イ・ビョンホンxカン・ドンウォンxキム・ウビンの韓国最強イケメン勢ぞろい!『MASTER マスター』のまとめ

イ・ビョンホンxカン・ドンウォンxキム・ウビンの韓国最強イケメン勢ぞろい!『MASTER マスター』のまとめ

韓国で金融投資詐欺事件史上最大規模と呼ばれる実際の事件をモチーフにしたクライムサスペンス『MASTER マスター』が公開されます。 主演のイ・ビョンホンが来日、大規模なPRなど話題を集める今作の監督や、メインキャストの過去作を紹介いたします。


韓国にて実際にあった最大規模の詐欺事件を描く!『MASTER マスター』

『MASTER/マスター』(C)2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED

資会社のチン会長は自らの才能を生かし、金融投資詐欺で多額の資金を市民から巻き上げることに成功します。
チンは会社をたたみ、集めた金と海外へ逃亡。
知能犯罪捜査班のキムは、優れた知性からチンを逮捕するため、以前部下だった天才パクと共に、チン捜索に乗り出します。
すると、チンの痛いが海外で発見されたと報道が流れますが、これをチンの策略と見たキムは秘密裏に捜査を続行・・・。

イ・ビョンホン/『MASTER/マスター』特別試写会で来日

今作では、公開を記念して、主演のイ・ビョンホンが来日!
今作で極悪人・チンを熱演したイ・ビョンホンは、劇場のスクリーンをジャックして舞台挨拶を行うという、異例のキャンペーンを実施し、話題を集めました。

監督は『監視者たち』のチョ・ウィソク!

© 2013 OPUS PICTURES & ZIP CINEMA, All Rights Reserved

チョ・ウィソクは前作でもクライムサスペンスを手がけており、『MASTER マスター』同様、頭脳戦やアクションが繰り広げられる骨太な作風が共通しています。並外れた瞬間記憶力と観察力を持つ刑事と、その目を巧妙にかいくぐる凶悪犯との攻防戦が息を呑む作品。

『MASTER マスター』が実際の事件が元になっているのに対し、『監視者たち』は香港の監督ヤウ・ナイホイによる『天使の目、野獣の街』のリメイクになっており、チョ監督はリメイクや脚色に長けた監督ともいえます。

韓国市民を騙した極悪人をイ・ビョンホンが熱演!

『MASTER/マスター』(C)2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED

韓国のみならず、世界的にもその活躍を取り上げられるイ・ビョンホン。
セクシーな役から、ごりごりのアクションまでこなす彼が、今回演じるのは極悪非道な詐欺師です。
ビジュアルからも、そのガラの悪さが際立っていますが、彼は金融投資会社の会長を務めている。

イ・ビョンホン/『MASTER/マスター』特別試写会で来日

しかし彼は持ち前の才能である、計画性と天性の口のうまさを駆使し、多額の投資金を集めて裏金を増やし、権力者たちに賄賂をばらまいてビジネスを拡大していたのです。
捜査の手が伸びていると察すると、金と共に海外へ逃げるなど、抜け目のない役どころを演じている。

冷血な復讐の鬼となる!『悪魔を見た』

『悪魔を見た』 −(C) 2010 PEPPERMINT&ANY CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

そんなイ・ビョンホンは他にも残忍な役どころを怪演しています。
韓国映画『悪魔を見た』では恋人を残虐な方法で殺されたSPの主人公が、同じく残虐な方法で復讐していく作品。
どろどろした雰囲気だけでなく、イ・ビョンホンが得意とするアクロバティックなアクションも満載です。

© 2010 PEPPERMINT&ANY CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

ストーリーもただの復讐劇ではなく、最初は犯人を痛めつけておいて、治療費だけを置いておき、それで治療をした直後にまた激しい暴力を振るうという冷血っぷりがすさまじいです。
そして、この復讐によってイ・ビョンホンが救われるのかどうかも、見どころのひとつになっています。

カン・ドンウォンがずば抜けた知能で、犯人を追い詰める!

『MASTER/マスター』(C)2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED

一方、チン役のイ・ビョンホンを追い詰めるキム刑事役には『華麗なるリベンジ』などに出演する、人気若手俳優カン・ドンウォン。
その優れた頭脳を駆使して、巧妙な手口で警察の捜査網を潜り抜ける知能犯罪捜査班の刑事を演じています。

『MASTER/マスター』(C)2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED

イ・ビョンホンだけでなく、カン・ドンウォンの来日舞台挨拶も決まっており、こちらも多くのファンが注目。
日本でも待望のファンクラブが開設され、今作の演技も過去作品史上最高の演技と評されています。

『超能力者』では意のままに人を操る能力者に!

© 2010 United Pictures & ZIP CINEMA. ALL Reserved.

他人を操る能力もつゆえに孤独な人生を送る男が、盗みに入った質屋で超能力が効かない男と遭遇したことで、お互いがお互いの命を狙うようになる闘いを描いたサイコ・アクション。

藤原竜也×山田孝之『MONSTERZ モンスターズ』第1弾ポスタービジュアル/(C) 「MONSTERZ」FILM PARTNERS

今作をリメイクした日本映画も存在し、14年に公開され、藤原竜也×山田孝之主演で描かれた『MONSTERZ モンスターズ』もかなり見ごたえのある作品となっており、ホラー映画の名匠・中田秀夫独特の演出も見受けられます。

『華麗なるリベンジ』ではチャラいけど、人に好かれる男に!

