『ALWAYS 三丁目の夕日'64』あらすじ・みどころ・まとめ!おかえり夕日町!

『ALWAYS 三丁目の夕日'64』あらすじ・みどころ・まとめ!おかえり夕日町!

どんなに時代が変わっても、夢があるから、前をむける。高度経済成長期に入った日本のとある町、夕日町三丁目で繰り広げられる少しおかしくて、とっても温かい人間模様。シリーズ最新作『ALWAYS 三丁目の夕日'64』テレビ版放映直前に押さえておきたいあらすじや見どころ、キャストの情報をご紹介します。


目次

トリビア!『ALWAYS 三丁目の夕日』には原作コミックがある!

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 -(C) 2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会

西岸良平(さいがん りょうへい)作の人気コミックス「三丁目の夕日 夕焼けの詩」が原作で、同作は現在も小学館ビックコミックオリジナルで月イチ掲載で連載中の作品。
西岸氏は今年70歳であり、2013年より体力の衰えなどを理由に毎月1本の製作となっているとか。
深い人間観察による描写と、どこか懐かしくやさしい絵柄が特徴であり、著書に「鎌倉ものがたり」「たんぽぽさんの詩」などがある。
映画公式サイトでは今作『ALWAYS 三丁目の夕日'64』について「前作から5年、一平や淳之介や六ちゃんの成長した姿が楽しみです。」とコメントを寄せている。

物語の舞台となった昭和30年代ってどんな時代だったのか?

「一億総中流時代」への突入

© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会

厚生労働省の資料によれば、戦後の打撃から回復しはじめ高度経済成長期に入った日本では、”一億総中流”という当時の流行語の示すとおり、各家庭に電化製品が置かれるなど、生活水準が向上しだした時代。
工場が大都市中心に立地され、高校や大学卒業後就職のめ大都市へ人口が加速度的に集中し、都会で就職し結婚するといった大家族から単身者や夫婦と子どもで暮らす世帯が増え始めるなど家族形態の変化も見られた。第二次ベビーブームと呼ばれる世代の生まれたのもこの時代。
東京タワー完成、テレビ、電気冷蔵庫、電気洗濯機が三種の神器と呼ばれ出し、高速道路が整備され始め、ダイハツ軽三輪自動車ミゼット、日産ブルーバード、スバル360などが登場した。

今作の舞台である昭和39年のできごと

© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会

国産のテレビ番組が本格的に作られ始めた時代。東京モノレールや東海道新幹線(東京ー大阪)が開業され、初のアジア開催のオリンピックである東京オリンピック開催された。
海外旅行の自由化、ロカビリー音楽の流行など敗戦から19年たち日本全体が未来の繁栄を夢見て盛り上がっていた時代。
かっぱえびせん、ネクターが発売開始され、王貞治がホームラン55号を打って日本新記録樹立などもこの年だった。

『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ前2作のあらすじ

『ALWAYS 三丁目の夕日』

© 2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会

東京タワーが完成する昭和33年。夕日町三丁目はこの時代よくあった下町の一つで、個性豊かな住民が暮らしていた。
ある日、短気だが家族思いの父・鈴木則文(すずき のりふみ)と優しい母・トモエ、やんちゃな一人息子・一平(いっぺい)が暮らす自動車修理工場・鈴木オートに、青森から六子(むつこ)が集団就職で上京してきた。

© 2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会

一方、工場の向かいに住む則文と仲の悪い駄菓子屋店主・茶川竜之介(さがわ りゅうのすけ)は三流少年誌に小説を執筆しながら生活している。彼が恋する飲み屋のおかみ・ヒロミのところに、引き取り手のない少年・淳之介(じゅんのすけ)が連れてこられ、ひょんなことから二人は淳之介と暮らし始める。だが、少年の親を名乗る会社社長・川渕が淳之介を引き取りに現れる。
いつも「お前とは他人」と突き放していたはずの茶川だったが、激しく動揺する。淳之介の将来を考え、一度は「迷惑なんだよ、行けよ」と突き放すものの、彼らはもう離れることのできない「家族」となっていた。二人は泣きながら固く抱擁し、茶川とともに淳之介は家に帰る。

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

© 2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会

高度経済成長時代にはいり、東京オリンピックの開催が決まった昭和34年春。茶川のプロポーズを喜んだはずのヒロミだったが、彼女は何故か一人、黙って茶川の元を去る。彼女を思い続けながら淳之介と茶川のもとに、実父・川渕(かわぶち)が再び現れ、淳之介を連れ戻しに来た。
人並みの暮らしをさせることを条件に淳之介を預かる茶川は、安定した生活をしようと一度は諦めた芥川賞受賞の夢に向かい執筆を再開する。

