【今週末公開の映画】10/13~『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』『恋と嘘』など

【今週末公開の映画】10/13~『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』『恋と嘘』など

最旬キャスト共演で話題の『恋と嘘』、大反響を読んでいる『猿の惑星』シリーズ最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』など、10/13~公開の映画をご紹介します。


10月13日公開の映画

世界を恐怖のどん底に突き落とした実在する呪われた人形『アナベル 死霊人形の誕生』

『アナベル 死霊人形の誕生』(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

新生活のために田舎の屋敷へやって来たシスターと孤児の少女6人。次第に屋敷に漂う不気味な雰囲気に恐怖を覚える彼女たちだったが、ある晩ひとりの少女が、部屋の奥に隠されていたはずの人形<アナベル>を見つけてしまう!呪いの封印を解かれた<アナベル>は、数々の異常現象を巻き起こし、執拗に少女たちを追い詰めていく。逃げても捨てても、<彼女>はどこまでも“憑いて”くる――!

アナベルとは「史上最も呪われた人形」として、現在も米コネティカット州のオカルト博物館に保管されている実在の人形。神父によって年2回の祈祷が実施されるほど、強力な呪いの力を持つ存在として知られています。

これまで明かされることのなかったアナベル誕生の秘密にも触れている本作。果たして人形の正体とは――?

大反響を呼んだシリーズ最新作!『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

愛する者を失ったシーザーと彼の抹殺をもくろむ人類。地球は、ついに“猿の惑星”へと変貌していくのか。極限の怒りと葛藤のドラマが交錯するとき、猿と人類の“人間性”をかけた“聖戦(グレート・ウォー)”が幕を開ける。

高度な知能を持った猿たちの反乱、人類の文明崩壊、そして猿と人類の戦争という衝撃的なストーリーを描き、大反響を呼んだ『猿の惑星』シリーズ。

未来を切り開く”希望の地”へたどり着くのは、猿かそれとも人類か――。誰もが知っている結末の、誰も知らなかった壮絶なドラマがついに明かされます!

10月14日公開の映画

人間の本質をゆっくりと炙り出す美しき復讐ドラマ『立ち去った女』

殺人の罪で、30年もの間投獄された無実の女ホラシア。真の黒幕は、彼女のかつての恋人ロドリゴだった。出所したホラシアは、自分を陥れた男を追って、孤独な復讐の旅に出る。彼女の前に現れたのは、アヒルの卵売りの男、物乞いの女、そして心と身体に傷を抱えた謎の“女”。困っている者、弱い者たちに優しく手を差し伸べ、惜しみない愛を注ぐホラシア。そんな彼女を慕う者たちの助けで、復讐すべき男との距離は徐々に縮まっていく...。

「怪物的映画作家」と称される、フィリピンの鬼才ラブ・ディアス監督のドラマ映画。監督だけでなく、脚本、撮影、編集も担当しています。
第73回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映され、最高賞である金獅子賞を受賞しました。

ファイト・ラブコメディ『リングサイド・ストーリー』

ⓒ 2017 Ringside Partners

10年付き合い同棲中の江ノ島カナコ(佐藤江梨子)の彼は、ヒモ?同然の売れない役者“村上ヒデオ”。出会ったころ、舞台袖で見たヒデオは輝いていて、7年前大河ドラマに出たときは、カンヌ映画祭に連れていってくれると信じていた。最近は、相変わらずオーディションに落ち続け、マネージャー百木が決めたエロVシネの大役さえ、撮影当日にドタキャンする始末。ある日、カナコは勤め先の弁当工場を突然クビになり生活は大ピンチ!プロレス好きだったヒデオは、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1(レッスルワン)」の広報が人員募集している事を知り、彼女の職探しをアシストする。しかし新天地でイキイキと働きだし、自分を構わないカナコを、浮気していると勘違いして嫉妬に狂ったヒデオは、とんでもない事件を起こしてしまう。事件のケリをつけるため、K-1チャンピオン和希との一騎討ちを命じられたヒデオ。果たして、愛するカナコのために、ヒデオはリングに上がるのか?

佐藤江梨子と瑛太をW主演に迎え、さらにK-1×プロレス界のトップアスリートたちが出演という、異色の豪華キャストで贈る本作。

「夢」だけでかい典型的なダメ男と、彼を支える健気な女が繰り広げるファイト・ラブコメディです!

