『ALWAYS 三丁目の夕日'64』あらすじ・みどころ・まとめ!おかえり夕日町!

『ALWAYS 三丁目の夕日'64』あらすじ・みどころ・まとめ!おかえり夕日町!


同じ頃、ヒロミは茶川の父・林太郎の危篤を知らせる電報を見つける。茶川は小説家になると言って父から勘当され、それ以来実家へ戻っていなかったが、ヒロミに説得され渋々実家のある松本へ向かう。電報の送り主、叔母・奈津子は歓迎してくれたが、林太郎からはあっけなく追い返されてしまう。

© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会

実家から戻った茶川は、人気の新人作家宛に自分でファンレターを偽造して編集部に送る。それはすぐに編集者にばれてしまい、自分を脅かしている新人小説家は淳之介だったことを知る。
学生として優秀な成績を収め、東大受験の為勉強していたはずの淳之介は小説家をめざしていたことを知り、自分のようなみじめな思いをさせたくないと考えた茶川は淳之介を叱る。

© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会

一方、則文が菊池の良くない噂を聞きつけ、大激怒。だが菊池に恋する六子は「彼を信じる」と誘われるままに一緒に旅行へ行ってしまう。
噂はほんとうなのか?六子と菊池の恋の行方は?茶川と淳之介の関係はどうなるのか?

© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会

監督は『永遠の0』『寄生獣』シリーズの山崎貴監督!

「ギャラクティカ」を大絶賛した山崎貴監督

山崎貴監督ってどんな人?

山崎貴監督『寄生獣 完結編』/photo:Naoki Kurozu

子供の頃に『スターウォーズ』に出会い、特撮の仕事を志し始めた監督はアニメーションや映画を制作する株式会社白組に入社。ミニチュア製作や伊丹十三『大病人』などでのSFXやデジタル合成を担当した。
『ALWAYS 三丁目の夕日』で第30回報知映画賞で最優作品賞、日本アカデミー賞の監督賞、日本アカデミー賞の全部門で受賞し映画監督としての名を世間に知らしめた。2013年より設立されたVFX-JAPANアワードでは今作『ALWAYS 三丁目の夕日‘64』が劇場公開映画部門を受賞した。

公式サイトで脚本も手がける山崎監督は「1作目が出会いの物語で、2作目が中間地点だとすると『3』は巣立ちをテーマにした物語にしたいという物語がありました。」とコメントしており、前二作から登場するキャラクター達の成長は今作の見どころのひとつ。

今作『ALWAYS 三丁目の夕日'64』のみどころは⁉

その時代の空気を伝える物語の世界観と夕日町三丁目の住人たちの成長

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』完成披露会見にて

今作『ALWAYS 三丁目の夕日'64』で使用された最新撮影技術

アバターと同じリアル3D方式で撮影

今作『ALWAYS 三丁目の夕日'64』の撮影スタッフには監督とともに脚本を担当する「相棒」シリーズ、『リーガル・ハイ』も担当した古沢良太(こさわ りょうた)を迎え、音楽は『海猿』シリーズ、『本能寺ホテル』の佐藤直紀(さとう なおき)が担当している。

© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会

映画公式サイトによると、今作今作『ALWAYS 三丁目の夕日'64』では従来の2D撮影からコンピューターで3D画像へ変換する方式ではなく、『アバター』でも使用される撮影時から上下に左右視点用の2つのカメラをつけた3D用カメラで撮影されている。
これにより目に優しく、自然な立体感と奥行きが得られる。上映当時映画館では上空から望む東京タワーの姿や則文の食事シーン、トンボが空に沢山飛ぶ風景などでその技術が生かされたとのこと。

昭和39年当時の町並みを再現、2D化された夕日町三丁目!

© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会

映画公式サイトで監督は「『ALWEYS』を3Dで作ることに一瞬”なぜ?”と思う方もいらっしゃるでしょうが、観終わったときには、”なるほど3Dの意味が合った”と思ってもらえると良いなと考え、いろいろな見せ場を用意しました。」と語っている。
綿密な時代考証と巨大ロケセット、再診のVFX技術を融合させ撮影されてきた『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ。
今作では測量技術の専門家を迎え、セットを3次元スキャニングすることによってコンピューター内で再構築、セットになかった建造物を足すなどCG合成作業をしながら実写と同じカメラワークで撮影、合成する手法をとった”バーチャル三丁目”とも言うべきどこからCGなのかわからないリアルな町並みも見どころのひとつ。

『ALWAYS 三丁目の夕日'64』に登場する豪華キャストたち

小説家・茶川竜之介役は吉岡秀隆

© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会

『博士の愛した数式』先生(19年後のルート)役、『ゴールデンスランバー』主人公の友・森田森吾(もりた しんご)役など静かでありながら存在感のある役柄を演じることで人気のある俳優。

茶川の妻・ヒロミ役は小雪

© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会

『ラストサムライ』たか役、『探偵はBARにいる』沙織役でおなじみのしっとりした美女役でおなじみの実力派女優。

この記事のライター

最新の投稿


【ネタバレあり】『グリーンブック』まとめ!2人の徹底した役作りに迫る!

【ネタバレあり】『グリーンブック』まとめ!2人の徹底した役作りに迫る!

2019年に行われたアカデミー賞にて作品賞などを受賞した『グリーンブック』。 まだ人種差別が残る時代に、黒人と白人の2人による友情を描いた映画です。差別を描いた作品ですが、ユーモア溢れる演出や2人の演技によって、誰もが心温まる作品となっています。ここでは、アカデミー賞を獲得した2人の役作りや映画の見どころを紹介します!


『プロメテウス』【ネタバレ】結末・考察・解説・キャスト紹介!

『プロメテウス』【ネタバレ】結末・考察・解説・キャスト紹介!

2012年に公開された映画『プロメテウス』のあらすじ、ネタバレ、結末をご紹介いたします。1979年に公開し、多くのファンを集めた『エイリアン』シリーズ。エイリアンの謎、そして人類誕生の真実が明らかとなります。


悩み多き現代人に贈る、精神障害・メンタルをテーマにした映画15選!

悩み多き現代人に贈る、精神障害・メンタルをテーマにした映画15選!

SNSも含めてインターネットや情報の多様化が進み、人間関係も何かと疲れてしまう事が多い現代社会。精神的・メンタル面での病みを抱えるのも、特別な事ではなく大変身近な問題になっていますよね?そこで、様々な精神障害に焦点を当てた映画を特集してみました。強く生きていくヒントとして、是非参考にしてみてくださいね。


ラブドールが題材の映画を紹介!ラブドール映画ならではの魅力とは?

ラブドールが題材の映画を紹介!ラブドール映画ならではの魅力とは?

性処理目的で製作され、近年では造形や感触がよりリアルになっているラブドール。そんなラブドールですが最近はその美しさにも注目が集まっており、アートとしてピックアップされたり、女性にも愛されたりと様々な場面で活躍しています。今回はそんなラブドールを題材にした映画作品について紹介します。


宇宙人が登場する映画おすすめ20選!【1977年~2019年】

宇宙人が登場する映画おすすめ20選!【1977年~2019年】

宇宙人、地球外生命体、エイリアンが登場する映画は多くの人を惹きつけます。今回はそんな作品の中からおすすめ20選をご紹介いたします。SF、サスペンス、ホラー、コメディ、さまざまなジャンルの宇宙人をお楽しみください。