【今週末公開の映画】12/1~『鋼の錬金術師』『探偵はBARにいる3』など

【今週末公開の映画】12/1~『鋼の錬金術師』『探偵はBARにいる3』など

12/1〜公開の映画をご紹介します。人気漫画の実写映画から社会派ヒューマンドラマまで、幅広いラインナップが揃っています。さらに12/1は年に一度の「映画の日」!全国どこでも一律1000円で映画鑑賞できます。この機会に映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?


12/1公開予定の映画

パーティで女の子に話しかけるには

© COLONY FILMS LIMITED 2016

パンクロックだけが唯一の生きがいである内気な少年エンは、ある日偶然もぐり込んだパーティーで不思議な魅力をもつ美少女ザンと出会う。エンは大好きな音楽やファッションの話に共感してくれるザンとたちまち恋に落ちるが、2人に許された時間は48時間。ザンは故郷である遠い惑星に帰らなければならない。大人たちの決めたルールに反発した2人は、危険で大胆な逃避行を開始する。

© COLONY FILMS LIMITED 2016

『20センチュリー・ウーマン』のエル・ファニングと、トニー賞受賞の若手実力派俳優アレックス・シャープを主演に迎えた青春音楽ラブストーリー。パンクロッカーたちを束ねるボス的存在を演じるオスカー女優、ニコール・キッドマンにも注目。

探偵はBARにいる3

© 2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

いつものようになじみのクラブでバカ騒ぎをする探偵の元に、相棒の高田が人探しの依頼を持ち込んできた。調査をはじめた探偵は、失踪した女子大生・麗子がモデル事務所を装った風俗店でアルバイトしていたことを突き止める。その店のオーナーを名乗る美女、マリにどこか既視感を覚えた探偵は彼女の周辺を探っていくうちに、いつしか大きな事件へと巻き込まれていく。

© 2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

「ススキノ探偵シリーズ」を大泉洋と松田龍平の共演で実写映画化した人気シリーズの第3弾。今回もススキノの街を舞台に、あのコンビが大暴れ!ゲストにリリー・フランキー、北川景子、前田敦子といった豪華キャストを迎え、よりパワーアップした内容となっている。

鋼の錬金術師

© 2017 荒川弘/SQUARE ENIX © 2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

物質の構造や形状を変化させ、新たな物質を作り出す"錬金術"が存在する世界。幼くして母を失ったエドワードとアルフォンスの兄弟は、母を生き返らせるため、最大の禁忌である人体錬成を行った。結果は失敗に終わり、エドワードは身体の一部を、アルフォンスは全身を失い魂のみを鎧に定着させた存在となってしまう。数年後、国家錬金術師となったエドワードは自分の身体と弟を取り戻すため、絶大な力を持つ"賢者の石"を求め長い長い旅に出るのであった。

© 2017 荒川弘/SQUARE ENIX © 2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

荒川弘原作の大ヒットコミック「鋼の錬金術師」を実写映画化。主人公のエドワードを山田涼介、幼なじみのヒロイン、ウィンリィを本田翼、エドワードたちの良き理解者である若き士官マスタングをディーン・フジオカが演じる。全編フルCGで動くエドワードの弟、アルフォンスにも注目!

12/2公開予定の映画

ムーミン谷とウィンターワンダーランド

© Filmkompaniet / Animoon Moomin Characters (TM)

木の葉が舞い落ちる秋の終わり。好奇心いっぱいのムーミントロールは、まもなくムーミン谷にやってくる冬を感じようと外へ出かけた。ひとたび冬がくれば春まで冬眠するムーミン一家に育ったムーミントロールは、そこで初めて「クリスマス」の存在を知る。

© Filmkompaniet / Animoon Moomin Characters (TM)

フィンランドの作家トーべ・ヤンソンが生み出し、世界中で愛される「ムーミン」のパペットアニメーション。劇場版シリーズの第3弾となり、冬のムーミン谷を舞台に物語がつむがれていく。

プラハのモーツアルト 誘惑のマスカレード

© TRIO IN PRAGUE 2016

1878年、プラハではオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりとなっており、作曲者のモーツァルトにも注目が集まっていた。上流階級の名士たちから依頼を受けプラハにやってきたモーツァルトは、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢されたオペラ歌手のスザンナと出会い、彼女の美貌に魅了される。一方のスザンナも、モーツアルトが妻帯者と知りながら彼の才能に惹かれていた。急接近する2人の前に、スザンナを狙うサロカ男爵が現れ、3人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に巻き込まれていく。

© TRIO IN PRAGUE 2016

モーツァルトがプラハで名作オペラ「ドン・ジョヴァンニ」を初演したという史実から着想を得て、プラハの上流階級を舞台に繰り広げられる、愛と嫉妬と陰謀にまみれた三角関係を描いた作品。主演は『ダンケルク』のアナイリン・バーナード。

希望のかなた

ⓒ SPUTNIK OY, 2017

内戦が激化する故郷シリアを追われ、生き別れた妹を探しヘルシンキに流れ着いた青年カリード。内戦で全てを失った彼にとって、妹を探すことだけが唯一の生きる希望だった。ヨーロッパ全土を悩ます難民問題のあおりで難民申請は却下され、いわれのない差別や暴力を受ける日々。そんなカリードを救ったのは、とあるレストランを営むビクストロム。彼もまた行き詰まった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。

