『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』まとめ!実在のトーニャ・ハーディングと、その起こした事件とは?

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』まとめ!実在のトーニャ・ハーディングと、その起こした事件とは?

第90回アカデミー賞にて助演女優賞を受賞し、そのスキャンダラスな題材と相まって話題沸騰中の『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』 スキャンダルと、その事件を起こした主人公・トーニャの半生に迫る内容でありながら、独特のポップな演出が見どころの作品となっています。 今回は、トーニャと彼女が起こした事件もまとめました!


スケート界史上最大のスキャンダルを映画化!

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(C) 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

94年のレリハンメルオリンピックにて、その出場権を得るために元夫達に、ライバル選手を襲撃させたとして、疑惑の目を向けられるアメリカ人スケート選手トーニャ・ハーディング。
その事件は「ナンシー・ケリガン襲撃事件」としてマスコミに取り上げられ、その内容が内容なだけに報道はどんどんエスカレートしていきました。

マーゴット・ロビー-(C)Getty Images

しかし、事件は表面的に捉えられるばかりで、その真相を知る人はどこまでいるのか疑問が残るまま、どんどん事は収束していきました。
今作ではそんなトーニャの生い立ちから大きな影響を与えた彼女の母親について、他にも彼女にのみ起きた事件などを追及していきます。

今作はトーニャの生い立ちをも掘り下げる!

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(C) 2017 AI Film Entertainment LLC.

トーニャは貧しい家庭で、幼い頃から暴力・罵倒の中で育てられました。
そんな中で天性の才能と努力もあって、彼女は92年、94年と2度のオリンピックの代表選手となります。

マーゴット・ロビー-(C)Getty Images

しかし、彼女の夫であった、ジェフ・ギルーリーの友人が、トーニャのライバルであるアンシー・ケリガンを襲撃してしまいます。
このことがきっかけで、トーニャがこれまで築いて生きたスケート人生は一変して転落の一途をたどっていきます。

実在の人物トーニャ・ハーディングとは

マーゴット・ロビー-(C)Getty Images

1992年アルベールビルオリンピック、1994年リレハンメルオリンピック女子シングルアメリカ代表として出場し、1991年のフィギュアスケート選手権では2位を獲得します。
さらに、その年、女子選手として史上2人目のトリプルアクセルを成功させ、大きな注目を浴びます。

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(C) 2017 AI Film Entertainment LLC.

しかし本作でもメインで取り上げられる「ナンシー・ケリガン襲撃事件」に関与したとされます。
最初はスケート界追放に対し、法的処置をほのめかしますが、事件から2ヶ月ほど経って、罪を認め、懲役刑こそ免れたものの、1994年全米選手権での優勝と、1999年までの公式大会出場権やコーチになるための権利を剥奪されます。
その後もマスコミをざわつかせるような事件を起こすも、時の人となってしまい、現在はなんとボクサーとして活動中です。

アリソン・ジャネイ第90回アカデミー賞を受賞!

トーニャ母/アリソン・ジャネイ/『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(C) 2017 AI Film

今作で、トーニャの母親にして、娘の才能を利用する“毒母”をパワフルに熱演したアリソン・ジャネイが第90回アカデミー賞助演助優勝を受賞しました!
現在では所在どころか生死も分からないというラヴィオを見事に演じきりました。

アリソン・ジャネイ-(C)Getty Images

アリソンは今作で初ノミネートを果たし、なんと初受賞まで上りつめました。
コメントでは、素晴らしい脚本と、マーゴット・ロビーを初めとするキャストやスタッフに感謝を述べ、これまでのキャリアも、こうした人々のおかげで積み重ねることができたと述べました。

トーニャ転落のきっかけとなる「ナンシー・ケリガン襲撃事件」とは

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(C) 2017 AI Film Entertainment LLC.

94年1月6日。リレハンメルオリンピック選手会の会場で、練習を終えたナンシー・ケリガンが何者かに襲われます。
これによりナンシーは全米選手権を欠場。トーニャはこの大会で優勝します。

マーゴット・ロビー-(C)Getty Images

しかし事件から2週間後、トーニャの元夫らが逮捕され、トーニャ自身にも疑惑の目が向けられます。
トーニャは法的措置をほのめかしながら、リレハンメルオリンピックに出場をします。
しかし結果は振るわず8位に終わり、怪我から復帰したナンシーは銀メダルを獲得する結末に終わりました。

他にもあった!お騒がせ選手トーニャ「靴ひも事件」

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(C) 2017 AI Film Entertainment LLC.

