国境を飛び越え活躍するマルチ俳優、ディーン・フジオカまとめ

国境を飛び越え活躍するマルチ俳優、ディーン・フジオカまとめ

NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」でブレイク以来、映画・ドラマで活躍を続けるディーン・フジオカさん。最新作『鋼の錬金術師』では若き国軍士官である焔の錬金術師を演じます。そんなディーンさんの出演作品やミュージシャンとしての活動、気になるプライベートまでたっぷり紹介します!


ディーン・フジオカのプロフィール

ディーン・フジオカ/『結婚』初日舞台挨拶

本名:藤岡竜雄(ふじおかたつお)
生年月日:1980年8月19日(37歳)
身長:180cm
血液型:A型
出身地:福島県
所属事務所:アミューズ

両親ともに日本出身な、正真正銘の日本人

ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカさんの本名は藤岡竜雄といいます。その芸名や端正な顔立ちからハーフと思われがちですが、本人いわく両親・祖父母ともに生粋の日本人だそうです。

ディーン・フジオカ「TOKIOカケル」

ではディーンという名前はどこからきたのでしょうか?それは学生時代、留学したホームステイ先でつけたもらった名前なのだとか。「ディーン」には「クレイジー」という意味もあるらしく、デビューする際に芸名として使うことにしたそうです。

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場した過去

ディーン・フジオカ『結婚』/photo:You Ishii

ディーンさんの芸能活動のはしりは、第10回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場したことです。当時ディーンさんは17歳。ちなみに本人の希望ではなく、妹が勝手に応募していたのだとか。優勝は逃したものの、最終選考まで残っていることからディーンさんの実力が窺い知れますね。

本格的な芸能活動は、スカウトがきっかけ

ディーン・フジオカ/『結婚』会見

そんなディーンさんが本格的に芸能活動をはじめたのは2004年、香港のクラブで飛び入り参加でラップを披露していたところ、それを客席で見ていたとあるファッション雑誌編集者の方にスカウトされたことがきっかけだそうです。なんだかすごい話ですね…。その後しばらくは雑誌や広告、ファッションショーでモデルとして活動します。

台湾ドラマの創始者と出会い、俳優として活動を開始

ディーン・フジオカ「TOKIOカケル」

2006年、ディーンさんは台湾ドラマの創始者と言える柴智屏と出会います。それがきっかけで台湾デビューを果たしたディーンさんは、ドラマ・映画などで活躍。出演作品が映画祭に出品されたこともあり、俳優としての知名度を確立していきます。

「あさが来た」の五代友厚役で、日本でもブレイク

DEAN FUJIOKA扮する五代友厚/NHK連続テレビ小説「あさが来た

2013年ごろから、日本でも俳優として活動をはじめます。そんなディーンさんがブレイクしたきっかけは、なんといっても朝ドラ「あさが来た」の五代友厚役でしょう。甘いマスクと爽やかな演技が話題になり、1月22日の放送で最期を迎えたときには"五代様ロス"に陥る女性が続出しました。

ディーン・フジオカのその他出演作品

国境にとらわれず、アジア各国で活動しているディーンさん。そんな彼の日本での出演作品を紹介します。

「探偵の探偵」

木曜ドラマ「探偵の探偵」- (C) フジテレビ

探偵を探偵する、対探偵課なる部署に勤務する新人調査員、紗崎玲奈の活躍を描いたドラマ「探偵の探偵」。北川景子さんの華麗なアクションがみどころのこの作品で、ディーンさんは主人公の同僚探偵・桐嶋颯太を演じました。なおこの作品はディーンさんが日本の連ドラに初登場した作品でもあります。

DEAN FUJIOKA、井浦新、北川景子、川口春奈、三浦貴大、ユースケ・サンタマリア/「探偵の探偵」完成試写会

「今からあなたを脅迫します」

「今からあなたを脅迫します」第1話-(C)日本テレビ

現在日本テレビ系で放送中のドラマ「今からあなたを脅迫します」では、武井咲さんとW主演をつとめています。ディーンさん演じる脅迫屋と、武井さん演じるお人好し女子大生の息のあった演技が見モノです。

ディーン・フジオカ&武井咲「今からあなたを脅迫します」

『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』

『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』

ディーンさん自ら監督・主演・主題歌を手がけた、自身初となる日本の映画作品です。2007年に千葉県市川市でおきた英国人女性殺害・死体遺棄事件の犯人の逃亡生活を描いています。実際に起こった殺人事件を題材とし、実在の殺人犯を演じることによって生じるリスクも覚悟の上だったというディーンさん。この作品は彼にとって「僕の自己紹介みたいなもの」と語っています。

『結婚』

『結婚』ポスタービジュアル  (c)2017「結婚」製作委員会

今年公開された映画『結婚』では、主役の結婚詐欺師を担当。影で孤独や心の闇を抱えた難しい役でもあります。映画の撮影がはじまる前には「世の中的にはよろしくない人物が主人公ですが、その視点だからこそ見える愛の物語をお楽しみに」という心持ちで準備をしていたそうです。

『結婚』  (c)2017「結婚」製作委員会

12/1公開『鋼の錬金術師』では、焔の錬金術師を熱演!