ⓒ SPUTNIK OY, 2017

フィンランドの巨匠アキ・カウリスマキが『ル・アーヴルの靴みがき』に続き、難民問題をテーマに描いたヒューマンドラマ。今年の第67回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞した。

ブルー・バタフライ

© ZZYZX STUDIO

義父から性的暴行を受けて育ったヤズは、本来の優しい性格が一変し、酒やドラッグに溺れる荒んだ生活を送っていた。彼女を守るために罪を犯した義兄のマニーは現在仮釈放中の身だが、困ったときに頼ってくる義妹をなんとか支えようとする。一方マニーの保護観察官ブレナーは、自分のせいで死んでしまった亡き息子の姿をマニーに重ね、彼を立ち直らせるためにヤズを引き離そうとしていた。さまざまな人々の思いが交錯する中、ヤズの荒れた行動は次第にエスカレートしていく。

© ZZYZX STUDIO

故高倉健さんを題材にしたドキュメンタリー「健さん」を手がけた日比遊一監督による初の劇映画作品。日米合同で製作された。モノクロとカラーを織り交ぜながら、社会の底辺でもがく若者たちをリアルに描いている。

まとめ

© 2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

12/1週公開の映画は、人気漫画の実写映画から社会派ヒューマンドラマまで多様なラインナップが揃っていますね。年に一度の「映画の日」でもあるので、この機会に映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

関連する投稿


大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

毎日がうまくいかない。貧乏暇なしで働いて働いても二束三文。辛い事も多い。でも精一杯生きてるんだぁ!  1970年(昭和45年)、大阪万博が開催され、日本がどんどんと裕福になっていた頃、関西の片隅で辛くも精一杯生きてきた、そんな家族の物語です。


7/27放送の金曜ロードショー!『バケモノの子』みどころや気になる声のキャストを紹介☆

7/27放送の金曜ロードショー!『バケモノの子』みどころや気になる声のキャストを紹介☆

細田守監督、スタジオ地図製作の長編アニメ映画『バケモノの子』。人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街】を舞台に、師弟関係となった少年・九太とバケモノの徹熊。「本物の強さ」を求めて修行した九太が徹熊らと、人間界とバケモノ界の危機に立ち向かう「新冒険活劇」です。


『万引き家族』キャスト&あらすじ紹介!みどころも!

『万引き家族』キャスト&あらすじ紹介!みどころも!

これまで『海街diary』や『三度目の殺人』『そして父になる』など、数多くの名作を世に送り出してきた是枝裕和監督の最新作『万引き家族』!日本人監督作品として21年ぶりに、第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞のパルム・ドールを獲得した作品のあらすじやキャスト、みどころをご紹介。


『パンク侍、斬られて候』は夏フェス映画?「劇薬」と呼ばれる強烈作まとめ!

『パンク侍、斬られて候』は夏フェス映画?「劇薬」と呼ばれる強烈作まとめ!

出演者が揃って「宣伝不可能!」と言ってしまうほど、ぶっ飛んだストーリー展開と、ぶっ飛んだキャラクターが勢ぞろいの『パンク侍、斬られて候』これまでの邦画にないインパクトが炸裂する本作の魅力を、「可能な限り」まとめてみました!(なんたって出演者が説明できないというほどですから!)


北川景子主演!『スマホを落としただけなのに』日常に潜む恐怖を描いたサイバーミステリー映画!

北川景子主演!『スマホを落としただけなのに』日常に潜む恐怖を描いたサイバーミステリー映画!

志駕晃さんによる同名小説『スマホを落としただけなのに』が2018年11月2日に劇場公開されます。主演は、テレビドラマ『悪夢ちゃん』などで活躍されている北川景子さんです!今回は原作小説やキャスト、制作スタッフなど紹介していきます。


最新の投稿


懐かしいアニメ映画50選!

懐かしいアニメ映画50選!

おすすめの懐かしのアニメを50作品集めました!


7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

アニメ界の金字塔として、近年数々の名作を生みだしている細田守監督の最新作『未来のミライ』が、2018年7月20日より全国ロードショーが始まります。今回もまた「家族」をテーマとした作品で、多くの観客を魅了することでしょう。公開前に、あらすじなどチェックしてみましょう!


大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

毎日がうまくいかない。貧乏暇なしで働いて働いても二束三文。辛い事も多い。でも精一杯生きてるんだぁ!  1970年(昭和45年)、大阪万博が開催され、日本がどんどんと裕福になっていた頃、関西の片隅で辛くも精一杯生きてきた、そんな家族の物語です。


『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

1987年に公開されて一躍話題になり、1991年に続編が公開された『プレデター』。2010年にはリブート版も公開されました。そして、それでおしまいではなかったのです。シリーズを振り返りながら、2018年9月公開予定の新作『ザ・プレデター』に迫ります!


『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

旦那さん、奥さん亡くなられたらじっきだったよと井戸端会議から聞こえてきそうな程、よくある話ですよね。所詮、男は女が助けがないと何もできない生き物と言われたりするのも本当なのかもしれませんね。そんな夫婦の家族のドラマが詰まった映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』を紹介します。