『美女と野獣』みどころ&キャストまとめ!ビーストこそ現代女性の理想の男子♡

『美女と野獣』みどころ&キャストまとめ!ビーストこそ現代女性の理想の男子♡

1991年に公開されたディズニー・アニメーションを実写化した『美女と野獣』。公開3日間の興行収入はあの『アナ雪』を抜き、早くも大ヒットの兆し。「100年愛され続けるストーリー」をディズニーが最新のテクノロジーを駆使し、現代の私たちにとって魅力あふれる物語に仕上げられた大ヒット中の実写版のみどころをおさらい!


ヒロインの知性と勇気と美しさが光る

エマ・ワトソン(C) Getty Images

エマ・ワトソン-(C)Getty Images

『ハリーポッター』のハーマイオニーでおなじみのエマ・ワトソンが主演とのことで早くから話題になっていた本作。すっかり美しく聡明な大人の女性に成長したエマが演じるのは、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」が大好きな読書家です。でもロマンチストなだけでなく、女性たちの家事の時間を短縮するものを発明したり、まわりの少女たちに読み書きを教えたりしたいと考えるような女性。実生活でも、国連の女性のための団体の親善大使を務め、女性のためのブッククラブを主宰するエマはまさに適役。21世紀の女性リーダーのひとり、という感じがします。

洗練されたカップルの登場:野獣の知性に魅かれるベル

『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ベルが野獣の城で悶々と過ごしていたある日、彼女の心を解いたのは、膨大な蔵書を誇るライブラリー。村人たちからは疎まれていたベルの好奇心に灯りがともり、野獣もそんなベルと過ごすうちに、少しずつ優しさを取り戻すのです。いまや共通の趣味を見つけた二人の距離が縮まっていきます。
二人のおいたちを振り返るシーンもあり、隠された秘密が明らかに!

野獣の魅力が満開!特殊メイクがすごい

『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

野獣がどんどん人間らしさを取り戻していく過程は、実写版ならではの見どころです!
得体の知れない化け物としか映らなかった彼が、実は優しく、シャイで、弱く、そして知的でセクシー、もちろん力強い。彼の瞳や、甘い歌声、身体の線から、それがジワジワと伝わってきて、観ているうちに、どんどん魅力にはまっていく感じが味わえるでしょう。

野獣役のダン・スティーヴンスは、金属製の竹馬のようなものを履き、CGで筋肉を描き足すためのボディスーツを着ていたそうです。その状態で撮影したボディとは別に、27個の小さなカメラがセットされたブースの中で顔の表情のデータを撮影し、加工して組み合わせられたのだとか。暑いし重いし、ベルとのダンスシーンでは彼女の足を踏んでケガをさせてしまわないかとヒヤヒヤものだったそうですよ。
このような苦労を経て描写された野獣こそ、知的好奇心旺盛な現代女子をうならせる理想の男性像といえるのかもしれません!

悪役ガストンのワイルドな魅力も見逃せない!

ガストン/『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ガストン/『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

“愛すべき下品な男”、リーゼントスタイルの悪役ガストン。村一番の美女ベルと結婚するのは自分であると信じて疑わないうぬぼれ屋。でも、周りの者を魅きつける何かをもっています。ただの悪役ではない魅力あふれるルーク・エヴァンスのガストン。艶のある歌声や、机上のダンスシーンも見逃せません。

脇を固める俳優陣が素晴らしい!

『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ベルの父モーリスにはケヴィン・クライン、野獣のお城で、主人とベルを支えながら人間に戻る日を待ち望む召使いたちにも、ユアン・マクレガー(ルミエール/燭台)やエマ・トンプソン(ポット夫人)らが共演し、注目です。彼らの多くは野獣と違って“モノ”なので、実際にはほぼCGですが、それぞれのキャラクターを生かすために、実際の俳優さんの動きを分析して取り入れたり、セリフは撮影の前後に録音して調整されたり、とさまざまな趣向を凝らしているようですよ。事前にキャストをチェックしておくと、より興味深いですね!

