のレイチェル・ワイズ。この作品が2017年12月8日から日本公開されることが決定。悲劇の闇にメスを切り込んだ骨太なドラマをご紹介いたします。


今年度最もセクシーな映画!『アンダー・ハー・マウス』最新情報

今年度最もセクシーな映画!『アンダー・ハー・マウス』最新情報

今年、最も激しく官能的な恋物語『アンダー・ハー・マウス』が10月に公開されます。 予告編と場面写真が公開され、話題を呼んでいる本作の見どころをご紹介します!


最新の投稿


洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

アメリカンジョークがききまくりな洋画コメディーを観たい!そんな気分の日、ありますよね♪お腹を抱えて涙しながら笑い転げること間違いなしなコメディー映画の名作、傑作を集めました!


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。