『鋼の錬金術師』(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」

そして12/1よりいよいよ公開される話題作『鋼の錬金術師』にも出演しているディーンさん。本作は月刊少年ガンガンで人気を博した、荒川弘さん原作の漫画を実写化した作品となっています。

『鋼の錬金術師』暑中見舞い (C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

ディーンさんの役どころは、身体を取り戻す旅を続けるエルリック兄弟のよき理解者ロイ・マスタング。若くして国軍士官でありながら、焔の錬金術師の二つ名をもつ国家錬金術師でもあります。パチンと指を鳴らしてたちまち火柱を発生させるその技は、是非とも大スクリーンで見てみたいですね。

2018年はディーンさんの年!出演映画が3本公開予定!

ディーン・フジオカ/『結婚』初日舞台挨拶

2018年は出演映画が3本も公開される、まさにディーンさんの年!今から作品の見どころなどを予習しておきましょう。

大手自動車メーカーのリコール隠しに迫る『空飛ぶタイヤ』

『空飛ぶタイヤ』WEBティザービジュアル (C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

「半沢直樹シリーズ」「下町ロケット」などで人気の小説家・池井戸潤の作品を映画化。タイヤ脱落事故と大手自動車メーカーのリコール隠しをテーマにしています。運送会社社長役の長瀬智也さん、大手自動車メーカー従業員役のをディーンさん、大手銀行員役の高橋一生さんが協力し、大手自動車メーカーのリコール隠しを暴きます。

高橋 一生/「THIS IS US 36歳、これから」試写会

佐世保を舞台に紡がれるジャズと青春の物語『坂道のアポロン』

『坂道のアポロン』 (C)2018 小玉ユキ・小学館/映画『坂道のアポロン』製作委員会

月刊フラワーズにて連載されていた、小玉ユキによる漫画を実写映画化。長崎県佐世保市を舞台に、ジャズを通じて交流をはじめた高校生たちの友情や恋が描かれた作品です。ディーンさんはトランペット奏者の大学生・桂木淳一を演じます。

第二の故郷インドネシアで撮影『海を駆ける』

『海を駆ける』(C)2018「海を駆ける」製作委員会 

『淵に立つ』の深田晃司監督とディーンさんが初めてタッグを組んだ作品。インドネシアのとある海岸で、片言の日本語やインドネシア語を話すいきだおれの男を発見した女性と息子、そしてラウ(インドネシア語で海)と名付けられた謎の男が起こす数々の不思議な事件と奇跡を描いています。

『海を駆ける』(C)2018「海を駆ける」製作委員会 

撮影はディーンさんにとって"第二の故郷"ともいえるインドネシアにて行われました。「この作品が日本とインドネシアをつなぐ架け橋となって、多くの人に観てもらえると嬉しいです」とディーンさんは語っていました。

アーティストとしての活動

アーティスト・音楽プロデューサーとしての一面もあるディーンさん。幼少期から楽器の演奏をたしなみ、ラップが得意とのこと。音楽制作は主にインドネシアでの活動が中心のようですが、ブレイクをきっかけにいくつか日本でもCDをリリースしています。

人気アニメの主題歌を担当

DEAN FUJIOKA/「ユーリ!!! on ICE」

なかでも有名なのは、本格フィギュアスケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」のオープニングテーマに起用された「History Maker」。壮大で重厚な曲調と、全編英語の歌詞がフィギュアスケートのイメージと重なり、アニメの人気もあいまって話題となりました。

あの人とまさかのセッションが実現!

「徹子の部屋」(C)テレビ朝日

2016年夏に黒柳徹子さんが司会をつとめる長寿番組「徹子の部屋」に出演したディーンさん。徹子さんのマシンガントークとムチャブリが話題の番組でもあります。ディーンさんがラップが得意と聞いた徹子さんは「ちょっとやってくださる?」と早速ムチャブリ。するとディーンさんは「じゃ徹子さん、ビートボックスお願いします」とまさかのムチャブリ返し!徹子さんの即興ビートボックスとディーンさんのキレキレラップが合わさった、カオスなセッションとなりました。

結婚5年を超えても妻とラブラブな愛妻家

ディーン・フジオカ/『恋のダンクシュート!』 (C)Ruisheng Communication Co., Ltd.

ディーンさんは2012年、中国系インドネシア人のヴァニーナさんと結婚しました。アジアンビューティーな女性で、ディーンさんとはまさに美男美女カップル!「彼女と出会って、僕の人生が変わりました」と語るディーンさんはかなりの愛妻家なようです。

3児の子育てに奮闘するイクメンパパ

ディーン・フジオカ

ヴァニーナさんとの間には、男女の双子を含めた3人の子供がいます。ディーンさんは育児にも熱心なようで、子供たちのために子守唄を歌っている動画を公開しています。ディーンさんの子守唄であやしてもらえるとは…子供たちが羨ましい限りです!