名曲は新たなデュエットで

今回もあのテーマ曲「美女と野獣」は健在です。新たに、世界で圧倒的な人気を誇るアリアナ・グランデと、『ラ・ラ・ランド』にも出演、グラミー受賞経験もあるジョン・レジェンドがカバーしています。

「美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック」輸入盤 (C)Disney

また、野獣がベルへの想いを綴る「ひそかな夢」など3曲が、オリジナルの作曲者であるアラン・メイケンによって書き下ろされました。うち、「時は永遠に」で心のなかに生き続ける愛を歌うのは、前作でテーマ曲を担当したセリーヌ・ディオン。エンドロールで流れる歌詞が、グッときます。

まとめ

『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

いかがでしたか?
新たな実写版は、アニメ版は観ていない、ミュージカルも観ていない、といった『美女と野獣』に一度も触れたことのない方にも、新たな接点を見出してくれます。ベルのドレスや舞踏会の間など衣装や美術もキラキラと輝く美しさで見応えたっぷり、実写版ならではの迫力、ゴージャスで生き生きとした世界を楽しみつつ、不朽の名作をぜひお楽しみください!

関連する投稿


エヴァ・グリーン出演映画10選!ミステリアスなボンドガールの魅力に迫る!

エヴァ・グリーン出演映画10選!ミステリアスなボンドガールの魅力に迫る!

ミステリアスな演技派美人女優エヴァ・グリーン。『007 カジノ・ロワイヤル』での彼女の"挑戦的な女" と "弱い少女"の2面性でギャップ萌えしたファンも多いのではないでしょうか?ここでは、そんな魅惑的なボンドガールを演じた彼女のこれまでの出演映画を辿りながらその魅力に迫ります。是非ご覧くださいね。


映画『チワワちゃん』まとめ!キャストや若手監督についても紹介

映画『チワワちゃん』まとめ!キャストや若手監督についても紹介

皆さんは青春映画と聞いてどんな作品を想像しますか?甘酸っぱい恋愛要素があったり、アツい友情ものだったり…そんなポジティブな面を考えると思います。しかし、今回紹介する『チワワちゃん』は、そんな従来の青春ものとは異なった、危うさや過激さを孕んだ作品となっています。この記事ではそんな『チワワちゃん』の魅力に迫りました!


ジェマ・アータートン出演映画8選!イギリス美女の魅力的な画像もアリ

ジェマ・アータートン出演映画8選!イギリス美女の魅力的な画像もアリ

ジェマ・アータートンがカメレオン女優と呼ばれているのはご存知ですか?どの作品を始めに観たかでガラっと印象が違う彼女。デビュー2作目が『007 慰めの報酬』のボンドガール役という超エリートな女優さんなのに、肩ひじ張らない自然さが魅力的!彼女のお勧め作品をピックアップしたので是非見てみてください!


『SING/シング』映画の声優キャスト&あらすじ紹介!【本場声優VS日本語吹き替え】

『SING/シング』映画の声優キャスト&あらすじ紹介!【本場声優VS日本語吹き替え】

2017年3月に公開されて大ヒットした『SING/シング』を知っていますか?『ミニオンズ』で有名なスタジオが送るアニメーション作品である本作。アニメだから子供向け?と侮る事なかれ!大人も子供も楽しめる魅力がいっぱい詰まっているんです。そんな『SING/シング』のあらすじやキャスト、本作の"スゴイところ"をご紹介!


アルフォンソ・キュアロン監督映画5選!第76回GG賞受賞で大注目!

アルフォンソ・キュアロン監督映画5選!第76回GG賞受賞で大注目!

今年のゴールデングローブ賞はもうチェックしましたか?アルフォンソ・キュアロン監督が『ROMA/ローマ』で監督賞&外国語映画賞をW受賞しましたね。そこで過去の受賞歴も含めて今、映画業界で大注目の彼が手掛けてきた作品を紹介していこうと思います。タイムリーなので、是非読んでみてくださいね!


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。