94年のリレハンメル五輪で、トーニャはショートプログラムでミスを連発し出遅れます。
フリーでは自分の出番になってもリンクに姿を現さず、失格扱い寸前にまでなります。
やっと姿を見せ、演技を始めたかと思うとすぐに中断をしてしまいます。

マーゴット・ロビー-(C)Getty Images

トーニャはジャッジにスケート靴の紐が切れたことで演技を中断したとアピール。
結局再度演技することを認められるも8位に終わる結果に。
そして襲撃されたナンシーは、この五輪で総合銀メダルを獲得しました。

あの人は今・・・なんとダンスバトル番組に出演?

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(C) 2017 AI Film Entertainment LLC.

スケート界追放後は、ボクサーに転身し、さらに総合格闘技に挑戦するなど、いまだ波乱万丈のトーニャですが、最近ではアメリカのダンスバトル番組に出演するという噂が浮上しているそうです。
ダンスのプロから、崖っぷちタレントまでが男女ペアで幅広く出演しており、毎週点数の低いカップルが失格していくというもの。

マーゴット・ロビー-(C)Getty Images

噂されているのは、出場者が全員アスリートで組まれる回で、トーニャ以外にも平昌でメダルを獲得した選手も出演するのではと言われています。
しかも過去にナンシー・ケリガンがこの番組に出演しており、時を越えての因縁の対決が起きるかも・・・?

監督は『ミリオンダラー・アーム』のクレイグ・ガレスピー

『ミリオンダラー・アーム』-(C)2014 Disney Enterprise, Inc. All Rights Reserved.

イラスト、グラフィック、広告をマンハッタンにて学んだクレイグは、友人の勧めもあって、映画に興味を持つようになります。
その後は15年間CMディレクターを務め、5年間の間に多くの賞を受賞しました。
代表作には『ミリオンダラー・アーム』『ラースと、その彼女』があります。

ジョン・ハム/『ミリオンダラー・アーム』-(C) 2015 Disney

CMでは暗いユーモアを中心に手がけており、映画でもラブドールに恋をする青年を描いた『ラースと、その彼女』を監督します。
しかし最初はアイデア事態がばかげていると思って、脚本をすぐには手をつけなかったとか・・・。

『ラースとその彼女』

© 2007 KIMMEL DISTRIBUTION,LLC All Rights Reserved

心優しく、町の人々にも好かれる青年・ラースは女性と話すのが苦手。
そんな彼がネットで知り合った女性を兄に紹介するのですが、その女性は車椅子に乗った元宣教師のブラジル・デンマークのハーフであるビアンカ。というアダルトサイトで販売されるリアルドールでした・・・。

主人公・ラースを演じているのは、今や大スターのライアン・ゴズリング。
今から10年ほど前の作品なので、ゴズリングもラースと同じ年齢くらいでしょう。
スターの過去作を掘り下げると、こういう予想だにしない作品と出くわすので、面白いです笑

脚本は『クーパー家の晩餐会』スティーブン・ロジャース

マーゴット・ロビー-(C)Getty Images

今作の実話を脚本に落としこんだのはスティーブン・ロジャース。
過去作では『P.Sアイラヴユー』や『ニューヨークの恋人』と言ったラブストーリーの脚本が目立ちます。
『アイ、トーニャ~』の前の作品では、家族の群像劇を描いた『クーパー家の晩餐会』があります。

『クーパー家の晩餐会』

『クーパー家の晩餐会』 (C)2015 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

クーパー家はクリスマス・イヴの日に、一族全員が集まり晩餐会を開くのが習わし。
しかし、集まった家族にはそれぞれ抱えている秘密や問題があり、それが原因で晩餐会は思いもよらぬ展開を見せます。

ラグズ/『クーパー家の晩餐会』 (C)2015 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

因みに今作で反抗期の少年を演じているのは、『君の名前で僕を呼んで』で一躍注目の的となった、ティモシー・シャラメです。
この頃から、非情に特徴のある演技を見せています!