爽やかイメージを覆すド派手なタトゥー

ディーン・フジオカ/『空飛ぶタイヤ』(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

爽やかなイメージのディーンさんですが、意外にも彼の右腕にはガッツリとタトゥーが入っています。日本ではあまりイメージの良くないタトゥーですが、海外ではわりとポピュラーな文化。海外セレブやハリウッドスターも気軽にタトゥーを入れてますよね。長年海外で活躍しているディーンさんも、あまりタトゥーに抵抗はないのかもしれません。

まとめ

ディーン・フジオカ

いかがでしたか?俳優、アーティストとして国境を飛び越えて活躍しているディーン・フジオカさん。今後もマルチな才能を見せてくれることに期待しちゃいますね。
ディーンさんが出演する映画『鋼の錬金術師』は12/1(土)より公開予定です。

この記事のライター

関連する投稿


『パンク侍、斬られて候』は夏フェス映画?「劇薬」と呼ばれる強烈作まとめ!

『パンク侍、斬られて候』は夏フェス映画?「劇薬」と呼ばれる強烈作まとめ!

出演者が揃って「宣伝不可能!」と言ってしまうほど、ぶっ飛んだストーリー展開と、ぶっ飛んだキャラクターが勢ぞろいの『パンク侍、斬られて候』これまでの邦画にないインパクトが炸裂する本作の魅力を、「可能な限り」まとめてみました!(なんたって出演者が説明できないというほどですから!)


北川景子主演!『スマホを落としただけなのに』日常に潜む恐怖を描いたサイバーミステリー映画!

北川景子主演!『スマホを落としただけなのに』日常に潜む恐怖を描いたサイバーミステリー映画!

志駕晃さんによる同名小説『スマホを落としただけなのに』が2018年11月2日に劇場公開されます。主演は、テレビドラマ『悪夢ちゃん』などで活躍されている北川景子さんです!今回は原作小説やキャスト、制作スタッフなど紹介していきます。


【今週末公開の映画】 6/29〜  『パンク侍、斬られて候』『アメリカン・アサシン』など!

【今週末公開の映画】 6/29〜 『パンク侍、斬られて候』『アメリカン・アサシン』など!

6/29(金)、6/30(土)に公開される映画を一挙ご紹介。映像化不可能と言われた原作を綾野剛主演で映画化した『パンク侍、斬られて候』や、実在する幽霊屋敷をテーマにした『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』、スターウォーズの人気キャラクターの若き日を描いた『ハン・ソロ』など見逃せない作品が一挙公開!


【今週末公開の映画】6/15~『空飛ぶタイヤ』『ワンダー 君は太陽』 

【今週末公開の映画】6/15~『空飛ぶタイヤ』『ワンダー 君は太陽』 

6/15(金)、6/16(土)に公開される映画を一挙ご紹介。これまでドラマ化などで大きな注目を集め続ける池井戸潤原作を長瀬智也主演で映画化した『空飛ぶタイヤ』や、『ルーム』で一躍有名となった子役、ジェイコブ・トレンブレイ最新作『ワンダー 君は太陽』など、期待作が続々公開されます。


【今週末公開の映画】5/25~『犬ヶ島』『ファントム・スレッド』ほか!

【今週末公開の映画】5/25~『犬ヶ島』『ファントム・スレッド』ほか!

5/25(金)、5/26(土)に公開される映画を一挙ご紹介。ウェス・アンダーソン監督が日本を舞台に描いたストップ・モーションアニメ『犬ヶ島』や、名優ダニエル・デイ=ルイス引退作『ファントム・スレッド』など、期待作が続々公開されます。


最新の投稿


懐かしいアニメ映画50選!

懐かしいアニメ映画50選!

おすすめの懐かしのアニメを50作品集めました!


7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

アニメ界の金字塔として、近年数々の名作を生みだしている細田守監督の最新作『未来のミライ』が、2018年7月20日より全国ロードショーが始まります。今回もまた「家族」をテーマとした作品で、多くの観客を魅了することでしょう。公開前に、あらすじなどチェックしてみましょう!


大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

毎日がうまくいかない。貧乏暇なしで働いて働いても二束三文。辛い事も多い。でも精一杯生きてるんだぁ!  1970年(昭和45年)、大阪万博が開催され、日本がどんどんと裕福になっていた頃、関西の片隅で辛くも精一杯生きてきた、そんな家族の物語です。


『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

1987年に公開されて一躍話題になり、1991年に続編が公開された『プレデター』。2010年にはリブート版も公開されました。そして、それでおしまいではなかったのです。シリーズを振り返りながら、2018年9月公開予定の新作『ザ・プレデター』に迫ります!


『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

旦那さん、奥さん亡くなられたらじっきだったよと井戸端会議から聞こえてきそうな程、よくある話ですよね。所詮、男は女が助けがないと何もできない生き物と言われたりするのも本当なのかもしれませんね。そんな夫婦の家族のドラマが詰まった映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』を紹介します。