8年間に渡って長期密着取材!『ミスター・ガガ 心と体を解き放つダンス』

『ミスター・ガガ 心と身体を解き放つダンス』(C)Gadi Dagon

イスラエルを代表するコンテンポラリーダンスカンパニーのバットシェバ舞踊団。本作は、1990年から芸術監督・振付家を務めるオハッド・ナハリンに8年間に渡って長期密着取材したドキュメンタリー映画となっており、その人生をふり返る貴重な資料映像と、代表的な公演の記録映像を数多く使用したダンスシーンとで構成されている。また、「GAGA(ガガ)」と呼ばれる独自の身体能力開発メソッドを考案。現代人の身体感覚や直感的な感性を目覚めさせてきたその世界に肉迫し、本作を通して「ミスター・ガガ」と呼ばれるオハッド・ナハリンの創作の秘密が明らかにしていく。

”レディ・ガガ”ならぬ”ミスター・ガガ”こと、コンテンポラリーダンス界の教祖的存在、オハッド・ナハリンに密着したドキュメンタリー映画。

人生を振り返る貴重な資料映像と、代表的な公演の記録映像を数多く使用したダンスシーンとで構成されています。

最旬若手キャストで贈る青春ラブストーリー『恋と嘘』

『恋と嘘』(C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社

DNAなどあらゆるデータにもとづき、政府が最良の結婚相手を通知してくれる“恋愛禁止”の世界。多くの人がその“政府通知”を幸せな結婚のきっかけとして受け入れていた。人よりちょっと優柔不断な仁坂葵は、通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵の誕生日前日、幼なじみの司馬優翔に突然「好きだ」と告白される。小さなころからいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだが...。

主演に森川葵さんを迎え、ヒロインの幼馴染役に北村匠海さん、政府通知の相手を佐藤寛太さんが演じることで、話題沸騰となっている本作。

恋愛禁止の世界で生きる3人の恋は、どのような展開を見せるのでしょうか?

後世に影響を与え続ける二人のアーティスト人生『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』

© 2014 EG Film Productions / Saga Film

モダニズム華やかなりし1920年代、のちの近代建築の巨匠ル・コルビュジエは、気鋭の家具デザイナーとして活躍していたアイリーン・グレイに出会う。彼女は恋人である建築評論家のジャン・バドヴィッチとコンビを組み、建築デビュー作である海辺のヴィラ「E.1027」を手掛けていた。陽光煌めく南フランスのカップ=マルタンに完成したその家はコルビュジエが提唱してきた「近代建築の5原則」を具現化し、モダニズムの記念碑といえる完成度の高い傑作として生みだされた。当初はアイリーンに惹かれ絶賛していたコルビュジエだが、称賛の想いは徐々に嫉妬へと変化していく。そして1938年、事件は起こる。コルビュジエは、アイリーンの不在時に何の断わりもなく、邸内に卑猥なフレスコ画を描いてしまう。これを知った彼女はコルビジェの行為を「野蛮な行為」として糾弾し、彼らの亀裂は決定的なものになった。その後、大戦とともに、「E.1027」は人々から忘れられ、打ち捨てられてしまう。戦後、すっかり荒れ果てた物件は、競売にかけられる。海運王アリストテレス・オナシスも参加したこの物件を買い戻すために奔走したのは他でもない――ル・コルビュジエだった。

光輝く才能を発揮するアイリーンに対する、コルビュジエの密やかな嫉妬と欲望が絡まりあった、知られざる愛憎ドラマ。時代を越え、後世に影響を与え続ける二人のアーティスト人生を、実際の建築や家具などを使い、眩しい映像美で描いています。

名優と注目の若手の共演『あなた、そこにいてくれますか』

『あなた、そこにいてくれますか』(C) 2016 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

医療ボランティアでカンボジアを訪れた医師のハン・スヒョンは、赤ん坊の手術をしたお礼に願いを叶えるという10錠の薬を受け取る。彼の願い...それは、30年前に亡くなった当時の恋人ヨナに、もう一度だけ会いたいということだった。半信半疑で薬を飲むと、1985年にタイムスリップし、そこで過去の自分と出会う。ヨナの身に起きた事実を知った若い自分は彼女を助けたいと願うが、彼女との未来を選んでしまうと、彼女の死から10年後に生まれた娘の存在を消してしまうことになる。2015年と1985年、時を超えて出会った二人のスヒョンが選んだ答えとは――。

日本でも人気の高い実力派俳優キム・ユンソクと若手イケメン俳優ピョン・ヨハンが、過去と現在の主人公を二人一役で演じています。

これまでの人生で”忘れられない人”がいるすべての人の贈る、珠玉のラブストーリーです。

まとめ

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

今週末公開の映画も話題作がありますね!特に、猿の惑星は楽しみにしている方が多いのではないでしょうか⁉気になる作品があったら、ぜひ映画館へ観に行きましょう!