『ウインストン・チャーチル』だけじゃない!役作りのために変化するマーゴット・ロビー!

辻一弘/凱旋帰国

アカデミー賞にて、日本人の辻一弘さんがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したことが大きな話題となりましたは、今作『アイ、トーニャ~』でもマーゴット・ロビーが当時のトーニャに扮するため特殊メイクを施して演技に挑んでいるシーンもあります!

マーゴット・ロビー

物語が1990年代ということもあり、ハイウエストジーンズとマーブルブルーのセーターに身を包みむだけでなく、髪型はカールした金髪のかつらをかぶり、服の下に体を大きく見せるためのファットスーツを着込むという徹底ぷり。
顔には特殊メイクを施し、スケート界から身を引いた頃のハーディングそっくりに変貌を遂げています!

出演キャストをご紹介

マーゴット・ロビー-(C)Getty Images

今作では実在の人物を演じるに当たって、実力あるキャストが勢ぞろいしています。
そんな彼らの代表作や、これまでのキャリアをまとめました!

トーニャ・ハーディング / マーゴット・ロビー

マーゴット・ロビー-(C)Getty Images

マーティン・スコセッシ監督の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』主演のレオナルド・ディカプリオの相手役に抜てきされると一躍注目を集め、その後の『スーサイド・スクワッド』でもハーレイ・クイン役がはまり、人気スターの仲間入りを果たします。
待機作には『ピーターラビット』でフロプシーの声を担当します。

本当は男性キャラに扮するのが好き?

マーゴット・ロビー

『スーサイド・スクワッド』では、元の外見が分からなくなるほどにハーレイ・クインになりきっているマーゴット・ロビーですが、実はハロウィンのコスプレにも並々ならぬ気合を持って挑むことでも知られています。
しかも毎年コスプレするのは『13日の金曜日』のジェイソンやといった、ゴリゴリの男性キャラ。
何でも女子がよくやるコスプレはランジェリーのようで寒そうなのに対し、男性キャラのコスプレはそのような心配もなく実用的な面も魅力的なんだそうです笑
女性の皆様はマーゴットのコスプレ論を参考にするのもいいかもしれません・・・。

ジェフ・ギルーリー / セバスチャン・スタン

セバスチャン・スタン-(C)Getty Images

海ドラ「LAW & ORDER ロー&オーダー」で俳優デビューし、大ヒットドラマ「ゴシップガール」に出場もしています。
映画では『ブラック・スワン』、マーベル作品の『キャプテン・アメリカ』シリーズではウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ役を演じています。

ラヴォナ・ゴールデン / アリソン・ジャネイ

アリソン・ジャニー-(C)Getty Images

英ロンドンの王立演劇学校(RADA)で演技を学ぶと、96年にブロードウェイデビュー。
ドラマでも4度エミー賞を受賞するなどのキャリアを持っています。
映画でも『めぐりあう時間たち』や『JUNO ジュノ』『ヘルプ 心がつなぐストーリー』などのオスカー候補作で脇役を務めました。
今作『アイ、トーニャ~』では初の助演女優賞を受賞しました。

ダイアン・ローリンソン / ジュリアンヌ・ニコルソン

ジュリアンヌ・ニコルソン/『ブラック・スキャンダル』- (C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC, RATPAC ENTERTAINMENT, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

モデルとしてキャリアをスタートさせ、その後女優として活動を始めると、テレビドラマを中心に出演をしていきます。
98年のマイケル・ケイン主演の『カーテン・コール』で映画デビューを果たすと、『8月の家族たち』でメリル・ストリープ演じる主人公の娘役に抜擢されました。

マーティン・マドックス / ボビー・カナヴェイル

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

2013年に、ドラマ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」で第65回エミー賞ドラマ部門にて最優秀助演男優賞を受賞するキャリアをもっています。
2014年にはジョン・ファヴロー監督の映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』に出演し、近年では『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』でラッセル・ヴァン・ペルトを演じています。

まとめ

マーゴット・ロビー-(C)Getty Images

スケート業界に詳しく無い人からすると、トーニャ・ハーディングという人物も、彼女が関係した事件も初めて知る人が多いと思います(私もその一人です。)
しかし豪華なキャストをはじめ、監督や脚本の手腕も相まって、いかにトーニャという人物が壮絶な人生をたどっていったのか、興味を惹かれるような雰囲気が充分に漂っています!
『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は2018年5月4日公開です!