© 2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会

一方鈴木オートでは六子も一人前になり、順調に事業も拡大していた。そんなある日、鈴木家に新しい家族がやってくる。事業に失敗した親戚の娘・美加(みか)をしばらく預かることになったのだ。お嬢様育ちの美加は慣れない生活に戸惑い寂しさから家族に意地悪な態度をとるが、鈴木家での生活にいつしか癒されていく。
一方茶川は小説を書き上げ、街でも大評判。悪質な詐欺にあい、受賞は逃した茶川だったが、ヒロミへの愛を綴った小説は彼女の目に届き、再び茶川、淳之介と暮らしだすのだった。

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 -(C) 2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会

シリーズ最新作『ALWAYS 三丁目の夕日'64』のあらすじ

© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会

なつかしい夕日町三丁目の住人たち

© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会

東京オリンピック開催目前の昭和39年。前作から五年たち、作家となった茶川と妊娠中の妻・ヒロミの元で育った淳之介は高校生になった。
ヒロミの出産を控え、茶川の執筆活動も絶好調…のはずが、新人作家に人気を奪われ気味。茶川は再びスランプに陥ってしまう。

© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会

一方、則文が営む鈴木オートは順風満帆。一人息子・一平は思春期に入り、鈴木オートを継ぐことを嫌がりギターに傾倒する日々を送り、六子は鈴木オートの新人教育担当として働く忙しい日々が続いていた。
ある日、六子は近所の医師・菊池に一目惚れする。偶然菊池の車を修理したことから、二人は急速にその距離を縮めていく。
しかし、タバコ屋・キンが菊池が毎日新宿の歓楽街に出入りしているという噂を聞きつけてきて…。

© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会

関連する投稿


『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』はどのような映画なのでしょうか?この記事では福島第一原子力発電所の事故を描いた映画として話題になった『Fukushima50』のみどころ、ネタバレあらすじ、評価、キャストなどを紹介します。この記事を読めば『Fukushima50』をもっと楽しめること間違いなしです!


最新の投稿


市原隼人の出演映画おすすめ13選!嫁は元モデル?2021年最新情報まとめ

市原隼人の出演映画おすすめ13選!嫁は元モデル?2021年最新情報まとめ

10代の頃から多数の映画に出演してきた市原隼人。"熱い男"のイメージが強い彼の演技に、不思議と引き付けられてしまった方も多いのでは?この記事ではそんな市原隼人の出演した映画の中から、おすすめ13作品を紹介いたします。


映画『アラジン』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ

映画『アラジン』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ

実写版『アラジン』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では実写版『アラジン』のあらすじ、登場人物、キャスト、みどころ、ランプの魔人ジーニー役のウィル・スミスが主演の映画『ジェミニマン』などを紹介します。この記事を読めば実写版の『アラジン』をもっと楽しめますよ!


映画『スタンド・バイ・ミー』の魅力と新トリビア&主人公たちの今!輝きを失わない名ゼリフも!

映画『スタンド・バイ・ミー』の魅力と新トリビア&主人公たちの今!輝きを失わない名ゼリフも!

人生を振り返る時ふと観たくなる映画『スタンド・バイ・ミー』。忘れかけていた何かを思い出させてくれる名作ですよね。当時4人を演じていたキャスト達の今も気になりませんか?ここではキャスト達の今、そして改めて作品の魅力・新トリビア等を "名ゼリフ" と共に紹介していこうと思います。少し時を止めて読んでみて下さいね。


池田エライザの出演映画おすすめ15選!2021年最新情報まとめ

池田エライザの出演映画おすすめ15選!2021年最新情報まとめ

モデル、編集者、歌手、タレント、女優とジャンルに囚われない多面的な活動で注目を浴びる池田エライザ。2020年には映画監督に初挑戦しました。この記事ではそんな彼女が出演するドラマ・映画の中からおすすめ15作品をご紹介いたします。


岡田准一の出演映画おすすめ13選!宮崎あおいと結婚!子供は?

岡田准一の出演映画おすすめ13選!宮崎あおいと結婚!子供は?

演じることについて、ストイックで真摯な姿勢が高く評価されている岡田准一。2017年には女優の宮崎あおいと結婚し、現在では2児のパパになりましたね。この記事ではそんな岡田准一が出演する映画の中からおすすめ13作品をご紹介。2021年公開の最新作の情報も合わせてお伝えいたします。