この記事のライター

関連する投稿


岡田将生が金髪バンドマンに!鉄拳の漫画『家族のはなし』実写映画化

岡田将生が金髪バンドマンに!鉄拳の漫画『家族のはなし』実写映画化

お笑い芸人・鉄拳のパラパラ漫画「家族のはなし」が、なんと『伊藤くん A to E』などで活躍する岡田将生主演で実写映画化されることが決定しました!バンドマンを演じる岡田将生の金髪の写真や、そのほか豪華なキャストなどをご紹介します。


玉城ティナと小関裕太のW主演!実写映画『わたしに××しなさい!』

玉城ティナと小関裕太のW主演!実写映画『わたしに××しなさい!』

累計発行部数200万部突破の遠山えまの漫画『わたしに××しなさい!』が、玉城ティナと小関裕太のW主演で実写化されます。S女の雪菜(玉城ティナ)と、悪魔でモテるS男の時雨(小関裕太)の、過激な発言にドキドキすることまちがいなし!6月23日(土)公開予定の本作品について、キャストやあらすじ、見どころをまとめてみました。


新木優子出演作まとめ!若手女優ながら幅広い出演作に注目♪

新木優子出演作まとめ!若手女優ながら幅広い出演作に注目♪

小学生のときにスカウトされ、以後ファッションモデルから女優へと、着実に活動の幅を広げている新木さん。最近では「トドメの接吻」での社長令嬢役がハマって、更なる注目を集めています。そんな彼女のこれまでの出演作を、ドラマだけでなく映画藻集めてみました!


佐藤寛太出演作まとめ!『HiGH &LOW』シリーズをはじめ、デビューの経緯まで紹介!

佐藤寛太出演作まとめ!『HiGH &LOW』シリーズをはじめ、デビューの経緯まで紹介!

劇団エグザイルに所属しているメンバーの中でも、今最も注目が集まっている佐藤寛太さん。 『HiGH &LOW』シリーズはもちろんのこと『イタズラなKiss THE MOVIE』にも出演する佐藤さんの経歴や出演作をまとめました!


松岡茉優初主演作!暴走ラブコメ『勝手にふるえてろ』がいよいよ公開!

松岡茉優初主演作!暴走ラブコメ『勝手にふるえてろ』がいよいよ公開!

「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞した気鋭の作家、綿矢りさ原作の暴走ラブコメディがこの度、松岡茉優主演で映画化されます! 恋愛経験のない主人公のOLが2人の彼氏(?)の間に揺れる故に、大暴走してしまうという、他とは少し違う恋愛映画をご紹介します!


最新の投稿


『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

ライアン・レイノルズがアンチヒーロー・デッドプールを演じ大ヒットを記録した『デッドプール』その続編となる『デッドプール2』!前作のおさらいから引き続きやキャストについて、さらにはデッドプールのトリビアなど、公開が待ちきれなくなる情報をまとめました。


阿部寛が浮世絵に⁈笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』

阿部寛が浮世絵に⁈笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』

『後妻業の女』の鶴橋康夫が約40年映画化を熱望し続けた、阿部寛主演で贈る笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』。豪華キャストが勢ぞろいする本作品の公開日が2018年5月18日に決定しました。本記事では気になる本作について詳しくご紹介します。


ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

女性同士の恋愛=レズビアンをテーマにした作品を観たことはありますか?セクシーな女性同士の恋愛を描くシーンはまるでアートのような美しさ。ぜひワインを片手に見てほしいレズビアン映画がたくさんあります。そこで今回は海外・日本国内の作品問わず、おすすめのレズビアン作品をまとめてみました。


【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

4/27(金)、4/28(土)そしてGWの頭である5/4(金)、5/5(土)に公開される映画を一挙ご紹介。 数多くの豪華オールスター・ヒーローが集結する超大作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をはじめ、公開前からメディアで多く取り上げられた『君の名前で僕を呼んで』など期待作が続々公開されます!


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。