この記事のライター

過去にレンタルビデオ店と映画館で働いていており、基本洋画邦画問わず見ます。18年目標は、たまっているネトフリマイリスト消化・・・

関連する投稿


【今週末公開の映画】6/15~『空飛ぶタイヤ』『ワンダー 君は太陽』 

【今週末公開の映画】6/15~『空飛ぶタイヤ』『ワンダー 君は太陽』 

6/15(金)、6/16(土)に公開される映画を一挙ご紹介。これまでドラマ化などで大きな注目を集め続ける池井戸潤原作を長瀬智也主演で映画化した『空飛ぶタイヤ』や、『ルーム』で一躍有名となった子役、ジェイコブ・トレンブレイ最新作『ワンダー 君は太陽』など、期待作が続々公開されます。


ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

女性同士の恋愛=レズビアンをテーマにした作品を観たことはありますか?セクシーな女性同士の恋愛を描くシーンはまるでアートのような美しさ。ぜひワインを片手に見てほしいレズビアン映画がたくさんあります。そこで今回は海外・日本国内の作品問わず、おすすめのレズビアン作品をまとめてみました。


【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

4/27(金)、4/28(土)そしてGWの頭である5/4(金)、5/5(土)に公開される映画を一挙ご紹介。 数多くの豪華オールスター・ヒーローが集結する超大作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をはじめ、公開前からメディアで多く取り上げられた『君の名前で僕を呼んで』など期待作が続々公開されます!


シリーズ第三弾!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』あらすじ・キャスト・見どころまとめ

シリーズ第三弾!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』あらすじ・キャスト・見どころまとめ

全世界同日公開を4月27日(金)に控えた『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。今までのヒーローたちが総結集する期待度120%な超話題作!あらすじやキャスト、さらには今作に関する考察や噂話などをまとめました。


【今週末公開の映画】3/30~『レッド・スパロー』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

【今週末公開の映画】3/30~『レッド・スパロー』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

3/30(金)、3/31(土)に公開される映画を一挙ご紹介。ジェニファー・ローレンス主演の妖艶なスパイ映画『レッド・スパロー』をはじめ、アカデミー賞有力候補で、トム・ハンクス×メリル・ストリーぷ主演の『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』など、エンタメ製の強い作品から社会派まで公開されます!


最新の投稿


【2018年度版】絶対に面白い映画20選!これは観なくちゃヤバい!

【2018年度版】絶対に面白い映画20選!これは観なくちゃヤバい!

本当に面白い映画はコレ!過去の名作から、今年度最新の映画まで、本当に面白い映画だけを20作品集めました!


ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

数々の有名作品にちょい役での出演なのに、なぜか記憶に残る俳優トーマス・クレッチマン。でもちょい役なだけに顔は知ってるんだけど、名前は知らないという方も多いのでは?今回はそんな彼の生い立ちや魅力、出演作品をお伝えしていきます。


6/22金曜ロードショー『ファインディング・ドリー』みどころ

6/22金曜ロードショー『ファインディング・ドリー』みどころ

『ファインディング・ドリー』は『ファインディング・ニモ』の続編。 ニモを、父親のマーリンとともに救った"忘れん坊"のドリーが、今作では主役に! ドリーは忘れてしまっていた両親を探して、マーリンとニモと再び大海原に冒険の旅に出かけます。 『ファインディング・ドリー』のみどころをご紹介!


青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

若き良き青春時代!誰にでも一度はあった切ないあの時を思い出したいときに!おすすめの青春映画の傑作、名作をご紹介いたします。いま青春真っただ中のあなたにもピッタリ!


今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

6/22(金)、6/23(土)に公開される映画を一挙ご紹介。大泉洋迫真の演技『焼肉ドラゴン』から、沢尻エリカ6年ぶりの主演映画『猫は抱くもの』、昨年多くの映画賞を獲得したドキュメンタリー作品『祝福〜オラとニコデムの家〜』など、話題作が続々公開!