『華麗なるリベンジ』ポスタービジュアル (C)2016 SHOWBOX, MOONLIGHT FILM AND SANAI PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

検事の男が身に覚えのない事件で、刑務所送りとなり、再審も失敗したことから何者かにはめられたと考えます。
検事は、同じ刑務所内であったイケメンの詐欺師に、ここから出ることに成功したら、無罪にするという交換条件のもと、自分をはめた相手を調べ始める。

『義兄弟 SECRET REUNION』 カン・ドンウォン

ここではカン・ドンウォンは持ち前の人の良さとイケメンフェイスを武器に誰にでも上手く取り入ることの出来る詐欺師を演じてはまり役となっています。
皮肉にも『MASTER マスター』では詐欺師を追う刑事役というのがユニークです。

キム・ウビンはチンの元側近で、キムに寝返るITの天才を怪演!

『MASTER/マスター』 (C)2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED

詐欺師のチン会長の右腕として活躍しているキム・ウビンは、今作では最初はチンと金融詐欺の片棒を担ぎますが、キム刑事に協力を依頼され、心を改めチン逮捕側に回る。
今作ではチン側とキム側と両サイドに立つため、第3の主役と行っても過言ではありません。

『MASTER/マスター』 (C)2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED

キム・ウビン演じるパク役は、ITの場では絶対的な自信をもつ一方、ひょうきんな一面も持ち合わせる魅力的なキャラクターを演じている。
イ・ビョンホンやカン・ドンウォンにも負けない存在感を、今作で発揮しています!

女たらしの男を演じた『二十歳』

2PMジュノ&キム・ウビン&カン・ハヌル『二十歳』日本版ポスター (C)2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD. All Rights Reserved.

ひょんなことから大親友となった絵を描くことだけがとりえのドンウと女たらしのチホ、その2人の喧嘩を仲裁した優等生ギョンジェ。彼らが20歳になり、それぞれが恋を中心に大人の階段を上ろうとする青春ムービーです。

『MASTER/マスター』 (C)2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED

キム・ウビンは親のスネをかじりながらも、駆け出しの女優と付き合えるという天性の女たらし役を演じ、恋に奥手なドンウたちに、経験豊富な男ならではのレクチャーまでする徹底っぷりが面白い作品。

まとめ

『MASTER/マスター』 (C)2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED

実際の事件を基にしていることもあり、韓国映画ファンや、俳優ファン以外の層にも注目が集まっている『MASTER マスター』。
主要キャストのこれまでの作品を見ると、これまでのイメージとは反対の役や、過去作でもはまった役を演じるキャストもいるなど、俳優陣の演技合戦が気になるところです。

『MASTER/マスター』 (C)2016 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED

チョ・ウィソクの知的かつスリリングなサスペンス演出も、今作でもどれほど反映されているのか注目したいです。
これを気に、監督やキャストの過去作を見比べてみるのも面白いかもしれません!

事件はこうして起こった!実話をベースの犯罪映画おすすめ50選

https://pickup.cinemacafe.net/articles/202

世の中には映画よりも残酷な事件がたくさん存在します。え?これって実際に起こった事件だったの?と驚きを呼ぶ、実話ベースの犯罪映画おすすめの50作をご紹介します。

この記事のライター

過去にレンタルビデオ店と映画館で働いていており、基本洋画邦画問わず見ます。18年目標は、たまっているネトフリマイリスト消化・・・

関連する投稿


金曜ロードショー6/8放送!『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』まとめ

金曜ロードショー6/8放送!『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』まとめ

2017年6月に公開された映画『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』は、藤原竜也さんと伊藤英明さんのW主演の社会派アクションサスペンス!あらすじやキャスト、関連作などをご紹介します。


【今週末公開の映画】6/1~『デッドプール2』『ビューティフル・デイ』ほか!

【今週末公開の映画】6/1~『デッドプール2』『ビューティフル・デイ』ほか!

6/1(金)、6/2(土)に公開される映画を一挙ご紹介。あのクソ無責任ヒーローが、今度はまさかのファミリー映画でカムバック?『デッドプール2』や、カンヌ国際映画祭で、脚本賞と主演男優賞をW受賞した異色作『ビューティフル・デイ』など、期待作が続々公開されます。


恋愛映画洋画ランキング・ベスト20!あの有名作品から隠れた名作まで!【2018年版】

恋愛映画洋画ランキング・ベスト20!あの有名作品から隠れた名作まで!【2018年版】

2000年以降のロマンチックな海外恋愛映画をあつめてみました!恋がしたくなることまちがいなしの恋愛映画を、ランキング形式でご紹介します。


【今週末公開の映画】1/26~『デトロイト』『風の色』『ちょっとまて野球部!』ほか

【今週末公開の映画】1/26~『デトロイト』『風の色』『ちょっとまて野球部!』ほか

1/26(金)、1/27(土)に公開される映画を一挙紹介します!『スター・ウォーズ』のジョン・ボイエガ主演『デトロイト』や阿部寛主演のサスペンス映画『祈りの幕が下りる時』など、待ちに待った作品がいよいよ公開!映画館でぜひお見逃しなく。


山田孝之と長澤まさみのダブル主演!日本版『50回目のファーストキス』

山田孝之と長澤まさみのダブル主演!日本版『50回目のファーストキス』

2018年6月1日に公開される福田雄一監督による山田孝之と長澤まさみによるダブル主演による『50回目のファーストキス』をご紹介いたします。 『斉木楠男のΨ難』や『銀魂』と同じ監督とは思えない、ロマンティック・ラブコメディでありリメイクながらオリジナリティ溢れる期待作!


最新の投稿


洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

アメリカンジョークがききまくりな洋画コメディーを観たい!そんな気分の日、ありますよね♪お腹を抱えて涙しながら笑い転げること間違いなしなコメディー映画の名作、傑作を集めました!


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。